人狼議事


173 【突発RP村】夢の通い路

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


きみは自らの正体を知った。さあ、村人なら敵である人狼を退治しよう。人狼なら……狡猾に振る舞って人間たちを確実に仕留めていくのだ。


どうやらこの中には、村人が10人、人狼が1人いるようだ。


【人】 かみさま パルック

皆さまお集まりありがとうございます。えー、ごほん。
この催し物、しっかりと楽しんでくださいませ。

…何があっても、文句は言いませんよう、ご了承くださいませ。

(0) 2014/04/17(Thu) 03時頃

【人】 開放的市民 ジェニファー

[女主人の咥えた煙管から、紫色の煙が伸びる。]

 今日のお客は、これで全部かしらね

[そうつぶやくと、女主人は玄関に向かって煙を吹いた。
細く伸びる煙の先で、玄関がぐらりと揺れて。
掻き消える、屋敷の外へ至る道。
いや、出入り口など最初から必要ないのだ、本来は。
ここは夢の通い路、道などあってないようなもの。]

 望めば叶う、ここはそんな場所

[ただし、それは泡沫の夢。
持ち帰れるのはただ、探していたものだけ。
いいえ、ここで見つけたものを、持ち帰らせる。
それがこの店の、本来の存在意義なのだから。]

(1) 2014/04/17(Thu) 03時頃

【人】 開放的市民 ジェニファー

[この店を始めて、いったいどれだけの時間が経ったのだろう。]

 さぁ

[いったい何時になったら、私の探し物は見つかるだろう。]

 今日も

[まだまだ足りないという事なのだろうか。]

 貴方の探し物を

[いつか見つかる日がくるのだろうか。]

 見つけましょう

[それは、わかりはしないけれど。
女主人にできる事は、ひとつだけ。
この夢の通い路で、ただ待つ事だけ。
いつか自分の探し物が、ここにやってくる日を、ただ、ただ。]

(2) 2014/04/17(Thu) 03時頃

【人】 開放的市民 ジェニファー


 ふふ

[女主人は、煙管片手に廊下を歩む。
ぺたり、ぺたりと音がする。]

 さぁ、誰の探し物から始めましょうか

[今日のお客の顔を、思い浮かべて。
皆、探し物探しに戸惑っているのだろうと。
そんな風に思うと、苦笑いが漏れた。]

 探すお手伝いをしようにもね

[主人には、心の奥を覗く力なんてないのだから。
相手が語ってくれない事には、協力も出来はしないし。]

 まぁ、なるようになるでしょ

[そんないつもの一日。]

(3) 2014/04/17(Thu) 03時頃

【人】 開放的市民 ジェニファー


 鯛茶漬けがたべた…―――

 っと、そうか
 私一人だったわね

[浮かぶ、苦笑い。
ここは夢の通い路。
夜が明けるその前に、皆が探し物を見つけられるように。
女はそう願うと共に。]

 お酒のアテ、どうしようかしら

[一番の悩みは、それだった。]

(4) 2014/04/17(Thu) 03時半頃

天のお告げ (村建て人)は、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 03時半頃


開放的市民 ジェニファーは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 03時半頃


天井手繰り ヤヘイは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 04時頃


牧人 リンダは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 05時半頃


長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 07時頃


【人】 粉ひき ケヴィン

『…ン。……ケヴィ…!起き…ケヴィン!飯食いっぱぐれんぞ!!』

…っ!!朝飯!
………ん?

[早く起きないと、朝飯がなくなってしまう。
そう思い勢い良く飛び起きたのちに、自分の今いる状況を思い出す。
……恥ずかしいことこの上ない。周りに人がいないか心配になる]
窓に反射して見える自分の頭を見て一言…]
寝癖…やばいな。

[とりあえず適当に整え、朝飯を探す。]
飯の匂い…。
[その匂いを嗅ぎたどり着いたのは…初めいたあの和室だった。
そのテーブルの上にちょこんと置いてある茶碗にはー]

…茶漬け?
[知らないはずなのに自然と言葉はでる。
そう、そこに置いてあったのは…ほかほかと湯気の立つ美味しそうな鯛茶漬けだった…]

(5) 2014/04/17(Thu) 08時頃

粉ひき ケヴィンは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 08時半頃


対面販売 クリスマスは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 10時頃


【人】 長老の孫 マーゴ

[下生えの草を踏んで、辿り着いたその先は
背の高い木々に、ぐるりと囲まれた広場だった。

ざわざわ ざわざわ
ざわざわ ざわざわ

静かな風が草原を揺らす
揺れる草に混じって時折、舞い上がるのは真っ白な花びらか]

ーー羽根?

[白い物を一つ拾い上げ、ぽつり。

花びらに見えたそれは、真っ白な鳥の羽。

ああ、さっきの羽音の鳥の物か
待っていれば今度こそ、その姿を見られるだろうか。

草の上に腰をかけ、ただ瞼を閉じる。
心地よい風と共に眠気が沸き起こった**]

(6) 2014/04/17(Thu) 10時頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 10時頃


【人】 道案内 ノックス

そうか、二人は小さいころに持っていた何か、なんだ。

[二人の話>>0:168 >>0:175を聞いて、小さく頷く。
幼いときの大事なものを無くしてしまった、というのはあるのかもしれない。
続く「おもちゃならいいのに」と言うギネスの言葉>>0:174に、思わず小さく笑ってしまった。]

そこまでわかりやすいなら、苦労しないだろうね。
後は思い出…とか、気持ち…とかもあるんじゃないかなって。

[ふと、頭の奥がちくりと反応する。
……思い出、気持ち?]

(7) 2014/04/17(Thu) 10時半頃

【人】 道案内 ノックス

[>>0:174自分のことを尋ねられれば、思わず言葉に詰まる。]

そう、だな。
いろいろ、あるかな。家族とか――お金とか――。

[脊髄反射的。といっていいかもしれない。
こんな月並みな回答でお茶を濁すのは。
確かにそれらも大事、かもしれないけど。

――違うだろ。ここで誤魔化して、どうするんだ。

どうして、こんな場所まで来て世間体気にしなきゃいけないんだ。
言わなきゃ。言わなきゃ。言わなきゃ――]

後は――歌、とか。

[風に消えそうな小さな声だった。]

(8) 2014/04/17(Thu) 10時半頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 10時半頃


【人】 天井手繰り ヤヘイ

― 小部屋 ―

やぁってくれたね、タイランド♪
家庭円満、鯛茶漬けぇぇぇ。

[居酒屋の個室のようなお座敷に胡坐をかいて座り、ホウレン草の胡麻和えの小鉢に割り箸で箸をつけながら、ご機嫌に鼻歌を歌っていた。当然のようにビールの大瓶と、泡が僅かに淵に残っただけのガラスコップもテーブルに鎮座している。**]

(9) 2014/04/17(Thu) 10時半頃

【人】 対面販売 クリスマス

   
 るんたったーるんたったー
 

[少女は歩く、1人、知らない道を。

空腹など何度通り越したか。何度目かわからないピークに腹の虫も鳴くわ鳴くわ。]


 るんたったーるんたったー


[それでも歩く、1人、知らない道を。

上半身の痣を隠す、長袖の衣装に身を包んで。
無意識に纏う心の衣装は知らない。

私はいい子、明るくて活発な、いい子。**]

(10) 2014/04/17(Thu) 12時頃

【人】 粉ひき ケヴィン

…あつうまい。

[1人鮭茶漬けを食しつつ感想をもらす。
何の音も聞こえない…こうも静かだと自然と考え事で頭が埋まる。]

なくしたもの…な。

[皆には無いと言ったが…ある、気もする
きっとこの 声 が関係しているのだろう。この屋敷に来てから断続的に続く声。懐かしいような…心地いいような。でも本能で遠ざけている…きっとコレなんだ。思い出さないと…

ズキン、ズキン…
あぁ、頭が痛い。]

まぁ、なんとかなるよな。

[そうやってまた先延ばしにしていくのだろう…]

(11) 2014/04/17(Thu) 13時頃

少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 16時半頃


【人】 牧人 リンダ

――思い出、気持ち。

[ノックスの言葉>>7を繰り返し呟く。
何かがそこにあるような、ないような、もやもやとした気持ち。

彼とギネスの会話を聞いて考える。
家族、お金は確かに大事。
ただそこにも何か引っかかりを感じて。]

…歌?
音楽は、大切なものよね。

[口を挟むつもりはなかったけれど、
微かに耳に届いた言葉につい反応してしまう。]

私は歌じゃなくて、こっちの方だけれど。

[ヴァイオリンを弾く動作を見せた。
最近弾いていなかったなと、懐かしく思いながら**]

(12) 2014/04/17(Thu) 17時頃

牧人 リンダは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 17時頃


【人】 対面販売 クリスマス

   
 お。 誰かはっけーん。

[気づけば辺りはキラキラと煌めく木々と、優しい香りを放つ花々。
素足に触れる草々がくすぐったい。
鼻を掠める香りに、すんすんと瞳を閉じて。

瞳を開いたら違う場所になっていたり、とちょっとした恐怖≪キタイ≫に瞳が開くまでに時間があったけれど。

先ほどと変わらぬ景色に安心≪ラクタン≫して、進む先には眠れる森の美女>>6]


 ……わぁ、きれい。

[周りに散らばる羽を見て、お姫様というよりは、天使様。
天使様のとなりに腰を下ろし、近くの花を摘み取って花冠を作ったら、彼女の頭に乗せてあげようかな、なんて。]

(13) 2014/04/17(Thu) 21時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

[ぱしゃん]

[鯉が跳ねた気がして。
中庭の方を見ると広がるのは日本庭園ではなく草原。]

…あれ?鯉は……
……まぁ、いいか。庭に出てみよう。

[違和感も、そう言うものかと納得した。
何故納得したのか、それはこの空間故のことであるが、理解はしていない。

縁側から草原に降りると歩きだす。
しばらくすると先ほど和室で見かけた少女>>6と花冠を作る見知らぬパーカーの少女>>13を見つけるだろうか]

(14) 2014/04/17(Thu) 21時半頃

少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 21時半頃


【人】 長老の孫 マーゴ

[空気が動いた気がして、ゆるりと瞼を開く。
いつの間に寝入ってしまったのだろう。
霞がかかった様な思考を巡らせ、傍を見れば花冠を作る少女>>13

初夏の草原と花冠、そして少女。一枚の絵の様な光景。と、瞳を細める]


こんにちわ。


[驚かせてしまわぬよう、出来る限りそっと声をかける。

もし、このまま草原で初夏の風に、吹かれていたら、和室で出会った人物>>14と出会えるかもしれない]

(15) 2014/04/17(Thu) 22時頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 22時頃


【人】 少年探偵団 ガーディ

[眠っていた少女が起き上がる>>15頃に、そこへ辿りついただろうか]

あれ?さっき和室にいた…えーっと名前なんだっけ。
僕はガーディ。
…さっきぶり?

[そう言えば、彼女の名前は聞いていなかったと思い至る。
戸惑いつつ自分の名を告げ、相応しい言葉が見つからないことに戸惑いながら挨拶をした]

(16) 2014/04/17(Thu) 22時頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

ふわぁ…
暑っ苦しいですなあ、ここ。

[渡り廊下を覚束無い足取りでふらふらと徘徊する。]

ふう、出られないですかねえ。
おーい、出してくださいませんか、ねえ。

[途中、障子を前にぐいぐいと押してみたり、小首を傾げたりしたりしながら。]

(17) 2014/04/17(Thu) 22時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[草原に現れた>>16のは、さっきの和室に人物。
名前を呼ぼうとして、喉のところで言葉が引っかかる]

ああ、そういえば……。
自己紹介ができていませんでしたね。

[名乗られた名前。それを忘れぬように、心の中で繰り返す。

大丈夫、きっと忘れない。
もう二度と、出会った人の事はーー。

ずきりと心の何処かが痛むのを感じる。
その痛みを忘れようと笑顔を浮かべ]

私はマーゴット・エリ
マーゴと呼んでくださいね。

[草原に座ったまま、ふわりと笑いかける。
どこかで鳥が羽ばたく音がした]

(18) 2014/04/17(Thu) 22時半頃

天井手繰り ヤヘイは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 22時半頃


【人】 少年探偵団 ガーディ

マーゴ…マーゴだね。
ありがとう。よろしくね。

[草原に座りふわりと笑う少女>>18

――ああ、こういう人こそ"女の子"だ。

…何故そう思ったのかわからない。
ただ、そう思った事でぎゅっと胸が掴まれたような気がして。
鼓動を落ちつけるために、胸元に拳を作る。]

鳥、いるんだね。
何の鳥だろ。

[音のした方をちらりと見、首をかしげた]

(19) 2014/04/17(Thu) 22時半頃

【人】 対面販売 クリスマス


 …わぁ、おきた。
 おはよう、天使様。

[>>15出来上がった花冠と笑顔をそっと、少女へ。
…うん、やっぱり天使様。

―――きれい。]

 …お知り合い?

[>>16>>18を交互に見て、首をこてり、とかしげる。]

(20) 2014/04/17(Thu) 23時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

知り合いというか、さっきあったばかりというか…

[パーカーの少女に知り合いかと聞かれる>>20と曖昧に答える。
和室でお茶を飲んでいたくらいで名前もさっき知ったのだ。
知り合い、と言ってしまっていいものなのだろうか]

僕はガーディ。
えっと、君も探しものを?

[自己紹介をし、先ほど和室でもした質問をする。
ここにいる人は何かしらを探すと聞いたから、彼女もそうなのだろうかと]

(21) 2014/04/17(Thu) 23時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

[完成した花冠を見ると、じくりと胸が痛んだ気がした]

(22) 2014/04/17(Thu) 23時頃

【人】 牧人 リンダ

[何かが引っかかる。
普段は気にもしないことなのに。
今日までの私はそれを必死に探していなかったのか。

そんなことはない…はず。
だからこそ私はここに来たのだから。

持っていたシロツメクサが、いつの間にか紅に染まる。
ベニバナツメクサ、そんな種類もあったなと。
シロツメクサとは違って、その花は記憶に影を落とした。]

(23) 2014/04/17(Thu) 23時頃

牧人 リンダは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 23時頃


【人】 粉ひき ケヴィン

[いつまでも和室でのんびりしてるのもな、と思い再び屋敷内をうろつくことにした。
しばらく廊下を歩いていると、視線の先に扉を押したり…小首を傾げたりしている男>>17が見える。
ここの扉は横に滑らすものだった気が…そう思い男に教えようと思った。]

おい、あんた…何しているんだ。

[ふと、そういえばこの男は見たことない顔だと思いながら。]

(24) 2014/04/17(Thu) 23時頃

粉ひき ケヴィンは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 23時頃


【人】 対面販売 クリスマス

 ガーディ、ガーディ…
 うんうん、覚えました!

 私はクリスティーナ・ベル!
 
[いつだかにもやったような仕草で。隣の天使様はマーゴと名乗っていたような。同じように「マーゴ、マーゴ…」と呟いただろう。自己紹介には浅葱の瞳を細める。]

 んー…、た、ぶん?
 失くしものした記憶、ないから

(25) 2014/04/17(Thu) 23時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

こちらこそ、よろしくお願いしますね。

[自らの胸元に片手をあて、軽く会釈をする。
会話の相手>>19の心情はわからぬまま。

『お前はーーのー、なんだから
いつもーー正しく、ーーーないと
ーーなんかとーーーてはならないよ』

突如、脳裏によぎったのはノイズ
大事な箇所は、抜け落ちたままで
けれども、よく知った人の声にとても似ていた]

ええ。鳥……
姿は見えないのですが。
もしかしたら、羽根の主かも知れませんね。

[ガーディと名乗った人物の方を向く
足元の羽根を一枚、拾い上げ
軸のところを、くるりと回して見せる]

(26) 2014/04/17(Thu) 23時半頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

[声を掛けられた事>>24で、ぴたりと足を止める。そのまま顔を、そして追いかけるように身体をそちらの方に向けて、正面に相手が入るように振り返った。]

おや、これはこれは。
こちらの亭主様でございましたか。

[ケヴィンの全身(もし佩刀していれば一度目を見開いて固まったかも知れない)を目の端で一瞥した後、]

本日はこのような席にお招きいただき、
ありがとうございました。

[その場で腰を90℃近く折り曲げて、深々をお辞儀をした。]

(27) 2014/04/17(Thu) 23時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(1人 6促)

ジェニファー
0回 注目

犠牲者 (5人)

パルック
0回 (2d)
ベネット
4回 (3d) 注目
ノックス
0回 (4d) 注目
ガーディ
3回 (5d) 注目
ギネス
6回 (6d) 注目

処刑者 (4人)

リンダ
1回 (3d) 注目
マーゴ
3回 (4d) 注目
ケヴィン
0回 (5d) 注目
ヤヘイ
3回 (6d) 注目

突然死 (1人)

クリスマス
0回 (4d) 注目

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.054 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび