人狼議事


173 【突発RP村】夢の通い路

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


ベネット! 今日がお前の命日だ!


【人】 長老の孫 マーゴ

あっー……。

[少し取られた距離>>68。それが『寂しい』と感じ、短い声を上げる。
けれども、引き止めることはしない]

ケヴィンさん……
ありがとう。

[なくした物の面影に、一番近い彼に礼を言う。
心の底から出た言葉は、少し震えていた]

なくした物の記憶、
少しだけ思い出せました。

[震える声、冷えた指先。
それでもなんとか、笑顔を形作る。
引きつっているように、見えただろうか]

(0) 2014/04/19(Sat) 06時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[ザアーーーー
サワサワ サワサワ

強い風が草原を揺らす。
白い羽根が一枚、舞い上がり。
掌へひらり、落ちてくる。

大きな白い羽根。
これは多分、水鳥のーーー。

風に揺られ、中庭の樹々が手招きする。
もっと奥へ、此方へおいで。と
操られるように、中庭の奥へと歩を進める。

一緒にいた面々には、ひらり。手を振って]

ーーさがさなきゃ。

(1) 2014/04/19(Sat) 06時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 07時頃


【人】 長老の孫 マーゴ

[『ーー、半分に割れたから。ーーーにあげる。
ーーのしるし。ずっとーーだよ』

明るくて、優しい声。毎日、共に遊んだ。
あれは、ほんの一夏のことーーー。

『ありがとう。大好き。
大きくなったらーーーーにしてね』

虫食いだらけの記憶。
その中で、笑う二人の子供。
一人は『私』もう一人は……。

思い出せない。わからない。
答えを求めるように、空を見たその時]

ーーー池?

[大きな池に辿り着いた。
澄んだ水面には水鳥が数羽。魚はいないーー]

(2) 2014/04/19(Sat) 07時頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 09時半頃


[ある街の、ある場所に、一つの店がある。
ビルの森のなかに、隠れるように。
小さな喫茶店がぽつりと残っている。

openとかいた札のかけられた、小さな店。

「ひまわり」とかいた看板が申し訳程度に出ているけれど。
ここを見つけられる人間は、少ない。]

 ふわぁ…―――

[案の定、暇を持て余した女主人は。
煙管を咥えて、カウンターで欠伸をしていた。
光があれば、影がある。
言うなればここは、夢の通い路の影。
喫茶店「ひまわり」]


【人】 長老の孫 マーゴ

ー池のほとりー

[辿り着いたその先は、湖のような大きな池。

澄んだ水面にきらきら、陽光が万華鏡の様に反射する。
池の中ほどには、真っ白な鳥の姿
その姿に思わず呟きが口をつく]

……白鳥?

[ゆるり首を振り、呟きを打ち消す。

初夏のこの庭に、いるのはきっと夏の鳥。
そう。あれは多分、鷺ーー]

(13) 2014/04/19(Sat) 15時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[ああ、いつのことだろう。
前にもこんなことが、あった気がする。

『白鳥は冬の鳥だよ。
ーーは何にも知らないんだね』

明るく笑う子供の声。
くしゃりと頭を撫でられる感触。
それらを確かに感じた気がして、周囲を見渡す]

ーー!

[少年の幻影が瞳に映り、溶けるように消え去る。
幻影が消えた後には、男性が一人>>12

初夏の陽射しが、みせた蜃気楼かと瞬き一つ。
そのままその場に立ち竦む]

(14) 2014/04/19(Sat) 15時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 15時半頃


【人】 長老の孫 マーゴ

[池のほとりまで、歩を進めてきた男性>>15の姿に
口元にあるかなしかの微笑みを浮かべ、こちらも、一歩、二歩と歩み寄る。
二人の距離は幾らか近くなっただろうか]

いえ。邪魔ではないですよ。
一人だと考え過ぎてしまうから
むしろありがたかったです。

[時折蘇る記憶の欠片。
それは、先程から頻度を増していて。
それにつれるように、心に引っ掻き傷が増えていく。

記憶が曖昧なまま、一人でそれらを受け止めることが、今の自分には恐ろしかった]

(16) 2014/04/19(Sat) 17時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 17時半頃


【人】 長老の孫 マーゴ

[水面に浮かぶ鳥の羽根。

ゆらり、ゆらり。波紋を広げる

時折、水底で煌めくのはきっと

ーーー蛍石の緑

あれは『彼』がくれたーー]

(17) 2014/04/19(Sat) 18時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

探し物の調子……。

[その言葉に、目を細める。少しだけ相手>>18を身近に感じる。
ここにいるのは、おそらく皆『なくし物』を探している人たち。
今更、そんなことを実感する。

一人ではない、そのことに何処と無く安堵する]

少しだけ……思い出しました。
多分、何をなくしたのかも……。
ただ此処で見つけられるのかどうか。

[この屋敷の何処かにあるであろう『なくし物』
けれども、屋敷のどこにあるのか。
というと、見当もつかなかった]

貴方は、なくし物。
見つかりましたか?

[小首を傾げ問いかける]

(19) 2014/04/19(Sat) 18時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

イメージ……
ーー招く。

[男性の言葉>>21を繰り返す。不安な声。
爪先がゆっくり、冷えて行くのを感じる。

招いてもらえなかったらーー。
もし、願っても現れなかったらーー。
それは、言葉に出すことの出来ない不安]

貴方も、思い出しかけているのですね。

[それは、どんなーーと言いかけ、口を噤む。
自らの痛みを思い出せば、言葉に出してはいけない気がして。
代わりに、微笑み一つ浮かべて]

貴方の探し物が、無事に見つかりますようにーー。

[祈るように、はっきりと声に出した**]

(22) 2014/04/19(Sat) 20時頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 20時頃


【人】 長老の孫 マーゴ

子供の頃のこと>>25
ふふっ…。私と同じですね。

[探し物は恐らく違うだろうけれど。
小さな共通点が、今は何と無く嬉しい]

ーー私の探し物は多分
子供の頃、初夏に過ごした場所でのことだと思います。

[だからこそ、口に出す。
取り戻しつつある思い出。その欠片を確かめながら、手探りするように]

(35) 2014/04/19(Sat) 23時頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 23時頃


【人】 長老の孫 マーゴ

待っていて…くれるでしょうか。

[ぎゅ。と自らの掌を力込め、握る。
縋るような眼差しを彼>>27に向ける、不安で瞳が揺れる。
それでも、決意するように息を一つ、深く吐いた]

ありがとう。
逃げていたのは…私だったのかも。しれないです。

(38) 2014/04/19(Sat) 23時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[この手から離れて、ゆっくりと
水底に沈んで行った『宝物』

夕焼け空の下、振られた手
守られることのなかった『約束』

そしてーーー]

(45) 2014/04/19(Sat) 23時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

もし、貴方の探し物の邪魔にならないならば
見届けていただけると、心強いです。

[真っ直ぐに彼>>46を見つめ、頷く。
一歩踏み出すのは、いつも勇気がいる。
ともすれば逃げ出しそうになるほどに……
けれども、誰かが見守っていてくれるなら。

初夏の強い日差しの中、心からの笑顔を浮かべた]

(47) 2014/04/19(Sat) 23時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

それならば……。
嬉しいです。

[口元を隠し、にこり。笑う
よろしくお願いします。と頭を下げ。
名乗られれば>>48自らも名乗り返すだろう]

(49) 2014/04/20(Sun) 00時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 00時半頃


[女主人は珈琲を淹れていた。
悪くなりそうなチーズケーキを、自分で処理する為に。
お客があまり来ないから、仕方ないとは言え。]

 あんまり食べてると太るのよね

[困ったように、ため息もついて。]


【人】 長老の孫 マーゴ

[池を覗きこむ。

なぜだろう、あの場所ではないはずなのに。

求める物が見えた気がして。

きらり水の中、存在を主張するのはーー]

ああ……。

[袖が濡れることも構わず、手を伸ばす。

その時、空気が動いた気がした]

(58) 2014/04/20(Sun) 01時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[空気が動いた方向>>54へ、顔を向ける。

片手を水中に突っ込んだ不安定な体制。
意識が逸れたためか体勢を崩し、ぐらり。

ゆっくりと水中へ落ちていく。

なぜだろう、恐怖はない。

視線の先にあるのは、探していたもの。
半分に割れた『蛍石』]

(63) 2014/04/20(Sun) 01時頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 01時頃


【人】 長老の孫 マーゴ

[水の中、手を伸ばして蛍石を拾い上げる。

半分に割れたその石は、記憶のままの形で
そっと頬に寄せれば、なぜか暖かさを感じる。

これは『彼』と過ごした時間の暖かさ。
そして、失った思い出の……。

水底から地上を見上げる。
太陽ははるか遠く、ぼんやりと揺れている。

どうやって戻ろうかーー。
宝物を握りしめたまま、途方に暮れる]

(68) 2014/04/20(Sun) 01時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 01時半頃


【人】 長老の孫 マーゴ

[水の中。全ての動作が緩慢で、重たい。
まるで、手枷足枷をつけられたかのよう。
日の光すら遠く、うっすらとしか届かない。

けれどもそれは私が今までいた場所と、酷く似ている気がした。
宝物を池に沈めたあの時に、まるで自分の心まで沈めてしまったようなーー。

『もどりたい』声にならない叫び、必死で手を伸ばす。
誰かの手に触れることが出来るだろうかーー]

(73) 2014/04/20(Sun) 01時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[水の中、伸ばした手に何かが触れた>>76

人の手だと、なぜだか確信する。
薄暗さから持ち主の顔まではわからなかったが。
それでもなぜだろう]

……ギネスさん?

[見知った人のもののような気がして、そう声に出す。
水の中なのに呼吸が出来ること、声を出せること。
その違和感には気づかないまま、真っ直ぐに差し出した手。
もし掴んでもらえたなら、ともに水面まで浮かび上がることができるだろう]

(77) 2014/04/20(Sun) 02時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[握られた手>>78それが知った人のもので安心する。

ジェスチャーにゆっくりと頷き返し、水面に向かって浮かび上がって行く。

そして……。幾許か後、池のほとりへと無事にたどり着いた。
ずぶ濡れのまま、初夏の日差しにホッと安堵する]

(81) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

ええ。いただきます。

[水筒を回収する様子>>82に思わず笑みがこぼれる。
お返しに何かないか……。とポケットの中を探す
指先に何かが触れた。木苺だと直感する]

お返しに、木苺……。
エビガライチゴ。というらしいのですが
召し上がりますか?

[ずぶ濡れだったはずの衣服は、不思議なことにもう乾いていて
ポケットに入っていたハンカチも濡れた様子はない。
そのハンカチに木苺を乗せ、そっと差し出す]

助けていただいて、ありがとうございました。
おかげで、なくしたもの。持って来られました。

[繋いでいた方とは反対の掌を開く。
水に濡れた蛍石が光っていた]

(86) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 02時半頃


【人】 長老の孫 マーゴ

ええ。蛍石。というのです
これは子供の頃に、大切な友達から貰ったものなのです。
半分に割れてしまったから、片方を私に……って

[手の中の蛍石を彼>>87が見やすいように。と、近づける。
暖かい紅茶を飲みながら、ゆっくりと目を閉じる。
穏やかな気持ちになった。

ーーああ、終わりの時間は近いのだな。
心の何処かで感じとる。
けれどもそれは嫌な感覚ではなく]

(90) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[子供の頃、祖母と夏を過ごした場所。そこで出会った男の子。
勉強とお手伝い漬けの日々を過ごしていた自分に、色々なことを教えてくれた。

木苺の味、水辺に来る夏鳥の名前。
大声で笑うこと、そして泣くこと

半分に割れた蛍石は『親友』のしるし
離れても、ずっと一緒。また遊ぼう。という約束

けれども、男の子と遊ぶ私に、祖母はいい顔をしなかった。

『はしたないー!どこの子かもわからない子から、もらったものなんて』

早くに両親を亡くした自分にとって、祖母が全て。抗うことはできなかった。

だからあの日、言われるがままに蛍石を湖に沈めた。
そして、彼にサヨナラも言えぬまま、引きずられるように家へと帰った]

(91) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[彼の体の横に置かれた金属の板、そこに視線を移し
不思議そうに口を開く]

ギネスさんも何かをみつけたのですね。

[それが、彼にとって必要なものであるように。
口には出さず、心の中で呟く。
きっと、答えは彼自身が知っていると思うから]

(93) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

本当に……よかったです。

[蛍石をそっと頬に当て、心の底から。
涙が滲んでいたのは、懐かしさかそれとも安堵からか]

ギネスさんにあえて、よかったです。
宝物、二つに増えてしまいましたね。

[蛍石と、親切な男性>>93との思い出。
なくしものを探しに来て、探したもの以外もみつけてしまった。なんて、不思議な感じだ。
けれども、今度こそ失うことがないようにーー。
しっかりと覚えておこう。そう、心に刻み付ける]

(94) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

そろそろ、行かないとなりませんねーー。

[ふわり、特有の浮遊感を感じ、傍の男性にひらひらと手を振る。
白く霞んで行く視界に、帰還の時期だと悟る]

ありがとう

[この館の女主人と、新しく出会った大切な友人達に頭を下げ、
明るい方へとゆっくりと歩を進める]

(96) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

……また、何処かで。

[その言葉が伝わったかどうかはわからない。
けれどもあの池の中で、彼も何かを拾って来られた>>95その事実が何よりも嬉しかった**]

(99) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:マーゴ 解除する

処刑者 (4人)

マーゴ
3回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.078 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび