人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


メモを貼った。


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 00時頃


メモを貼った。


【人】 鳥使い フィリップ

― 寮・自室 ―

[ネットで、愛を検索し、こう、通り一面な愛の論文をかちゃかちゃと作成していく。
 何か、小難しそうに表現すればそれなりな形にはなってる感じもするし、とりあえず、提出すればいいだろうと思うから。

 その途中、ふうっと息をついて部屋を見回す。
 1年の最初から入った寮。ベッドと机があるだけの部屋。だけど、本当に居心地はよかった。]

 ――……。

[母に相談したら、2年まではいて、3年…つまり4月から帰っておいで、ということになった。
 それに頷いて、あと少しのここの時間は大事にしようと思っている。

 そう、決めてしまえば、何かこう、落ち着いた。
 いろいろ混乱することもあったけど、
 ちゃんといつもどおりでいられると思う。]

(0) 2013/01/28(Mon) 00時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 ああ、そういや、イリス先輩たち大丈夫かな?

[ふと、ヤドカリのこと、思い出して、しまったな、と思った。
 あとで、少し、様子を見に行ってみようと思っている。]

(1) 2013/01/28(Mon) 00時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 00時半頃


フィリップは、しばらくすれば、食堂のゾーイたちの話を聴きに行った。

2013/01/28(Mon) 00時半頃


フィリップは、しばらくすれば、食堂のゾーイたちの話を聴きに行った。

2013/01/28(Mon) 00時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

― 食堂 ―

 ――……あれ、そこも?

[ゾーイとクラリッサの入れ替わりは理解していたが、
 ソーイとイリスもそうなってたとは知らなかった。ということは昨晩はどっちと話していたのだろうか?

 いずれにせよ、不思議なことではあるけれど、
 こう、昨日、さらっと受け入れてしまったのもあり、そんなに驚きはなかった。

 なので、口出しはなく、驚きの声も、少しだけ。
 むしろ、少しひょんな声をあげるグレッグをちらり見やる。]

(15) 2013/01/28(Mon) 00時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

[そして、また今度はちらり、プリシラをみやる。
 何かいらいらしているようだ。

 おそらく、今の話はプリシラの美学に合わないんだろう、なとど予測する。]

 告白?

[ふと、話の中にその単語が出れば、首を傾げた。そこは知らない話だったから。
 でも、自分を傷つけたかったという言葉には、少し、考え込んで、目を伏せる。]

(21) 2013/01/28(Mon) 01時頃

【人】 鳥使い フィリップ

[グレッグが手を合わせてこっちに謝ってくる。
 一瞬、なんのことだか繋がらなかったけれど、どうやら告白云々を知っていたらしい。

 とりあえず、ゆるく別に構わない、というように首を振って、
 そして、プリシラはどこかに出かけるらしい。]

 ――……話、きいていかないのか?

[何かいるもの、と言われ、そう聞き返すけど、
 でも、行くようであれば、いってらっしゃいと。]

(26) 2013/01/28(Mon) 01時頃

【人】 鳥使い フィリップ

 ――……

[話はあくまで静聴しているのだけど、
 プリシラが出て行った様子に、空気が変わるのを感じている。
 そして、彼女らを見つつ、ゆっくり、席を立った。]

 俺、なんも気にしてないから。
 ――……うん、大変だったな。

[それは、いきなり突飛なことに巻き込まれて、そして、それをきちんと報告しようとした態度へ、ねぎらいを込めて。]

 ちょっと様子みてくる。

[軽く、手を振ると、どうやらトサカにきているらしいプリシラを追うことにした。]

(34) 2013/01/28(Mon) 01時頃

フィリップは、一旦部屋に立ち寄って…。

2013/01/28(Mon) 01時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

― コンビニ ―

[外は酷く寒い。
 でも、その中でもプリシラの姿はわかりやすく、
 その姿を硝子越しにみつけて、手を振った。

 中に入れば、そこは幾分暖かいけれど…。
 とりあえず、プリシラの首に、持ってきた分厚いマフラーを巻きつける。ちょっと問答無用。]

(39) 2013/01/28(Mon) 01時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>43

 へぇ、そんな声出るんだ。

[小さな悲鳴にくすくす笑う。
 そして、その手元、籠の中にアルコールが入っているのを見れば、手にとって…。]

 これは、ダメ。
 俺、病み上がりに飲んで、酷い目にあったから。

[ジュースにしときなよ、と。]

(47) 2013/01/28(Mon) 01時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>51

 酔いたい時なんですか?
 じゃ、半分にしてください。

[なぜ酔いたいかまでは聞かない。
 いや、予測はついている。]

 半分じゃ酔えないなら、
 病み上がりらしく腹くくってください。




 ――……心配ですから。

(58) 2013/01/28(Mon) 02時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>61

 いいですよ。付き合いますよ。
 じゃ、半分は俺がもらいます。

[プリシラはその後携帯メールを見て、サンドイッチを籠に追加するのを見て、きっとグレッグだな、と思う。よく食べてるのを知っているから。]

 ――……話も聞きますよ。
 プリシラ節だと、

 怒った時とか泣きたい時は、
 思いっきりでしょう?

[以前言われたことを確かめるように…。
 そして、プリシラの買い物が済んで、寮に戻るまで付き合う。]

(64) 2013/01/28(Mon) 02時頃

フィリップは、しの晩は、プリシラに付き合うつもりだ。**

2013/01/28(Mon) 02時頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 02時頃


フィリップは、朝を迎える前には自室に戻った。**

2013/01/28(Mon) 08時頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 08時頃


[目を覚ますとシメオンの顔が間近に在る、それだけで俺はドキドキするしほっとするし、何よりこんな風邪の真っ最中なのに幸せかもって思えた。もうだめかもしんない。
先輩が汗をかいてるならそっと前髪をかき分けて額に触れる、まだ熱は高そうだ。自分が熱いだけかもしれない。]

せんぱい…………?

――シメオン。

[こっそりと名前を呼んでみる、まだ起きる気配が無ければそーっと頬にも口付けた。]

大好きだよ、先輩。
風邪治ったら、もっと距離が近くなってるといいな。

[多分聞こえてなかっただろう、でもいいんだ。先輩が目覚めたらもう一度きちんという。
ずっと側にいさせてください、って**]


メモを貼った。


メモを貼った。


【人】 鳥使い フィリップ

[プリシラの部屋ではその話を聴いて、とくに反論もせずいただろう。話途中も、友人以上のことなどはなにもせず、

その話が途切れたときにはきっと彼女は眠っていて、
風邪をこじらせないように布団を被せたあと、そっと自室に戻った。

自室に戻れば、しばらくは物思いに耽りつつも、
空が白み始める頃には意識は落ちている。

遅く起きれば、授業一つはすっぽかしてしまっただろうか。
諦めて支度して、大学に向かえば、学生課に立ち寄り、退寮届けをもらった。ピンクの封筒に入ったそれを鞄にしまい、次の授業まで暇をどこかで潰している。**]

(144) 2013/01/28(Mon) 16時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 16時頃


フィリップは、へっぶし

2013/01/28(Mon) 18時頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 18時頃


あー。

[まれに起き出して水分を取ったり用を足したりはしているが、ほぼ寝ていた。おかげで若干熱は下がっている。
そして何度目か。眠っていた。]

うん?

[名前を呼ばれた気がして、目を開けるが、既にからはかなり時間がたった後だった。]

ノックス。

[呼び返すように抱きしめて、また眠りに落ちた。*]


【人】 鳥使い フィリップ

― 回想・プリシラの部屋 ―
>>84
[先にプリシラの部屋につくと、ぼんやり彼女を待っていた。
 そして、プリシラが来れば手をあげて、肝チューハイを開けるのを見守る。]

 ――…話して貰えない気持ちですか。
 そうですね。でも、
 俺が同じ事態だったら、やっぱり、抱えると思う。
 大事な人にも、例えば母さんにも、明かせないかもしれない。
 その時に、もし、母さんが今のプリ先輩のようなことを言ったら、

 そうだな。罪悪感に苛まれるだろうね。

[正直に自分の感想を述べる。]

(166) 2013/01/28(Mon) 19時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>86
 先輩なのにだらしないってことはないと思うけど。
 プリ先輩の気持ちは伝わると思うよ。

 言いたいことを言うのはいいんじゃない?
 裏表がないってこと、よくわかるし。

[まっすぐだから、裏表がないから、
 ぶつけられた言葉は、それだけ、プリシラがまだ、いろいろ汚れきっていないことも示していて…。
 それは、確かに眩しいものだろう。]

 いや、
 きっと、俺じゃなくても、来るよ。
 プリ先輩を知ってる人ならね。

[酔っているのがよくわかる。
 きっと病みあがりだから、回りも早いのだろう。]

 少しでも幸せなら、それでいい。

(167) 2013/01/28(Mon) 19時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>89
[そして、好きになったと言われ、小さく笑んだ。]

 そう……。

[キスの話はそのまま、聞いている。否定も肯定もしない。
 そう、まだ、この人は恋をしてるなんて、言わないし、
 わからないって言っているうちは、自身ももっと踏み入れることはないだろう。
 それは、自分に他に、恋してしまっている相手がいるからじゃなくて、
 ただ、怖いだけだ。

 軽くつきあって、そして、そのまま終わるのがつらい。
 それはつまりプリシラの考えと、何も変わるところはない。]

 おやすみ、プリ先輩

[寝てしまったあとは布団をかけて、自室に戻った。**]

(168) 2013/01/28(Mon) 19時頃

【人】 鳥使い フィリップ

― 講義室 ―

[授業の時間が来て、講義室に向かう。
 いつから、ギリギリの時間に入るようになっただろう。ともかく、後ろのほうの席にいつも通りに座ると、昨日はどうしたのかと声がかかる。]

 ん、ちょっとサボり。

[すると、なんでかノートが飛んできて、開くと、見やすい綺麗な字。少し、なぜか笑いが出た。]

 ん……いいや、貸してもらうって約束してる奴いるから。

[そんな約束していないのだけど。
 何かと理由をつけたがっている。

 それに自分で呆れつつも、メールを打つのは、
 何かつながっていたいから。]

(172) 2013/01/28(Mon) 19時半頃

【人】 鳥使い フィリップ





from:Philip to:Greg
message:昨日のノート、あとで貸して?**




  

(173) 2013/01/28(Mon) 20時頃

―昨晩―

[ゾーイさんやイリス先輩等が集まって入れ違いの話をしてくれた。理屈では分らないけど、感覚的に感じていたものが氷解したので、それについては深く疑問を呈したりする事は無かった。話に自分から加わる事は無く、一人自室に戻る。でも、こんな事があると、不思議な事も、自分では想像をしていなかった事も、この世の中には有るのかなっ、なんて思ったりもしてくる。
今まで強く気づく事は無かったけど、もしかしたら、ずっと前からそうだったのかもしれない。でも、それを確りと私の中で認識する事は無かった、と思う。同性を恋し、愛する事。]

手を握り合って――…。
私、初めて。

[ぎゅっと手を握られた事を思う。その時に感じた気持。握り合った手を通じて、鼓動の動きが伝わってしまうと想えば想う程、顔が赤くなった。でも、それがとても幸せに感じたから、握る手はずっとそのままでいたいと想ってしまった気持。
彼女と手を握りあって歩いている内に、彼女の笑顔がさらに明るくなっていったような気がしたのも、とても嬉しかった。気持が通じ合ってゆく感じ、今までに感じた事の無い感情で満たされていった。]


好きに――…。

[瞳を閉じれば、浮かぶのは彼女の笑顔。そして、今でも彼女の手の温もりが手に残っているよう気がする。一晩中、ただ彼女の顔を眺め、指を絡ませて手を握り合っているだけで、幸せになれそうな感じがする。
そして、今、瞳を開ければ彼女の姿が見えないのが、とても寂しく切ない。

彼女に想いを告げたい。楽しい事や嬉しい事を共に喜び、辛い事や悲しい事があったら二人で乗り越えて行きたい、から――**]


―翌日・自室―

[朝起きて思うのは一つの事。今日は講義の予定は入っていないから自由に動ける。ローズマリーさんを、ううん、さん、じゃなくてローズマリー。急にそういったら彼女はどう思うだろう。うん、でも、もうさんなんて付けたくない。もしくはマリーって、わ、わ、すこし声を出しただけで、すごく照れる。鼓動が外まで聞こえてしまいそうな感覚。]

大学よりはバイト先だよねっ。
うん。

[バイトで忙しい彼女を、大学で捉まえるのは難しそうかな。確か、バイトは三つほど掛け持ちしていたと思う。喫茶店と、ファミレス、バー。後でバイトの終わる頃に彼女を尋ねようと思った――**]


メモを貼った。


【人】 鳥使い フィリップ

>>175

[かえってきたメールでプリシラと一緒だと見れば、やや瞬いて…。]

from:Philip to:Greg
message:寮で、いい。今から授業だから。

[選択授業は違うものをとっていたので、そう返信する。
 それから、携帯は鞄にしまった。]

(177) 2013/01/28(Mon) 20時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 20時半頃


フィリップは、そのまま授業を受けて、終われば寮に帰っていく。

2013/01/28(Mon) 21時頃


─ 回想 ─

[昨晩の、ゾーイ達が打ち明け話をした際。
自分はその場にはいなかった。
一人で食事を済ませた後、取り分けたスープを雑炊にしてノックス達の元に届けに行ったから。
───本当はプリシラの部屋にも声をかけに行ったのだけれど、ベッキーの声が聞こえてきたから。
話の邪魔をしたら悪いかなと思ったら、入れなかった。

雑炊を鍋ごとシメオンの部屋に届けると、使った食器は後で片付けに来ると声をかけて。
この時桃ゼリーも届けたから、ノックスから嬉しがられたりしただろうか。

食堂に戻る理由もなかったから、一旦部屋に戻って。
ノックス達の使った食器を片づけに行った時には、もう食堂は閑散としていたことだろう。]


【人】 鳥使い フィリップ

― 寮・夕暮れ ―

[授業が終わって、また昼を食べ損ねていたので、食ってから、部屋に戻ると、もう、日は暮れかけていた。

 鞄を開いて、ピンクの封筒を取り出すと、机の隅に置く。
 それから、教科書やノートを取り出して……。]

 愛の論文、そういえば、もう提出してる奴もいたな。

[やらなきゃな…と端末をつけて、
 昨日サボった分、少し真面目に勉強しはじめた。]

(183) 2013/01/28(Mon) 21時頃

─ 回想 ─

…誰か、話聞けたらえぇなぁ、思てたんけどな。

[まさか風邪で潰れてるノックス達にあの課題について聞く訳にもいかない。
さっきメールで提出するようにと催促があったと教えられたから、元気になるのを待つのもどうかと思うし。
かといって、この時間から人の部屋を訪ねて聞くのも気がひける。
もしも邪魔に思われたら──そんな思考はすぐ止めて。]

…ま、しゃーないか。
自分なりに考えて書くしかないな。

[ぱたん。
自室に戻ると、机に向かった。]


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 21時半頃


「愛とは何か。
結論としては、私には解らないと言う他無いだろう。」

[序文を綴る手は滞り無く。
難しいと放り投げた時よりも、迷いなく続く。]

「理由としては世間一般における愛の定義は曖昧だから、という他ない。
少なくとも経験の浅い若輩の身で語って良いものではないだろう。
ただ、自分なりにこうではないかと思う所はある。

愛とは、分かち合い、与え合うものではないだろうか。
他者に対して与えるばかりでは涸れてしまう。
求めるばかりでは溢れてしまう。

それは自分自身に対しても、変わらないだろう。」


フィリップは、ノックがあれば、扉を見て、いるよ、と。

2013/01/28(Mon) 21時半頃


「だが、これはあくまで私の見解にすぎない。
私自身も、これが正しいと胸を張って言える程の自信がない。

そもそも愛とは、同一の形があるものなのだろうか?

古来よりその答えを明確に出せた者は無く、ならば私も出せることはないだろう。
故に、私には解らない、と締めることとする。」

[最後までペンを走らせると、溜息をついて。
原稿を無造作に鞄にしまって、そのままベッドにもぐり込んだ。**]


メモを貼った。


─ 今日 ─

[朝の目覚めはあまりスッキリしなかった。
正直言ってあの課題に対する論文は納得いってない。
いい加減に書いてはいないけれど、もやもやしたものが胸に残る。
面白くない、のだろうか。でも何が。]

……わからへん、なぁ。

[邪魔になりたくないから、話を聞きにいくのを躊躇った。
あの時から、なんだかもやもやが、止まらない。]


【人】 鳥使い フィリップ

[グレッグの声に顔を開けて扉を見る。]

 いるよ。

[入ってくるかとも思ったけれど、
 ふと考えて立ちあがる。
 扉を開けて、そこに立っていれば口だけで笑んで、ノートを差し出されればサンキュ、と短く礼を言う。]

 いつもごめんな。
 なんかお礼しなきゃかな。

[パラり、捲ると、見慣れ始めてる破壊文字。
 だけど、それには楽しげにやっぱり笑んで……。]

(185) 2013/01/28(Mon) 21時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:フィリップ 解除する

生存者
(5人 45促)

フィリップ
10回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.117 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび