人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


ベッキー! 今日がお前の命日だ!


受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 00時半頃


【人】 受付 アイリス

―― 昨晩・寮 ――

 ……。
 なかなか信じられない話だと思うけど。
 一つ一つ話すから聞いて下さい。

[>>2 イリスの言葉を補佐するように
 ゾーイの姿のまま、ちょこんと頭をさげた。]

(3) 2013/01/28(Mon) 00時半頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 00時半頃


【人】 受付 アイリス

[話をする為に一通り、
 寮生には声をかけて回っておいた。
 この場には誰がいただろうか。

 面々を見回し、
 深呼吸をしては、

 次の言葉を探している。]

(8) 2013/01/28(Mon) 00時半頃

【人】 受付 アイリス


 ゾーイは悪くないんです。
 みんなもわかってるとおもうけど
 こんなこと、わざとする子じゃないから。

[なんだか変な感じだ。
 ゾーイの姿のまま、ゾーイの事について
 喋っているのだから。]

 私がもっと早く、ね。
 ゾーイとクラリッサを信じてあげていれば
 ゾーイの負担も減ったかもしれないけど。

 ごめんなさい、遅くなって。

[深く頭を下げた。]

(14) 2013/01/28(Mon) 00時半頃

アイリスは、ゾーイの視線を受けて小さく頷いた。

2013/01/28(Mon) 00時半頃


【人】 受付 アイリス


 昨日。 グレッグとプリ子の前で
 私がへんな寝言を言ったと思うんだけど

[私が、とゾーイの姿で己を示し]

 あの瞬間なんだ、入れ替わったのは。
 私、フィリップに告白しようとしたんだ。

[ごめんね、と苦笑した。]

 ちょっと自暴自棄になっててね。
 フィリップなら私を振ってくれると思ったから。
 自分を傷つけたかった。
 そんな、最低な瞬間だったんだ。
 

(18) 2013/01/28(Mon) 00時半頃

【人】 受付 アイリス


 あれは、ゾーイの言葉じゃなくて、
 私の言葉、だから

[うつむいてしまう。
 皆の視線が怖かったのもあるが、
 特に、クラリッサの視線が怖かったからだ。]

 噂については
 私がちゃんと否定しなかったからだと思う。
 放っておいたほうがいいって思ったから。

 ごめんなさい。

[後ろめたさに耐え切れなくて、
 声は段々と小さくなっていった。]

(19) 2013/01/28(Mon) 00時半頃

アイリスは、ゾーイに続きを託すように黙り込んだ。

2013/01/28(Mon) 01時頃


アイリスは、グレッグの声を聞いて少し顔をあげると申し訳なさそうに苦笑いを浮かべた。

2013/01/28(Mon) 01時頃


(正直者の先輩と、嘘吐きの自分。)

[自暴自棄を吐露したイリスに対して、何故クラリスと入れ替わったのかは説明していない。]


【人】 受付 アイリス

 可笑しいよ

[以上だ、と響いてから漏らした声。
 背から抱きしめられて、ぽつり、呟いた。]

 ゾーイが謝る必要なんて無いんだよ
 もっと早く信じてれば、
 もっと早くみんなに理解を求められた

 もっと早く―――

[何時も失敗してからだ、後悔するのは。
 泣きそうになるが、ぐ、と堪えた。
 泣きたいのは私じゃないのだから。]

 傷つこうとして、周りを傷つけたんだ

[出ていこうとするプリシラをちらりと見遣った。
 表情を見て、感情をおおよそ察した。
 決してそれは、良いものには映らなかった。]

(29) 2013/01/28(Mon) 01時頃

【人】 受付 アイリス


 傲慢?

[へ?と顔をあげた。
 あー、と考えて停止。
 あー、と小さく頷いた。]

 そっか、傲慢か。
 敵わないなぁ

[情けなく笑って]

(37) 2013/01/28(Mon) 01時頃

【人】 受付 アイリス


 傷……

[撫ぜられると眸を細めた。
 震える下唇をきゅ、と噛んだ。
 間を置いて紡いだ言葉は、]

 正直、死んじゃいたいレベルだけど

[微かに笑みが混じっていた。]

(45) 2013/01/28(Mon) 01時半頃

【人】 受付 アイリス


 わ、

[背を押されて少しよろめいた。
 その調子でクラリッサに抱きついてしまう。
 ちら、と顔だけ振り向いてイリスを見遣る。]

 一晩我慢って……
 もうちょっと言いようがあるんじゃないの
 もう、なんか、もう

[ぶつぶついいつつもクラリッサの言葉に]

 女神は最後までみんなを見守らないと。
 そういう使命の元に生まれてますから。

[軽口を叩く余裕が生まれてきた。]

(49) 2013/01/28(Mon) 01時半頃

【人】 受付 アイリス


 よし。

[クラリッサから離れると
 ぐ、と奥歯を噛んだ。]

 ゾーイ。
 私を叩け。

[イッ、と顔を顰めて待機。]

(50) 2013/01/28(Mon) 01時半頃

【人】 受付 アイリス


 えぇ?!

[断られた?と目を丸くした。
 しかしそうだ。
 これ、ゾーイの身体だった、と思い直す。]

 ごめん、いまの、無し。
 叩かないで。

[うん、と頷いたのちに]

 大事な事は明日言う。
 女神だから、明日言う。

[クラリッサの声に重ねるように言って。]

 みんな、ありがとう。

[さいごに、にかっと笑った。]

(59) 2013/01/28(Mon) 02時頃

【人】 受付 アイリス


 ……

[黙って撫ぜられれると
 クラリッサを見送って]

 きっと戻る、よね
 今夜も一緒に寝ない?

[イリスを誘い、自室へと戻るつもり。]

(67) 2013/01/28(Mon) 02時頃

アイリスは、ゾーイの返答がどちらにせよ、イリスの部屋へと向かった。

2013/01/28(Mon) 02時頃


受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 02時頃


【人】 受付 アイリス

―― 翌朝・自室 ――

 ……

[目覚めた時、其処にゾーイの姿はあっただろうか。
 あったのなら、ありがとう、と耳元で小さく囁いて。
 上半身を起こすと掌を握ったり開いたりして
 ぼうっとそれを見下ろした。]

 うん

[小さく頷いて微笑した。]

(73) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

アイリスは、携帯を取り出し、メールを作成しはじめた。

2013/01/28(Mon) 02時半頃


【人】 受付 アイリス


 差出人:イリス・ウィンクラー
 題名:おはようございます。
 本文:
 前略。
 手が大きくなりました。
 爪も、鼻も。
 寮の隣の公園まで来てくれますか。
 
 寒いときこそ外にでましょう。
 運動は健康のもとです。

 待ってます。
 かしこ。
 

(75) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

アイリスは、布団から這い出すと引き出しからジャージを引っ張りだした。

2013/01/28(Mon) 02時半頃


【人】 受付 アイリス


 寒っ

[こんなときだからこそ。
 なにもかも、二の次だ。
 こんな服装でする話じゃないけれど。]

 よしっ

[ジャージに素早く着替えると
 部屋を出て、寮を出て、隣の公園のベンチへ。]

(76) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

アイリスは、公園につくと同時にクラリッサへメールを送信した。

2013/01/28(Mon) 02時半頃


【人】 受付 アイリス


 ……寒すぎ

[この震えは何か。
 ベンチに座りブルブル震えた。]

 大丈夫。大丈夫。
 大丈夫だって。

[送信完了。
 文字を見て、呟いた。
 緊張、してるのかな、少し。]

(78) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

アイリスは、ベンチの上で正座待機。

2013/01/28(Mon) 02時半頃


【人】 受付 アイリス

――公園――

 おはよー
 寒いね

[見えた姿に正座のまま手を振った。
 となりへどうぞ、と促して
 言われるまま、ベンチの上で体育座りした。
 あったかい。]

 うん。
 あのさ。話がね。
 昨日の続き?

[疑問形。
 私から言うんだ、先輩なんだから。
 いけ、がんばれ、と自分を鼓舞する。]

(82) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

アイリスは、クラリッサの飾らない格好は初めてみたかもしれないとぼんやり。

2013/01/28(Mon) 02時半頃


【人】 受付 アイリス


 うん。

[ついー、と遠くを見つめて沈黙。
 数秒後、クラリッサをちらっと見て]

 す、すき――

[あれ、と飲み込んで]

 スキバサミ。
 スキバサミってさ、案外ね。
 ばっさりきれちゃうの、知ってた?

[あれれー、と首を傾いだ。
 訳のわからない問いかけをしてしまう。]

(87) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

【人】 受付 アイリス


 そ、そうだね。
 気付くとさ、髪がつるっつるになってるね。
 あれなんだろね?

[クラリッサの言葉に合わせ頷くが、
 そのために呼んだのかといわれれば
 体育座りのまま素早く身体をそちらにむけて]

 違います!

[少し大きな声で、真面目な顔をした。]

 あのですね。
 何処から話そうかね。

[ん、と数秒の沈黙。]

(90) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

アイリスは、クラリッサに右手をおずおず差し出して、「手」と囁いた。

2013/01/28(Mon) 02時半頃


【人】 受付 アイリス


 うん。

[いくらでも、と聞くと
 随分と気が楽になった。単純だ。
 手を伝う温度。
 クラリッサの手はちょっと冷たかった。]

 あのね。
 メール。
 返せなくて、ごめんね。

 ずっと考えてた。
 答えが出たんだ。

[うん、と小さく頷いた。]

(94) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 受付 アイリス


 うん。
 私ね。昨日話した通りなの。
 汚いし、泣き虫だし、ダメなやつなんだ。

[ぐ、ぐ、と握った手に少し
 力を込めたり緩めたり。
 そうしているうちに段々クラリッサの手が暖かくなる。]

 だから、姿かたちがかわっても。
 愛せるかって言われると自信が無かった。
 好きって気持ちも、続く自信、無かった。

[正直な気持ちだ。
 手の感覚を確かめながら。
 言葉を一つ一つ、確かめて。]

(98) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 受付 アイリス


 ぎゅって。
 してもいい?

[じ、と見つめて首を傾いだ。]

(99) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 受付 アイリス


 ん

[抱きしめられると態勢を崩して
 両腕を回し、優しく抱きしめ返した。
 指先でクラリッサの背をそ、と撫ぜる。]

 それでも傷つくよね
 相手にそう言われて、傷つくんだ。

 傷つけてた。
 だから、それも、ごめんなさい。

[ね、と耳元で囁き、頬と頬を寄せた。]

 あのね

[す、と身体を離した。
 真っ直ぐに、見つめて。]

(102) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 受付 アイリス


 おあいこかな

[くすと笑って]

(106) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 受付 アイリス


 最低な私はさ。
 なくしたくないんだ。

 奪いたい。
 独占したい。
 好きだって言い続けて欲しい。
 私のものにしていたい。

[淡々と募らせる言葉、思い。
 調子が一定だからそれは随分と
 軽く。或いは少し怖く聞こえるかもしれない。]

 そういう私だけど、
 クラリッサの事、好きでいてもいいですか?

[けれど、どうしようもないから。
 へにゃ、と情けなく笑った。]

(107) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 受付 アイリス


 ……

[髪に触れる手に手を重ね
 顔を寄せると強引に唇を重ねた。
 朝の公園で見ていた人もいたかもしれないが
 それはもう、気にならなくなっていた。]

 ―――っ

[唇を離し、薄ら笑んで]

 ねぇ
 今の私が、イリスじゃないって
 言ったら、どうする?

[耳元で、囁いた]

(114) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 受付 アイリス


 そっか

[に、と笑った。
 そして遅れてくすくすと笑い声。
 唇をすうっと近づけて、]

 こんな歪んだ愛情表現しか出来ない私だけど

[深く、深く、口接けて]

 ―――、よろしくね

[離すと、鼻先をくっつけたまま
 クラリッサの温度をかみしめるように
 幸せそうに、*微笑んだ*。]

(118) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 03時半頃


【人】 受付 アイリス

[見る人が見れば矢張り最低だと罵るだろう。
 過去、そう罵られた事もある。

 けれど好きなものは好きだ。
 それがたとえ保証の無い気持ちであっても。

 未来永劫好きでい続けること。
 それで無いと愛じゃないなんていうなら。
 純粋なもの以外は、全て魔性であるというなら。
 私の気持ちは愛でなくていい。

 伝え合う温度に後悔は無かった。
 深い口接けで何を伝えたか。

 昔も今も変わらない私の在り方であり、
 きっとクラリッサの身体に馴染むまでは
 ある種の毒となって、身体を*駆け巡るのだろう*。]

(137) 2013/01/28(Mon) 05時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:アイリス 解除する

生存者
(5人 45促)

アイリス
8回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.085 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび