人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 受付 アイリス


 うーん
 気持ちは解るけどねー

[二度目の洗浄。
 ぱしゃぱしゃと洗い流し
 ちらとプリシラを見ると全て終わったようだ。
 時々、早い子もいるからそんな驚かないけど。]

 いきなりそんな重たい気持ちをもっちゃうとさ
 向けられる相手も重荷にならないかな

 ……あ
 別に悪いっていうんじゃないよ?
 真面目なのはいいことなんだけどね

[コンディショナーを手にとって
 髪に少しずつ、なじませるように]

(3) 2013/01/24(Thu) 00時頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/24(Thu) 00時半頃


【人】 受付 アイリス


 うん。
 プリ子は浮気とかしなさそうだけどね
 でもなぁ―――

[保湿の為にタオルを髪に巻く。
 身体を洗うスポンジにボディソープを垂らし]

 それだとプリシラのいい部分は
 伝わりきらない気もするよ、私は
 勿体無い気が、ね

[微笑して、こしこしと身体を擦り始めた。
 ある程度洗い終えれば水で流し。
 コンディショナーも洗い流すだろう。

 暫し、プリシラとの会話を楽しみながら
 夜は段々と老けていく*]

(12) 2013/01/24(Thu) 00時半頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/24(Thu) 00時半頃


何か悲鳴が聞こえた気がしたが……。


【人】 受付 アイリス

―― 翌朝・自室 ――

 ふぁ

[ぐいーと背伸びして布団から起き上がる。
 丁度いい時刻だ。
 寝起きの感覚も悪く無い。]

 ?

[なんだか何処かから悲鳴のようなものが
 聞こえたような気がしたが
 気のせいだろうか、と首を傾ぐ程度に留まった。]

(15) 2013/01/24(Thu) 00時半頃

ん、そういえば……?


【人】 受付 アイリス


 さてっと

[布団から出ると手早く準備を済ます。
 化粧は割と薄いほうだが
 髪を梳くのに少し時間がかかるほうだ。
 それでも一通りを終えれば、]

 おっし

[鏡の前で気合をいれた後に、
 朝食をとるため、食堂へと向かう。]

(19) 2013/01/24(Thu) 00時半頃

アイリスは、ベッキーが扉から顔を覗かせているのを目撃してしまった。

2013/01/24(Thu) 00時半頃


【人】 受付 アイリス


 ヘイ、ベッ子
 何してるん

[覗いた顔に小さく声をかけた]

 おはよ

[遅れて挨拶も]

(22) 2013/01/24(Thu) 01時頃

【人】 受付 アイリス


 あ
 悲鳴だった?

[聞こえたね、と頷いた。
 数歩、レベッカへ近づいて]

 聞き間違いかとおもったけど
 どうもそうじゃないみたい

 何かあったかな

[うーんと周囲を見渡して]

(28) 2013/01/24(Thu) 01時頃

んっ、っ。

[抓った頬はすこし痛かった。]


アイリスは、プリシラにも「おはよう」と小さく手を挙げた。

2013/01/24(Thu) 01時頃



 ?

[通る途中、頬をつねる様子がみえて。]

 何してんだ、レベッカの奴

[後で聞いてみよう、と思った。]


【人】 受付 アイリス


 だねぇ
 私、ちょっと見てまわるから
 ベッ子は着替えてきちゃいなよ

[ね、と促しつつ
 向こう側からクラリッサが出てくるのがみえれば]

 リッサー!
 おはよ〜

[手を振り、聞いてみようと近づいていく]

(32) 2013/01/24(Thu) 01時頃

【人】 受付 アイリス


 なんか悲鳴が聞こえなかった〜?

[問いかけながら近づいて]

 どうしたの?
 そんな格好で

[縮こまる姿に首を傾ぐ。
 顔を近づけ、覗き込んでは]

 体調悪いの?
 学校休んどく?

[小声で問い掛けた。]

(37) 2013/01/24(Thu) 01時半頃

【人】 受付 アイリス


 ……

 う、ウィース

[凄い挨拶だなと思いつつ。]

 ……

[覗き込みまくった。
 珍しい、ノーメイクだ。
 やっぱ顔の作り、綺麗だなとか思いつつ。]

(39) 2013/01/24(Thu) 01時半頃

【人】 受付 アイリス


 あらら

[違和感を覚える部分はあるが
 体調の悪い時はこんなものなのかもしれない。
 そう、私は未だクラリッサの事を
 深く知っている訳ではないから。]

 よしよし
 あったかくして寝てなよ
 後でご飯、運ぼうか?

[ん?と
 背中をそっと撫ぜながら。
 レベッカが出てくるのなら簡単に説明するつもりで]

(42) 2013/01/24(Thu) 01時半頃

【人】 受付 アイリス


 そう?
 あんまり無理しちゃダメだよ?

[んー、と渋い顔で首をひねった。
 向かうのなら止めはしない。]

 大丈夫かな

[しかし、ゾーイの部屋に消えるまでは
 心配そうに眺めていただろう。]

(44) 2013/01/24(Thu) 01時半頃

 ……聞こえました、けど
 女の子の秘密です。

[声色は変わっているだろうけれど]


【人】 受付 アイリス


 ……?

[>>46 視線を感じると
 さぁ?という具合に首を傾いだ。
 どちらにせよ悲鳴の主はわからないままだ。
 少し回ってみる必要がありそうだ、と。]

 ……
 

(51) 2013/01/24(Thu) 02時頃

【人】 受付 アイリス


 うん……
 気をつけて

[>>49>>50 なんだろうこの凄まじい違和感。
 じー、と細めた眸で部屋へ消えていく二人を見つめていた。]

(52) 2013/01/24(Thu) 02時頃

 愛には様々な形があります。
 それは童話としても沢山残っています。

[捲った厚い本のページ。]

 今日はこのお話をしましょう。
 32ページ、「青髭」。


 とある地方を治める領主様。
 彼は不気味な青い髭をたくわえていることから、
 領民達から、青髭と呼ばれ恐れられていました。

 青髭は、とある男の家に出向きます。
 男には見目麗しい一人の娘がいました。
 青髭は、その娘を妻に取りたいと申し出たのです。

 最初は娘は青髭を不気味がって申し出を断り続けましたが、
 青髭は何度も娘に贈り物を携えて家を訪ねたり、娘を自分の家に招いたりしました。

 そのうちに、娘は青髭はそう悪い人ではないのかもしれないと思うようになり
 ついに、結婚を受け入れました。


 お屋敷ではとても豪華で贅沢な暮らしでした。
 青髭も、紳士的で優しい夫になり、娘は愛されることを知りました。

 そんなある日、青髭はしばらく屋敷を留守にすると言って
 娘に銀のリングで繋がれた沢山の鍵と、
 そしてリングに繋がれていない金色の鍵を渡しました。

 青髭は言いました。
 「銀色のリングの鍵で屋敷を自由に見てもらって構わない。
  しかし、金色の鍵は地下室の鍵だ。この鍵だけは決して使ってはならない」
 厳しい顔をして告げた青髭の表情が、娘は印象に残ります。


 そうして青髭が出て行くと、娘は銀色の鍵で屋敷中を見て回りました。
 どの部屋にも素晴らしい調度品や、娘への贈り物があります。
 やがて全ての部屋を見終わってしまうと、最後に金色の鍵だけが残りました。

 娘は決して開けてはならないと言われた金色の鍵の先が気にかかり、
 好奇心に勝てず、地下室に降りていきます。
 「大丈夫。少しだけ覗いてまた鍵をかけておけば、
  私が部屋を覗いたかどうかなんてわからないわ」

 そして娘が地下室の扉を開けると、辺りは真っ暗で何も見えません。
 目を凝らしながら部屋へ足を踏み入れると、足元でぴちゃりと水音が鳴ります。
 驚いて視線を落とした娘は思わず息を飲みました。
 その床一面には、みなみなと血の海が広がっていたのです。


 壁伝いに吊るされた、おびただしい数の女性の死体。
 それはかつて青髭にお后として連れて来られた娘たちでした。
 青髭は、愛する者を、犯しては殺し、犯しては殺し―――
 それを繰り返していたのです。

 娘は恐怖の余り鍵を血だまりに落としてしまいました。
 慌てて鍵を拾い、部屋に鍵をかけて階段を駆け上がりました。
 部屋に戻って娘は気づきます。鍵についた血が、拭いても拭いても取れないことに。

 困り果てていた娘、するとどうしたことでしょう、
 青髭が予定よりもずっと早く帰ってきたのです。
 青髭は血のついた鍵を見て言いました。
 「お前はあの地下室を見てしまったのだね?ならばお前も、あの地下室の女達のように――」

 犯して、殺される。
 そう思った娘は青髭に泣いて請いました。
 「ならばせめて最後のお祈りをさせて下さい」



 青髭は娘を塔の天辺に連れてゆき、
 「早く済ませるのだぞ」と塔を降りてゆきました。
 娘はあらん限りの声で叫びました。
 「誰か、誰か助けて下さい!」

 「まだか。お祈りとやらはまだ終わらんのか」
 青髭は業を煮やして、塔を登ってきます。
 「待って下さい、お願い、もう少し」
 近づいてくる足音。そして青髭が娘の前に現れると、
 「いいや、もう待てない」
 と、娘に襲い掛かろうとしました。

 その時、弾丸のように階段を駆け上がってきた黒い影が青髭に襲いかかりました。
 それは、娘の助けを乞う声を聞いた青年の、忠実な犬でした。
 続いて青髭は遅れて階段を上がってきた青年に斬り殺され、
 娘は危ないところを助かったのです。

 青年に連れられ、娘は青髭の財産で今度こそ幸せに暮らしたということです。


 如何でしたか?
 これも一種の、愛の物語なのです。

 青髭の偏愛がご理解頂けるでしょうか?
 犯して殺すという歪んだ愛情。
 しかしそれは青髭にとっては、まさしく愛のかたちでした。

 お話はあしたへと、続きます。*


【人】 受付 アイリス

―― 寮・廊下 ――

 異常は無さそうかな

[暫く寮の中をうろついていた。
 すれ違う者があれば都度、異変はないか
 何か困ったことなど起こっていないか
 悲鳴はきいていないかと聞いて回ったが、]

 ……なんだったんだろう

[結局何もわからず終いだった。]

(143) 2013/01/24(Thu) 22時頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/24(Thu) 22時頃


【人】 受付 アイリス

―― クラリッサの部屋の前 ――

 おーい

[クラリッサの部屋の前へ戻ると
 こつこつと扉をノックして声を掛ける。
 暫く待ってみるが返答が無い。]

 ……体調悪いって言ってたから
 寝てる、かな

[眉をへの字にして呟いた。
 扉を開けて中へ入ってしまおうか。
 躊躇し、ノブに手をかけたが。
 離し、扉を見つめたまま立ち尽くす。]

(149) 2013/01/24(Thu) 22時頃

【人】 受付 アイリス


 ……

[もう一度ノックしようと手を握るも
 矢張り、ノックを思いとどまって。]

 ……

[扉から離れようとするも、
 もしも中で倒れていたらどうしようと思い
 扉の前へ舞い戻る。

 右へふらふら、左へふらふら。
 あけるべきか、開けないでおくべきか。
 寝顔を見られるのは、自分なら割と恥ずかしい。
 だから、どうしたものかと悩みに悩む。]

(152) 2013/01/24(Thu) 22時頃

【人】 受付 アイリス


 んー

[携帯を取り出しメールを作成。
 宛先はクラリッサの携帯だ。]

 宛先:クラリッサ
 題名:大丈夫?
 本文:
 辛かったら何でも言ってね。
 とりあえず何があっても対応できるように
 部屋で待機してます。
 遠慮するなー。
 
[そして、送信。
 完了の文字がみえれば一旦自室へ戻り、
 論文の為に調べ物を小一時間。]

(155) 2013/01/24(Thu) 22時頃

【人】 受付 アイリス

―― 現在・自室 ――

 愛とは何か。

[例の如く、パソコンと向き合っていた。
 開いていたページは別に論文的に役に立つ
 なんていうもののページでは無い。
 "相談小町"という名の、井戸端会議のようなページだ。]

 あいらぶゆーですか

[相談者は夫と15年連れ添っているが、
 最近、愛していると口にできなくなったという。
 言葉に重みと責任が感じられ、
 軽々しくは口にできなくなったのだ、と。]

(164) 2013/01/24(Thu) 22時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:アイリス 解除する

生存者
(5人 45促)

アイリス
8回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.078 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび