人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 00時頃


博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 00時頃


博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 00時半頃


【人】 博徒 プリシラ

[そろそろ、論文を書かないといけないのだけれど。
ぽわんとした風船が漂っているような。
そんな感覚があって。
筆は進まず、溜息は今も続いている。]

 あまいもの、たべたい

(4) 2013/01/28(Mon) 00時半頃

プリシラは、甘い物を探しにいったら、何やら演説が始まった

2013/01/28(Mon) 00時半頃


【人】 博徒 プリシラ

[何やら、真面目に話をしている様子。
ただ、少し聞いた時点で不快になって。
原因がどうの、悪い悪くないだなんて話になって。
聞いてられなくなったので、席を立って。
冷蔵庫を開いてみたけれど、何もなかった。]

 何か買って来ればよかった

[部屋に帰ろうかな。
正直、これ以上聞いているときっと。
私は怒りだすに違いない。]

(17) 2013/01/28(Mon) 00時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[煙草を咥えて、買い物に行こうかなどと思っていると。
フィリップと一度、目があった。
ああ、少しいらついている素振りを見せたかな。
気を使わせたら、悪いな。
そんな風に思って、微笑んで見せた。]

 告白ね

[そんなのは、別にどうでも・・・良くはないか。
って事は、ゾーイがフィリップの事って思ってたのは、ただの私の勘ぐりだったんだな。
それは良かった、なんて思う自分が少し嫌だ。]

 何か買ってくるけど、なにかいる物あるかい

(24) 2013/01/28(Mon) 01時頃

【人】 博徒 プリシラ

[正直、気に入らない。

入れ変わりがどうとか、そんな事はどうでもよくて。
大事な時に蚊帳の外で、終わりましたって感じで報告を受ける。
そんな状況が、気に入らない。
最後まで黙っていてくれればよかったんだ。
知らないままなら、知らなかった事にすら気がつかない。
知ってしまったら、自分が蚊帳の外であった事も知る事になる。

そう言うのが、一番私は気に入らない。]

 何かあるなら、買ってきてやるけど

[リクエストがあるなら、それを買って来るつもりで。
私は、外へ向かって歩き出した。]

(28) 2013/01/28(Mon) 01時頃

【人】 博徒 プリシラ


 話を聞いたら、私は悲しくなるからさ

[フィリップにそう答えて、近くのコンビニへ向かって。

面倒くさい、何もかも面倒くさい。
部屋にゾーイが見舞いに来た時も、そんな話は聞かなかった。
今朝クラリッサの部屋に行った時も、そんな事聞かなかった。
向こうは多分、心配かけないようにとか。
わざわざ話すようなことではないからとか。
何かしら、理屈があって話さなかったんだろうけど。]

 何買おうかな

[虐めにあってる子が、友達にそれを言えない事はよくある。
恥ずかしいとか、友達が馬鹿にするんじゃないかとか。
そう言う事を、考えてしまうから。]

(31) 2013/01/28(Mon) 01時頃

【人】 博徒 プリシラ

[単純に、信頼度が低いんだ。
困った時に、困ったと言えない相手だって事だ。
普段は仲良くしていても、それは表面上の事で。
深い所では繋がれていない相手、その他大勢の一つ。
そういう宣告にしか、聞こえない。
それは誰の責任でもなくて。
きっと、私の立っている場所の問題なんだろうけれど。
だからこそ余計に、どうせなら黙って居てくれればと。]

 お酒、飲もうかな

[レベッカは、病み上がりですよって怒るかな?
いいじゃん、たまにはさ。
お酒とかに、逃げたって。

缶チューハイをいくつか買って。
つまみは何に、しようかな。]

(38) 2013/01/28(Mon) 01時頃

【人】 博徒 プリシラ


 きゃっ

[突然、問答無用に巻きついたマフラー。
びっくりして、変な声が出てしまった。]

 な、なんだよ

[窓から手を振る様子は、見えていたはずだし。
きっと答えたはずなのに。
考え事でいっぱいで、判断出来てなかったんだろう。]

(43) 2013/01/28(Mon) 01時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 な、なんなんだよ
 私だって女だぞ、声くらい出るよ

[笑う姿に、少し腹を立てたけれど。
籠の中を止められたら、少しだけ目を伏せた。]

 だって…―――
 私だって、酔いたい時くらいあるよ
 ジュースじゃ酔えないだろう

[ダメ、と言われて悲しそうに。]

(51) 2013/01/28(Mon) 01時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[携帯が震えて、メールの着信を告げる。
書いてある内容を見て、タマゴサンドと野菜サンドを籠へ。
グレッグなりに、気をつかったんだろうけど。]

『わかった、買って帰る』

[そんな短いメールを返して、思う。
そう言う事じゃ、ないんだよ。
そう言う事じゃ、ないよ・・・]

(56) 2013/01/28(Mon) 01時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 そ、酔いたい時
 半分じゃ酔えない・・・って

[心配、と言う言葉が聞こえた気がする。
普通心配するよな、と思う自分と。
その心配を、好意的に受け取りたがっている自分がいる。
二つの思考が混ざる事なんて、初めての体験で。
やっぱり少し、気恥ずかしい。]

 腹くくるつもり、だったけど
 心配してくれるなら、半分にしようかな
 付き合うか、フィル

(61) 2013/01/28(Mon) 02時頃

【人】 博徒 プリシラ

[メールがまた入って、内容を見る。
よくわからない奴だ。
買ってくるって言ったんだから、ぱしりとは違うだろう。
いや、グレッグもグレッグで、気にかけてくれてんのかな。
皆、優しいのは知っている。
優しいから気をつかったり、慰めたりするわけで。
可愛い奴だ、とも思うけれど。]

『遠慮なんかしてない』

[と言う短いメールを送る。
飾りっけなんて、私に期待してはいけない。
短文メールが基本だ、私の。]

(68) 2013/01/28(Mon) 02時頃

【人】 博徒 プリシラ


 よし、良く言った
 半分わけてやろう
 欲しいもんあったら、言えな

[つまみを適当に、籠に入れて。
会計を済ませると、寮に向かって歩き出す。]

 話は、さ、うん
 自分の中で、ある程度消化はしてるんだよ
 ただ、あそこには居られなかっただけでさ
 でも少しだけ、聞いてもらおうかな

[マフラー、暖かい。
こういう時間も、初めての経験だ。]

 お前のせいで、いっぱい初めてにであったよ

[そんな事を、ぼやいてみて。]

(70) 2013/01/28(Mon) 02時頃

【人】 博徒 プリシラ

[寮に戻れば、フィリップを先に部屋に向かわせて。
私は、頼まれていたサンドウィッチを渡す為に食堂へ。
グレッグの姿を見つければ、投げ渡した。]

 ほれ、先輩がぱしって来てやったぞ
 ありがたく思え

[冗談だよ、嫌味なんかじゃないよ。]

(72) 2013/01/28(Mon) 02時頃

【人】 博徒 プリシラ

[投げ渡した後は、部屋に戻って。
約束通り、フィリップと飲むつもりだ。
部屋は多分私の部屋だとおもう、煙草吸うし。
悲しい事も、苦しい事も、嫌な事だっていっぱいあって。
何を言ったらいいのか、迷うくらいだけど。
きっと、自分の事を話せる気がする。]

 話せない気持ちや、話さない優しさも理解は出来るけど
 話して貰えない奴の気持ちは、どうなるんだろうな

 自分勝手だってのは、わかってるけど
 わけわからなくなって、焦って、てんぱって
 そんな時に、助けてって言ってもらえない
 そんな関係しか作ってこれなかった自分が、悲しくて
 腹立たしくて、仕方なかったんだよ

[缶チューハイを飲みながら語る、今日の事。]

(84) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 色々あって、気が短くなってたのかもな
 先輩なのに、だらしないな

[酒の勢いも手伝って。
思いだせば赤面しそうな、愚痴。
そんなものをこぼしていたような気がする。]

 フィル、ありがと
 こんな話に付き合ってくれて

[述べた礼は、形式だけの物じゃなくて。]

 来てくれて、本当に嬉しかった
 心配だって言ってくれて、どきっとした
 一緒に歩いてくれて、楽しかった
 話を聞いてくれて、幸せだった

[病み上がりだから、きっと酔いが早かったんだよ。]

(86) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[良く覚えていないけれど。
変な事、言って無ければ良いと思う。]

 昼間の話じゃないけれど
 また少し、フィルの事好きになった

 もっと好きになって行けて、フィルがその気になったら
 酒が入って無い時に
 ノーカンじゃないキス、したいかも

[・・・うん、本当に変な事言って無ければいいけど。
一緒に寝るのは、男の人だと思うようになってしまったし。
多分、無理だと思うけれど。
酔いつぶれてしまっていたら、わからない。]

―― とりあえず朝へ ――

(89) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

【人】 博徒 プリシラ

―― 朝 ――

[頭痛がする、これは酔いが残っている頭痛だ。
ノックの音で目が覚めた。
髪を整える間もないまま、立ち上がって。
けだるそうに、ドアを開いた。]

 あーい

[目の前には、ゾーイの姿があって。
なんだろう、と首を傾げた。]

(91) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 時間?
 ああ、別に良いけれど

[部屋は、片付けてないだろうなぁ。
昨日は、酔ってそのまま寝ちゃったし。
量、半分にしといてよかった。]

 卑怯?

[よく、わからないけれど。]

 ここの部屋で話す?
 うちの部屋、今少し汚れてるから
 ゾーイの部屋でも、いいんだけども

(95) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ


 別にいいよ、ゆっくり話そうか

[ゾーイの部屋で、と言うのならそうしよう。
私は、後について歩いた。]

 ん?

[扉を閉める頃、何気なく問われた言葉。
肩をすくめながら、私は答える。]

 どうだろうな
 お前の目、次第じゃないか
 目が真と言っていれば、信じるだろうし
 目が偽と言っていれば、笑い飛ばすだろうよ

(101) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ

[煙草を吸おうか、と思ったけれど。
やはり気は使うもので、やめておいた。
笑い方も、随分と変わったようにおもう。
ここ数日で、随分と濃い経験をしたのだろう。
それはきっと、彼女にとって良い事なのだ。]

 そうだな、信じる奴も、信じない奴もいるだろう
 だけど、それは誰が言ったって同じ事だ
 つまらない嘘をつくはずがない、って言うんじゃない
 ありそうな嘘だろうと、なさそうな真実だろうと
 私は目を見て、判断するよ

[信じなかった、と言う言葉を聞いて。
まぁ、そう言う事もあるだろうと思っているけれど。
笑顔が止まったようなので、話を聞こうと思って。]

 それで?

(111) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ


 原因なんてどうでもいいよ
 理由だってどうでもいい

[真実を語れば、全て信じて貰えるわけではない。
私だって、経験がある。
濡れ衣を着せられた記憶もあるし。
嘘を信じられてしまった記憶もある。
だから、それは関係のない事だ。]

 そいつは、知ってる
 クラリッサから、ちょこっと聞いた

[主に、吊り橋効果がどうのって話で。]

(112) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 誰が、皆に打ち明けろって言ったよ
 私はそんな事、一言も言って無いぞ
 言えない事なんて、あるのは当然だ

[まぁ、気に入らないのは間違いないけどな。]

 別に、全員に話をして、皆で考えましょう、なんて
 小学生みたいな事で怒ったんじゃねぇよ

[ただ、どうして。]

 それは、何故発表しなかったかって理由で
 それは、何故私に言わなかったかの理由じゃねぇ

(117) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 私の言いたい事、わかるか?
 全員との関わりをどうの、といってるんじゃない
 全員に対する態度がどうの、と思ってるんじゃない

 私とゾーイ、私とクラリッサ、私とアイリス
 その個人の関係が、希薄だった事を嘆いているだけだよ

[言っておきたい、と言われてもな。
別に、消化してしまった事だから、いいのだけれど。]

(119) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 それの、何が問題だ?
 好きな人は、恋人同士は、何を言っても信じなきゃだめか?

 長年連れ添った夫婦ですら、喧嘩はする
 嫌いな所のない相手なんて、いやしない
 嫌な所も、むかつく所も、あって当然
 傷つけられて当たり前、苦しんで普通、嘘だってつく
 それすら超えて愛おしいから、好きでいられるんだよ

 傷も、蟠りも、あっていい
 それを超えて初めて、恋が愛に変わるんだろう?

[とう、と言う掛け声とともに、ベットに座った。]

(124) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 恋なんて、知らないよ
 今だって、よくわからない

[足をばたばた、揺らしてみる。
私のベットより、いいかも、これ。]

 でも、家族もいれば友人もいる
 恋人が居なきゃ、友達の相談にも乗れないかい?

(125) 2013/01/28(Mon) 04時頃

【人】 博徒 プリシラ


 他人が無理やり越えさせないといけない愛なら
 一時は上手くいっても、いつか終わるさ
 周りが取り持ったって、ダメなんだよ

[壁に寄り掛かるなら、座ればいいのに。
そんな事を思いながら、隣をぽんぽん、叩いている。]

 話を聞いてやったっていいし
 自分なりのアドバイスをしてやったっていい
 手助けしたきゃ、すればいい
 だけど、誰かが間にいないと成り立たないものなら
 壊れてしまったほうが、いっそいい

(127) 2013/01/28(Mon) 04時頃

【人】 博徒 プリシラ


 別に、いいさ
 信じられない事が、罪なのではないのだから

[こっちにおいで、と声をかけて。
手を伸ばしている。]

 今出来ない事も、明日には出来るようになるさ
 言えない気持ちも、わからないって言ってるんじゃないよ
 だから、言ってもらえない人の気持ちも
 理解できるようになれば、いいね

(130) 2013/01/28(Mon) 04時頃

【人】 博徒 プリシラ


 ま、自分のせいだと思う気持ちもわかるがね
 にしても、なんであそこと入れ替わるかねぇ
 どうせなら、私と変わればよかったのに

[背が高いから、小さな女の子に憧れたりもしていて。
大きい人にだって、悩みはあるのですよ、いろいろと。]

 ま、過ぎた事は変わらないさ
 こぼれた水は、もう帰らないのだから
 また新しい水を汲めばいいし
 またこぼれるなら、器を大きくしていけばいい
 明日のゾーイは、今日よりきっと強い子になれるよ

(132) 2013/01/28(Mon) 04時頃

プリシラは、ゾーイをよしよし、と撫でている

2013/01/28(Mon) 04時頃


【人】 博徒 プリシラ


 だいたいね、ゾーイは自分のせいだって言いすぎだ
 何かにつけて、劣等感が前面に出る
 大丈夫、君は可愛い子だよ
 優しくて、ちょっと臆病な、私の可愛い後輩だ

[寄った身体を受け止めて。
あやすように、背中を叩く。
これ、クラリッサにもやったな。
私って朝弱いのに、朝ばかりこうしてるのは何故だろう。]

 だから、もう良いんだ
 私も、元々自分の中で消化していた事だしな

(134) 2013/01/28(Mon) 04時半頃

【人】 博徒 プリシラ

 ヤドカリ、ねぇ
 願えば叶うヤドカリなら
 私の願いも、叶えてくれるかね?

[重たい心の瞼を閉じれば
浮かんで消える小さな火

最初は小さな種火から
次は薪から煙を出して
今は焚火をする程度でも
だんだんと燃え広がっていく

願う事ができるなら
祈る事ができるなら

たとえば想いが届かなくても
あの人が幸せであればよいなと
祈れる程に私は今]

 神社のお祈りみたいだな

(135) 2013/01/28(Mon) 04時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:プリシラ 解除する

生存者
(5人 45促)

プリシラ
0回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.078 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび