人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/21(Mon) 01時頃


【人】 百姓 ワット

[お互い様、というのは嫌いじゃない。
半分ずつ、はんぶんこ、そんな感じがするのはオレだけだろうか。
ローズの苦笑を真顔で見ながら、ぼんやりとそんな事を考えていた。]

 そういうものか?
 それなら多少疚しい気持ちで、たまに見ていたら、すまん。

[公開セクハラ宣言のような気もするが、気のせいということにしておこう。
女子の顔を立ててやる事も必要だとは思っている。
方向性は多少ずれていても、だ。]

 オレはこんなだからな、恋人は出来にくい。
 コイツとは違う。

[引き合いに出したのは無意味に呼びつけてしまった、ノックス。
コイツの隣には引っ切り無しに誰かが居る。
今こうして隣に立つシメオンもそうだろうか、と邪推しつつ。]

(5) 2013/01/21(Mon) 01時半頃

【人】 百姓 ワット

 クラリス、とかいう子か?
 ちょっと前まで居たけどな、寮に戻るって云ってたぞ。

[その背を見送ったのはどれほど前だったか。]

 体格的にも男が守る生き物だろうしな。
 だからといってそれを押し付けようとも、思わんが。

 我侭なのは大いにアリだな。
 世話を焼きたくなる、あとは……いや、うん。

[濁した言葉の先は云わぬまま。
花のような、そういえば彼女も花の名前かとぼんやりいきついたが
裏返る声やら赤い顔やらに気付けるほど、乙女心というものを知ってはいなかった。]

(8) 2013/01/21(Mon) 01時半頃

【人】 百姓 ワット

 ええー、じゃない。
 来るのが遅いのが悪い。

[何か酷いことサラッと云いました。
誰でも振り回すわけではないが、ノックスはいいだろう、とか思っているわけで。]

 まあ、でも約束は約束だ。
 缶珈琲くらいは奢ってやる。
 シメオンと、ローズと、ノックス…他は誰か来るのか?

[なにやら携帯を弄くる後輩に、淡々と告げ。]

(9) 2013/01/21(Mon) 01時半頃

【人】 百姓 ワット

 オレも気を遣って……いや、だから堂々巡りだな。

[うん、と一つ頷く。
伝わっているであろう『はんぶんこ』に納得し。
傾げられる首にはまた一つ、肯定の意味で頷きを返した。]

 モテんし、まあ、モテたいとも思わんな。
 コイツらの世話に忙しいのもあるし。
 そういう色事は、自ずと芽生えるものだろう。
 花と一緒で、咲く時期が来なけりゃ咲かん。

[花壇の花と、苗のために空けたスペースを見やる。
咲いている冬の花達と、今から咲く為の何もない場所。]

(14) 2013/01/21(Mon) 02時頃

【人】 百姓 ワット

 大樹な、そうありたいとは思っているが。

[どっしりとした、太い幹の大樹。
誰に寄りかかられても支えられるように。
そんな理想像を描きつつ。]

 別に、女じゃなくても抱きしめてやるぞ?

[泣きたい時に胸を貸すぐらいは出来るだろう。
笑顔にはまた真顔で答えたのち、少し短い息を吐いた。]

 土と汗臭くてもいいなら、な。

(17) 2013/01/21(Mon) 02時頃

【人】 百姓 ワット

[邪魔だの邪魔じゃないだの。
手を繋いでいるようすのシメオンとノックスに、
なにやら耳打ちされて固まっているローズ。
ふむ、とオレはとんだ勘違いを起こして。]

 ……ゾーイは寮内か?
 なら、金だけ渡しとくから好きなもん買って来い。
 アイツにはオレが直接会いに行く。

[ポケットの中身をあされば、三人分の缶ジュース代くらいは掴めた。]

 若い奴らは若い奴らで、青春を謳歌しろ。
 ………ハメを外し過ぎない程度に、な。

[ずいと小銭を差し出して。]

(19) 2013/01/21(Mon) 02時頃

【人】 百姓 ワット

 振り回した覚えは無いけどな。

[もう一度サラッと云ってのけました。
なにやらワクワクされていたりするのにも気付かぬまま。
被害の拡大にも勿論気がつかぬまま。]

 安心感なあ。
 まあ、男としてはそこに多少のときめきも含んでおいてほしいもんだ。

[なにやらさっきのローズとの会話の逆をやっているようで。
ざりざりと顎鬚を掻いた。]

 ああ、まあ寒い中引き止めたしな。
 缶珈琲くらいですむなら安いだろ。

[そういって差し出した小銭は、さて誰が受け取るやら。]

(28) 2013/01/21(Mon) 02時半頃

【人】 百姓 ワット

[悲しきかな、差し出した小銭は受け取られる事はないようで。
ならばポケットに返るのみである。
勘違いに飛んできた「違う」の叫びには、目をぱちくりとさせたが。
なにやら咲く時期じゃないと、走り去っていくローズを見送るしか出来なかった。]

 ………まあ、元気な事はいいことだが。

[首をひねり、顎鬚を掻く。]

(31) 2013/01/21(Mon) 02時半頃

【人】 百姓 ワット

[残された男三人、なんとも花のない絵である。
続いて聞こえる言葉にはなんと返せばいいものやら。]

 オレは男を好きになった事はないが、嫌悪感だのは感じん。
 その好意に応えられればいいとは思うが…。

[それから繋がれたシメオンとノックスの手を見て。]

 ………愛になれば、いいんだがな?

[余計なお世話かと、口を噤む。
少しいつもと違う雰囲気で呟かれた先程のノックスの言葉を思い出して。]

 ………まあ、胸は貸さずに済む方がいい。
 お前の泣き顔は見たくない。

[半分以上独り言だ。]

(34) 2013/01/21(Mon) 02時半頃

百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/21(Mon) 03時頃


【人】 百姓 ワット

 キモイとは思わんがな。
 まあ、オレのようなやつらばかりでもないわけだから少しは気を配った方がいいぞ?

[世の中偏見の目はまだあるだろう。
そう思う事も、お節介かもしれない。]

 見つかる事を祈っておこう。

[淡々と告げて歩き出すのは寮の方向。
二人がついてくるかどうか確認はしない。
あまりじろじろと見ているのも、野暮というものだろう。
それにどこか、見ていたくない節もあることには、目を瞑ろう。]

 プリンか、いいな。
 甘いものは労働後に染みる。

[もはや発言がじじくさいが、まあ大目に見てもらうとして**]

(41) 2013/01/21(Mon) 03時頃

百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/21(Mon) 03時頃


百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/21(Mon) 03時半頃


【人】 百姓 ワット

―寮・食堂―

[バイトだと去っていったローズマリーの分もあるのだろうか、なんて考えつつ
プリンが待っているという食堂へと足を向ける。
そこで見つけたのは小さな身長のゾーイに、プリンの制作者。
そして花壇で出会ったあの赤い髪。]

 おお。

[ひら、と手を上げてみる。]

 飯にはありつけたか?

(45) 2013/01/21(Mon) 03時半頃

ワットは、ノックスとシメオンが後ろに居るか漸く確認して。

2013/01/21(Mon) 03時半頃


【人】 百姓 ワット

[中に入れば入ったで、なにやら此処でも愛の話が繰り広げられているらしい。
オレはオレの愛を探せだの云われた事も相俟って、多少溜息が漏れた。]

 バケツ一杯プリン食ったら気持ち悪くなると思うけどな。

[覇気のない声にはそう返し。
たかるような言葉には少しの間を置いてから。]

 ……情けは人の為ならず。
 好き嫌い抜かしたら承知しないからな。

[そういって食堂の厨房に向かう。
寮の食堂だ、多少使っても怒られはしまい。]

(48) 2013/01/21(Mon) 03時半頃

【人】 百姓 ワット

―厨房内―

 気持ち悪くなったら本末転倒だろう。

[よくわからない思考回路の持ち主だ。
かくいうオレも流石に腹が減ってきた事もあって厨房に立ったわけだが。]

 働かざるもの食うべからず、ジャガイモでも剥け。
 カレーなら大勢でたらふく食えるだろ。
 材料もなんとかありそうだしな。

[厨房内の一番でかい鍋を取り出しつつ、野菜が置いてある方を指差した。]

(52) 2013/01/21(Mon) 04時頃

【人】 百姓 ワット

[聞き覚えのある声がして、厨房から少し顔を覗かせる。]

 ローズがお前のこと探してた。
 アイツはバイト中だろうから、メールの一本でも入れてやるといいんじゃないか?

[いつの間に追い越していたのやら、特に不思議に思う事も無かったが。
クラリッサにはそう告げて、再度厨房へと引っ込んだ。]

(53) 2013/01/21(Mon) 04時頃

【人】 百姓 ワット

[顔を出した所では、何やらまた愛の講義が行われていた様子。
女子二人の微笑ましい構図には心和むものはあったが。]

 なんだかな。
 『愛とは何か』で、愛を強要されてる気になるのはオレだけか?

[溜息が零れる。
何やら不思議な言葉をジャガイモにかけているプリシラの手元を見て
更にそれは深くなるか。]

 ……わかった、サラダ作れサラダ。
 包丁持たなくていいから、レタスちぎってくれ。

[怪我をさすわけにもいかんだろう。]

(59) 2013/01/21(Mon) 04時頃

【人】 百姓 ワット

 花と一緒だろう。
 無理に咲かせても、いい花はつかんし長持ちもせん。
 芽を出して、根を張って。
 しっかりと養分を吸って、漸く花が咲くんだ。

[考え事に近い。
四角く切られたジャガイモを奪いながら、呟くように。]

 咲く頃には自然と咲くし、それが一番綺麗なんじゃないか?
 漸く咲いた花だからこそ、実を結び種になり。

[うんぬんかんぬん。
すっかり一人語散ている。]

(62) 2013/01/21(Mon) 04時半頃

【人】 百姓 ワット

[愛の講義が終わったのか、クラリッサがやってくる。
その頃には一玉のレタスが無残な姿で発見されるだろう。
仕方なく男のオレの手で一掴み取り分け、叩いた胡瓜と塩昆布で和える。
ゴマ油を少し垂らして風味付けもしたものが一品出来上がった。]

 すまんがサラダつくりながら、そこの赤猿の世話もしてくれ。
 包丁は持たすな、危ないから。

[一玉を襲撃した狼…いや、猿だ、あれは。
プリシラを指差しながらクラリッサの手際のよさを見て。]

(67) 2013/01/21(Mon) 04時半頃

【人】 百姓 ワット

 愛、が広義なら神様の云う通りなんだろうがな。
 何も恋愛に限ったわけでもないわけだし。

[積木ジャガ芋は綺麗に皮を剥いて、レンジで蒸す。
裏ごしして小麦粉と牛乳と混ぜ、ニョッキのようなものをこしらえる。]

 花と人はどうだろうな。
 オレはお前を猿と認識したから、花からは程遠いが?

[ふん、と少しだけ鼻で笑う。
オレにしては割と珍しい表情だ。]

(69) 2013/01/21(Mon) 04時半頃

ワットは、全体的に猿にしか見えん。[ぼそり]

2013/01/21(Mon) 04時半頃


【人】 百姓 ワット

[クラリッサの手際の良さと、出来上がる品には関心を覚える。
所作も幾分女性らしく、花と呼べる可憐さもある。
まあ、赤猿プリシラにも似合う花はあるだろうが…
思い浮かぶのは力強く咲く野草ばかりだ。]

 ………花みたいな人、なあ。

[思い浮かぶのは、そのまま花の名前を持つローズマリーだったが。
さて、無事にバイトをこなしているだろうかと
別れ際の挙動を思い出しつつ料理を進める。]

(76) 2013/01/21(Mon) 05時頃

【人】 百姓 ワット

[くしゃみをBGMに、カレー作りを進める。

わざと大小様々に切った野菜。
肉はなかったので、代わりにウィンナーをぶつ切りに。
バターで軽く炒めた後に、煮込み始める。
灰汁をすくい、ある程度立てばルーを入れ。
隠し味に一匙、インスタントコーヒーの粉を入れた。
深みが増す、エルバ家の隠し味だ。]

 ああ、因みにレタスのちぎり方は味に影響するぞ?
 ついでに云えば、氷水で30秒程しめてやれば食感もよくなる。

[猿の自信に繋がるかは知らないが、一応褒めたつもり。]

(80) 2013/01/21(Mon) 05時頃

【人】 百姓 ワット

[厨房から香り出すのはカレーの匂い。
塩昆布と和えた胡瓜のサラダもある。
クラリッサとプリシラ作のサラダもあるし
人数分あるのであれば、ベッキーのプリンがデザートに出るだろう。
今日の食事は幾分豪勢じゃなかろうか。
米は飯櫃にでもはいってるだろう、各々でよそえばいい。
本音を云えば、カレーは一晩寝かせたいところだが。]

 できたぞ、食え。

[大鍋には全員がおかわり出来るくらい、量をこしらえた。
大食漢のオレは、ある程度自重するとして。]

(82) 2013/01/21(Mon) 05時頃

ワットは、やっぱり猿にしか、みえんな…。[ぼそり]

2013/01/21(Mon) 05時頃


【人】 百姓 ワット

[それからぼんやりと、昼だか朝だかもカツカレーを食ったことを思い出す。
まあ、味も違うし構いやしないが。]

 二人とも手伝い、お疲れ。
 冷めないうちに、食え、よ。
 ザラザラの冷えたカレーは…食えたもんじゃな……ふ、ああ。

[クラリッサと猿にはそう告げて、厨房を出る。
そのまま食堂の適当な椅子を引き、机に突っ伏すようにして。
便利だとかいう声が聞こえたり、上手そうにしている声が届けば
頭にスプーンが当たろうが、そのまま意識を手放した。
遅寝早起きの体には、眠気が限界だったようで。
暫くはなにをしても起きないだろう**]

(84) 2013/01/21(Mon) 05時半頃

百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/21(Mon) 05時半頃


ワットは、プリシラという赤猿に襲われる悪夢をみている**

2013/01/21(Mon) 16時半頃


ワットは、眉をよせて、一度唸った。

2013/01/22(Tue) 00時頃


百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/22(Tue) 00時頃


【人】 百姓 ワット

 ―――――ん。

[問題の落書き仏が起床しました。

いや、まあ、オレ自身は知らないわけで。
むくり体を起き上がらせると、ねぼけまなこ。
まだ覚醒までは程遠い。]

(258) 2013/01/22(Tue) 00時頃

百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/22(Tue) 00時半頃


ワットは、グレッグの声に、めをこすって欠伸。

2013/01/22(Tue) 00時半頃


百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/22(Tue) 00時半頃


【人】 百姓 ワット

 ん……、寝てた、か。

[声を掛けられ。
ローズ、グレッグ、フィリップと顔を眺めた。
『無神経男』の声には身に覚えがなく、はてなを頭の上に浮かべて。]

 っと…今、何時だ?

[ぐ、と欠伸を噛み殺した。]

(274) 2013/01/22(Tue) 01時頃

【人】 百姓 ワット

 なんだゾーイ。
 オレの顔に、何かついてるか?

[寝落ち常習犯としては、頬に飯粒がついてたり
寝皺なんかは当たり前で…。
いやまて、なにか様子が違うぞ。]

(276) 2013/01/22(Tue) 01時頃

【人】 百姓 ワット

[フィリップの携帯に映る文字は実家に向かわなければならない時間を示していて。]

 っ、やばいな。
 どやされる。

[『無神経』の文字にシワが寄った。
まあ、眉をしかめただけなのだが。]

 なにかついてる、のか。
 まあ、起きるついでに顔でも洗ってくる。
 ……なんだ、大丈夫か?

[フィリップの顔をまじまじと見返してみたりして。
拷問かもしれない。]

(281) 2013/01/22(Tue) 01時頃

【人】 百姓 ワット

 全く、煮え切らん奴らだな?

[ゾーイの濁した言葉然別、グレッグの態度然別。
肩を竦め、立ち上がる。]

 顔、洗ってくる。

[背伸びをひとつ。
それからのすのすと洗面台へ向かい。
ガチャンと奇音が届くのは、オレが鏡を覗いてからの話**]

(286) 2013/01/22(Tue) 01時半頃

百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/22(Tue) 01時半頃


百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/23(Wed) 09時頃


【人】 百姓 ワット

―洗面所―

[鏡を覗けば、そこにあった文字は『無神経男』。
全く謂れのない称号である。
…とも云えないか。

怒りが芽吹く事は無く、呆れの方が大きかったろう。
ガチャンと落とした髭剃りを拾い上げ、シェービングでも塗りたくろうとした時だった。
フィリップから犯人への道標が示される。]

 ……ああ、まあ、そうか。

[女子に猿はまずかったか、確かに無神経ではあったかもしれない。
云われてみればそう思えなくも、なくも、なくもなくもなくも
いや、ない。]

 赤猿め。

[仕返しをするほどガキでもないが。]

(532) 2013/01/23(Wed) 12時半頃

【人】 百姓 ワット

 ん、ああ、すまん。

[どうやって落としたものかと思っていれば、フィリップが落としてくれるらしい。
オレは植物以外は大した知識もない。
石鹸で取れるものでもないのなら、負かすに越した事はないだろう。

なすがまま、されるがままに額を擦られていく。
幾分と距離が近いらしい。
特に目を瞑る事も無く、目の前の後輩の動きを見ていた。
よく見れば睫毛が長いようにも思う。
普段まじまじと見ることのない顔は、所謂『綺麗』なのではなかろうか。]

 ん?

[マジックが消えればその距離も少し離れたろうか。
オレは続けられた言葉に、ああと頷く。]

(533) 2013/01/23(Wed) 12時半頃

【人】 百姓 ワット

 苦労はしたけどな。
 喜んでもらえるなら、頑張った甲斐もあった。

[8〜10月に旬を迎える花は、年末手に入れる事はきわめて難しかった。
連絡に駆け回ったのは気候の暖かな地域。
見つけたのは個人で栽培しているところだったが
快く鉢を譲ってもらったのも、いい思い出だ。
その間の単位はばっちりと落としてしまったが、さして問題とも思っていない。]

 あの匂いは、オレも好きだ。
 最近はストロベリーチョコレートという品種もある。
 見聞きされてない花が、少しずつ知られていくのは嬉しく思う。
 好きだと云ってくれると、尚更な。

[ふ、と緩む表情は花の話をしているせいか。]

 まるで、オレに云われてるように感じてな?

[そう云って、何の気なしに後輩の頭へと手を伸ばした。]

(534) 2013/01/23(Wed) 12時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ワット 解除する

処刑者 (4人)

ワット
0回 (3d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.101 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび