人狼議事


34 G067村再々戦企画

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


おおっと追い出されちゃった。


裏側見てくるね。


ミッシェル…レティーシャ、お疲れ様だ。

…ミッシェル…話を聴いて欲しいんだ…少し…時間をもらえないだろうか



ん…何、かな…?



ああ、行ってしまったか…


ミッシェル
ありがとう。少し長くなる

ミッシェル…こんなことを言うのは卑怯かもしれないが…
ホリーとの絆は確かにある。恋してる。
守っていきたいと思ってる。

でも、気づいたんだ…俺はミッシェルを愛しているんだと
ホリーは確かに守って生きたい存在だが…恋人や…結婚相手じゃないんだ
俺が…求めているのは…人生の伴侶になってほしいのは…
ミッシェル…君だけなんだ!
[…はミッシェルをしっかりと見据え、言い切った。その瞳に迷いはない。]


…確かに俺が、気持ちを隠し・偽っていたのは事実。
ミッシェルが幸せになれるのなら…他の誰かと結ばれてしまっても構わない…。
だけど…もし俺を選んでくれるなら、幸せにすると約束する!

もし、この想いを受け取ってくれるなら…これを君の手にとって欲しい…
そして、結婚しよう
[…苺マカロンのネックレスを差し出し、ミッシェルの言葉を待っている]



[...はぱにっくになっている。]

え…え…え???
どういう事…?
ホリーちゃんは…ホリーちゃんは…?


ミッシェル
ホリーには正直に全て話した…
そして、分かってもらった…
これは、何の縛りも受けない。俺の素直な気持ちなんだ



全部話した…って…[...は青ざめた]

あのね、ドナルド…私、ドナルドの事好きだよ。
でも、ホリーちゃんとドナルドが幸せなら、
それでいいって思おうと頑張ってた…

ホリーちゃん…泣いてない?
悲しんでいない?苦しんでいない?
私の所為でホリーちゃんが傷ついてしまっていたら…
そんなの耐えられないよ。
[今にも泣きだしそうな表情だ。]


ミッシェル
この思いは…確かに俺のわがままだ
隠すことも…言い訳もしない

ホリーは笑ってくれたが…その笑顔の下で悲しんでいたかもしれない…
寂しい思いをさせたかもしれない…

それでも、俺はしっかりと向き合いたかった。
嘘偽りのない関係でいたかったんだ。

いや…くすぶった思いを持ったままで…
ホリーと向き合うことが俺にはできなかったんだ…

この俺のわがままはホリーもミッシェルも傷つけるものかもしれない…
でも、俺は俺なりにまっすぐに向き合った結果がこれだ…
傷つけてしまうなら…謝りこそすれ、後悔はしていない!

…だから、俺のこの手をとって欲しい
[…は一つ一つ確認するように思いを言葉に変え、ミッシェルに手を差し出した]



ええと、昨日のみんなの記憶をのぞいてきたよ。
ホリーちゃんのものぞいてきた。
多分、理解できてると思う…

[...はドナルドの手にふわりと自分の手を重ねた。]

ドナルド・・・私を選んでくれてありがとう・・・


ミッシェル
…俺の…手をとってくれるのか…?
ありがとう…こんな自分勝手な俺だけど…
この気持ちだけは譲りたくなかったんだ…

ミッシェル…もう離さない…
[…は手を引きそっと抱きしめた。その瞳にはうっすら光るものが滲んでいる]



[...は抱きしめられると胸にしがみついて泣きじゃくり始めた。]
う・・・ドナルド・・・ドナルド・・・
良かったよぉ・・・
ドナルドがいなくなって・・・ずっと・・・
哀しくて、怖くて、胸が張り裂けそうだった・・・


ミッシェル
[…は抱きしめたまま、泣きじゃくるミッシェルの頭を優しくなでた]
ごめんな…
悲しませたり…驚かせたり…してしまった思う

これからもいろんなことがあるかもしれない
だけどこれだけは約束する。
俺はミッシェルの一番そばにずっといると…

悲しみも恐怖も俺と一緒に乗り越えていって欲しいんだ…
[…はそういって、指でそっとミッシェルの涙をぬぐった]


イアン
…ん…あ…みられていたのか…少し…照れるな…
気を使わせてしまったみたいで悪かった…
他にも気を使ってくれた人たちもありがとう

はは…おやすみだ
[…は頭をかいて照れ隠しをしている]


ミッシェル。今日もいろいろあって疲れただろう…
俺はちょっと緊張しすぎたんで…夜風にでも当たってくる

遅くまでありがとう…ゆっくり休んでくれ
それじゃ…また明日…な
[…はそういって、バルコニーへと*歩いていった*]



[...はわたわたした。]
ご、ごめんなさい。もしかして、みんなが喋り辛い空気作ったかな?
結婚はその、あの、ドナルドの決意のかたさかなって。

おやすみなさい。



[...は無言でこくこく頷いた。]

ごめん、ちょっといろんな事があって一気に疲れが・・・
今日は休むね。おやすみなさい。
[...はそっと頬にキスをしてからブランケットにくるまって*眠りについた*]


…なに、この嫌がらせ…


[{2}。じー。]

たべもの…

っ!?

もがもがもが。


[ばりばり、もぐもぐ。]

ごほん?

なかなかの、なかなか。

[もぐもぐもぐもぐ]


よかた、みしぇる、きた。
どなるど、がんばれ。

[にこにこ、どきどき、じー。]


抱き合う二人。

大切な人が、その大切な人と、幸せになれるなら。

僕は嬉しい。


おめでとう、ドナルド、ミッシェル。


あのね、みしぇる、あのね。

どなるどは、まもってくれた。
こわかった、たすけてくれた。

…そのまま、いっしょ、つれてきちゃった。
ほりーが、こわがるから。

ごめんね、ごめんね、みしぇる。

[ぎゅう。]


ホリーーーーーーーーー!!!!
[むぎゅうううう!なでくりなでくりなでくりなでくり、ぎゅうーっ]

よかった。ホリー思ったより元気そうで!
ごめんね、ごめんね。

そうかー、そんな事情があったんだ・・・
話してくれてありがとう。[優しく頭をなでて]

あのね、ホリー。
私はドナルドが大切にしている人は私に取っても大切な人だと思うの。
ホリーが嫌でなければだけれど、仲良くしてくれる・・・?

[ふと思い出したように]
た、ただ私ちょっと不思議に思ってることがあるんだけど・・・
ホリーってもしかして・・・女の子じゃなかった・・・の?


慌ただしいけどまた後でくるね。


ふえ?ここどこですかぁ…?あれ?皆さんは?
おすかーくんは?おすかー…くん……


わたし……別室に来ちゃったの…これで…おしまいなの?
まだ…まだ…まだちゃんと言ってない!好きって言ったけど…オスカーくんとずっと一緒にいたいって…私言ってない!!
[...は声を荒げ、その場にくずれ落ちた]


言って…無いのに……


なでこなでこ。


ホリーちゃん……ぅ……
[...の涙腺が崩壊し、溜め込んだそれを解き放つ。自分の勇気の無さで間に合わなかった悔しさ、情け無さ、申し訳なさ、全てを流そうとする。
しかし、それで満たされる物は何もなかった…]


だいじょうぶ。
また、あえる。

[ぎゅう。]

わるいひと、やっつけて、またいっしょ。

そしたら、みょんみょん、おすかーに、つたえる。
だいじょうぶ。


……ぅん…うん…もう一回会って……その時はちゃんという。

[ぎゅう。]

それで…ホリーちゃんも、一緒。みんな一緒に笑い合いたいな。


わぁ…ソフィアさんありがとうございます〜。
ココア……あったかい…。

[...は泣きはらした顔を上げ、微笑んだ]


やほ。
なんか女の子の集まりみたいになってるねー

ヒロシはこっち来てから姿が見えないんだね。
せめて全て終わったら顔出してくれるといいんだけど。
殴っちゃったのちゃんと謝りたいし。
バーナバスは顔を出してたみたいで安心したよ。


的外してたらごめんだけど、
推理なら荒らしカップル誰だろう位の話題は許されるのかなと思ってる。
恋愛なら貴方の推測はあってそうだなと思ってるよー


ココアはやっぱりモリナガッ!(ガラッ


とゆー訳で昼休みの時間だ。
あらためてミッシェルとレティーシャはお疲れさん。

そろそろ会場組は本気で荒らしカップルを退場させてほしいかな。


 ミッシェル
あー、気を遣わせたみたいだな… ごめん。
気持ちの整理は着いたよ。あとは行動あるのみ、かな。
心配してくれてありがとな。


ラルフひさしぶりー


ミッシェルに、久しぶりー



そっかそっか。頑張ってねっ☆
こっちでも頼まれればアクセ作ったりするよー
[...はちゃっかり仕事の宣伝をしてから悪戯っぽく微笑んだ。]


淫タビュー…?
[くびこてり]


 ヤクニ
ああ、ちょうど良かった、ご意見番。
昨日のの続きなんだが。

オレって、アイリスが好きなように見えるか?


 レティーシャ
………インタビューな。インタビュー。


ヤニクの言葉に不穏な空気を感じるようなそうでもないような気がした。


あ、時間切れ。また後でなーノシ


こんにちは
>>ラルフ
俺からは「恋愛の好き」なようには見えない…かな
恋人に対する態度より、家族に対する態度の方が近い印象


ドナルドにぶんぶか手を振った


クククが残念無念な人なのを確認したよ。
…まあ他人からどうみえようが自分の気持ちを伝えるのが優しさかなと思うけど…



ヤニクさんが…で言ってたの〜。


ミッシェルに手を振り替えした。


クククに、じゃあ我慢するよと言ってしょんぼりしながら去って行った


やあ、ヤクニ。こんばんは。


 ドナルド  焼肉
……そっか。
それを聞いて、納得できた。ありがと。

 ミッシェル
他人からどう見えてるのか。
初日から「アイリスとお似合い」的な事を言われていた気がするんだ。
だから、オレは無意識の内にアイリスに対して好きだって態度を取っていたのかな、って疑問に思っていた。だから聞いてみたんだ。



遠まわしに、レティーシャに変な事吹き込むな、って言いたかったんだ…
ごめんな、もっと直接的に言わなきゃ理解できなかったよな…
[…はヤニクを哀れみの目で見た]


聞かなかったことにしなさい。


……今日は、アイリスは来ないのかな。
[…は、ぼんやりとしている]


バ━| o|。゚+.ヾ(・∀・)ノ゚+.゚|o |━ン


[...は息を切らしながら]
はぁっ、はぁっ、間に合ったー!
こんばんはー!ラルフ居るかな!?



oO(あー… なんかドナルドの気持ちがわかった気がする)
[…は苦笑いを浮かべている]


あ、ああ、居るよ。


…アイリス、話があるんだけど、いいかな?

全部、話しておきたいんだ。オレの正直な気持ちを。


[...はラルフの返事を聞いて]
居た居た!
あ、あのさ!ラルフって、こう、合コンで気になってた人って居るのかな…?
ちょ、ちょっと気になってるんだけども…。良かったら、教えてくれると…嬉しいなぁ、なんてね!



え、ど、どうしたの?



…オレも、似たような事考えてた。

気になった人はいるよ。



オレは、アイリスが好きだ。
でも、それは異性としてではなく、友人としての好きなんだと思う。

アイリスが困っていたら手を差し伸べたい。
オレに何か出来るのなら何か力になれるなら、力になりたいって思う。
…アイリスに、「好きな人が出来た」って言われたら素直に、心の底から笑って「おめでとう」って言える。


…えっ…?
おともだち…?

…ど…ういうこと…?

[...は困惑している]


落ち込んでいた時、あったけど… その時は、きっとすぐに別の人と話をして明るく笑うんだろうなって思ってた。
それでも、構わなかった。初日に話をした程度だし、すぐにみんなみたいに忘れると思ってた。
…でも、次の日にアイリスがこっちに来た時、「また逢えた」という喜びじゃなく、「心配をかけてしまった」という罪悪感だけだった。
…ごめん。



……アイリスが、オレ以外の人を選んでも、オレはそのアイリスが選んだ相手に対して嫉妬したりはしない。

だから、オレのアイリスに対する「好き」は恋愛的なものではないんだ。


…、え…。

…、そ、そっか…分かった…。

話してくれて……ありがとう…。


…、喉渇いたから、飲み物買ってくるね………。

[...はふらっと外に*出て行った*]



……うん。
最近、寒くなってきたから、気をつけてな…


空気を読まずに俺の料理だ
こっちでの料理は闇鍋からだ
昨日は少し作る量が少なかったようだし、楽しみにしてる人も多いようなので
大きい鍋で作る。…頑張って食べてくれ
2dマーゴは(03)(01)(10)(07)(10)
2dヤニクは(09)(06)(06)(01)(10)
2dイアンは(07)(05)(04)(07)(03)
3dソフィアは(02)(01)(08)(04)(04)
4dドナルドは(10)(10)(10)(08)(02)

[…は今日もよく見ないで、ボチャボチャ具材を入れている]



[…はその場に倒れた]


[…は良くかき混ぜてから、具材を確認した]
どれどれ…牡蠣・カレールー・りんごジュース・草加せんべいx2…
蜂の巣・生肉x2・竜の卵・竜のヒレ…
生牡蠣・レバー・タケノコ・オットセイx2…?
鮟鱇の唇・あんこの缶詰・馬刺しx2・紹興酒
鰹・焼肉のたれ・うどんx3

おっ! 今日は結構食べれそうな…気がするな…。


うむ…それじゃ…いただきます
[…は祈るようにしながら、口をつけた]

………………………
[…はなにもいわずにそっと食べるのをやめた]



オットセイ食うなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!


なあ、絶対にこのオットセイ生きてるだろ?!
生きたまま鍋にいれただろ!?
鬼!! 動物愛護団体に捕まれ!!!


ラルフ
オットセイの肉は昔は普通に食されていたんだ。
今は乱獲されたせいで、条約で規制がかかっているが


 ドナルド
知ってる。さっきウィキった。

条約あるならなおさら食べたらダメだろ。



ああ、晩飯、届けてくれたのか…(小声で)ありがとな。

………でだ。なんでこっちは闇鍋なんだ?
まともなもん食いてぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!


ラルフ
…まあ、そういう意見もあるだろうと思ってこっちでも同じものを用意している
【闇鍋にトライして】足りなければ食べてくれ
[…は爽やかに言い切った]

1.かつお節とキムチの炒飯 2.ビビンバ丼 3.味噌ホルモン定食
4.鰻とピーマンのチャンプルー 5.レバニラ定食 6.生姜焼き丼

俺は{1}


ホリー
ホリーが応援してくれたから…
ありがとう…ホリー
[…は深々とホリーに頭を下げた]

ソフィア
ありがとうありがとう…!
ご飯では足りないか…?

ヤニク
ふっ…祝福ありがとう
[…は淫タビューは聞かなかったことにした]

ヤニク
落ち着け

ラルフ
ラルフはラルフの恋を頑張れ
[…はポフッとラルフの肩をたたいた]


!!
ほりー、ひらめき。

どなるど、ぱぱ。
みしぇる、まま。
ほりー、むすめ。

かんぺき!

[きらきら。]



こんの野郎、爽やかに言い切りやがった!!

たとえ食べれたとしても、酒が入ってるから絶対にイ・ヤ・だ!!

オレだって{5}を食うっ!!


 ホリー
オスカーも入れてやれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!


 ドナルド
ん… ありがと。
って言っても、望みは薄いけどな。好きな人居るらしいし。
[…は明るく笑った]

 オレ
わぁい、レバニラ定食〜♪


ホリー
それで…ホリーはいいか…?
俺としては何の不満もない…いや…理想的な状態だが

これから…ミッシェルもホリーも守っていけるなら…何も言うことはない…
[…はホリーの優しさに、こみ上げてくるものを感じそっと目元を隠した]


ラルフ
オスカーは…別に家庭を作る…きっと…


 ドナルド
きっとって言うな。

なんで双子なのに、片方は娘で、もう片方は別に家庭を作るんだよ。


ただいま…おーなーかーへーったあー
材料買い出しに行ったらすっかり遅い時間だよ…
[…は金属や輝石のどっさり詰まった紙袋をかかえてもどってくる。
ドサッと袋を置くとごはんのかおりに笑みがこぼれた。]


ホリー…ママになれるかわからないけれど、頑張るね。
[…はホリーの頭を優しく撫でた。]



ここにも… ロリコンが…
[…はどこか諦めたような表情をしている]


…………
[…はポーチュラカとスティーブンのやり取りを見て]

……どうしよう。このままこいつ等を放置していたら後々大変な事になりそうな気がする。
…何故だかわからないけど、すごくそんな気がする。どうしよう。


あっ… ごはんごはん。
今日は鍋なんだね。

[…は適当に鍋の具をよそって食べ始めた。]
へー、甘い鍋って初めて食べたよ。
オットセイってちょっと癖あるけどなかなか美味しいね。
この大きい卵おいしいー!元気が出そう。
うどんもいい感じに味がしみてるねっ☆


そーいや…
明日までに荒らしカップルが一人でもこっちに来ていなかった場合、
明日で終わるんだよな…


スティーブンの言葉をきいて嫌悪するような顔になっている。


ミッシェル
おかえり…お疲れ様だ

あまり人がいないようだな…
人数が少ないはずの本会場の方が盛り上がっている…
[…はボーっと本会場の様子を眺めている]


 ミッシェル
oO(どうしよう。ここにも強者が…)


ドナルド&ミッシェル>
ん? イチャイチャタイム開始?
邪魔なら席外すけど。


ミッシェル
おお…あれも喜んで食べてくれるのか…
さすがだな…
[…はちょっと遠い目をした]

ラルフ
そうだな…
ま、それはそれでありだろう
また、みんなで会えるのだから


ラルフ
いや、そういう風に気を使わないでくれ…
俺はできればみんなで楽しみたいしな…
あんまり人いないが…

いちゃいちゃは二人っきりの時にする(キリッ


 ドナルド
二人っきりだと思ってイチャイチャしていたら、傍にイアンの姿が、というオチかねぇ。(ニヤニヤ)

っつーか、本当に人が居ねぇな…
[…は誰か居ないかな、と辺りを見回した]


>ドナルド
ただいまっ☆
そうだね、みんな疲れちゃったかな?

当たり前だよードナルドが作ってくれたんだもの。
[…はにこにこして箸を置いた。食事を終えたようだ。]

>ラルフ
いっ…
[…は頬が紅く染まった。]
邪魔とかないよー
あんま人がいなくなっちゃうと寂しいし。


 ミッシェル
そうなんだよなー、なんでこんなに人が少ないんだろう。
もうすぐ終わるかもしれないのに…


今日終わったら皆集まってゆっくり喋れるね…


休日だからゆっくり喋れるねって言いたかったの


ミッシェル
ありがとう…
これからも腕によりをかけて料理を作る
ミッシェルと…ホリーのために


もそもそ……
太巻き…
もそもそ……ねむい。


レティーシャおはよう…? 


おはよ〜…ございまぁ〜す……にゃむにゃむ。


レティーシャおはー


…しかし、眠い。

あと一時間だけど、すこぶる眠い…
寝たらごめん。


レティーシャおはよ。



うんっ♪
[…は嬉しそうににっこり微笑んだ。]

でも無理はしないでね。
私はドナルドが側にいてくれているだけで嬉しいよ。


ミッシェル
ありがとう…
ミッシェルとホリーの喜ぶ顔が見れるなら…
無理なことなど何もないさ
[…はミッシェルの笑顔に、照れくさそうに顔を赤くして笑った]


おすかーくぅん……


え、えっと本会場カオスだね…
[…は苦笑している。]

レティ…早くオスカーと会えるようになるといいね。


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:レティーシャ 解除する

犠牲者 (7人)

レティーシャ
8回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
裏方
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.101 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび