人狼議事


173 【突発RP村】夢の通い路

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


[演奏を聞いていた子供たちに、またねと声を掛けてから離れる。

何処かで休んで帰ろうか。
大通り沿いは混んでいて、静かな場所を求めてビルの影へ。
気をつけていないと見落としてしまうであろう看板。
「ひまわり」と書かれたそれ。]

あら、素敵な名前。

[誘われるように、店へと足を向けていた。]


メモを貼った。


―ひまわり―

[扉を開く。
中には先客が二人いただろうか。
カウンターにいた店主らしき人物の顔を見て、動きが止まる。

夢の中で会いました?なんて声を掛けるのもおかしくて。
そもそも彼女はあちらの住人だとばかり思っていて。
少しの間そう考えてから、空いている席へと腰を下ろした。]

珈琲、いただけますか?

[注文を問われればそう言って、物珍しげに店内を見回す。**]


[メロンソーダの入ったグラス。
緑色のジュースの中、小さな気泡がシュワシュワ。弾ける。
耳を澄ませば、その音さえ聞こえてきそう。]

はい。
小さかった頃、両親と外食した時はよく、頼んでました。
メロンソーダ、自動販売機にはあまり売ってないから『特別』な感じがして。

[好きか>>4:*5と問われれば、大きく頷く。

両親が亡くなって、その時間も失ってしまったけれど]

わぁ。ありがとうございます。
浮かべてクリームソーダにしようかな。
でも、もったいないかなー。

[素直に浮かんだ笑顔は、無理に作ったものとは違い、子供の表情で。

悩んだ末、スプーンで一口ずつ、ソーダに浸したり、そのまま食べたりする]


メモを貼った。


〜昔語り〜

彼は幼い頃から口で気持ちを伝えることが苦手で友達が出来なかった
そんな彼に初めての友達ができた。
彼と違って明るく、元気で常に周りに人がいる。そんな人だった。

友は彼に「ずっと友達でいよう。」そういった。その友に誘われ軍に入った。誰かを傷つけることは嫌いだったが、何かを守るために。

彼は昔から運動神経だけは良かった。いや、元から戦闘のセンスがあったのだろう…彼はどんどん成長していった。幾つもの戦果をたて、上の人から頼りにされ。なんとか軍でもやっていける。そう思っていた。

−−−−−−−−−−−−
その友達は頭のいい子だった。どうやったら皆に好いてもらえるか、常にそれを考え行動する。
周りに頼られ、凄いと言われる…その優越感が好きだった。ケヴィンに声をかけたのも、何時も1人でいる彼と仲良くなることで自分は優しい人だと皆にアピールするためだ。

共に軍に入ろうと言ったのは彼なら死んでも自分を守ってくれる、その確信があったから。
一つ誤算があったとするなら、彼には才能がありすぎた。これでは自分が彼のお荷物になってしまう。


それだけは嫌だった。
ある日国境付近で敵国の兵に声をかけられた…。情報を流してくれるなら、「君をうちの軍に入れてあげよう。もちろん優遇する。それに自分たちにとってケヴィンは邪魔な存在だ。君ならきっと上手く殺れるだろう?」

あぁ…これはいい機会だ。彼は小さくほくそ笑んだ。

−−−−−−−−−−−−
最近友の様子が可笑しい。
ケヴィンはそう思い、ある晩彼をつけてみた。その時見たものは友の自国への裏切り行為。彼はすぐにこんなことは止めろと、友を止めた。
友は分かったと一言だけ呟いた。
だがそれからすぐにケヴィンは内通者として呼び出される。
誰かからの密告があったらしい。密告者として、皆に感謝されていたのは…自分のたった一人の、敵国と繋がっている友であった。

ケヴィンはすぐに分かった。これが友の策略なのだと。そして必死に弁解を試みる、しかし聞き入れてくれるものはいなかった。
彼は裏切りものとして始末される事となる。その処刑を執行しようと名乗りを上げたのは彼だった…


−−−−−−−−−−−−
処刑日の数日前に友はケヴィンを小高い丘へと連れ出した

あぁ…これでやっと、邪魔なあいつを殺すことが出来るんだ。そうすれば後は敵国に移り地位をもらい、この国を潰す。そうすれば自分は最強になれる。この真っ直ぐに自分を信じ続ける男が邪魔だった。最初は壁として役に立ったがだんだん自分を追い越して行く。憎くて妬ましくてしかたなかった。
でも…これで彼を合理的に殺せる。

−−−−−−−−−−−−
友の本音を聞いた…
自分が今まで見てきた彼は、かけてもらった言葉は…全て偽物だったのだ。でも、ここで死ぬわけにはいかない。きっと彼はこの国を潰しに来るだろう。周りに何を言っても聞いてもらえない、ならば選ぶ道はただ一つ。彼を止めなければ(殺らなければ)

−−−−−−−−−−−−
目の前に広がるのは変わり果てた友だったものの姿と赤、紅、アカ。
不思議と心は穏やかだった。何も感じない、涙も出るはずがない。
その姿を確認しな後、身体が勝手に逃げ出していた。

それから程なくして友人の死体が発見され、ケヴィンを捕らえよとの命令が出されたらしい。


毎日、毎日。追ってから逃げる。
周りから罵りの声が聞こえる。感情のない殺人兵器、バケモノ。

そのうち「こんな目に会うくらいなら…もう死んでもいいだろうか。」そう考えるようになった。

それから数日、流石に疲れきった彼は森の外れのボロ小屋に身を潜める。
うつらうつら…意識はだんだんと落ちて行った。


メモを貼った。


メモを貼った。


メモを貼った。


[彼女の首を傾げる仕草>>*0を見たならば、]

ごめんなさい、あまりこういったお店には入らなくて。
…素敵なお店ね。

[夢で言ったように返してみる。
すぐに出てきた珈琲に口をつけて一息。
あの夢は少し違うけど正夢だったのかな、なんて考えてくすりと笑う。]


ー森のボロ小屋ー

[ここは街から少し離れたところに在る小屋。
普段は静かなこの森だが、今はなんだか少し騒がしい。
武装した人間の足音…鳥やウサギはみんな怖がって逃げてしまった。]

…ん。
……あぁ、帰ってきた、のか。
[正直あの女主人に声をかけたられた後のことはあまり覚えていない。だがいま現実(ココ)にいるということは、自分はちゃんと見つけたことを報告できたのだろう。]

あいつらは…大分近づいていてるな。
ギリギリのタイミングか…。
[あの世界にいる間、こちらの世界がどうなっているかはわからないが、もし普通に時が流れていたら自分は捕まっていただろう。
早く出ないと、そう思いドアを開けて目に入るのはかつてのナカマ。]

…少し、遅かった…だな。
面倒だな。
[さて、逃走劇の再開だ。
前方にいる敵に斬りかかり、そのまま街へと一直線に走る。
後方から銃弾が聞こえたかが、やはり街の中で発砲するわけにもいかず音はだんだん小さくなる。]


このまま逃げ切れるか。問題は敵をまけたとしても、その後どうするか、なのだがそこまではあまり考えて無いようだ。
周りの人にぶつからない様にそのまま走り続ける。傷まみれで走る自分はきっと周りから見たら変な人だろう…。]

…あそこに入るか。
[そう思い足を運んだのは ひまわり という名の喫茶店。
手荷物は腰に下げた剣と足のホルダーに入れてある銃。それと短剣。
こんな物騒な人が入ってきたら通報ものだろうが…。]

しまった。パトカーの後部座席、乗ることになりそうだ…
[そんなジョークを呟きながら店に駆け込む…]


メモを貼った。


突然悪い…怪しいものじゃない。
普通に休みたいだけだ。
[現在の自分の状態を思い出し、普通に怪しいよな。と内心突っ込む]

ここは喫煙はいけるか?

[そう言って煙草とZippoライターを取り出し、店のマスターをさがす。]


[ちょっとずつアイスクリームを、口に運んでいると、カランという音がした。
他にお客さんが来たんだな。と思い。ドアの方へ視線を向ける。

店内に現れたのは、自分より年上と思われる女性
ついいつもの癖で、反射的に笑みを浮かべそうになる。
もう無理に笑う必要はないのだ。と、浮かびかけたそれを打ち消した。

カラン。
またドアの開く音がする]


メモを貼った。


ケヴィン……さ…ん……?

[思わず口に出してしまってから、慌てて口元を隠す。

それほど、店内に駆け込んできた男性は、夢で会った人と似ていたから。

答えを求めるように、ポケットの蛍石に触れる。
硬い石の感触は確かにそこにあった。
そっと取り出し、メロンソーダの前に置く]


もしかして、マーゴ…か?
[自分の名前を呼ぶ声が聞こえそちらを向くと、そこにはあの世界で初めて自分に声をかけてくれた少女がいた。]

案外近くにいたんだな…
[彼女に近づきメロンソーダの横に置いてある石に目を止める。
とても大事そうに扱っている石…]

それが、あんたの探し物か…見つかってよかったな。
[そう言って頭に手をおこうとした…が、自分の今の姿を思い出す。
格好もだが手も色々と…かなり、汚れていたはずだ。

少し苦笑いしながら…]

何か注文する前に…手を洗わないとな。
[そう言って肩をすくめる。]


よかった。
人違いだったらどうしようかと、思ってしまいました。

[自分の名前を呼ぶ声に、人間違いではなかったのだと安堵する。
夢の中でであった相手が、現実にここにいる。
その事実が嬉しくて、くすぐったくて]

本当に。こんなに近くにいたのですね。
また会えてよかったです。

[心の底から零れた笑顔は、けして綺麗ではなかっただろうけれど]




はい。私の探し物。
子供の頃に、大事な友達からもらった蛍石。です。

その子は、ケヴィンさんみたいに、身軽な子だったのですよ。
旅行先で会った子だから、今どうしているのかも、わからないのですけど。

[『屋根から飛び降りた』といった、夢の中の彼の言葉を思い出し、笑みをさらに深くする。

きっと、自分一人だけではなくし物を見つけることは、できなかっただろう]

はい。
手を洗ったら、またたくさんお話ししてくださいね。

[頭を撫でてもらえなかったのは少し残念だったけれど、今の姿を考えれば仕方のないことで。

それよりも、彼とまた話ができることが嬉しかった。
だから、少しでもゆっくり話を聞けるように、メロンソーダをゆっくりと啜る]


[長い間眠っていた気がする。
ずっと、ずっと、このまま朝が来なければいいのに。
そう思って眠った。

枕元で鳴るのは目覚まし時計。

朝が来なければ、なんて考えながら、律儀にセットして眠ったらしい。
けたたましく鳴り続ける目覚ましを、目をこすりながら手探りで乱暴に止める。
起きあがって伸びをする。
怖いくらいにいつも通りの朝。迎えてしまった"あの日"の翌日。
帰ってきてそのまま眠ったため、服には皺が付いてクシャクシャ。
寝癖も酷い。目は寝起き以外の理由でも腫れていた。]

………―――よし。

[ばちんと頬に気合を入れ、ベッドから飛びだす。
―――"あの人"に伝えなきゃ。
答えなんか出てないけど、会って話さなければ。
服を着替えると、机の上に置いてある赤い花の髪飾りを掴んで部屋を出た]*


メモを貼った。


[アイスコーヒーを一口、息を吐く。
ガムシロップの甘さと、氷の冷たさは、心地好い。
気付けばまた俯きがちになってしまっているだろうか。

ドアベルの音がすれば、新たに訪れる者へ、
何気なく視線を向けてみる。]


メモを貼った。


蛍石…綺麗だな。
俺みたいに身軽…なやつか。
また何処かで出会えたらいいな。

[彼女にそう伝えて手を洗い先に着く。
そして灰皿を受け取り>>*1
注文を決めようとマスターの顔を見る。]

あぁ…あんただったのか。
そうだな…鯛茶漬けを一つもらえるか?


[彼女の言葉>>*1に、ええ是非、なんて返していると現れる男の影。身なりは怪しいけれど店主が受け入れ、どうやら知り合いもいるようで。遠巻きに見ながら珈琲を口にする。

話している二人も何処か見覚えがある気がしたが、はっきりとは思い出せず。無関心を装いつつ、その姿もどこか楽しげに笑っていた。]



ん、あぁ…悪い。
でも何か食べたくなって、な。

[謝りながらも手際よく用意してくれている彼女を見つつ、材料があることに少し謎の感動を覚える。
ホカホカの茶漬けが置かれる。スプーンでひとくち…]

うん、あつうま。

[ふと視線を感じこちらも視線を向けてみる]


うーん、絶対に面白いと思ったんだけどなぁ。

[映画の帰り道、隣にいる誰かと話している。
その手に握られたパンフレットには『仮面ドライバー』と書かれていた。
外国の人気特撮ドラマをリメイクした上でアレンジにアレンジを加えたものらしい。
候補に挙げられたいくつかの映画の中から、ピンときたから選んだと言うのに、自分も、隣にいる誰かも、評価はいまいち。]

たぶん、元の方が面白かったんだよ。
不発、よくあるよね、うん。

[なんとなく必死に取り繕った。
絶対面白いはずだった。
間違いなくそうだと、信じていた。]


[隣にいるのは"あの人"。

あの後、起きてから『もう少し待って』と伝えた。
気持ちの整理が付かなくて。
でもどうすればいいかわからなくて。
逃げ出してしまったから、ちゃんと自分の気持ちを素直に説明した。

少し困ったような顔をした彼は、もうすぐ都会に引っ越すのだと笑った。
今までのように頻繁に会えなくなる、だから告げたのだと。

『会えないのはやだ』

口から出たそれは単にわがままだったけれど。
彼はそれだけで十分だって言ってまた笑った。]


それじゃぁねー、ばいばーい!

[用があると言われ、駅に着く前の交差点で別れる。
今日は1人で彼の街に遊びに来ていた。
映画を見る約束で。
電車に揺られて1時間半の街。もう、何度か来ている。
兄からはデートかとからかわれるが、いつも真っ赤になって違うと言う。
…実際は違わなくはないのだけど、恥ずかしいのだ。

髪はまだ短いまま。その方が落ち着くから。
服装も相変わらずのズボン。彼が好きになったのはそのままの"僕"だから。

でも、花の髪飾りに合うように、服の色見を明るくしたりして。
ちょっとだけ、気を使う。
似合うだろうから、って言ってくれた髪飾りはお気に入り。]


[駅へ向かう途中、不思議な感じがして、店の前でふと立ち止まる。]

ひまわり?

[それが店の名前。
時計を確認すると、次の電車まで時間はまだある。
惹かれるように扉を開けた]


[何気なく耳に届いたやりとりに、
テーブルを這っていた視線を天井に投げる。

おかしいな。
新しく増えた顔も、
どこかで会った事があるような気がするし、
彼らの会話も、どこかで同じ様な事があったような、
そんな感覚。]

 ――――。

[なんだか小説の中の夢物語のような気がして、
吐息ともほほえみともつかないため息。
ただ、少し懐かしいような気がして、口元が緩んだかもしれない。]


[再び聞こえたドアベルの音
あんまり流行ってる様には見えない喫茶店だけど、
にわかに賑わってきたようだ。

それでも、雑多な喧騒というよりは、
どこか、暖かくて優しい。

きっと此処に流れる時間は、緩やかに暖かいものだ。
そして、自分にとって、この時間は必要なものなのだろう。]


メモを貼った。


[扉を開けると、店内には既に何人かの人が思い思いに時を過ごしていた。
コーヒーを飲む青年と目が合うと会釈をする

―――今日は、眠くないのかな

ぼんやりとそう思った。
根拠はなく、何故そう思ったのかよくわからない。
だから、口には出さずに。]


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ケヴィン 解除する

処刑者 (4人)

ケヴィン
0回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.117 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび