人狼議事


173 【突発RP村】夢の通い路

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


粉ひき ケヴィンは、メモを貼った。

2014/04/21(Mon) 17時半頃


【墓】 粉ひき ケヴィン

突然悪い…怪しいものじゃない。
普通に休みたいだけだ。
[現在の自分の状態を思い出し、普通に怪しいよな。と内心突っ込む]

ここは喫煙はいけるか?

[そう言って煙草とZippoライター>>4:20を取り出し、店のマスターをさがす。]

(+10) 2014/04/21(Mon) 18時頃

【墓】 長老の孫 マーゴ

[ちょっとずつアイスクリームを、口に運んでいると、カランという音がした。
他にお客さんが来たんだな。と思い。ドアの方へ視線を向ける。

店内に現れたのは、自分より年上と思われる女性>>+1
ついいつもの癖で、反射的に笑みを浮かべそうになる。
もう無理に笑う必要はないのだ。と、浮かびかけたそれを打ち消した。

カラン。
またドアの開く音がする]

(+11) 2014/04/21(Mon) 18時頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/21(Mon) 18時頃


【墓】 長老の孫 マーゴ

ケヴィン……さ…ん……?

[思わず口に出してしまってから、慌てて口元を隠す。

それほど、店内に駆け込んできた男性>>+11は、夢で会った人と似ていたから。

答えを求めるように、ポケットの蛍石に触れる。
硬い石の感触は確かにそこにあった。
そっと取り出し、メロンソーダの前に置く]

(+12) 2014/04/21(Mon) 18時頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

ふむふむ、
なかなかThe Restaurant That Has Many Orders(注文の多い料理店)だな。

[アルコールから煙管に切り替えた彼女の挙げていく条件>>6を聞きながら、手酌を重ねる。]

もし、だ。どれだけ探しても見つからなかったり、
無くしたものに気づかないままだったりすれば、
ここでこのままなのか?

まあ、そうならないようにキミがいるのだろうが…
店主は商品の見立てや紹介はしても、押し売りはすまい。

[煙管から伸びる紫煙の行方を目で追いながら、言葉を続ける。]

(9) 2014/04/21(Mon) 18時半頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

ソレ(なくしたもの)が
大事だと自覚していても、見て見ぬ振りをしたい事もあるだろう。

[何せ、此処は緩やかに過ごしやすい。
空を見上げても、眩しくも憂鬱にもならない。]

酒はウマいし、ネェちゃんはキレイだとくれば
まさにParadise(天国)だ。
酔っ払いならずとも、帰りたくなくなるのも一理あるんじゃないかね。

[一人ぼっちなら寂しくもなるが、話し相手がいるのならそれもない。]

(10) 2014/04/21(Mon) 18時半頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

まあ、なれた、のかね。

[改めて言われる>>7と鼻の下を人差し指で軽く擦りつつ、微笑む。同時に薬指が唇の表面を軽くなぞる。何もない薬指。慣れたのか、あるべきものに戻ったのか。]

此処は、a person other than oneself(キミ以外の誰か)の為の場所ということか。

(11) 2014/04/21(Mon) 18時半頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

探し物、ね。

[此処に来る人間は彼女の言う条件>>6に当て嵌まる人のみという前提がある以上]

その落とし主が、
無くし物(キミ)に、早く気づくといいな。

[これはもう幾度めか、切子のぐい飲みの中身を一気に乾した。]

A best storeと美人店主を失うのは残念だが。

(12) 2014/04/21(Mon) 18時半頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

俺は月を眺めて一人微笑む宵待草もいいが――

[気障ったらしく指を鳴らすと、部屋の片隅に置かれた真紅の薔薇の花束>>84が青色に染まる。]

誰かの傍らで満面に咲き誇る花の方が眺める分には好きだぜ。

[違和感として和風の室内に不釣合いな程に派手派手しかったそれが、月光の射す部屋に溶け込んでいく。]

なあ、知ってるか?
俺の居る世界では、あんな青い薔薇ができたんだ。
花言葉は――

[唇の動きは『夢 かなう』。]

つまらんもんだが、
お招き預かったプレゼントとしてくれると嬉しい。

(13) 2014/04/21(Mon) 18時半頃

【墓】 粉ひき ケヴィン

もしかして、マーゴ…か?
[自分の名前を呼ぶ声>>+12が聞こえそちらを向くと、そこにはあの世界で初めて自分に声をかけてくれた少女がいた。]

案外近くにいたんだな…
[彼女に近づきメロンソーダの横に置いてある石に目を止める。
とても大事そうに扱っている石…]

それが、あんたの探し物か…見つかってよかったな。
[そう言って頭に手をおこうとした…が、自分の今の姿を思い出す。
格好もだが手も色々と…かなり、汚れていたはずだ。

少し苦笑いしながら…]

何か注文する前に…手を洗わないとな。
[そう言って肩をすくめる。]

(+13) 2014/04/21(Mon) 19時頃

天井手繰り ヤヘイは、メモを貼った。

2014/04/21(Mon) 19時頃


天井手繰り ヤヘイは、メモを貼った。

2014/04/21(Mon) 19時頃


【独】 天井手繰り ヤヘイ

/*
聞かない方がいいな。多分。

(-1) 2014/04/21(Mon) 19時頃

【墓】 長老の孫 マーゴ

よかった。
人違いだったらどうしようかと、思ってしまいました。

[自分の名前を呼ぶ声>>+13に、人間違いではなかったのだと安堵する。
夢の中でであった相手が、現実にここにいる。
その事実が嬉しくて、くすぐったくて]

本当に。こんなに近くにいたのですね。
また会えてよかったです。

[心の底から零れた笑顔は、けして綺麗ではなかっただろうけれど]

(+14) 2014/04/21(Mon) 19時半頃

【墓】 長老の孫 マーゴ



はい。私の探し物。
子供の頃に、大事な友達からもらった蛍石。です。

その子は、ケヴィンさんみたいに、身軽な子だったのですよ。
旅行先で会った子だから、今どうしているのかも、わからないのですけど。

[『屋根から飛び降りた』>>38といった、夢の中の彼の言葉を思い出し、笑みをさらに深くする。

きっと、自分一人だけではなくし物を見つけることは、できなかっただろう]

はい。
手を洗ったら、またたくさんお話ししてくださいね。

[頭を撫でてもらえなかったのは少し残念だったけれど、今の姿を考えれば仕方のないことで。

それよりも、彼とまた話ができることが嬉しかった。
だから、少しでもゆっくり話を聞けるように、メロンソーダをゆっくりと啜る]

(+15) 2014/04/21(Mon) 19時半頃

【人】 開放的市民 ジェニファー


 いいえ、時間が来れば勝手に、元の場所へ戻るわ

[男の問に、一つずつ答えよう。
ここが何処で、なんであるか。
問われたのは久しぶりな気もするが。
秘密にしておくようなものでもないのだ。]

 ここは、夢と現実の狭間
 現実から夢へと進む時、必ず通る通り道
 そこに立っているお店なのよ
 目が覚めれば、勝手に戻っていくわ
 本人の意思とは関係なくね

[それは何度も繰り返された事。
それは何度も起こっている事。]

 見て見ぬふりを続けたところで
 ここに残れるわけではないのよ

(14) 2014/04/21(Mon) 21時頃

【人】 開放的市民 ジェニファー


 天国かどうかは、わからないけれど
 残りたいと言ってくれる人も、いるのかもしれないわね
 残れた人は、いないけど

[自分だって、ここに残っているのかと言うと。
怪しいものも、あるわけだし。]

 そうね、ここは私以外の誰かの為の場所
 私の為の場所とは、すこし違うわ

[自分のためにもなってはいるのだから。
全く違うわけでもない。
だから、少しと言葉を付けた。]

 ふふ、そうね?
 落とし主が気がついてくれるかどうかは知らないけれど
 いつか、そういう日も来るかもしれないわ

(15) 2014/04/21(Mon) 21時頃

【人】 開放的市民 ジェニファー

[青く染まった薔薇は、今は目に入らなかったけれど。
彼の語るそれは、気分の悪いものではなく。
ただ、少し勘違いをされている気もして。]

 私の探し物は、そういうものではないわ

[だけどありがとう、と月から目を離して。
彼の方に、視線を投げた。]

 そうね、貴方が帰って行くのなら
 あちらにある、私の探し物にも会ってみて頂戴

[一度縁側を立って、置いておいた薔薇の花束を取る。
青く染まったそれは、さっきまでとは違う気もして。
なんだか、落ち着く感じがした。]

 私がここで待っているのは、私自身
 現世にもあるのよ、私のお店

(16) 2014/04/21(Mon) 21時半頃

【独】 天井手繰り ヤヘイ

/*
ふむ、そっちか。

(-2) 2014/04/21(Mon) 21時半頃

【人】 開放的市民 ジェニファー


 だから、元の世界に戻って
 まだ私のことを覚えていたら、訪ねて頂戴

[青い薔薇のお返しにと、女主人は紫煙を吐き。
それが彼の隣に集まれば、ネリネの花の花束になる。]

 そこにいる私に、渡してくれると嬉しいわ
 ここから持ち帰れるものは、少ないから

[そして私自身は、決してたどり着けない場所なのだから。]

(17) 2014/04/21(Mon) 21時半頃

【赤】 開放的市民 ジェニファー


 そう?
 ありがとう、嬉しいわ

[素敵だ、と言ってくれるお客に微笑んで。>>+7
よかったらご贔屓に、なんて語っていたところで。
怪しげなお客>>+10が飛び込んできた。]

 当然よ
 ただの強盗ですなんて言ったら、つまみ出すわ

[そういって、男の前に灰皿を出して。]

 何か注文してくれれば、文句もないし
 人に迷惑をかけなければ問題もないわ 
 タバコが嫌なお客に、迷惑かけないようにね

(*1) 2014/04/21(Mon) 21時半頃

美術家 ギネスは、メモを貼った。

2014/04/21(Mon) 22時頃


【墓】 少年探偵団 ガーディ

[長い間眠っていた気がする。
ずっと、ずっと、このまま朝が来なければいいのに。
そう思って眠った。

枕元で鳴るのは目覚まし時計。

朝が来なければ、なんて考えながら、律儀にセットして眠ったらしい。
けたたましく鳴り続ける目覚ましを、目をこすりながら手探りで乱暴に止める。
起きあがって伸びをする。
怖いくらいにいつも通りの朝。迎えてしまった"あの日"の翌日。
帰ってきてそのまま眠ったため、服には皺が付いてクシャクシャ。
寝癖も酷い。目は寝起き以外の理由でも腫れていた。]

………―――よし。

[ばちんと頬に気合を入れ、ベッドから飛びだす。
―――"あの人"に伝えなきゃ。
答えなんか出てないけど、会って話さなければ。
服を着替えると、机の上に置いてある赤い花の髪飾りを掴んで部屋を出た]*

(+16) 2014/04/21(Mon) 22時頃

少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/21(Mon) 22時頃


【人】 美術家 ギネス

 ― 格子状の部屋 ―

[部屋の真ん中で大の字になって横になっていた。
いつの間にか、電話ボックスのような格子状の部屋に居た。

真ん中に置かれた低く背もたりのないベンチ。
起き上がると、考える人のようなポーズを取る。

どのくらい時間が経ったのかは解らないが、とりあえず気を保つことには成功した。]

(18) 2014/04/21(Mon) 22時頃

開放的市民 ジェニファーは、メモを貼った。

2014/04/21(Mon) 22時頃


美術家 ギネスは、メモを貼った。

2014/04/21(Mon) 22時頃


開放的市民 ジェニファーは、メモを貼った。

2014/04/21(Mon) 22時頃


【人】 開放的市民 ジェニファー

[いつからそこに居たのだろう。
いや、いつもそこにいるのだろう。
女主人は、ベンチに座っている男の隣に座っていた。
煙管が紫色の煙を吐いて、ゆるく立ち上っている。]

 何を考えているのかしら

[ここは夢、ここは幻。
同時にいくつも存在し、同時にいくつも現れる。
そんな場所なのだから。]

(19) 2014/04/21(Mon) 22時半頃

【人】 美術家 ギネス

[何時のまにか女主人が現れていた。
大根役者の如く冴えない表情をくるりと変える。]

 見つかった、あまりいいものではないが、見つけたよ。
 ―15年越しのとっておきの後悔だった。
 
[整理がつかない、と言うのを自らの体で避けるような、明るそうな表情でそう言った。]

(20) 2014/04/21(Mon) 22時半頃

【墓】 本屋 ベネット

[アイスコーヒーを一口、息を吐く。
ガムシロップの甘さと、氷の冷たさは、心地好い。
気付けばまた俯きがちになってしまっているだろうか。

ドアベルの音がすれば、新たに訪れる者へ、>>+1>>+10
何気なく視線を向けてみる。]

(+17) 2014/04/21(Mon) 22時半頃

本屋 ベネットは、メモを貼った。

2014/04/21(Mon) 22時半頃


【墓】 粉ひき ケヴィン

蛍石…綺麗だな。
俺みたいに身軽…なやつか。
また何処かで出会えたらいいな。

[>>+15彼女にそう伝えて手を洗い先に着く。
そして灰皿を受け取り>>*1
注文を決めようとマスターの顔を見る。]

あぁ…あんただったのか。
そうだな…鯛茶漬けを一つもらえるか?

(+18) 2014/04/21(Mon) 22時半頃

【人】 開放的市民 ジェニファー


 そう

[とっておきの後悔だと、語る男。
それはそうだろう。
直視したい思いなら、それは忘れたりはしない。
無くしたりしない、失ったりしない。]

 でも、取り戻したのね

[それでも、取り戻すべき想いがあるから。
人は、ここへやってくるのだから。]

 時間は戻らないわ
 戻ったように、錯覚させることはできるけれど
 過去は変わらないわ
 変わったように、錯覚させることはできるけれど

(21) 2014/04/21(Mon) 22時半頃

【赤】 開放的市民 ジェニファー


 あんた?

[言葉の意味は、よくわからなかったけれど>>+18
だが、注文されれば息を吐く。]

 うちは喫茶店なんだけど

[面倒くさそうに、業務用の冷蔵庫を開け。
鯛の切り身と薬味を取り出して。]

 よかったわね、たまたま出来るもので

[温めた出汁を、盛り付けたそれにかけて。
ほら、と差し出した。]

(*2) 2014/04/21(Mon) 22時半頃

【人】 美術家 ギネス

 そうだな。
 過去は変わらない、それはきっと皆々同じなのだろう。
 運悪く、2度掘り起こしてしまったということだ。

[同じように集まってきたのだろう、出逢った皆々を思い出しながら。]

(22) 2014/04/21(Mon) 22時半頃

【人】 美術家 ギネス

 ああ、大丈夫だ。過去に戻って変える気は今更無いよ。
 自己満足なら、もっと前向きにやりたい気分だ。
 戻ったらやりたいことが出来たしな。

[口元を緩ませながら、女主人にそう言って。
お世辞にも美味いと言えない歌の1フレーズを口ずさむ。

無意識の気恥ずかしさの咳払いは忘れずに。]

(23) 2014/04/21(Mon) 22時半頃

【独】 美術家 ギネス

/*
素でなんか〆みたいことを言ってしまった。

(-3) 2014/04/21(Mon) 22時半頃

【墓】 牧人 リンダ

[彼女の言葉>>*1に、ええ是非、なんて返していると現れる男の影>>+10。身なりは怪しいけれど店主が受け入れ、どうやら知り合いもいるようで。遠巻きに見ながら珈琲を口にする。

話している二人も何処か見覚えがある気がしたが、はっきりとは思い出せず。無関心を装いつつ、その姿もどこか楽しげに笑っていた。]

(+19) 2014/04/21(Mon) 22時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(1人 6促)

ジェニファー
0回 注目

犠牲者 (5人)

パルック
0回 (2d)
ベネット
4回 (3d) 注目
ノックス
0回 (4d) 注目
ガーディ
3回 (5d) 注目
ギネス
6回 (6d) 注目

処刑者 (4人)

リンダ
1回 (3d) 注目
マーゴ
3回 (4d) 注目
ケヴィン
0回 (5d) 注目
ヤヘイ
3回 (6d) 注目

突然死 (1人)

クリスマス
0回 (4d) 注目

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.054 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび