人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【赤】 手伝い クラリッサ

ベッキー! 今日がお前の命日だ!

2013/01/28(Mon) 00時頃

手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 00時頃


手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 00時頃


【人】 手伝い クラリッサ

――昨晩・寮の食堂――

[食事が終わってゆっくりしている頃だったか。
 イリスとゾーイの姿に、瞬いて。

 雰囲気が違う。
 ふたりとも、違う。

 そして改まった言葉に、
 なんとなく内容を察するクラリッサだった。]

(5) 2013/01/28(Mon) 00時半頃

手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 00時半頃


【人】 手伝い クラリッサ

 やっぱりそのヤドカリさんが……
 おいたしてたんですね。

[ゾーイの身体のイリスをまじまじと見る。
 自分がゾーイだった時、
 彼女はこんな風に自分を見ていたのだろうか。

 "見た目が変わっても、好きで居られますか"

 そう投げかけた過去に自分に、ふ、と息を吐いた]

(13) 2013/01/28(Mon) 00時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 は?

[>>18フィリップに告白しようとした、の節で
 素っ頓狂な声が漏れた。
 唖然としていたけれど
 続く言葉を聞けば、へにゃりと眉を下げて]

 イリス先輩……。

[自暴自棄にさせたのは誰だろう。
 ―――…なんだか謝りたくもなった、けど
 今は話の続きを聞いた。]

(20) 2013/01/28(Mon) 01時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 わたしも、ゾーイちゃんの姿の時
 グレッグくんに変なこと言っちゃったからね。
 あんまり謝罪祭りにはしたくないけど――

[ごめんね、と小声で呟いた。
 それはグレッグを騙していたこともあるけれど
 ゾーイに対するものでもあっただろう。]

 イリス先輩。
 わたし……

[言葉が続かない。
 ゾーイの姿のイリスを見て、正直――
 彼女に、キスしたい、だとか
 そういうのに抵抗を感じてしまう、のは
 ゾーイという元の入れ物がゾーイという人格のものだという理由もあるけれど、
 矢張り、自分が恋したイリスの笑顔や感触と違うことも、理由になってしまう。
 さいていかな、わたし、と。……俯いた。]

(30) 2013/01/28(Mon) 01時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 …―――

[悶々と考える。
 これが愛の試練なのですか神様。

 だけど泣くのを堪えるゾーイの姿は
 いつかのイリスの仕草と重なって見えて
 は、と空笑いが漏れた。]

 呪いをかけられたお姫様は
 王子様のキスで呪いが解けるか、
 死んでしまうかの二択なんですよ。

[今まで読み続けた童話を思い出しながら
 そっと席を立った。]

 ……つけた傷は、
 癒えるんですよ、きっとね。

[そう言って、ゾーイの姿をしたイリスの頭をそっと撫でた]

(40) 2013/01/28(Mon) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 キスはね、明日までとっておきます。
 戻らなかったら最終手段です。
 それでも戻らなかったらわたし心を入れ替えます。

 どんなイリス先輩でも愛してるって。

[へへ、と笑って
 死んじゃいたいレベルと宣う彼女に]

 死んでいいんですかー?
 本当にいいですかー?
 死ぬと空気の精になって、
 永遠に世界中のカップルを見守るんですよ?
 拷問だと思いません?
 見守る?いちゃいちゃするカップルを?永遠に?

[真顔で脅すように言ってから、
 くすっと小さく笑い、]

 大丈夫。死なせません。

(48) 2013/01/28(Mon) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[とん、と抱きとめると
 小さな身体をぎゅっと抱きしめ]

 やめて

 イリス先輩が女神とか柄じゃなさすぎる

[笑いを堪えながら失礼なことをしれっと告げた。]

 (……わたしだけの女神様だもの)

[続く言葉は、声にはせずに微笑んで]

(54) 2013/01/28(Mon) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 うん、大丈夫だよ。
 わたしのハートは鋼でできている―――

[そう簡単に傷つきません。と
 グレッグには心配かけないように笑んで見せた。
 泣いたのは本当。辛かったのも本当。
 だけど、今こうして笑い合えるなら
 それで全てリセットだから。

 肩を撫でられるとくすくす笑って]

 大丈夫だって。くすぐったい。

(60) 2013/01/28(Mon) 02時頃

【人】 手伝い クラリッサ

[いい時間だ。
 お風呂に入って明日の支度をして
 ちょっとだけパソコンに向かってから寝たら丁度いい。

 >>63グレッグがメールを打つのを見て、親指が残像のようだ……と思いつつ]

 それじゃあ、明日イリス先輩とゾーイちゃんが元に戻っていることを祈って、わたしは部屋に戻ります。

 みなさん、おやすみなさい。

[そう告げ、イリスの頭が自分より随分低いのがちょっと楽しいのか、くしゃくしゃ、と撫でた後、部屋へと戻っていった。]

(65) 2013/01/28(Mon) 02時頃

【人】 手伝い クラリッサ

――翌朝・自室――

 ふぁ

[小さく声を漏らして、ぱ、と身体を確認した。
 まさかここで自分が入れ替わっていたりしたら
 本末転倒にも程がある。
 大丈夫だ。安堵の吐息。

 洗顔、着替え、化粧といつもの身支度を済ませると
 スマートフォンを見つめて……]

 ちょ

[充電切れてる。
 慌ててパソコンを起動し、充電器に差し込んだ。
 てこん、とパソコンに出てくる
 「Claris's Phoneが接続されました。動作を決定してください」の表示をぽちっと消す。]

(74) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[充電中で少しだけ時間を置いた後
 つまり時差が生じたわけだが
 ちゃらーん、とピアノの音がスマートフォンから響く>>75]

 イリス先輩っ

[内容を見て、ぱ、と嬉しそうに表情を緩めた。
 爪も、鼻も。という内容にくすくすと笑って、
 運動……と少し悩んだ後]

 ……んっと

[いつものパッチワークのスカートではなく、
 ブランド物のトレーナーにジーンズという出で立ちで寮を飛び出した。]

(79) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

――公園――

[程近い公園まで、駆けていく。
 ちょっとださいかな、と自分の格好を見て思う。
 いつもの女の子らしい姿ではないし。]

 ……あ

[ベンチに、何故か正座しているイリスの姿を見ると]

 おはようございます〜
 ……冷えますよ、足。

[ベンチに正座してる人、はじめて見た。
 震えているイリスに、そりゃあ寒いでしょう、と
 足を崩すように促した]

(81) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

クラリッサは、アイリス本人くらいしか、ベンチで正座したりしないな、と、ほっとした。

2013/01/28(Mon) 02時半頃


【人】 手伝い クラリッサ

 寒いですね。

[ジャージ姿のイリス。
 正直あんまり珍しくもない。
 休日はこんな姿、よく見かけるからだ。

 隣へ促され、ちょこん、と腰掛けると]

 …お話、ですか。
 な、な、なんでしょう。

[緊張してきた。
 昨日の続き。昨日何話したっけ。
 イリスは女神だとか女神じゃないとか
 いや、そこじゃないかもしれない。
 イリスの横顔を見て、こくん、頷き
 言葉の続きを待った。]

(85) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

クラリッサは、アイリスの視線を感じて、やっぱりださいかな、はずかちぃ、とか思った。

2013/01/28(Mon) 02時半頃


【人】 手伝い クラリッサ

[こくん、と息を呑んで聞いて
 す、すき――と、その言葉にはドキッとするが
 すきバサミの話だったのか、と
 ちょっとしょんぼりしつつ]

 あれ、わたし使ったこと無いんですよ。
 あ、美容院では使ってもらってるかもですけど
 美容院って何されてるかわからないですよね。

[話を合わせたが、こて、と首を傾げて]

 すきバサミの話の為に呼んだんですか……?

(88) 2013/01/28(Mon) 02時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[つるっつる、という言葉に小さく噴きだした。
 なんか別の方向のつるっつるを想像してしまった。

 体育座りのまま此方に身体を向けるイリスに]

 わ

[器用だな、と思いながらも
 違う、という言葉と真摯な表情に
 ぱちぱちと、つけまつげが揺れる。]

 うん。
 ゆっくりでいいですよ。
 ……わたしはきっとイリス先輩のお話を
 いくらでも、聞けます。

[差し出された手を、ぎゅ、と握る。
 あったかい。

 温度だ、と、いつか告げたイリスの言葉が蘇った。]

(92) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 ……はい。

[自分の手、イリスの手が暖かく感じるから
 わたしの手は冷たいかもしれない。
 でも握ってるうちに、体温を分かち合っていく。]

 ……ううん、いいんですよ。
 考えて、くれてたことが、嬉しい。

 ―――…答え。
 聞かせて、くれますか?

[ほんわりと、いつもの調子を装っているつもりだが
 正直心音はかなり速まっていて、
 緊張が顔に出ているかもしれない。]

(96) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 ……へへ

[泣き虫なとこもだめなとこも
 好きだなんて、思うけど、
 今は言わない。
 イリスの答え、それを聞き遂げるまで。]

 ……お互い様です。
 わたしも昨日、ゾーイちゃんになったイリス先輩を見て
 それでもキスしたり、それ以上のこと出来るかって思ったら
 出来ないって、思って、わたし酷いなって、思ったから。

[ぎゅ、ぎゅ、と手を握り返す。
 繋がってる。
 その体温が愛しくて――そしたら更に
 ぎゅっとしていい?って、問いかけるものだから]

 ……イリス先輩。

[自分から、そっとイリスの身体を、ぎゅ、とした。]

(100) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 手伝い クラリッサ

[優しい温度。
 背中を撫ぜる手に、ふんわりと安堵感に包まれる。
 嫌いな人、どうでもいい人に
 こんなことされたって嬉しくない。
 だけど今はものすごく嬉しいんだ。]

 ……許し、ます。
 でもわたしだって、イリス先輩を苦しめました。
 あんなに悩むまで、イリス先輩を追い詰めて
 それは、イリス先輩のせいじゃなくて
 わたしを傷つけたっていう自責なのなら
 やっぱりわたしも、ごめんなさいって
 伝えておきたい。

[頬を寄せ、くすぐったさに少し笑って
 身体を離すと、イリスの瞳をまっすぐに
 見つめ返した]

(104) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 うん、おあいこ。
 だからもう謝るのはなしです。
 ――ね。

[ふわ、と笑みかけて]

(108) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 そういう最低なイリス先輩を
 好きになったのはわたし。

 ううん。正確にはイリス先輩がさいていな人だなんて
 知らないまま好きになってたのは事実です。

 だけどね。今でもイリス先輩が、大好きです。

[淡々と告げられる言葉を、聞く度に
 ふわぁ、と、心がいっぱいになって]

 ――…奪って。独占して。好きだって言い続けるから。
 わたしをイリス先輩のものにして。

[そ、とイリスの髪に触れ、やわらかな感触に目を細め]

 好きで、いてください。
 ずっとずっと、好きでいてください。

 ……それはとても、しあわせなことだから。

(110) 2013/01/28(Mon) 03時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 んッ――

[イリスに唇を奪われるのは、これが初めてで。
 心臓がばくばく鳴り響いた。
 触れた唇の温度は、あたた、かい。]

 ……――

[囁く言葉に、ぷっと噴きだすと]

 有り得ない、って、却下します。
 だってイリス先輩以外が
 イリス先輩自身のこと最低だって言ったりしないし、
 何より、わたしを好きになってくれるのは
 イリス先輩だけだって。
 イリス先輩を信じてる。
 イリス先輩の言葉、全部、信じてる。

 まぁこの確信すらも覆す名演技だとしたら
 私、病床に臥せって一ヶ月くらい復帰できないでしょうね。

(116) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 歪んでるイリス先輩が、好きです。

[ふふ、と笑って、唇が近づくと
 そっと目を閉じ

 深い、口接けに、頭がくらくらした。
 こんな大人のキス、初めてだ。
 イリスは大人なんだなって、
 そんなことを思いながらも、
 触れる舌先も、絡める温度も
 愛おしかった。]

(120) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 手伝い クラリッサ


 ……ふぁ

[大人のキスにすこしぼんやりしたけれど
 鼻先がくっついたまま告げられる言葉に]

 ――こちらこそ、不束者ですが宜しくお願いします。

[へら、と笑んで、ぎゅう、と彼女に抱きつく。
 朝の公園でひと目についても構わない。
 今はイリスという"愛"しか、見えないから**]

(121) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 03時半頃


手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 13時半頃


クラリッサは、プリシラに話の続きを促した。

2013/01/28(Mon) 13時半頃


手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 16時頃


手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 21時頃


手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/29(Tue) 01時頃


【人】 手伝い クラリッサ

――朝・公園――

[イリスともっと触れ合いたい。
 イリスともっと一緒にいたい。
 だけどその欲望だけで、本当に愛を語れるだろうか。]

 イリス先輩、走りましょう。
 折角運動する格好してきたんだから。

[そう誘いをかけ、ベンチから立ち上がると]

 公園一周、競争です。
 よーい、どん!

[ほぼ同時に駆け出した。]

(223) 2013/01/29(Tue) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[十数分後。
 はぁ、はぁ、と息を切らせる二人の姿。
 お互いスポーツ系のサークルなんて入ってないし
 普段の運動不足がもろに出た感じだ。
 因みに勝負は

 1.イリスが勝った
 2.クラリッサが勝った

 2]

(225) 2013/01/29(Tue) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[普段のんびりしている自分が勝ったのは
 イリスからすれば驚きだったかもしれない。
 いや、自分もびっくりだ。]

 今度、どろり濃厚ピーチジュース奢って下さいね。

[勝者の笑みを浮かべつつ、公園の時計を見ると
 そろそろ大学に行かなければならない時間。]

 講義出なきゃですね。
 あ、でも
 途中まで一緒にいきませんか?

[一旦寮に戻る。準備が終わったら玄関で待ち合わせて、顔を合わせれば、にへら、と笑って手を繋ぎ、大学へと向かった。]

(227) 2013/01/29(Tue) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

――大学・中庭――

[未だに、イリスとフィリップの噂は根強かった。
 全く、と思い、こちらを――
 正確にはイリスを気にする視線を受けて]

 皆、誤解してますよ……。

[はぁ、と嘆息を吐いた後、薄く笑って]

 噂なんてね、本当のものにしちゃえばいいんですよ。

[徐に、ひと目の付く場所で、
 イリスの頭を抱いて、口接けをした。
 ざわ……と人々の空気が変わるのを他所に、
 そっと唇を離せば]

 ―――満足ですか野次馬さん達。

(229) 2013/01/29(Tue) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

――大学・構内――

[名残惜しいがイリスとはそこで別れて、
 二年生の講義がある講義室に向かった。

 先ほどの一件>>229を問いかけてくるクラスメイトには
 ほんとうのことだよ。と微笑んで、
 講義に集中する。]

 ……――

[同性愛って、一般人から見ればどう映るんだろう。
 それは忌避するべきものなのか。
 キリストの教えに逆らう背徳的なものなのか。
 だけどそんなことは気にならない。
 ……自分は、気にならないけれど
 イリス的にはちょっと困る展開だったかな、と
 悩ましげに頬を掻いた。]

(230) 2013/01/29(Tue) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[まぁやってしまったものは、仕方ない。
 自分もちょっとイリスとの関係に天狗になっていたかも。
 だけど、隠すとか、そういう気持ちにならないから
 イリスにとって迷惑じゃなかったかだけを考えていた。]

 ……論文書かなきゃ。

(232) 2013/01/29(Tue) 01時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:クラリッサ 解除する

処刑者 (4人)

クラリッサ
0回 (6d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.062 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび