人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


【人】 博徒 プリシラ


 なんだよぅ、笑うなよ

[唇を尖らせて、ぶー、と言っている。
私だって、女の子なんだからね。
こういう事だった、言うよ。]

 詩人なんかじゃないもん

[ちぇ、茶化しやがってさ。
携帯を弄っているのを見れば、気にする事はなく。
手持無沙汰であるように、自分の髪に触れた。]

(176) 2013/01/28(Mon) 20時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>175

[かえってきたメールでプリシラと一緒だと見れば、やや瞬いて…。]

from:Philip to:Greg
message:寮で、いい。今から授業だから。

[選択授業は違うものをとっていたので、そう返信する。
 それから、携帯は鞄にしまった。]

(177) 2013/01/28(Mon) 20時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 20時半頃


博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 20時半頃


【人】 徒弟 グレッグ

[返信が終えると、プリ姐さんが、なんだか髪を弄ってるようで。
……全く、とため息をつき、同じくタバコを消したら、プリシラの目の前に立つ。]

……折角お洒落してるのに、髪型崩しちゃうんですか?

ほら、じっとして下さい。

[そう言って、髪に触れ、髪型を直そうとする。]

(178) 2013/01/28(Mon) 20時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

[また返信が来たから、ぽちぽちと返す。]

―――――
from:Greg to: Philip
message:おっけ、じゃ、待ってるからなっ。
―――――

(179) 2013/01/28(Mon) 20時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 い、いや、だってさ
 髪なんて、綺麗にした事ないもんだから
 これでいいのか、良くわからなくて

[髪を直そうとするグレッグに、とりあえず任せてみよう。
私よりは、上手そうだ。]

 お前、結構こういうの器用だよな

(180) 2013/01/28(Mon) 20時半頃

フィリップは、そのまま授業を受けて、終われば寮に帰っていく。

2013/01/28(Mon) 21時頃


【人】 徒弟 グレッグ

[プリ姐さんのの髪を直しつつ。]

少なくとも整えた髪をむやみに触っちゃ、ダメですってば。
崩れちゃいますよ。

[続く言葉に。]

……そうっすかね?自覚無かったですけど。

と、そろそろ俺寮に戻ります。
フィルにノート貸す約束してたんで。では!

[そう言って挨拶をすませる。]

(181) 2013/01/28(Mon) 21時頃

【人】 博徒 プリシラ


 そ、そうなのかな
 ・・・わかった、これからはそうする

[フィリップにノートを貸す、と言うグレッグ。
名前を聞くと、ほんの少しだけ。
身体に力が入ってしまうけれど。]

 そっか
 私も、もう少ししたら帰るよ

[すぐに帰るとか、一緒に帰るとか。
言えない自分が、ここにいた。

会いたい、けれど会いたくない。
見てほしいけれど、見られるのが恥ずかしい。

知らなかった、私は。
恋心って奴は、矛盾だらけの気持ちの事なんだな。]

(182) 2013/01/28(Mon) 21時頃

グレッグは、フィリップの元へ……

2013/01/28(Mon) 21時頃


【人】 鳥使い フィリップ

― 寮・夕暮れ ―

[授業が終わって、また昼を食べ損ねていたので、食ってから、部屋に戻ると、もう、日は暮れかけていた。

 鞄を開いて、ピンクの封筒を取り出すと、机の隅に置く。
 それから、教科書やノートを取り出して……。]

 愛の論文、そういえば、もう提出してる奴もいたな。

[やらなきゃな…と端末をつけて、
 昨日サボった分、少し真面目に勉強しはじめた。]

(183) 2013/01/28(Mon) 21時頃

手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 21時頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 21時半頃


徒弟 グレッグは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 21時半頃


【人】 徒弟 グレッグ

― 寮 ―
[フィルの姿を探す。今日はどこら辺にいるんだろう。
まぁ、まずはフィルの部屋だよな。
そう想い、フィルの部屋へ。

こんこん、とノックする]

フィルー。いるかー?いたら返事しろー。

[と言う。]

(184) 2013/01/28(Mon) 21時半頃

フィリップは、ノックがあれば、扉を見て、いるよ、と。

2013/01/28(Mon) 21時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

[グレッグの声に顔を開けて扉を見る。]

 いるよ。

[入ってくるかとも思ったけれど、
 ふと考えて立ちあがる。
 扉を開けて、そこに立っていれば口だけで笑んで、ノートを差し出されればサンキュ、と短く礼を言う。]

 いつもごめんな。
 なんかお礼しなきゃかな。

[パラり、捲ると、見慣れ始めてる破壊文字。
 だけど、それには楽しげにやっぱり笑んで……。]

(185) 2013/01/28(Mon) 21時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

おー、いたいた。

[その場でノートを渡す。]

お礼?いやいや、こんくらい当然だっつの。

[へらへらと笑う。相変わらず、こんなんでいいのか、俺ので?
ま、いいけどさ。]

……楽しそうだな。なんかあった?

[ふと、尋ねてみる]

(186) 2013/01/28(Mon) 22時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>186

 ――……え?

[楽しそうと訊かれ、ちょっとはっとして顔をあげる。
 そこにグレッグのへらへら笑う顔があった。それは当たり前なのに、

 なぜか不意打ちをくらったような感じで、一瞬、顔が熱くなった。]

 あ、いや……なにも

[しまった、と思う。そして、ノートを閉じて、目を逸らしながら…。]

 うん、ありがとう。ええと、早く返すから…。

[冷静を保とうとする声で、身体をひくと、扉を閉めようとした。]

(187) 2013/01/28(Mon) 22時頃

【人】 徒弟 グレッグ

ちょ、ちょい待てよっ

[突然のフィルの行動に>>187驚いて反射的にドアの縁を掴んで止める。
……どうしたんだ、こいつ。
てか、なんで閉め出される様な真似されないといけないわけ……?

動揺した様にフィルの目を見る。]

……あのさ、お前……どうした?
ちょっと、様子がおかしいから……心配だぞ。

[そう問いかける。奇しくも前と逆の立場になったなあ、とか思いつつ]

(188) 2013/01/28(Mon) 22時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>188

 よ、様子がおかしい?
 いや、別に俺は、普通だし……。

[内心、恐ろしく動揺している。
 自分がちょっとこんなに重傷だとは思っていなかった。
 だから、あくまで冷静なフリをしなくちゃ、と、



 結果、口は閉じて、
 いつもじっと見れる顔が見れないから、ただ、床に視線を落とした。傍からは仏頂面に今度は見えるか。]

 ――……とにかく、ノート写してからまたもってくよ。
 それじゃ……。

[扉掴んでいる手をちらり見やりつつ、踵を返して、中の机へ。
 そして、そこでノートを写す作業をはじめようとしている。]

(189) 2013/01/28(Mon) 22時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

…………フィル………

[一発で分かる。フィルは嘘ついてる。
だって、明らかに動揺してるし。なんか俺を避けようとしてるし。]

………なあ。

[その場から動かずにフィルに語りかける。]

………俺って、そんなに信用ないか………?

[傷ついたトーンだ。その声色は、どこか寂しそうに。

中に入っていくフィルを目で追うことしか出来なくて。

――あれ、なんでだ?
  ――目頭が、熱い。      ]

(190) 2013/01/28(Mon) 22時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

[すんでの所で涙をこらえる。]

………なんか有るなら、言えよな。俺、何があってもフィルの味方だから。

……そんじゃ。

[それだけ言って、その場を離れようとする。

   ――あ、やっべ。
     ――涙声になってるかも、しんね。]

(191) 2013/01/28(Mon) 22時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

[ノートを写す作業に入っていると、入口で、グレッグの声が聞こえた。そちらをつい、と見やる。そして、次には眉を寄せる。]

 ――……

[そんなつもりはない。
 だけど、涙声だから、次にはその眸には驚きの色が乗った。]

 ――……本当になんでもないから。

[なぜ、グレッグは涙声なんだろう?]

 信用?味方?
 何言ってる?

[困った。何か勘違いしてるんだろうか。
 でも、すぐには動けず……その姿が消えていく……。]

 おい……。

[その手が離れるのが見えれば、扉は閉まった。]

(192) 2013/01/28(Mon) 23時頃

【人】 鳥使い フィリップ

[そして、そのまま、机で考え込む。
 すごく追いかけたくなって、でも、今は、それをしたら、


 少し、やばい、と思ったから。]

 ――……。

[そう、心内、告げることは決してしないと決心している。
 むしろ、友達をそんな対象で見てしまっていること、知られたくない……。]

 ――……

[しばらくの葛藤のあと、やはり動かない。
 また、ノートを写す作業に入る。]

(193) 2013/01/28(Mon) 23時頃

【人】 鳥使い フィリップ




[も、あの繰り返しはしたくない。*]




  

(194) 2013/01/28(Mon) 23時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 23時頃


【人】 徒弟 グレッグ

― 自室 ―
[戻るとすぐに、布団に倒れ込む。
はぁあ……とため息もつきたくなる気分になる。
そして、自己嫌悪からか枕に顔を押しつけて……]

俺は……バカかああああああ!!!

[そう叫んだ。枕越しで音量も軽減されただろうけど、叫ばずにはいられなかった。
……くっそ、なんであんなところで泣いたり……
俺はそんなヤワなハートじゃねえんだぞ………くそっ、くそっ!!

思わず、伏せた状態で床に向かってドン、ドン!と拳をぶつける。]

(195) 2013/01/28(Mon) 23時頃

フィリップは、なんか、音がドンドン聞こえる・・・。

2013/01/28(Mon) 23時頃


【人】 小娘 ゾーイ

― 朝・ピッパの部屋の前 ―

エクスナー。
ビッパ・エクスナーはいるか?

[プリシラと別れた後、何時の時間かに訪れる。]

こんな時間まで寝ているのならいい加減、目が腐るぞ。

[半ば強引に、呼び出すと]

初中級者向きの、化粧品を貸してくれ。
人に貸せる程度のものでいい。

[単純に他の女性陣が既に不在だったり、化粧レベルが高かったりした事もあった。]

(196) 2013/01/28(Mon) 23時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 ――……

[なんか寮内に響く音。
 それからも、結局は気になって、ノートを写すどころじゃなくなった。

 しばらく考え込んで、立ちあがる。

 そして、部屋を出ると音源のほうへ。]

(197) 2013/01/28(Mon) 23時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

いや、アイゼンハワー先輩にしてみろと言われてな。
先輩も張り切りメイクをするとかしないとか。

[唐突の申し出にそんな会話を挟みつつ]

……エクスナーは既に論文提出は済ませたのだよな。

[話の序のように、軽い口調で尋ねた。*]

(198) 2013/01/28(Mon) 23時半頃

フィリップは、音源の部屋、グレッグの部屋の扉をノックした。

2013/01/28(Mon) 23時半頃


【人】 徒弟 グレッグ

[……ノック音が聞こえる。 誰だ?
そう思って、布団から起き上がり、扉を開け……

絶句した。 さっきまで話し込んでいた相手がそこにいたから。

……けど、そうだよな。心配するよな……]

……あ、えっと……

[どうしよう。最初の一言が出てこない。……大体、どうしてフィルにあんな態度とられて……
自我保てなくなるまで傷つくんだろ。

とりあえず、何か言お。]

……さっきぶり、だな。

[……何を言ってるんだ、俺。]

(199) 2013/01/28(Mon) 23時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>199
[音源は、意外に冷静な顔で出てきた。
 ややほっとする。]

 うん、さっきぶり。
 っていうか、なんか、

 暴れてた?

[髪が乱れているのを確認しながら。]

 ――……大丈夫か?

[その目がまだ潤んでいるのがわかる。
 そう、この前の出来事から、グレッグは実は泣き虫だと思っていて…。]

 

(200) 2013/01/28(Mon) 23時半頃

ゾーイは、グレッグの部屋の異音に帰宅していれば気づいたか。

2013/01/28(Mon) 23時半頃


小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 23時半頃


【人】 徒弟 グレッグ

………分からない。……つか、大丈夫じゃないな、これって。

[フィルにも心配掛けられて……どうしてか分からない涙が零れて……]

……ごめんな。本当にごめん。

俺……多分、フィルにちょっと避けられたんじゃないかって、一瞬思ったんだ。
だって、……何にも無いだなんて、絶対に嘘。
反応見ればすぐ分かるし。

[涙は浮かべるけど、あくまで頑張って冷静でいようとしている。]

でも……お前は、良い奴だから。一人で解決しようとしてる。
……けど、俺からしたら……そんな態度とられると………辛いんだよ。どうしてか。

[喋りながら考える。
こんなところで心情を吐露するだなんて。
誰かに聞かれてたら、それこそ恥ずかしすぎて……]

(201) 2013/01/28(Mon) 23時半頃

フィリップは、グレッグの言葉に、やはり眉を寄せて、中に入ると扉を閉めた。

2013/01/28(Mon) 23時半頃


【人】 徒弟 グレッグ

………ははっ、どーしてこんな事考えるのかねぇ。
変だなぁ……

[そうぼやきつつ、フィルを中に入れる。]

(202) 2013/01/28(Mon) 23時半頃

徒弟 グレッグは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 23時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

 ――…グレッグ……。

[見抜かれている。
 そのことにため息をつく。

 何か言葉をかけなくちゃいけない。そう思うのに。
 涙は出さないまでも、目の瞬きは増える。]

 ――……泣くなよ。
 避けたりなんかしてない。

[部屋に入ると、座る。そして、今度はまたその顔をじっと見た。]

 大丈夫。
 少し、いろいろあって、
 お前、つかれてるんだよ。

(203) 2013/01/29(Tue) 00時頃

【人】 鳥使い フィリップ

 でも、なんか、俺が泣かしたみたいだから。
 ごめん、


 どうすればいい?

[なるべく笑おうと思って…。]

(204) 2013/01/29(Tue) 00時頃

【人】 徒弟 グレッグ

………うん、俺もそう思いたいし、フィルの事信じてるし……。

[……フィルの顔をよく見る。
その顔は、いつも何気なく見るよりも綺麗な顔をしていて……]

……でも、しっかりと顔見れて良かった。
フィルと2人だと安心する。……現に、ちょっと落ち着いてきたし。

………なあ、フィル………

[そう言ってフィルの顔をしっかりと見つめ]

………俺、フィルがいないと本当にダメな気がするわ。
だって、俺………さっき、フィルが離れて、どっか行っちゃうとこ想像したんだけど………耐えられなかった。
本気で壊れるかと思った。

(205) 2013/01/29(Tue) 00時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 45促)

プリシラ
0回 注目
アイリス
8回 注目
フィリップ
10回 注目
グレッグ
4回 注目
ゾーイ
0回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ノックス
8回 (4d) 注目
ピッパ
0回 (4d) 注目
ベッキー
2回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ワット
0回 (3d) 注目
シメオン
8回 (4d) 注目
ローズマリー
4回 (5d) 注目
クラリッサ
0回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.078 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび