人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 手伝い クラリッサ

 んッ――

[イリスに唇を奪われるのは、これが初めてで。
 心臓がばくばく鳴り響いた。
 触れた唇の温度は、あたた、かい。]

 ……――

[囁く言葉に、ぷっと噴きだすと]

 有り得ない、って、却下します。
 だってイリス先輩以外が
 イリス先輩自身のこと最低だって言ったりしないし、
 何より、わたしを好きになってくれるのは
 イリス先輩だけだって。
 イリス先輩を信じてる。
 イリス先輩の言葉、全部、信じてる。

 まぁこの確信すらも覆す名演技だとしたら
 私、病床に臥せって一ヶ月くらい復帰できないでしょうね。

(116) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 誰が、皆に打ち明けろって言ったよ
 私はそんな事、一言も言って無いぞ
 言えない事なんて、あるのは当然だ

[まぁ、気に入らないのは間違いないけどな。]

 別に、全員に話をして、皆で考えましょう、なんて
 小学生みたいな事で怒ったんじゃねぇよ

[ただ、どうして。]

 それは、何故発表しなかったかって理由で
 それは、何故私に言わなかったかの理由じゃねぇ

(117) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 受付 アイリス


 そっか

[に、と笑った。
 そして遅れてくすくすと笑い声。
 唇をすうっと近づけて、]

 こんな歪んだ愛情表現しか出来ない私だけど

[深く、深く、口接けて]

 ―――、よろしくね

[離すと、鼻先をくっつけたまま
 クラリッサの温度をかみしめるように
 幸せそうに、*微笑んだ*。]

(118) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 03時半頃


【人】 博徒 プリシラ


 私の言いたい事、わかるか?
 全員との関わりをどうの、といってるんじゃない
 全員に対する態度がどうの、と思ってるんじゃない

 私とゾーイ、私とクラリッサ、私とアイリス
 その個人の関係が、希薄だった事を嘆いているだけだよ

[言っておきたい、と言われてもな。
別に、消化してしまった事だから、いいのだけれど。]

(119) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 歪んでるイリス先輩が、好きです。

[ふふ、と笑って、唇が近づくと
 そっと目を閉じ

 深い、口接けに、頭がくらくらした。
 こんな大人のキス、初めてだ。
 イリスは大人なんだなって、
 そんなことを思いながらも、
 触れる舌先も、絡める温度も
 愛おしかった。]

(120) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 手伝い クラリッサ


 ……ふぁ

[大人のキスにすこしぼんやりしたけれど
 鼻先がくっついたまま告げられる言葉に]

 ――こちらこそ、不束者ですが宜しくお願いします。

[へら、と笑んで、ぎゅう、と彼女に抱きつく。
 朝の公園でひと目についても構わない。
 今はイリスという"愛"しか、見えないから**]

(121) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 03時半頃


【人】 小娘 ゾーイ

最初に聞いた通りですよ。
先輩は真剣に言ったら信じてしまう。

二人して秘密の相談を持ちかけたとしても、
フリッチェには先輩は信じた、ウィンクラー先輩は信じなかった、その事実が残ります。

(122) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

残るのは私一人で、という手ですけど…

[そこで一拍置く。]

先輩、恋を知らない。
わからない、その手の事を繰り返して言ったじゃないですか。

(123) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 それの、何が問題だ?
 好きな人は、恋人同士は、何を言っても信じなきゃだめか?

 長年連れ添った夫婦ですら、喧嘩はする
 嫌いな所のない相手なんて、いやしない
 嫌な所も、むかつく所も、あって当然
 傷つけられて当たり前、苦しんで普通、嘘だってつく
 それすら超えて愛おしいから、好きでいられるんだよ

 傷も、蟠りも、あっていい
 それを超えて初めて、恋が愛に変わるんだろう?

[とう、と言う掛け声とともに、ベットに座った。]

(124) 2013/01/28(Mon) 03時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 恋なんて、知らないよ
 今だって、よくわからない

[足をばたばた、揺らしてみる。
私のベットより、いいかも、これ。]

 でも、家族もいれば友人もいる
 恋人が居なきゃ、友達の相談にも乗れないかい?

(125) 2013/01/28(Mon) 04時頃

【人】 小娘 ゾーイ

バードマンに告白するほど追い詰められていたウィンクラー先輩。
あそこで入れ替わりがなければ、それでも越えられた愛でしたか?

[立つのも億劫になったのか、壁に寄りかかる。]

愛を恋を知らないと言って、他人のそれは信じられるのですか?

(126) 2013/01/28(Mon) 04時頃

【人】 博徒 プリシラ


 他人が無理やり越えさせないといけない愛なら
 一時は上手くいっても、いつか終わるさ
 周りが取り持ったって、ダメなんだよ

[壁に寄り掛かるなら、座ればいいのに。
そんな事を思いながら、隣をぽんぽん、叩いている。]

 話を聞いてやったっていいし
 自分なりのアドバイスをしてやったっていい
 手助けしたきゃ、すればいい
 だけど、誰かが間にいないと成り立たないものなら
 壊れてしまったほうが、いっそいい

(127) 2013/01/28(Mon) 04時頃

【人】 小娘 ゾーイ

先輩。
私は信じられなかった。

[宙を見る。見慣れた天井。ここ数日は度々見損なったが]

愛も恋も信じられなかった。

だから言えなかった。
言えなかった。

(128) 2013/01/28(Mon) 04時頃

【人】 小娘 ゾーイ

ごめんなさい。先輩。
私は……先輩を信じられなかったんじゃなくて、
愛を信じられなかった。

[夜の散歩での確信。取り合わない瞬間からの掛け違い。揺らいだ瞬間]

先輩だけじゃなくて、
誰かに言ったら壊れると思った。
私のせいで。

壊れるなら、
私の関係ない理由で壊れて欲しかった。

(129) 2013/01/28(Mon) 04時頃

【人】 博徒 プリシラ


 別に、いいさ
 信じられない事が、罪なのではないのだから

[こっちにおいで、と声をかけて。
手を伸ばしている。]

 今出来ない事も、明日には出来るようになるさ
 言えない気持ちも、わからないって言ってるんじゃないよ
 だから、言ってもらえない人の気持ちも
 理解できるようになれば、いいね

(130) 2013/01/28(Mon) 04時頃

【人】 小娘 ゾーイ

私の、せいで。

傲慢で結構です。
でもそう思うと、リスクを思えば出来なかった。

ただの事故なら良かった。
でも事故じゃない。原因は私だから、

[壁から背を起こし、ポスンとベッドに座る。手招いたプリシラの横に]

フリッチェもウィンクラー先輩は凄くいい人です。
私にその割り切りは、無理でした。

(131) 2013/01/28(Mon) 04時頃

ゾーイは、プリシラに甘えるように体重を寄せる。

2013/01/28(Mon) 04時頃


ゾーイは、>>131 x先輩は ○先輩も

2013/01/28(Mon) 04時頃


【人】 博徒 プリシラ


 ま、自分のせいだと思う気持ちもわかるがね
 にしても、なんであそこと入れ替わるかねぇ
 どうせなら、私と変わればよかったのに

[背が高いから、小さな女の子に憧れたりもしていて。
大きい人にだって、悩みはあるのですよ、いろいろと。]

 ま、過ぎた事は変わらないさ
 こぼれた水は、もう帰らないのだから
 また新しい水を汲めばいいし
 またこぼれるなら、器を大きくしていけばいい
 明日のゾーイは、今日よりきっと強い子になれるよ

(132) 2013/01/28(Mon) 04時頃

プリシラは、ゾーイをよしよし、と撫でている

2013/01/28(Mon) 04時頃


【人】 小娘 ゾーイ

だと言いのですが、ね。

[目を閉じて寄りかかったまま、プリシラの言葉>>132を聞く。]

ダメですよ、先輩。
そんな事を言うと、ヤドカリが。

[いるのだ。この部屋に。]

でも、それもいいかも知れませんね。

せめて、
一つぐらい、

ただの馬鹿笑いできる、お話を。

[口元が綻ぶ。**]

(133) 2013/01/28(Mon) 04時半頃

小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 04時半頃


小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 04時半頃


【人】 博徒 プリシラ


 だいたいね、ゾーイは自分のせいだって言いすぎだ
 何かにつけて、劣等感が前面に出る
 大丈夫、君は可愛い子だよ
 優しくて、ちょっと臆病な、私の可愛い後輩だ

[寄った身体を受け止めて。
あやすように、背中を叩く。
これ、クラリッサにもやったな。
私って朝弱いのに、朝ばかりこうしてるのは何故だろう。]

 だから、もう良いんだ
 私も、元々自分の中で消化していた事だしな

(134) 2013/01/28(Mon) 04時半頃

【人】 博徒 プリシラ

 ヤドカリ、ねぇ
 願えば叶うヤドカリなら
 私の願いも、叶えてくれるかね?

[重たい心の瞼を閉じれば
浮かんで消える小さな火

最初は小さな種火から
次は薪から煙を出して
今は焚火をする程度でも
だんだんと燃え広がっていく

願う事ができるなら
祈る事ができるなら

たとえば想いが届かなくても
あの人が幸せであればよいなと
祈れる程に私は今]

 神社のお祈りみたいだな

(135) 2013/01/28(Mon) 04時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 ヤドカリ君の悪戯なんてなくてもさ
 なりたい自分に、なれる日もくるよ
 歩めば進み、戻る道は無くなって
 ただひたすらに、最後の時まで
 そいつが、人の世の生ってもんだ

[時計を見れば、そろそろ時間だ。
大学に、顔出さないとな。
単位が足りなくて留年、じゃ恰好がつかない。]

 さて、準備しようぜ
 ゾーイもお化粧、ちゃんとしろよ?

[そう声をかけて、私は部屋に戻っていく。
今日は、いつもよりしっかりメイクしようか。
なんだか、そんな気分なんだ**]

(136) 2013/01/28(Mon) 04時半頃

【人】 受付 アイリス

[見る人が見れば矢張り最低だと罵るだろう。
 過去、そう罵られた事もある。

 けれど好きなものは好きだ。
 それがたとえ保証の無い気持ちであっても。

 未来永劫好きでい続けること。
 それで無いと愛じゃないなんていうなら。
 純粋なもの以外は、全て魔性であるというなら。
 私の気持ちは愛でなくていい。

 伝え合う温度に後悔は無かった。
 深い口接けで何を伝えたか。

 昔も今も変わらない私の在り方であり、
 きっとクラリッサの身体に馴染むまでは
 ある種の毒となって、身体を*駆け巡るのだろう*。]

(137) 2013/01/28(Mon) 05時頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 05時半頃


フィリップは、朝を迎える前には自室に戻った。**

2013/01/28(Mon) 08時頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 08時頃


博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 10時半頃


【墓】 道案内 ノックス

[目を覚ますとシメオンの顔が間近に在る、それだけで俺はドキドキするしほっとするし、何よりこんな風邪の真っ最中なのに幸せかもって思えた。もうだめかもしんない。
先輩が汗をかいてるならそっと前髪をかき分けて額に触れる、まだ熱は高そうだ。自分が熱いだけかもしれない。]

せんぱい…………?

――シメオン。

[こっそりと名前を呼んでみる、まだ起きる気配が無ければそーっと頬にも口付けた。]

大好きだよ、先輩。
風邪治ったら、もっと距離が近くなってるといいな。

[多分聞こえてなかっただろう、でもいいんだ。先輩が目覚めたらもう一度きちんという。
ずっと側にいさせてください、って**]

(+0) 2013/01/28(Mon) 10時半頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 10時半頃


小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 11時頃


小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 11時頃


【人】 徒弟 グレッグ

― 翌朝 ―
[目が覚める。あのヤドカリ騒動から1日。
自分の手をまじまじと見つめる。……いつもの自分だ。
んじゃ、あの入れ替わり現象は自分のほうには来なかったらしい。
よかった、と寝た体制で胸をなでおろす。

プリ姐さん、だいじょぶかな…、あと、クラリスから借りたホラーも見なきゃ。
……一人で見るのは何となく寂しいよな。誰かと一緒じゃないと、楽しくない。

そこまで考えて、はっと気が付く。

あ。 ピッパが置いてった本、回収まだしてねえや。
昨日食堂に合ったのは見たけど、回収し損ねた。 行かなきゃ。
そういって食堂へと。**]

(138) 2013/01/28(Mon) 12時頃

徒弟 グレッグは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 12時頃


【人】 博徒 プリシラ

[いつもより、少しだけ時間をかけてメイクをして。
いつもより、少しだけ気を使って服を選んだ。
いつもより、少しだけ丁寧に髪を梳かして。
いつもより、少しだけ長く鏡をみた。]

 …―――

[やっぱり、何か変だ。
前髪なんて弄ってみたりして、可笑しい。
変な空気に当てられたかな。]

 誰か気がついてくれるかな

[変化なんて、ほんの小さな物。
恥じらいが勝って、大胆にもなれず。
願いが勝って、留まれもせず。
不安定で、柔らかくて、そして無限に続く螺旋階段。
踏み出した一歩目に、目を留めてくれるだろうか。]

(139) 2013/01/28(Mon) 13時頃

【人】 博徒 プリシラ


 さて、行くか

[とはいえ、変わった事と言えば。
髪を梳かして、紅をさして。
いつもは付けぬ銀色の、猫を象ったピアスを付けて。
その程度の事でしか、ないのだけれど。
今日も煙を燻らせて、眠そうな顔をしているけれど。
それでもなんだか、浮かれた気分だった。]

―― 大学へ行くよ、久しぶりに ――

(140) 2013/01/28(Mon) 13時頃

【人】 博徒 プリシラ

―― 講義 ――

[レコーダーのスイッチを入れて、講義を録音し始めた。
私は、結構真面目に講義を受けているつもりだ。
夢があると言うと、可笑しいけれど。
教師になりたいと言うのは、本当の事だ。
子供が好きなのかと、良く聞かれるけれど。
そう言うわけでも、ないんだよね。]

 …――――

[頬杖をついて話を聞いているから。
周りには、真面目に聞いているようには見えないらしいけど。]

 ねむ

[・・・結構真面目に、聞いてるってば。]

(141) 2013/01/28(Mon) 13時半頃

【人】 博徒 プリシラ

―― 講義の後 ――

[なんとか勝利した、眠気に。
大学の授業って、長いんだよね。
集中力が持たない。]

 んー…――――

[大きく背伸びをした。
とりあえず、煙草が吸いたい。
喫煙所で、暫く煙草を吸っていよう。]

(142) 2013/01/28(Mon) 13時半頃

博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 13時半頃


手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 13時半頃


クラリッサは、プリシラに話の続きを促した。

2013/01/28(Mon) 13時半頃


洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 14時半頃


【人】 徒弟 グレッグ

― 食堂 ―
[あった。ピッパの残した本がそのままの状態で。
それを手に取り、心のなかでピッパに感謝して、部屋を出る。]

ピッパの奴、役に立てられたんだろうか…。

[そう呟く。真相は知るよしも無かったが。
さてと、大学の方にいくか。]

(143) 2013/01/28(Mon) 15時半頃

プリシラは、喫煙所で煙草を吸っている

2013/01/28(Mon) 15時半頃


受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/28(Mon) 15時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

[プリシラの部屋ではその話を聴いて、とくに反論もせずいただろう。話途中も、友人以上のことなどはなにもせず、

その話が途切れたときにはきっと彼女は眠っていて、
風邪をこじらせないように布団を被せたあと、そっと自室に戻った。

自室に戻れば、しばらくは物思いに耽りつつも、
空が白み始める頃には意識は落ちている。

遅く起きれば、授業一つはすっぽかしてしまっただろうか。
諦めて支度して、大学に向かえば、学生課に立ち寄り、退寮届けをもらった。ピンクの封筒に入ったそれを鞄にしまい、次の授業まで暇をどこかで潰している。**]

(144) 2013/01/28(Mon) 16時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 45促)

プリシラ
0回 注目
アイリス
8回 注目
フィリップ
10回 注目
グレッグ
4回 注目
ゾーイ
0回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ノックス
8回 (4d) 注目
ピッパ
0回 (4d) 注目
ベッキー
2回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ワット
0回 (3d) 注目
シメオン
8回 (4d) 注目
ローズマリー
4回 (5d) 注目
クラリッサ
0回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.062 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび