人狼議事


173 【突発RP村】夢の通い路

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


クリスマスは突然死した。


ジェニファー1人が投票した。
ノックス1人が投票した。
マーゴ5人が投票した。

マーゴは村人の手により処刑された。


時は来た。村人達は集まり、互いの姿を確認する。
ノックスが無残な姿で発見された。


現在の生存者は、ジェニファー、ガーディ、ケヴィン、ギネス、ヤヘイの5名


【人】 開放的市民 ジェニファー


 それで

[一人の男が夢の通い路から去り。
残った男に、私は視線を投げた。]

 貴方も、そろそろ歩き出すのかしら

[咥えた煙管から、紫煙がただ、真っ直ぐに登って。
彼の様子を眺めていた。]

 何かを探す気になったなら、手伝うわよ?

(0) 2014/04/20(Sun) 04時頃

天のお告げ (村建て人)は、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 04時頃


粉ひき ケヴィンは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 04時頃


【人】 粉ひき ケヴィン

あぁ…もう、進まないといけない。

[女主人の目をしっかりと見つめ答える]

だけど、俺の無くしたものは望んだだけでは…手に入らないだろう。
だからもう少し…待ってくれないか。
もっと、ちゃんと、全てを思い出す。

[そう…勇気を出して]

(1) 2014/04/20(Sun) 04時頃

【人】 開放的市民 ジェニファー


 そう

[彼の瞳には、少しだけ。
先ほどとは違う色が映っている気がして。
女主人は、頷くだけにとどめた。]

 焦らなくてもいいわ ゆっくりでもいいわ
 少しずつ進みなさい

 わからなくなったら、また会いにいらっしゃい
 お手伝いするわ、ここはそういう店だもの

[そういうと、女主人は視線を外して。
何処かへ歩き出した。
どこにいくのか? たぶんきっと、自室に戻るのだろう。]

(2) 2014/04/20(Sun) 04時頃

【人】 粉ひき ケヴィン

[小さい時から感情を言葉に出す事が苦手だった。
そのために何を考えているかがわからない、と言われ子供だった自分はいつも一人だった。
そんな時に声をかけてくれたのが、カレだった。
『俺とーーにならないか?』
その言葉がただただ嬉しかった。その後彼に誘われ、軍に入ることにした。元から運動神経は良かったほうだ。
それなりに…強くなれたと思う。

だがある日俺は友人が敵国に情報を流していることに気が付いた。
もちろん彼を止めようと思った。だけど…
彼は止まるどころかその罪を俺になすりつけた。
その後俺は奴にこの丘に呼ばれた。
あいつは、俺の事が嫌いだったらしい。憎くて仕方なかった…から殺そうと…して]

あぁ…思い出した。
俺は彼を殺したんだ。

このまま彼を残したら、国は滅ぶ。そう思ったから。

(3) 2014/04/20(Sun) 04時半頃

【人】 粉ひき ケヴィン

[ーーズキン、ズキン…

『ケヴィン。俺達ずっとーーでいような!』

『やっぱり…天才には、着いていけねぇや。
でも…お前はずっと俺のーーだ!』

『ーーになっときゃ守ってもらえるだろ?お前みたいなバケモノそれくらいしか価値が無いだろ。』

『 ずっと…ずっとお前が憎かった。お前がいなければって、何度思ったか。でもこれで、遠慮なくお前を殺れる!お前を殺して…俺が最強になる!!』

そう…自分が無くしたものは、持っていないものは

ー本当の…トモダチー
探さなければ、見つけなければ…
誰がいいだろう。彼なら…なってくれるだろうか?

そう思い、彼を探す。
見つけることは出来るだろうか…]

(4) 2014/04/20(Sun) 04時半頃

メモを貼った。


―街・公園―

[先ほど買ったばかりの本を開く。
花言葉集、買うつもりはなかったけれど気になって。
花一つにも色々な意味があるなと、そのページを開く。

――女郎花。やさしさ、親切なんて縁のない物ばかり。
その中で目に付いたものは、『約束を守る』という言葉。
彼女がどんな意味を込めてこれをくれたのか、確かめようもないけれど。勝手にそれだろうと思い込むことにして。]

お酒の約束は、守れるかしら?

[もう夢であろうと、約束を忘れることはないだろう。**]


ー自宅リビングー

[人の気配。朧げだった思考が、急激に現実へと引き戻される。
もたれかかっていたソファー。そこから身を起こし、姿勢を正す。
ヒリヒリとする緊張感を肌で感じる。お馴染みの感覚。

反射的に縮こまる。けれども、今日は何かが違う
ふ、とエプロンのポケットの中に暖かさを感じた]

あ、蛍石ー…。

[滑らかな石の感触。
失ったはずのそれを、取り戻すことが出来たのだ。
お守りのようにそれを握りしめる]

お祖母様。
出かけてまいりますねーー。

[剣のある祖母の声。
それを打ち切り、弾かれるようにリビングを後にする。外へと続く扉に手をかけた]


天井手繰り ヤヘイは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 09時頃


ー古びた駅ー

[時刻表の前に立ち、柱時計を確認する。

10年も昔、7歳だった自分。
その頃の記憶なんてあやふやで、目的地まで辿り着けないだろう。
そんなことを心のどこかで思っていた。
けれども、時刻表の数字まであの時と全く同じ。違うのは、料金が大人子供か。だけ]

二度と来られないと思っていたのは、
私の方だったのかもー…

[この石を沈めた時、二度と戻ることは出来ないと思った。
友達のしるしを捨てた自分には、訪れる資格はないと]

ただいま。

[誰に言うともなく声に出す。
風に揺られ、木の枝が手を振ったように見えた**]


メモを貼った。


少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 11時半頃


【人】 天井手繰り ヤヘイ

― 廊下 ―

[意識を失っていた。ならば寝ていたのとは違う。
安らぎはそこにはない。だが充実感を得ていたのは何故だ。]

酔いが、冷めたな。

[別のものに酔っていて、酒気が遠のいている。
なくしたものの在り処の心当たりはあった。
恐らく、手を伸ばせば届くだろう。

が――

心残り、いや気にかかる事、がある。]

(5) 2014/04/20(Sun) 12時頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

それは残念な事だ。

[上着はない。ズボンの尻ポケットから四角く小さな紙箱を取り出す。セロハン包装から赤い開封線を指先で弄って開封すると、銀紙を千切って詰まった中身から一本取り出し口に咥えた。続けて一度も買った事もないZippoライターを取り出し、指先でクルっと回してから火を着け、火のついた煙草を顔を手のひらで包みこむように、指の付け根で挟んで胸一杯に吸い込んだ。]

ふぅ…。

[何時以来かの一服。健康でも世間体でもストレス発散の不要からでもない。ただ高価になり過ぎて、失った時間。いつしかその場に座り込みながら、傍らに用意された灰皿に時折灰を落としながら、暫し、趣味の時間を過ごす。]

(6) 2014/04/20(Sun) 12時頃

天井手繰り ヤヘイは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 12時半頃


【人】 美術家 ギネス

 あの旅行の帰りに使ったバスはメジャーなルートのバス。
 確かに1日2本のローカルバスは結局使わなかった…。
 
[そのバスの路線は今は廃止されていると記憶にある―思い出した。

先程から続いた人気の無い山奥の景色は、ローカルバスの景色の一部だったのだろうと結論して。]

 …何か大事なことを残しているはずだ。
 これだけなら残念で済む話なんだ。

(7) 2014/04/20(Sun) 13時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

[『ちゃんと女らしい恰好をしなさい』

母はいつもそう言っていた。
でも、それは嫌だった。
文句を言う母の横で、兄のお下がりの服に袖を通す。
母がなんと言おうと、スカートは穿かない、髪は伸ばさない。

――だって、仲間はずれは嫌だから。


『待ってよ、―――、お兄ちゃん』

いつも前を走る兄"たち"を追う。
スカートを穿いたら走れない。
髪は短くないと木に登れない。
置いて行かれるのが嫌だった。
"女"だって理由だけで]

(8) 2014/04/20(Sun) 15時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

[そんな風に考えごとをしていると、辿りついたのは2

1.押し入れの中
2.クローゼットの中
3.物置の中]

(9) 2014/04/20(Sun) 15時頃

少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 15時頃


【人】 少年探偵団 ガーディ

[周りはいやに暗く、狭い。
布が体にまとわりつき、見動きはとりにくい。
ただ、扉の隙間から光が漏れているため、自分がどこにいるのかはわかる。]

―――なんで、クローゼット。

[建物は和風だったと言うのに、何故かそこの作りは洋風。
後ずさると踵が堅い木製の箱のようなものにぶつかる。
小物を収納する棚だろうか。
考えられた利便性は生活感を感じる。
どうしてクローゼットの中に辿りついたのかはわからない。
わからないが、最初に会った女の人のクローゼットだと]

……なんか不味い気がする。

[自由に出歩いてもいいとは言われたが、さすがに不法侵入になるんじゃなかろうかと]

(10) 2014/04/20(Sun) 15時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

[クローゼットの中の服は雑多。
男性の物、女性の物、大人のサイズから子どものサイズまで。
冬の暖かそうなコートも、夏の涼しげなワンピースもあった。
予想通りあの女性のクローゼットかはっきりとはわからない。]

…とりあえず、でな、きゃ……?

[狭く、息苦しく、少しだけ埃っぽいクローゼットの中で何かを思い出しかける]


――あの時は、1人じゃなかったっけ。


[誰といたんだっけ]

(11) 2014/04/20(Sun) 15時半頃

粉ひき ケヴィンは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 15時半頃


天井手繰り ヤヘイは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 15時半頃


【人】 粉ひき ケヴィン

[このままここから出たら、自分は今とは変わってしまうかもしれない…
本当に全てを思い出したら、自分が自分じゃなくなりそう。なんとなく…そう思う。そうならないためにも、今ここで何かを…大切な物を手に入れなければ。]

どこにいるんだ、あいつは…

[屋敷の中をうろつきながら彼を探す。そういえば…まだ名前も聞いていなかったような気がする。]

『お前みたいな、何考えてるかわかんねぇ奴なんかーーにしたいと思うわけねぇよ』

[そうかもしれない…でも、もしかしたら。
そう思って探し続ける。
あの男は、カレとは違う。何故だかそう強く信じながら。]

(12) 2014/04/20(Sun) 16時頃

粉ひき ケヴィンは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 16時頃


【人】 少年探偵団 ガーディ

[『ガーディ、どこだ!』

兄は自分を探していた。自分、つまり悪戯の犯人を。
ちょっとした腹いせ。
自分に内緒で、――――と遊びに行ったから。
――――には、風邪で遊びに来れないと言っていたらしい。
だから、二人で、悪戯を仕掛けた。
置いて行った腹いせと、嘘をついた仕返しに。
提案したのは――――。

キャンディの包みの中のカエルを見た兄の反応を見て、笑ったあと、一目散に逃げる。
二人で隠れたのはクローゼットの中。
息をひそめて、見つかるまで、クスクス笑いながら]

(13) 2014/04/20(Sun) 16時半頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

― 廊下 ―

どうした、bluebirdでもお探しか?
生憎とこの先、お菓子の屋敷はないぜ。

[灰皿の煙草が5本ほど溜まった辺りだろうか、どことなく人を探している様子のケヴィン>>12を見かけて、その場に腰を下ろしたまま声を掛ける。]

(14) 2014/04/20(Sun) 16時半頃

ー湖のほとりー

[下生えの草を踏み、人の気配がない森を歩いていく。
ゆっくり、ゆっくり。柔らかな草の感触を感じる]

ーー変わってないのね。

[季節はあの時とは違う。
木苺の茂みも未だ実をつけておらず、棘だらけの枝には若葉。

小さな引っ掻き傷をこさえながら、茂みをかき分ければそこには]


綺麗ー…。
こんなに綺麗な場所。だったのね。

[水面には渡り鳥だろうか、名も知らぬ水鳥の姿

透き通った水には、魚の影もちらほらと見える。
水底には水草。蛍石はーーない
当然だ、探していたものは……]

探していたものは『ここ』にあるもの。

[草の上に座り、蛍石を日に透かす。
あの時の自分の笑い声が聞こえた気がした**]


【人】 粉ひき ケヴィン

いや、あんたを探してたんだ。

[>>14の男の問いに答える。
今自分に必要なのはそんなあまったるい、夢のような物ではない。]

…タバコ、吸うんだな。
[灰皿にたまった吸い殻をみてなんとなく呟く]

(15) 2014/04/20(Sun) 17時頃

【人】 美術家 ギネス

 ― 店内 ―

[池から離れ、すぐにあった小屋のドアから、店の中に戻る。
廊下を歩いて部屋を探しはじめる。]

(16) 2014/04/20(Sun) 17時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

[クローゼットの暗がりに、そんな幻影を見た。
自分の隣にいた、もう一人。
兄と、自分と――――]


僕の忘れてたことは、この人。


[自分の隣を指差した。
そこには今、服がある。それ以外に何もない。
そして、"あの日"、差し出された手も、この人。
足りないピースは、"あの人"との"あの日"。

何故忘れていたんだろう。
何故短かった髪を伸ばそうとしたのだろう。
クローゼットの思い出から出るため、扉に手を*かけた*]

(17) 2014/04/20(Sun) 17時頃

美術家 ギネスは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 17時頃


少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 17時頃


【人】 天井手繰り ヤヘイ

俺を?

[咥えた煙草を唇で一度上向きに傾けて、大きく煙と共に息を吐いた。]

まあ、体重はライト級でも
こちらばかりはヘビー級だったぜ。

[そこで中庭の方を向き、空を見上げる。朝とも昼とも夜とも言えない灰色の世界。ケヴィン>>15の方を向いて軽く肩を竦める。]

で、どうした?
パトカーの後部座席の座り方でも知りたいのかい。

[スピード違反で楽勝だぜ、と笑いかけた。]

(18) 2014/04/20(Sun) 17時頃

天井手繰り ヤヘイは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 17時頃


【人】 粉ひき ケヴィン

ん…お前を、だ。
一本もらえるか?

[そうってタバコの箱を見つめる。]

いや、まだ捕まるのはゴメンだな。
パトカーの乗り方はまた別の機会に頼む。

[それに…今捕まったらどうなるか分かったものではない。
まぁ、そんなことを目の前の彼に言ったところで意味はないのだけれど。]

あんたに頼み事があってきたんだ。
あんたは俺を相棒だと…そう言ったな。
その意味を、もう一度聞きにきたんだ

[真っ直ぐ彼の目を見つた。]

(19) 2014/04/20(Sun) 17時半頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

ほらよ。

[煙草に関心を示すケヴィンに、煙草の箱とZippoライターを投げる様に放り渡す。]

頼み? 意味? なんだそりゃ。
おいおい、俺はキング牧師でも、春彦金田一でもないんだぜ。

[咥えていた煙草の灰が零れ落ちる前に灰皿に押し付けた。]

修羅場を経験した事がある。
嘘や隠し事が下手。
人を信じる事に臆病の癖に、人を信じたがる。
流されやすく、迷いやすい。

[小指を耳の穴に入れ、何度か擦った後、抜いた指先を息で吐いて、塵を飛ばす。]

そんな馬鹿正直のようなお人よしが、辛気臭い顔をしていたら誰だってどう思う?
声の一つでも掛けたくならねえか?

[実際は声を掛けられた側>>1:24であったが、そう宣う。]

(20) 2014/04/20(Sun) 17時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(1人 6促)

ジェニファー
0回 注目

犠牲者 (5人)

パルック
0回 (2d)
ベネット
4回 (3d) 注目
ノックス
0回 (4d) 注目
ガーディ
3回 (5d) 注目
ギネス
6回 (6d) 注目

処刑者 (4人)

リンダ
1回 (3d) 注目
マーゴ
3回 (4d) 注目
ケヴィン
0回 (5d) 注目
ヤヘイ
3回 (6d) 注目

突然死 (1人)

クリスマス
0回 (4d) 注目

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.078 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび