人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


ノックス3人が投票した。
ベッキー1人が投票した。
グレッグ1人が投票した。
ゾーイ1人が投票した。
シメオン5人が投票した。

シメオンは村人の手により処刑された。


時は来た。村人達は集まり、互いの姿を確認する。
ノックスが無残な姿で発見された。
ピッパが無残な姿で発見された。


今日は、特別なことのない一日のようだ。さあ普段通り、誰かを処刑台にかけよう。


現在の生存者は、クラリッサ、ローズマリー、プリシラ、ベッキー、アイリス、フィリップ、グレッグ、ゾーイの8名


【人】 小娘 ゾーイ


 そう。

[手遅れかもしれないと頷いた。]

 フィリップ。
 わたしたち、付き合わない?

[力のない笑みで、問うた。]

(0) 2013/01/27(Sun) 00時頃

【人】 小娘 ゾーイ


 あ――

[か、と反射的に喉を抑えた。
 声に違和感を覚えたからだ。
 手。
 身体が、熱い。]

 あ、
 

(1) 2013/01/27(Sun) 00時頃

博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時頃


【人】 手伝い クラリッサ

――夜から深夜・食堂――

[はた、と
 先日読んだ恋愛心理学の本が
 ピッパの手元にあるのに気づき
 ぱらぱらと捲る。]

 あぁ……

[わたしは読む場所を間違えていたんだなぁと
 そんなことを思って、弱く笑った]

(2) 2013/01/27(Sun) 00時頃

【人】 徒弟 グレッグ

食堂で寝てた……?

[その言葉に、心底呆れたように。]

……先輩って、結構間抜けですよね。

[奇しくもフィルに似たような感想をそのまま言ってしまった。]

(3) 2013/01/27(Sun) 00時頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時頃


【人】 受付 アイリス

ヤドカリ…。

[目の前でフィリップがヤドカリの入ったコップ>>3:262を差し出していた。]

(4) 2013/01/27(Sun) 00時頃

徒弟 グレッグは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時頃


【人】 博徒 プリシラ


 うっせぇ、間抜けで悪かったな

[尖らせた唇も、フィリップの時と変わらないけれど。
まだ、私のベットで眠っているであろうゾーイを撫でて。]

 間抜けでも、馬鹿でもいいけど
 優しくありたいとは思っている

[熱はだんだんと下がって来ていて。
頭も、随分と回るようになった。]

 フィリップにも、頼りがいはないって言われたけど
 料理も出来ないし、不器用だけど
 誰かが寂しい想いをしていた時に
 傍にいてあげられるだけの、優しさを持っていたい
 そう、思っている

(5) 2013/01/27(Sun) 00時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時頃


【人】 徒弟 グレッグ

[そんな雑談をしていた時の話。
突然妙な言葉を発した何かがいる。しかもこの部屋の中に。
……今まで隠れて見えてなかったけど、今初めて気づく。布団の中には……]

………ゾーイ?
フィルと付き合うって、それ、どういう……

[愕然とした表情。
どうしてゾーイがここにいるのか。そしてフィルと付き合うっていうのはどういうことなのか。
一瞬にして一気に混乱が押し寄せる。]

(6) 2013/01/27(Sun) 00時頃

博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時頃


【人】 小娘 ゾーイ


 う、

[世界がぐるぐると廻る。
 ここは?
 何かに覆われた世界だった。
 布団、だろうか。
 震える手を伸ばした。]


[周囲の声。
 >>5 頭を撫ぜる手。]

 ふぃりっぷー
 ワタシタチーツキアオウヨー

[寝言のふりをした。
 むにゃむにゃ、と。]

(7) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 ゾーイは、私の面倒見てくれてたんだよ
 一緒に寝ちゃったんだけどな

[私は、寝ぼけたんだろうと思っているけれど。
そうか、ゾーイはフィリップが好きだったのか。
グレッグが好きなんだと思ってたんだけどなぁ、なんて。
勝手な妄想中。]

 グレッグも、寝言に反応しすぎ

(8) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

――深夜・寮――

[ほぼ朝方に近かったかもしれない。
 ピッパが、両手を上げて完成した論文を掲げて見せる。
 多分自分の入れ知恵だからぼろっぼろだろうけど。]

 おつかれさま、ピッパちゃん。
 寝ていいよ。多分この時間じゃお昼まで寝ちゃうでしょ?
 わたしが、教授に出してきておいてあげる。

[そう告げて預かった論文。
 翌日には学長からの直々の命令で
 ピッパは大学に呼び出されることになるだろう――]

(9) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 おーい、ゾーイ
 そろそろ起きないと、また恥ずかしい寝言聞かれるぞ?

[小さく、震えている気がして。
少しだけ、首を傾げながらも。
ゆっくりと、撫で続けている。]

 起きないと、薬飲ませるぞ

(10) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

………なんだ、寝言か。

[けど、マジなトーンだったから。
一体あれは何?

……つか、面倒見てくれた、っつーことはここでずっとプリ姐さんの面倒を……?]

通りで講義に来ない訳ですわ。

[肘をつく。]

……いや、寝言であのトーンはビビりますって。

(11) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 受付 アイリス

― アイリスの部屋 ―

あ、あれ?
ヤドカリ…。

[布団の上で転がっていたので慌てて身を起こす。プリシラはいなかった。フィリップがドアの付近にいた。コップの中にヤドカリがいた。]

(12) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>4
[中で何かがあったこと、知らないまま、イリスの部屋の扉を開けて、
 中にいるイリスにヤドカリの入ったコップを差し出した。]

 うん、これ、ヤドカリ。
 イリス先輩、どうします?これもってクラリッサ、っていうかゾーイ?のとこ、いこっか?

[そのイリスの中身がゾーイになっているなんて知らずに。]

(13) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


徒弟 グレッグは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


【人】 博徒 プリシラ


 そっか、講義すっぽかしちゃったんだ
 ゾーイは優しい子だからな
 硬い所もあるけれど、人の事を考えられる子だよ

[なでり、なでり。
入れ変わりには、気がついてないよ、うん。]

 ま、確かにびびるかもだけど
 良くあるよ、寝言で会話するなんて
 知ってるか、起きてる人間が寝言と話してはいけないんだ

(14) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 小娘 ゾーイ


 んん、ん…

[さも、今起きましたというような声をあげた。
 布団の中からもそもそと顔を出し、]

 お、おはよう。
 メレディスとアイゼンハワー先輩。
 いつの間にか眠ってしまったようだ。

[目元をこしこし擦った。]

(15) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


【人】 博徒 プリシラ


 はい、おはよ、ゾーイ?

[布団から顔を出したゾーイを、撫でたけれど。
あれ、いつの間にか眠った?]

 ゾーイ? 大丈夫か?
 風邪、うつった?

[抱き枕にしてたんだけど、な。
抱かれたまま、ずっと起きてるつもりだったんだろうか。]

(16) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


【人】 受付 アイリス

イリス先輩…。

[フィリップの呼びかけ>>13に、はっとなって、自分の服装を見た。等身を感じた。目なんか一瞬で覚めた。覚め過ぎた。]

ええと…。

[目尻に涙の残滓がある事に気づくが、それどころではない。]

 そ、そうだね。
 ヤドカリ、見つけたって渡さないと、ね。

[どう言葉を紡ぎ、どう対処していいのか二度目であっても容易くできる事ではない。覚悟が無いまま最前線に放り出された新兵の気分のまま、話をどう合わせるのが正しいのか判らないまま言葉を続けた。]

(17) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


【人】 小娘 ゾーイ


 風邪ですか?
 全然大丈夫ですよ。

[ふるふると首を振って布団からそそくさと這い出した。
 ちょこんと正座し、]

 メレディス。
 今は、何時だ。

[神妙な面持ちで、問い掛けた。]

(18) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


【人】 受付 アイリス

[部屋に入ってきたフィリップに自分の所作を
 不審がられはしないだろうかと上目遣いで窺いつつ、
 乱れていた髪を手で直す。
 その際に流れていた涙もそっと拭った。]

(泣かせたくなかったから…)

[一刻も会って謝りたかった。
 クラリスと彼女の関係の改善に奔走したかった。

 なのにまた、だ。

 また、だ。]

(君がしたのかい? これも私が原因なのかい?)

[コップの中のヤドカリはどう見ても、
 ただのヤドカリにしか見えなかった。]

(19) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

………抱き枕にされてたの?

[またしても愕然とする。
ゾーイの小ささは把握してはいるけれど、抱き枕にされるって、なんか扱いが軽くないか。]

……ま、いいですけど。

[いつもの事だし。と勝手に納得する。
……にしても、問題はゾーイだ。
あんなリアルな寝言って有り?ずっと可笑しい状態じゃ無いか……]

(20) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 そう、か

[んー、なんだろう。
大丈夫なのは、いいけれど。]

 ゾーイ
 私が薬どうやって飲んだか、知ってる?

[じぃー]

(21) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[グレッグが、心を読んだ、だと?
抱き枕にしてたって、どうしてしっているっ。]

 お、おう、してたけどな
 あったかくて、可愛くて、柔らかいんだぞ
 風邪引いて寂しかったから、つい

(22) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

何時……って。

[スマホを確認して、仰天する。
げっ、もうこんな時間なのかよ!?]

すいません、俺もう帰りますわ。
ゾーイも、ヤバいって。もうこんな時間……!

[時計は、既に深夜になろうとしていた。
対した予定も無いからこそ、解散した方がいいだろう……]

(23) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>17>>19
[イリスが返事をするけれど、
 その口調に、あの圧倒感がない。

 いや、今、元気がないだけかとも思ったけれど。]

 うん、さっきクラリッサすれ違ったけど、
 ヤドカリのこと、見向きもしなかった。

 俺にヤドカリ探せっていったのに、ガン無視って可笑しいよな。
 だから、そう、思う。

 イリス先輩がいうとおり、
 多分、ゾーイとクラリッサ、入れ替わってたんだな。

[そして、ヤドカリをイリスに渡した。]

(24) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 小娘 ゾーイ


 あ、ああ。
 帰るとしよう。

[グレッグの慌てようにつられて
 此方もそっと立ち上がった。
 薬の飲み方について問われれば、]

 アイゼンハワー先輩。
 そんな事も覚えてないなんて相当ですよ。
 確り休んでください。
 いいですね?

[明確な答えをせず、
 念を押し、グレッグと共に部屋を後にするか。
 極力平静を装い、ゾーイの部屋へ向かう。]

(25) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 45促)

プリシラ
0回 注目
アイリス
8回 注目
フィリップ
10回 注目
グレッグ
4回 注目
ゾーイ
0回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ノックス
8回 (4d) 注目
ピッパ
0回 (4d) 注目
ベッキー
2回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ワット
0回 (3d) 注目
シメオン
8回 (4d) 注目
ローズマリー
4回 (5d) 注目
クラリッサ
0回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.078 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび