人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時頃


メモを貼った。


【人】 博徒 プリシラ


 うっせぇ、間抜けで悪かったな

[尖らせた唇も、フィリップの時と変わらないけれど。
まだ、私のベットで眠っているであろうゾーイを撫でて。]

 間抜けでも、馬鹿でもいいけど
 優しくありたいとは思っている

[熱はだんだんと下がって来ていて。
頭も、随分と回るようになった。]

 フィリップにも、頼りがいはないって言われたけど
 料理も出来ないし、不器用だけど
 誰かが寂しい想いをしていた時に
 傍にいてあげられるだけの、優しさを持っていたい
 そう、思っている

(5) 2013/01/27(Sun) 00時頃

博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時頃


メモを貼った。


メモを貼った。


【人】 博徒 プリシラ


 ゾーイは、私の面倒見てくれてたんだよ
 一緒に寝ちゃったんだけどな

[私は、寝ぼけたんだろうと思っているけれど。
そうか、ゾーイはフィリップが好きだったのか。
グレッグが好きなんだと思ってたんだけどなぁ、なんて。
勝手な妄想中。]

 グレッグも、寝言に反応しすぎ

(8) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 おーい、ゾーイ
 そろそろ起きないと、また恥ずかしい寝言聞かれるぞ?

[小さく、震えている気がして。
少しだけ、首を傾げながらも。
ゆっくりと、撫で続けている。]

 起きないと、薬飲ませるぞ

(10) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

[フィリップ空の伝言も受け取ってその後は熱で変な返事しかできなかったかもしれない。
なんとかプリンだけ食べ終えると再びベッドにぐったりと寝転んだ。]

二件?シメオン先輩と、もひとり?

[寝込んでいるうちに何か事件があったのだろうか、自分たち意外にも風邪というと狭い寮内だし仕方ないのかなと。
本気でシメオンと同じ部屋にいたほうがいいのかもしれないと、熱で膿んだ頭は考えている。
もそもそと毛布をかぶったまんま、なんとかシメオンの部屋まで移動した。
先輩はぐっすり寝ているようで、グレッグが持ってきたのと同じプリンを発見すると親友にありがとって小さく呟いた。]

せんぱい、いっしょにねよー。

[返事がなくても気にせずに隣に潜り込んでくっつく、なんだかほっとしてそのままうとうとと眠りについた。
誰が部屋を訪れても声が聞こえても、外でどんな事件が起きていても知らないまんま、二人っきりの世界。]


【人】 博徒 プリシラ


 そっか、講義すっぽかしちゃったんだ
 ゾーイは優しい子だからな
 硬い所もあるけれど、人の事を考えられる子だよ

[なでり、なでり。
入れ変わりには、気がついてないよ、うん。]

 ま、確かにびびるかもだけど
 良くあるよ、寝言で会話するなんて
 知ってるか、起きてる人間が寝言と話してはいけないんだ

(14) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

メモを貼った。


【人】 博徒 プリシラ


 はい、おはよ、ゾーイ?

[布団から顔を出したゾーイを、撫でたけれど。
あれ、いつの間にか眠った?]

 ゾーイ? 大丈夫か?
 風邪、うつった?

[抱き枕にしてたんだけど、な。
抱かれたまま、ずっと起きてるつもりだったんだろうか。]

(16) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 そう、か

[んー、なんだろう。
大丈夫なのは、いいけれど。]

 ゾーイ
 私が薬どうやって飲んだか、知ってる?

[じぃー]

(21) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[グレッグが、心を読んだ、だと?
抱き枕にしてたって、どうしてしっているっ。]

 お、おう、してたけどな
 あったかくて、可愛くて、柔らかいんだぞ
 風邪引いて寂しかったから、つい

(22) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

メモを貼った。


【人】 博徒 プリシラ


 ん…――――

[明確な返事を貰えずに、ゾーイは部屋へと向かった。
なんだろう、変な感じがする。
変な感じはするけれど、何故かはよくわからない。]

 なんだろう

[とても気持ち悪い。
すっきりしない。]

 ・・・面倒くさ

[考えるのが、面倒になった。
例えば何かあったとしても。
私には言いたくない事なんだろう。
なら、私には聞く権利が無い。]

(28) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 博徒 プリシラ


 ま、お前ら明日は講義に行けよな
 私は、もちっと寝てる

[なんだか、面白くない。
でも、何が面白くないのかはわからない。
こういう時は、眠ってしまえばいい。
朝になれば、きっと何かが変わっているだろうなんて。
そんな軽い想いを、抱きながら。]

 ばっかみたい

[そんなの、まやかしでしかないと言うのに。]

(30) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 博徒 プリシラ


 私の性格が、なんだって?

[グレッグに、少しいらついた反応を返して。
それでも、面倒くさそうに横になる。]

 なんかあったら、言えよ
 姉さんが、力になってやっから

[ひらりと手を振って、見送った。]

(33) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 博徒 プリシラ

―― 翌朝 ――

[夢の中でも、まどろみの中でも。
気分は、随分と悪かった。
最も気分が悪かったのは、朝から悲鳴が響いた事だ。
貧血な上に、体調も宜しくない私。
随分と、いらいらした。]

 うっせぇ

[ベットから起き上がって、悲鳴の上がった部屋を訪ねた。
誰の部屋かは、知らない。
どんどん、と少し乱暴にノックをして。]

 朝っぱらからうるせぇ

[ドアの外から、そんな事を言った。]

(41) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 博徒 プリシラ


 あぁ?

[いきなり、扉が開いて。
毛布お化けが飛び出してきて、怖い怖いと抱きつかれた。
なんだ、ここはクラリッサの部屋か。
なんでこんなに震えてるわけ?]

 どうした、クラリッサ
 寝起きでまどろっこしい説明を聞く気にはなれんのだ
 何があって、どうすればいいのか、簡潔に話せ
 大丈夫、私はたいていの事は平気だ

[とりあえず、背中をとんとん、と叩いている。
子供はこうすると落ち着くのだが、この子はどうだろう。]

(47) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[扉の向こうから、変な音が流れて来ている。
説明を聞く限り、映画らしい。
というか、パソコン消せないなら電源でもなんでも抜け。
仕方ないな、と言った顔で。]

 わかった、わかった
 消せばいいんだな?
 ほら、入るぞ

[少し落ち着くのを待って、部屋の中に入ろうとする。
入る事が出来たなら、パソコンをシャットダウンするだろう。]

 朝からホラー映画なんて、なんでそんなもん見てるんだ

(52) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[話を聞いてみると、良くわからない返事が返ってきた。
吊り橋効果を、なんで女同士で?]

 吊り橋効果ぁ?

[心理の授業で、確かそんなのもやったけど。
それって確か、長続きしないんじゃなかったか。]

 クラリッサ、ちょっと座りなさい

[真顔で部屋の隅にいるクラリッサを、手招き。]

(57) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 第一、吊り橋効果っていうのは、異性同士でしか効果がない
 危機的状況に陥った時に、死を直感した個体が子孫を残そうとする本能だからだ

[傍に寄ってきたクラリッサに、指を一つ立てて見せた。]

 第二、吊り橋効果でくっついたカップルは長続きしない
 半ば強制的にくっついたカップルだ
 熱が冷めれば、離れて行ってしまう

[二本、指を立てて。
それから、じぃーっとクラリッサの目を見る。]

 最後に、これが一番大事なんだけどな
 吊り橋効果ってのは、相手の感情を捻じ曲げる心理だ
 無理やり、強引に、相手を自分の物にして
 それで、クラリッサは幸せなのか?
 そこに、本当に愛はあるのか?

(64) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 博徒 プリシラ


 なんでそんな事しようとしたのか、知らないし
 私なんかが言うのも、なんか変だけどな

[煙草を咥えようとして、人の部屋だと言う事を思い出した。
舌うちして、ポケットから出そうとした煙草をしまう。]

 クラリッサが、相手を好きだって気持ちは本当なんだろうが
 相手の気持ちだって、きっと大事な事なんだよ
 相手に好きになって貰うように、頑張ればいいじゃないか
 無理やり好きになってもらうのは、よくねぇよ
 男が女を無理やり押し倒すのと同じだ
 そこにあるのはただの欲望で、愛じゃねぇよ

[肩を落としたクラリッサの頭を撫でようと、手を伸ばした]

(70) 2013/01/27(Sun) 02時頃

プリシラは、クラリッサをなでなで

2013/01/27(Sun) 02時頃


【人】 博徒 プリシラ

 将来思春期の子供達を預かろうって身の上だ
 こういう説法も、覚えようってもんさ

[恋愛経験、ないけどな。
ま、彼女の瞳に映るのが架空の私でも別に良いか。
結果として、それが良い方向に向かうのであれば。]

 そりゃ、怖いさ
 相手の気持ちを考える事も、想像する事も怖い
 断られる事や、拒絶される事ばかり頭に浮かんで
 喉から絞り出そうとする声が、出なくなったり
 相手の言葉を聞く前に、逃げ出したくなったりな

(78) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[泣きそうな顔をして、笑っている。
なんで皆して、こんなに意地っ張りなんだか。]

 好きなだけ泣け、好きなだけ怒れ
 好きなだけ悲しんで、好きなだけ苦しめ
 それが出来なきゃ、好きなだけ笑えない
 それが出来なきゃ、好きなだけ喜べない

 そんな自分を抱きしめてくれる人だけが
 空っぽの胸の内を埋めてくれるんだぞ

(79) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[困る、のかねぇ。
困っちゃ、いけないのかねぇ。
私には、良くわからない。]

 クラリッサ、お前さ、兄弟は?

[頭は、まだ撫で続けたまま。
そんな事を、聞いてみた。]

(84) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 好きでいる事に、資格なんていらねぇし
 嫌われたから、もう恋なんてしないわ、なんて
 昔の歌みたいな事言ってんじゃねぇよ

[極端な奴、と思う。
何があったかは知らないが。
行動が全て、感情に直結してるわけでもない。]

 嫌われたなら、すっぱり言葉にして振られてしまえ
 そうでないなら、別に嫌われたって決まったわけじゃねぇし
 振られたなら、次にも行けるだろ

(88) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 姉ちゃんか
 姉ちゃんの全部が、お前好きか?
 嫌いな所、ないか?

[煙草、吸いたいなー
すったら、おこられるかな]

(89) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 一直線だと、相手もつかれるよ
 押す時は押す、引く時は引く
 そう言う駆け引きも、楽しむ秘訣だろ?

[ちょっとだけ、明るくなった気がする。
うん、なんとか元気になったかな?]

 そのいきだ、クラリッサ

(93) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ


 お、さんきゅ

[どうぞ、と言われれば煙草を咥えて。
火をつけたら、なんだか身体がしびれるようだった。
ああ、昨日吸わなかったからなぁ。]

 でも、姉ちゃんの事、大事に思えるよな?
 普段はうざったくても、遠くに居ても
 何かあったら、助けるべ?

(96) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ


 難しいだろうけどな
 今は出来ない事でも、いつかできるようになるさ
 まだ、20になって間もないんだぞ、私達は
 人生の半分も生きてないんだ
 これから、まだ変わっていくさ

 せんせーからの、特別授業だ

[なんだか、変な眼差しが眩しい。
私をなんだとおもってたんだ、この子は]

(98) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ


 あいつがどう思ってるか、はしらねぇけど
 愛情って、そう言うもんだろう
 良いとことか、わるいとことか、そんなの関係無くて
 好きとか嫌いとか、そういうのも通り過ぎて
 空気があって当たり前なのと同じで
 そこにいて当たり前で、居ない時間なんて考えられない
 想像すらできやしない

 それが、愛情ってもんじゃねぇの?

[ぷはー、と言う音と。
紫色の煙が流れていく。
ぽとり、と灰を小皿におとした]

(102) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ


 おー、崇めろ崇めろ

[大せんせーだぞ、と胸を張った。]

 そうだな
 傷付かないと手に入らないもんもある
 茨の道を進まないといけない場合もある
 いっぱい傷ついて、強くなれ

(104) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ


 難しいさ、難しい
 今の姉ちゃんとの関係は、20年かかって作ったもんだろ
 出会って一年、二年の相手と、そうなるのは難しい

 だけど、お前の言うとおり
 歩いて行かなきゃ、辿りつかない場所だからな

[くしゃくしゃ、と頭を撫でようとして。]

 そうだな
 この人と出会えてよかったって、心から思えれば
 想いが実る、実らないに関わらず
 きっと、幸せになれる
 それが愛だと、私は思うぞ

(108) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ


 だろー、もっと褒めていいぞ

[天狗になった・・・ような気がする。
うん、天狗になれてたらいいな。
自分に自信を持つって、大事だ。]

 クラリッサも、良い生徒になるようにな
 なんかあったら、また説教してやるから
 当たって砕けて、女を磨いていらっしゃい

(110) 2013/01/27(Sun) 03時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 さて、私はいくぞ
 頑張れ、女の子

[ひらり、と片手を振って、立ち上がる。
煙草を咥えたまま、部屋を出ていく。
何かあれば、対応したかもしれないけれど。]

 ったくもう
 こっちは眠いっつーのに

(116) 2013/01/27(Sun) 03時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:プリシラ 解除する

生存者
(5人 45促)

プリシラ
0回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.101 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび