人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 徒弟 グレッグ

[弱虫と面と向かって言われるのは、やっぱりちょっと恥ずかしい。
……ま、自分が言い出したことだけどね。クラリスもバカにしてる訳じゃないし、と心の中で言い聞かせ。]

……恋かあ。
相手のことを思うと、胸が痛くなったり。
一緒にいると何故かドキドキしたり、って奴?

[これが、グレッグの中での恋の認識だ。
今までこんな経験したことは一度も無かったけど。]

んー……まあ、相手のことを知って、自分の事を分かって貰わなきゃな。その為には。

[そう話しかける、が、実際自分自身もどうすればいいのかは良く分かっていなかった。]

(202) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

イリス先輩。
ちょっと失礼しますね。

[そう断りを入れてから、駱駝色のトートバッグからスマホを取り出してメールを確認する。短文。それに、メールを返して。再度、時間が掛からずに再びメールが戻ってきた。それに再びメールを返す。]

えっと、先輩。
話しかけておきながら、本当にごめんなさい。
寮で、その、風邪をひいていた先輩から……。

心配なので、私…、先に寮に戻らせてもらいますね。

[目の前のイリス先輩をじっと見詰める。もし、まだイリス先輩の周囲に>>171のように食い下がっている好奇心の塊さんがいれば、>>172のイリス先輩の言葉を裏付けるような言葉にはなっただろうか。確りと周囲にだから無責任な噂を流さないで、と声と視線で駄目押ししつつ、イリス先輩と別れて、寮へと。]

(203) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

―寮―

[すこし、早足。外から風邪を持ち込むのを避ける為寮に戻れば手洗い嗽をして、プリシラ先輩の部屋へと向かった。]

プリシラ先輩。
私です。

[とんとんと軽くノックをした。]

(204) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

【人】 水商売 ローズマリー

─ 食堂 ─

何しよかなぁ。
せっかく昨日買うてきたんやし大根使いたいなぁ思うけど…

[ついでに風邪引きーずの食事にも出来そうなの、と考えると結構幅が狭まる。
大根と鶏モモを和風だしで煮ようか、とか考えながらとりあえず昨日漬けてた大根の蜂蜜漬けをカリポリつまんで。]

(205) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[ノックの音がする。]

 入っていいよ

[そう答えて、ベットに横になったまま。]

(206) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 うんっ、まさにそれ。
 普段はその人のことばっかり考えて、
 でも目の前にしたら考えてたことなんて吹っ飛んで
 心臓ドキドキして頭真っ白になっちゃう。

[恋愛下手なのかもしれないね、とはにかんだ。]

 でも――わたしはきっと相手の表面的な部分ばかり好きになって、本当にその人のすべてを知ってるわけじゃなかったんだって。
 なのに相手のことを知ろうともせずに、好き好き言ってたら、相手だって悩んじゃうでしょ?
 ……今はそういう状態だよ。

[難しいなぁ、と嘆息を零して、誤魔化すようにグレッグには弱く笑んだ]

 それこそ今朝、プリシラ先輩に
 色んな事をご教授頂いたところ、です!
 だから恋愛経験がないって聞いてびっくりしてたの。

(207) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 22時半頃


【人】 水商売 ローズマリー

─ 食堂 ─

こういうん好きなんも、イメージ合わん言われたんやっけ。

[祖父母に育てられた為か、どうも自分の食の好みや言動は年配の人のそれに近いらしい。
見た目と中身が違う、それも相手にとってはマイナスに映っていたようで。]

…ベッキーみたいに、見た目も中身もあったかぁ子ぉやったら。
本気になってもらえたやろか。

[最初から。
遊びのつもりじゃなくて、本気で好きになってもらえたろうか。
わからない。
でも、だからって、ベッキーになりたい訳ではなくて。
あんな風に、温かいと思いあえたのはもしかしたら初めてだったんじゃないかって思うと。]

ベッキーで、良かったなぁ。

[不安を口にできた相手が、彼女で良かった。]

(208) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

いいなぁ、そういうの。"恋してる"って感じがして。
俺、そういうドキドキとか全く経験無いから逆に羨ましいわ。

[今までの相手に対しても、ドキドキと言うよりは"こいつ、うっぜぇなあ"という嫌悪感が先立ってたし。]

………うーん。よくわかんねーけど、それって普通じゃね?

[好き好き言われると悩む、と聞かれて首を傾げる。]

誰だって見られたくない内面の一個や二個はあるだろ。
それを見て、恋を諦めるか。それとも恋を貫くか。それも自由だし。

……あ、相手が自分にそういう所を見せてくれるかっつーのも問題だよな。
それを解消するには……それを臆せず言えるほど仲良くなるか。あるいは先手を打って自分の本当の顔を見せるか……

[そう応える。結局は恋愛って相手がどう出るかも絡んでくるからこそ難しいのかな、と思いつつ]

(209) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

―プリシラの部屋―

[中から聞こえたノックの音に反応する声。失礼しますと声をかけてから、静かに中へと入る。]

先輩、その……、具合の方は大丈夫ですか?

[今朝は起きて部屋の外に出ているのを見たけど、今、ベッドに横になったままのプリシラ先輩の顔を伺う。]

(210) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 博徒 プリシラ


 うん、具合は悪くない

[気分は、あまり良くないけれど。
ぽんぽん、と自分の隣を叩く。
座れよと、いつもの通りに。]

 ありがと、レベッカ
 面倒かけるな

(211) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 水商売 ローズマリー

─ 食堂 ─

[昨日握ったベッキーの手は温かかった。
人の体温が伝わることの心地良さなんて、随分と忘れていた。
ベッキーも心地良かったと思ってくれてたら嬉しいけど、そうじゃなくても良い。
一緒に笑いあって、楽しんでくれただけで充分嬉しかったから。]

…さて、と。
こんなんで腹ぁふくれへんし、ご飯作ろかな。

[よ、と立ちあがり厨房へ向かって。
大根と鶏モモのスープ煮を鍋に仕込むと、一旦厨房を離れてノックスとシメオンの様子を見に行った。]

(212) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 経験ないんだ?
 じゃあグレッグくんはなんていうか
 恋を通り越して、愛に辿り着きそうな感じなのかな。

[さっき言っていた、自分をさらけ出せるその人に、ドキドキといったものはないみたいだ。]

 普通……かなぁ。普通なのかな。

[イリスが自分に話さなかった理由。それがまだわからないから、理解できないからこそ、こちらからは近づけず、スマートフォンにメールが来るのを待っているのだけれど。]

 わ、わたしは諦めないよっ!

[そこだけは確り強調した。大人の世界の恋愛になったら、隠し事の一つ二つあって当然なんだろうけど、自分はまだ幼い。]

 今はね、待ってる。
 こう言ったら受け身に感じられるかもしれないけど、押してばっかりじゃだめだ、時には引くことも大事だってプリシラ先輩が言ってたから。

[どこで得た知識なんだろうね、と小さく笑った]

(213) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 水商売 ローズマリー

─ シメオンの部屋前 ─

シメオン先輩、ノックス、起きてはる?
おなかすいてへん?
食べれそうなら雑炊でも作って持ってくるけど。
あ、他に食べたいもんあるならそれ言うて?

[こんこん、と扉を軽く叩いて。
入っていいと言われたなら中に入って、そうでなければ扉越しに声をかける。
返答があればそれに応じて声を返し、返答が無ければまた後で様子を見にこようとその場を辞した。]

(214) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 水商売 ローズマリー

さてと。
あとはプリシラ先輩も風邪引いてるんやったよな。

…そういやゾーイて大丈夫やったんかな。

[プリシラの部屋に行こうとして、足を止めたのは昨日ゾーイが看病をしていたということを思い出したから。
あんまり体調を崩したりしてるとこは見たことないけれど。]

(215) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

先輩がそういうのなら信じますけど。

[今はそう素直に信じたという態を装う。手で叩く様子に、くすりと笑ってベッドの端に座った。]

大丈夫ですよ。

でも、そこはほらっ。
おかゆを持ってきた時に言う台詞ですから。

そしたら、私が――。
それは言わない約束ですよ、って言うんです。

[にこり、元気づけるように冗談めかして言葉を紡ぐ。]

(216) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 水商売 ローズマリー

[なのでまずは先にゾーイの部屋に行くことにした。]

ゾーイ、居てはる?

[こん、と扉を叩いて声をかける。
が、返事はない。
大学に居るのかな、と思ってそれ以上声はかけず。]

…部屋におれへんってことは、動けてる言うことやんな。

[少なくとも寝込んでる訳じゃないとわかれば、安堵の息がこぼれる。
ゾーイに今起きてることは全く知らないから、呑気なもの。]

(217) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 博徒 プリシラ


 私はじいちゃんかよ

[冗談に微笑んで、隣に座ったレベッカを見る。
体調は、本当に悪くないんだ。]

 ほれみろ、こんなに元気だぞ

[身体を起して、両手をあげてみる。
ぐぅ、とお腹がなった。]

 でも、おかゆは食いたい

(218) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 受付 アイリス

― 大学 ―

 ベキ子。ちわー。
 こやつらに言ってやってくれ。
 今の寮内の風邪との激戦を。

[レベッカが近寄ってくれば>>187、声を大きめにしながら答える。]

 あんな論文を求める学長のお陰で、
 大学中桃色視線になっておるよ。

[そう言って手招しつつ、
 会話内容にプリシアの回復や、
 男性陣の見舞いの結果を聞いたりしたかもしれない。

 一息ついたら、
 風邪組から洗濯や掃除などの世話をした分、奢って貰おうとか話す。

 彼女にメールで連絡>>203が来るまでは、そんな会話をしただろうか。]

(219) 2013/01/27(Sun) 23時頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 23時頃


【人】 徒弟 グレッグ

恋通り越して愛か……いや、待てよ……もっと純だった頃はドキドキしたりしてたかも。

[すぐに打ち砕かれたけど。という話はせず。
……にしても、割とあっさり「諦めない」だなんて、よく口に出来るよな……
否定はしないけど、ちょっとだけ注意しとくか。]

まあ無理だけはすんなよ。無理して付き合う恋愛ほど辛い物は無いし。

[そう言った直後だろうか。クラリスが自分の答えを出してきたのは。>>213]

……ああ。俺もそれでいいんじゃね?
焦って近寄りすぎるとウザいって思われたりする事もあるみたいだし。時間掛けて仲良くなんな。

……にしても、はーぁ、ドキドキねぇ。
そういうのは最近じゃスプラッタ小説とかホラーやアクション映画しか感じられないわ。

[恋のドキドキが理解出来ないことをぼやく。]

(220) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

【人】 水商売 ローズマリー

と…ちょっと寄り道が過ぎたな。
いっぺん鍋んとこもどろ。
プリシラ先輩んとこは出来てから聞きにいってもえぇやろ。

[基本的にプリシラは文句を言わないでくれる人だと思うから、甘えて。
どうしても食べられないって言われたら玉子粥でも作ろうと思いながら、厨房に戻った。
大根と鶏モモのスープ煮と玉子焼き、小松菜の胡麻和えを作ると空腹感が強まった。
ので先に一人で食べてから、また風邪引きーずの様子を見にいったり要望聞いたりするつもり。
誰かが来たなら、その限りではないけれど。**]

(221) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

なら、おばあちゃん役でお願いしますね。

[冗談に応じて微笑む様にくすりと笑う。元気な素振りを見せる様子に、風邪の方はもう大丈夫なのかなとは思うけど、病み上がりは無理が禁物。]

はいはい。
でも、お腹が合唱していますよ先輩。

なら、何か持ってきますね。

[栄養をつけておかなくっちゃと思ったので、ベッドから立ち上がって食堂へと向かうだろう**]

(222) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 23時半頃


水商売 ローズマリーは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 23時半頃


【人】 手伝い クラリッサ

 純だったころって。グレッグくんおじさんみたい。

[可笑しそうにくすくすと笑う。
 無理をするな、と注意を受ければ、こくん。と頷き]

 わたしはいつでも〜自然体で〜
 えへへ。辛い恋愛には、したくない、ね。

[それは相手次第の部分もあるかもしれない。
 そう思うと少しだけ胸がもやついた。
 だけれど続く言葉で、肯定の意を貰えば]

 うん。時間、かかるかもしれないけど
 ゆっくり、がんばる。

[ぐ、と握りこぶしを作ってみせた。へこんでいるわけでないけど、やっぱり純粋に恋しているような無邪気な感情とは少し違う、複雑な心境が握りこぶしから力をなくす]

 だいじょぶだよ。
 今は見つからなくても、そもそもわたしたちは、若いっ
 その内、そんな恋にきっと出会えるよ。

(223) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

シャワー、か。

[促す言葉が聞こえたなら、ふらつきながら立ち上がって、シャワーへ行く。論文の提出を求められたなら一文字【愛】と習字したものを提出し、ローズマリーなどが訪ねてくれば力なく応対する。]

すまんな。

[何とか笑いながらそっと、ノックスの背を撫でた。*]


【人】 博徒 プリシラ


 レベッカさんレベッカさん
 夕飯はまだかいのぅ?

[おばあちゃんをやってみた。
我ながら、出来が悪い。]

 えへへ、ありがとな?
 頼りにしてますよ、レベッカさん

[何か持ってきてくれるらしい。
嬉しそうに、その顔を見ていた。]

(224) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 23時半頃


【人】 小娘 ゾーイ

―― 回想・イリスの部屋 ――

 そうだね。
 話し合いは夕方の方が良いと思う。
 外食?

[>>167 着替えを手伝いながら首を傾いだ。
 自分の身体に服を着せていくのは割と新鮮だ。
 しかし、それより外食という言葉に、]

 何食べようかなぁ

[にやにやしながら、手の動きを早くさせた。
 イリスの準備を終えれば、
 今度は一旦ゾーイの部屋に行き、
 着替えを手伝ってもらった後に外へ。]

(225) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

―― 回想・外食中 ――

 ……うむ。
 悪く無い味だな!

[近場のホテルのモーニングビュッフェを採りながら、
 寮を出る前に知り得た話などを交わす。
 何となくゾーイの口調を真似てみたりもして。
 風邪の話題と同じくらいに味を満喫中。]

 あっちこっちで倒れてるみたいだね。
 課題はどうなんだろう。
 ……兎に角、落ち着かない事には難しいね。

[喋りながら、食べながら、水で飲み下して
 神妙な面持ちで頷いた。]

(226) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 23時半頃


フィリップは、夕方には寮に戻ってきている。

2013/01/27(Sun) 23時半頃


【人】 小娘 ゾーイ

―― 回想・赤紅大学 ――

 えぇ?
 本気ですか、先輩……。
 やっぱり中身の問題ですかね。

[>>169 大学にて。
 お互いに軽口を叩き合いながら歩を進める。
 しかし、イリスが友人や後輩に接触し始めると]

 ……。
 

(227) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

[物言いたげな顔で、イリスの後ろを黙って付いた。
 しかし、またしても突きつけられた一言に]

(な、なんですと…)

[>>171 思った以上に面倒な事になっている事を知り、
 心中、後悔しながら呟いた。
 こういうのは否定しても噂は止まらない。
 だから適当に放っておけばいいと思っていたが。
 見立てが甘かったようだ。]

(228) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

【人】 小娘 ゾーイ


 そうなんですよ。
 寮は今、風邪が大流行で。
 そりゃぁもう、これくらいが

[ろくろを回すような仕草で手をくねくねしたかと思えば、]

 これっっっくらいに
 拡大観戦中なのですよ

[ぐわ、と両腕を広げて主張した。
 >>172 補佐に入ったつもりだが上手く凌げたかどうか。]

(229) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

お前なぁ………

[おじさんみたい、の一言に眉をひくつかせる。
色々あったんだよ、こっちも。
すると、"その内素敵な恋に"との声が聞こえ、思わず笑う。]

あははっ、俺もそういう気持ち、分かれば良いけどな。

……あーあ。にしてもいい加減小説だとスリルも足りないよな。
やっぱ映像を見たいんだよな。ホラー映画とかアクション映画とか。見たいわぁ。

[と、話題を切り替える。]

(230) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 45促)

プリシラ
0回 注目
アイリス
8回 注目
フィリップ
10回 注目
グレッグ
4回 注目
ゾーイ
0回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ノックス
8回 (4d) 注目
ピッパ
0回 (4d) 注目
ベッキー
2回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ワット
0回 (3d) 注目
シメオン
8回 (4d) 注目
ローズマリー
4回 (5d) 注目
クラリッサ
0回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.078 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび