人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


ノックス3人が投票した。
ベッキー1人が投票した。
グレッグ1人が投票した。
ゾーイ1人が投票した。
シメオン5人が投票した。

シメオンは村人の手により処刑された。


時は来た。村人達は集まり、互いの姿を確認する。
ノックスが無残な姿で発見された。
ピッパが無残な姿で発見された。


今日は、特別なことのない一日のようだ。さあ普段通り、誰かを処刑台にかけよう。


現在の生存者は、クラリッサ、ローズマリー、プリシラ、ベッキー、アイリス、フィリップ、グレッグ、ゾーイの8名


【人】 小娘 ゾーイ


 そう。

[手遅れかもしれないと頷いた。]

 フィリップ。
 わたしたち、付き合わない?

[力のない笑みで、問うた。]

(0) 2013/01/27(Sun) 00時頃

【人】 小娘 ゾーイ


 あ――

[か、と反射的に喉を抑えた。
 声に違和感を覚えたからだ。
 手。
 身体が、熱い。]

 あ、
 

(1) 2013/01/27(Sun) 00時頃

博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時頃


【人】 手伝い クラリッサ

――夜から深夜・食堂――

[はた、と
 先日読んだ恋愛心理学の本が
 ピッパの手元にあるのに気づき
 ぱらぱらと捲る。]

 あぁ……

[わたしは読む場所を間違えていたんだなぁと
 そんなことを思って、弱く笑った]

(2) 2013/01/27(Sun) 00時頃

【人】 徒弟 グレッグ

食堂で寝てた……?

[その言葉に、心底呆れたように。]

……先輩って、結構間抜けですよね。

[奇しくもフィルに似たような感想をそのまま言ってしまった。]

(3) 2013/01/27(Sun) 00時頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時頃


【人】 受付 アイリス

ヤドカリ…。

[目の前でフィリップがヤドカリの入ったコップ>>3:262を差し出していた。]

(4) 2013/01/27(Sun) 00時頃

徒弟 グレッグは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時頃


【人】 博徒 プリシラ


 うっせぇ、間抜けで悪かったな

[尖らせた唇も、フィリップの時と変わらないけれど。
まだ、私のベットで眠っているであろうゾーイを撫でて。]

 間抜けでも、馬鹿でもいいけど
 優しくありたいとは思っている

[熱はだんだんと下がって来ていて。
頭も、随分と回るようになった。]

 フィリップにも、頼りがいはないって言われたけど
 料理も出来ないし、不器用だけど
 誰かが寂しい想いをしていた時に
 傍にいてあげられるだけの、優しさを持っていたい
 そう、思っている

(5) 2013/01/27(Sun) 00時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時頃


【人】 徒弟 グレッグ

[そんな雑談をしていた時の話。
突然妙な言葉を発した何かがいる。しかもこの部屋の中に。
……今まで隠れて見えてなかったけど、今初めて気づく。布団の中には……]

………ゾーイ?
フィルと付き合うって、それ、どういう……

[愕然とした表情。
どうしてゾーイがここにいるのか。そしてフィルと付き合うっていうのはどういうことなのか。
一瞬にして一気に混乱が押し寄せる。]

(6) 2013/01/27(Sun) 00時頃

博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時頃


【人】 小娘 ゾーイ


 う、

[世界がぐるぐると廻る。
 ここは?
 何かに覆われた世界だった。
 布団、だろうか。
 震える手を伸ばした。]


[周囲の声。
 >>5 頭を撫ぜる手。]

 ふぃりっぷー
 ワタシタチーツキアオウヨー

[寝言のふりをした。
 むにゃむにゃ、と。]

(7) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 ゾーイは、私の面倒見てくれてたんだよ
 一緒に寝ちゃったんだけどな

[私は、寝ぼけたんだろうと思っているけれど。
そうか、ゾーイはフィリップが好きだったのか。
グレッグが好きなんだと思ってたんだけどなぁ、なんて。
勝手な妄想中。]

 グレッグも、寝言に反応しすぎ

(8) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

――深夜・寮――

[ほぼ朝方に近かったかもしれない。
 ピッパが、両手を上げて完成した論文を掲げて見せる。
 多分自分の入れ知恵だからぼろっぼろだろうけど。]

 おつかれさま、ピッパちゃん。
 寝ていいよ。多分この時間じゃお昼まで寝ちゃうでしょ?
 わたしが、教授に出してきておいてあげる。

[そう告げて預かった論文。
 翌日には学長からの直々の命令で
 ピッパは大学に呼び出されることになるだろう――]

(9) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 おーい、ゾーイ
 そろそろ起きないと、また恥ずかしい寝言聞かれるぞ?

[小さく、震えている気がして。
少しだけ、首を傾げながらも。
ゆっくりと、撫で続けている。]

 起きないと、薬飲ませるぞ

(10) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

………なんだ、寝言か。

[けど、マジなトーンだったから。
一体あれは何?

……つか、面倒見てくれた、っつーことはここでずっとプリ姐さんの面倒を……?]

通りで講義に来ない訳ですわ。

[肘をつく。]

……いや、寝言であのトーンはビビりますって。

(11) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 受付 アイリス

― アイリスの部屋 ―

あ、あれ?
ヤドカリ…。

[布団の上で転がっていたので慌てて身を起こす。プリシラはいなかった。フィリップがドアの付近にいた。コップの中にヤドカリがいた。]

(12) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>4
[中で何かがあったこと、知らないまま、イリスの部屋の扉を開けて、
 中にいるイリスにヤドカリの入ったコップを差し出した。]

 うん、これ、ヤドカリ。
 イリス先輩、どうします?これもってクラリッサ、っていうかゾーイ?のとこ、いこっか?

[そのイリスの中身がゾーイになっているなんて知らずに。]

(13) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


徒弟 グレッグは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


【人】 博徒 プリシラ


 そっか、講義すっぽかしちゃったんだ
 ゾーイは優しい子だからな
 硬い所もあるけれど、人の事を考えられる子だよ

[なでり、なでり。
入れ変わりには、気がついてないよ、うん。]

 ま、確かにびびるかもだけど
 良くあるよ、寝言で会話するなんて
 知ってるか、起きてる人間が寝言と話してはいけないんだ

(14) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 小娘 ゾーイ


 んん、ん…

[さも、今起きましたというような声をあげた。
 布団の中からもそもそと顔を出し、]

 お、おはよう。
 メレディスとアイゼンハワー先輩。
 いつの間にか眠ってしまったようだ。

[目元をこしこし擦った。]

(15) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


【人】 博徒 プリシラ


 はい、おはよ、ゾーイ?

[布団から顔を出したゾーイを、撫でたけれど。
あれ、いつの間にか眠った?]

 ゾーイ? 大丈夫か?
 風邪、うつった?

[抱き枕にしてたんだけど、な。
抱かれたまま、ずっと起きてるつもりだったんだろうか。]

(16) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


【人】 受付 アイリス

イリス先輩…。

[フィリップの呼びかけ>>13に、はっとなって、自分の服装を見た。等身を感じた。目なんか一瞬で覚めた。覚め過ぎた。]

ええと…。

[目尻に涙の残滓がある事に気づくが、それどころではない。]

 そ、そうだね。
 ヤドカリ、見つけたって渡さないと、ね。

[どう言葉を紡ぎ、どう対処していいのか二度目であっても容易くできる事ではない。覚悟が無いまま最前線に放り出された新兵の気分のまま、話をどう合わせるのが正しいのか判らないまま言葉を続けた。]

(17) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


【人】 小娘 ゾーイ


 風邪ですか?
 全然大丈夫ですよ。

[ふるふると首を振って布団からそそくさと這い出した。
 ちょこんと正座し、]

 メレディス。
 今は、何時だ。

[神妙な面持ちで、問い掛けた。]

(18) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


【人】 受付 アイリス

[部屋に入ってきたフィリップに自分の所作を
 不審がられはしないだろうかと上目遣いで窺いつつ、
 乱れていた髪を手で直す。
 その際に流れていた涙もそっと拭った。]

(泣かせたくなかったから…)

[一刻も会って謝りたかった。
 クラリスと彼女の関係の改善に奔走したかった。

 なのにまた、だ。

 また、だ。]

(君がしたのかい? これも私が原因なのかい?)

[コップの中のヤドカリはどう見ても、
 ただのヤドカリにしか見えなかった。]

(19) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

………抱き枕にされてたの?

[またしても愕然とする。
ゾーイの小ささは把握してはいるけれど、抱き枕にされるって、なんか扱いが軽くないか。]

……ま、いいですけど。

[いつもの事だし。と勝手に納得する。
……にしても、問題はゾーイだ。
あんなリアルな寝言って有り?ずっと可笑しい状態じゃ無いか……]

(20) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 そう、か

[んー、なんだろう。
大丈夫なのは、いいけれど。]

 ゾーイ
 私が薬どうやって飲んだか、知ってる?

[じぃー]

(21) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[グレッグが、心を読んだ、だと?
抱き枕にしてたって、どうしてしっているっ。]

 お、おう、してたけどな
 あったかくて、可愛くて、柔らかいんだぞ
 風邪引いて寂しかったから、つい

(22) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

何時……って。

[スマホを確認して、仰天する。
げっ、もうこんな時間なのかよ!?]

すいません、俺もう帰りますわ。
ゾーイも、ヤバいって。もうこんな時間……!

[時計は、既に深夜になろうとしていた。
対した予定も無いからこそ、解散した方がいいだろう……]

(23) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>17>>19
[イリスが返事をするけれど、
 その口調に、あの圧倒感がない。

 いや、今、元気がないだけかとも思ったけれど。]

 うん、さっきクラリッサすれ違ったけど、
 ヤドカリのこと、見向きもしなかった。

 俺にヤドカリ探せっていったのに、ガン無視って可笑しいよな。
 だから、そう、思う。

 イリス先輩がいうとおり、
 多分、ゾーイとクラリッサ、入れ替わってたんだな。

[そして、ヤドカリをイリスに渡した。]

(24) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 小娘 ゾーイ


 あ、ああ。
 帰るとしよう。

[グレッグの慌てようにつられて
 此方もそっと立ち上がった。
 薬の飲み方について問われれば、]

 アイゼンハワー先輩。
 そんな事も覚えてないなんて相当ですよ。
 確り休んでください。
 いいですね?

[明確な答えをせず、
 念を押し、グレッグと共に部屋を後にするか。
 極力平静を装い、ゾーイの部屋へ向かう。]

(25) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

――朝・自室――

[ふぁ。と息を吐いて目覚める。
 昨日もこんな風に目を覚ました。
 思わず、ぱ、と、胸元を触る。
 大丈夫、いつもサイズだ。]

 ……。

[例の入れ替え事件を思い出した。
 ヤドカリという生物自体がどういう関わりを持っているかはわからないが、何か嫌な予感がして。
 朝、起きたら、入れ替わって、
 朝、起きたら、元に戻った。
 今日は何も起こっていないけれど
 もしかしてゾーイがまた誰かと……]

 や……

[流石に一度きりの摩訶不思議な出来事だと思いたい。]

(26) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 徒弟 グレッグ

……ですね。
細くて、小さくて、折れそうですもんね。

それと姐御の性格的に。

[ぼそりと、>>22に返答しつつ、その場を後にする。]

(27) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 博徒 プリシラ


 ん…――――

[明確な返事を貰えずに、ゾーイは部屋へと向かった。
なんだろう、変な感じがする。
変な感じはするけれど、何故かはよくわからない。]

 なんだろう

[とても気持ち悪い。
すっきりしない。]

 ・・・面倒くさ

[考えるのが、面倒になった。
例えば何かあったとしても。
私には言いたくない事なんだろう。
なら、私には聞く権利が無い。]

(28) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 鳥使い フィリップ

 ああ、でも、今日はもう遅いから。
 明日がいいかな。

 なんか、変な噂も流されてるみたいだから、
 俺もあんま、イリス先輩とこいないほうがいいみたいだし。

[そして、また、と部屋から出ていこうとする。]

(29) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 博徒 プリシラ


 ま、お前ら明日は講義に行けよな
 私は、もちっと寝てる

[なんだか、面白くない。
でも、何が面白くないのかはわからない。
こういう時は、眠ってしまえばいい。
朝になれば、きっと何かが変わっているだろうなんて。
そんな軽い想いを、抱きながら。]

 ばっかみたい

[そんなの、まやかしでしかないと言うのに。]

(30) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 小娘 ゾーイ

――深夜・ゾーイの部屋前――

 …

[部屋の前に来たはいいが。
 フィリップに告げようとした言葉の真意。
 また、現状を確認するように
 手を握ったり、開いたりして
 ぼんやりとそれを見下ろした。]

(31) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 受付 アイリス

 そっか…。

[フィリップの言葉に、内心で激しい動揺が走るが俯いて表情を隠す。]

 それ、誰にも言ってないよ、ね。
 ありがとう。
 これ以上、大事にならないように、するよ。

[ヤドカリ入りのコップを手渡されれば、手を伸ばして受け取る。
 コップの中の生き物はただの甲殻類。
 特別な知性があるようにも、
 能力を備え持っているようには外からは見えない。

 これのせい、

 と、責任を擦り付けたい衝動。
 醜い心を押し殺す。]

(32) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 博徒 プリシラ


 私の性格が、なんだって?

[グレッグに、少しいらついた反応を返して。
それでも、面倒くさそうに横になる。]

 なんかあったら、言えよ
 姉さんが、力になってやっから

[ひらりと手を振って、見送った。]

(33) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 受付 アイリス

 うん、また明日ね。

[フィリップ>>29がそのまま去るようなら、
 あまり口は出さない。

 彼の口からは気になる単語が幾つも出ていたが、
 それどころではない。]

(34) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>32

 ああ、うん、言ってない。
 さっき、確信したばかりだし。

 まぁ、俺は、ヤドカリ探し、手伝っただけだから、今後のことは、イリス先輩の言う通りに動くよ。

[そして、ふうっと息をついて。]

 まったく、クラリッサとゾーイが悲しんだら絶対許さない、ってあの脅し。怖かったっすよ。
 本当、大事なんすね。彼女らが。

[そして、おやすみ、と廊下に出て、扉を閉めた。]

(35) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 手伝い クラリッサ

[ピッパが又借りしたという例の本>>3:185>>3:191
 寮の食堂のテーブルに置いてある。
 中身はピッパの論文を手伝っている時に一緒に熟読した。
 まぁ、必要になったらまた図書館に行けばいい。]

 ……つり橋効果の為に借りてきたDVD
 いつ見れるのかなぁ。

[パソコン本体の上に置きっぱなしのDVDをちらりと見た。四本あるのだ、一週間レンタルとは言え、あと五日間でイリスと共に見切れる自信はない。]

 折角だし一本見てみようかなぁ。

[パソコンに入れて、再生までぼんやり待った後、やがて映像が始まる。ブレア・ウィッチ・プロジェクトというやつを再生している。なんだかハンディーカメラで撮ったみたいな感じで最初はよくわからなかった―――が]

 ……ッッッ!!!!!

 ちょ、ま、え、いや、
 やあああああああ!!!

[奇しくも、一昨日と同じくクラリッサの悲鳴が朝っぱらから響き渡ることになるとは、誰も予想だにしなかっただろう。]

(36) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 受付 アイリス

 おやすみ。

[扉と共に彼>>35は消えた。誠実な彼。
彼の言葉>>24を理解すれば、理由は判る。
また自分の行動が齎したせいだ。

そしてきっと今、
自分は凄い形相をしている。

(何故。
 何故こうなってる。)

暴れる事も、叫ぶ事も出来ない。
この身体は借り物だから。
無駄に頑健なあの糞豆粒じゃない、乙女の身体。]

嗚。

[引き攣った悲鳴が口から漏れる。]

(37) 2013/01/27(Sun) 01時頃

ゾーイは、フィリップが丁度部屋から出てきた所と会っただろうか。

2013/01/27(Sun) 01時頃


【人】 受付 アイリス

自分を持たないから、
人を欲しがるのか。

[何処にもいない自分。誰でもない自分。]

そうか。
ゾーイ・メイスフィールド。
お前は――だ。

[発するはイリスの声。
彼女が言うとは思えない内容の言葉を呟く。]

(38) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 受付 アイリス

一度目が一日で戻ったのだから、
今度もそうだと期待したいところだ。

[そうでないと困る。
だがそんな保障など何処にも無い。

一度目(ルビ:クラリスの時)と違って、
願った記憶は自分の中には全くない。]

(39) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 小娘 ゾーイ


 ……

[フィリップが出てきた音に反応して
 そちらに視線を向けた。
 そうか。あちらには―――]

 バードマン。
 こんばんは。先輩と話をしていたのか?

[問いかけながら近づいていき]

 私もこれから少し相談事があってな
 夜更けにお邪魔するのは忍び無いのだが

[ちら、とフィリップを見上げ]

 おやすみ

[一言添えると、ノックも無しに扉を開いて中へ]

(40) 2013/01/27(Sun) 01時頃

フィリップは、ゾーイを見ると、少しだけ瞬いた。

2013/01/27(Sun) 01時頃


【人】 博徒 プリシラ

―― 翌朝 ――

[夢の中でも、まどろみの中でも。
気分は、随分と悪かった。
最も気分が悪かったのは、朝から悲鳴が響いた事だ。
貧血な上に、体調も宜しくない私。
随分と、いらいらした。]

 うっせぇ

[ベットから起き上がって、悲鳴の上がった部屋を訪ねた。
誰の部屋かは、知らない。
どんどん、と少し乱暴にノックをして。]

 朝っぱらからうるせぇ

[ドアの外から、そんな事を言った。]

(41) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>40

 あ、おやすみ

[ゾーイがやってきて、そのまま、当たり前のようにイリスの部屋に入っていく。
 それを少し呆然とみていたけれど、今、イリスの部屋にもどる理由はないと思ったので、そのまま、自室に向かうつもり。]

 ん?グレッグ?

[その先には、プリシラの部屋から出てくるグレッグを見た。]

(42) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

――深夜・イリスの部屋――

 ……

[中へ入り自身の姿と対峙する。]

 ゾーイ、で間違いないよね?
 

(43) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 受付 アイリス

私が寝たから起こったのか?

だが今度は何も願っていない。
何か思ってもいない。なのになんで…

[プリシラの病床の中で、抱き枕として過ごしていた。意識を手放したのは覚えている。それしか覚えていない。]

(44) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[ベッドで毛布を被ってぶるぶる震えている。
 尚、パソコンでは今もブレアryが再生されており、そっちは音量は大きくはないが、パソコンのスピーカーからも悲鳴が響いており、この部屋は阿鼻叫喚地獄だった。
 怖くて画面に近づけないから、映像が消せないのだ。]

 ひゃぁ!?

[乱暴なノックの音にビクゥッと思いっきり身体が跳ねた。
 だが、慌てて毛布を肩にかけたまま扉を開けると]

 プププププリシラ先輩
 こわいこわいこわい

[ぶるぶる震えながらプリシラに抱きついた。
 長身な彼女だから、胸に顔を埋める形になったかもしれない。]

(45) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

アイリスは、ゾーイの言葉にビクッと反応する。入室に気づかなかったか。

2013/01/27(Sun) 01時半頃


【人】 受付 アイリス

― 深夜・アイリス部屋 ―

……はい。
これが、昨日私とフリッチェの間に起きた出来事です。

[ゾーイ>>43に尋ねられて、答える。
論より証拠とは良く言ったものだ。
だがこんな証明は要らなかったが。断じて。]

(46) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 あぁ?

[いきなり、扉が開いて。
毛布お化けが飛び出してきて、怖い怖いと抱きつかれた。
なんだ、ここはクラリッサの部屋か。
なんでこんなに震えてるわけ?]

 どうした、クラリッサ
 寝起きでまどろっこしい説明を聞く気にはなれんのだ
 何があって、どうすればいいのか、簡潔に話せ
 大丈夫、私はたいていの事は平気だ

[とりあえず、背中をとんとん、と叩いている。
子供はこうすると落ち着くのだが、この子はどうだろう。]

(47) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 小娘 ゾーイ


 みたいだね。

[俯いた。
 数秒の沈黙を経て]

 ごめんね。
 私、馬鹿だ。二人の事、何処か疑ってた。

[ぽつぽつと謝罪を]

(48) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 はぅぅ

[背中を叩かれるとちょっと安心する。
 部屋の中からは、ギャアアア、だの、イヤァァァァ、だの
 扉を開けていれば自分以外の悲鳴がしていることにも気づくか]

 ほ、ほほ、ホラー映画  見て
 思ったより怖かった
 怖くて パソコンに近づけなくて 消せない

 です。

[三行で説明したつもりだ。]

(49) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

[んんーっと、のびをする。フィルの姿が見えたから、手を振りつつ。>>42]

とりあえず風邪引いてる3人のとこ行ってプリン分けてきたわ。
プリ姐さんのとこにゾーイいたのはびっくりしたけどな。
ずっとあそこで寝てたんだってさ。プリ姐さんの看病しつつ。

(50) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 プリ先輩んところ、行ってくれてたんだ。さんきゅ。
 プリ先輩、よくなってたか?

[そう聞きながら、グレッグに近寄っていく。]

 おまえも、風邪とかひくなよ?
 ま、じょーぶそうだから、大丈夫?

[その顔を覗き込んで笑んだ。]

 大丈夫なら、ちょっと飲まないか?

[そんな誘いもしつつ…。]

(51) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[扉の向こうから、変な音が流れて来ている。
説明を聞く限り、映画らしい。
というか、パソコン消せないなら電源でもなんでも抜け。
仕方ないな、と言った顔で。]

 わかった、わかった
 消せばいいんだな?
 ほら、入るぞ

[少し落ち着くのを待って、部屋の中に入ろうとする。
入る事が出来たなら、パソコンをシャットダウンするだろう。]

 朝からホラー映画なんて、なんでそんなもん見てるんだ

(52) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 受付 アイリス

先輩じゃなくたって疑います。
だって、常識的じゃないです。

ウィンクラー先輩がわた、フリッチェの体調不良を気にして下さった方が普通、です。

[彼女が気にしたのは自分の言葉であるが、気遣ったのはクラリスの身体だった。自分ではない。ただのメッセンジャー。そしてその場凌ぎに走った軽率な嘘吐き。]

謝らせて欲しい、です。
でも、今はダメ、です。

[嘘吐きは自分の為に嘘をつく。]

だって今の私はゾーイじゃないから。
だから、戻ったら謝らせて下さい。

先輩と、フリッチェの二人に。

(53) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

[よくなってたか、の問いにまあね、と同意の返事を返す。
結構普通にバカやってたし。]

ま、あの分じゃすぐ良くなると思うけど。
……ん、俺?

[あはは、と笑って手を振ってみせる。
自分は丈夫だから平気、と言いたいらしい。]

俺は大丈夫だよ。なんかよくわかんないメンエキが付いてるから。

[そして、飲む事を提案され……]

ん、今から?
へへっ、いいよ。

[割とあっさり同意した。]

(54) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 は、はい、お願いします

[プリシラを室内に招き入れ、
 部屋の隅から様子を窺っていた。
 プシリラがシャットダウンする直前に
 めっちゃ怖い映像が流れると、
 ヒィッ!と声を漏らしたりしつつ]

 い、いえ……

[映像が途切れパソコンがシャットダウン状態に入ると]

 つり橋効果って、御存知ですか?
 怖い場所とかにカップルで行くと、心拍数が上がってそれを恋だと勘違いする心理現象です。

 それを、その、イリス先輩と試したいなと思ってて
 でも四本も借りちゃったから一本くらい見ておこうかと思ったら……

[この惨状です。と真顔で説明した。]

(55) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 小娘 ゾーイ


 ゾーイも優しいんだね

[ゾーイの言葉が痛かった。]

 私はゾーイを傷つけてるんだよ
 クラリッサも、そう

 二人を傷つけてるんだよ?
 なのにさ、
 謝る必要なんて無いのに

[自然とあふれる涙を手の甲で拭った。
 駄目だ、泣き虫すぎて。
 玄関で大きく深呼吸。靴を脱ぎ、中へ。]

 ちゃんと謝らせて下さい。
 ゾーイ、ごめんなさい。

[傍まで歩み寄ると小さな身体でぺこりと頭をさげた。]

(56) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[話を聞いてみると、良くわからない返事が返ってきた。
吊り橋効果を、なんで女同士で?]

 吊り橋効果ぁ?

[心理の授業で、確かそんなのもやったけど。
それって確か、長続きしないんじゃなかったか。]

 クラリッサ、ちょっと座りなさい

[真顔で部屋の隅にいるクラリッサを、手招き。]

(57) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 なんかね。
 いろいろあるよな。

[あっさり同意するグレッグに笑って、じゃ、とキッチンの冷蔵庫に向かう。
 そして、缶ビール二本、ストックしてたのを取り出すと…。]

 えーっと、おまえの部屋でもいい?

[聞いて、返事も待たずに歩き出した。
 嫌がられれば、自分の部屋に向かうだろうけど、そうじゃなければ、上がり込むつもり。]

(58) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 恋愛心理学の本に載ってて、ついやってみたくって。

[手招きされると]

 は、はい。

[少し緊張した面持ちでプシリラの傍に歩み寄った]

(59) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 受付 アイリス

 えへへ…

[拭って乾いた筈の目尻に涙が滲む。強く目に力を入れて堪えようとする。口元に笑みを浮かべる。頬の筋肉が震える。]

 よいしょっと。

[きっとそれは表層的なモノマネ。それでも明るい声を出して、自分に頭を下げたゾーイを目一杯抱きしめた。]

(60) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

俺の部屋?
オッケー。んじゃ来なって。

[そう言ってフィルを自室に招待する。

最近片づけたから悪い印象は持たれないだろう。
ただ、張ってあるとあるメタルバンドのポスターと、隅に立てかけてあるエレキギターは目に付くかもしれないけど。]

(61) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 受付 アイリス

 ごめんなさい合戦をするなら、
 私が優勝しちゃいますよー。

[抱きしめたまま囁く。胸が痛い。痛い。痛い。]

 だから、今はポイしましょう。
 ポイ。

 わたしは、自分がしたいだけだし、
 クラリッサは全く望んでいない事だもん。

[ゾーイの頭を大事そうに撫でる。小柄な頭。自分の、入れ物。]

(62) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 受付 アイリス

先輩。
前回の事を考えると一晩で戻る筈、ですが…
時間が時間ですからもう一晩かかるかも、です。

一晩で戻っても
戻らないままでも、

二人でフリッチェの元に行きませんか。

[明るく、笑いながら]

吃驚したけど、どうせ元に戻るんです。
あまりに奇天烈だったから驚いただけで。

(63) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 博徒 プリシラ


 第一、吊り橋効果っていうのは、異性同士でしか効果がない
 危機的状況に陥った時に、死を直感した個体が子孫を残そうとする本能だからだ

[傍に寄ってきたクラリッサに、指を一つ立てて見せた。]

 第二、吊り橋効果でくっついたカップルは長続きしない
 半ば強制的にくっついたカップルだ
 熱が冷めれば、離れて行ってしまう

[二本、指を立てて。
それから、じぃーっとクラリッサの目を見る。]

 最後に、これが一番大事なんだけどな
 吊り橋効果ってのは、相手の感情を捻じ曲げる心理だ
 無理やり、強引に、相手を自分の物にして
 それで、クラリッサは幸せなのか?
 そこに、本当に愛はあるのか?

(64) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 小娘 ゾーイ


 うん…

[自分の身体に抱きしめられる。
 なんだか変な感じだけれど。
 そこには確かに温度があって
 何故だか次から次へと涙が溢れてきた。]

 そう、だね
 明日、クラリッサの所に

[明るい笑みに釣られてなんとか笑みを返す。
 笑えば不思議とくすくすと
 声も続けて漏れてしまう。]

 でも、その姿で
 ポイ、とか言われると何か可笑しい

[ぽい、と仕草を真似た。
 思ったより手が伸びない。]

(65) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 鳥使い フィリップ

― グレッグの部屋 ―
>>61
[グレッグの部屋。見回すと、メタルなポスターがあって、ギターがすぐに目に付いた。]

 ふぅん、ギターとかすんだ。
 知らなかったな。

[座って、ぷしゅりと缶開けて、眺めながら飲み始める。]

 じゃ、今度弾いてみてよ。
 今はさすがに真夜中だしね。

[そんなことを言いながら、半分くらい、ずびびと飲んでいる。
 決して強くはないくせに。]

 プリ先輩も、風邪じゃなかったら、……

[誘うのになぁ、とか言いかけて、ふと、止まる。
 いや、さすがに、あんなことしちゃったから、寄れないかなぁ、とも思い返しながら。]

(66) 2013/01/27(Sun) 02時頃

ゾーイは、アイリスの頭にやっと手が届けば「優しい子。ありがと」と優しく撫ぜた。

2013/01/27(Sun) 02時頃


【人】 手伝い クラリッサ

 なんですって……

[異性同士でしか効果がない、と言われて愕然とした。
 確かに、あの恋愛心理学の本は、
 さすがに同性向けには書いていないだろう。]

 長続きしない……

[それは悲しい。
 はぅ。と小さく息を吐いて俯くと
 プシリラの視線を感じて、上目遣いで視線を合わせ]

 感情を捻じ曲げるなんてそんな……
 ご、ごめんなさい。
 そこまで深く、考えてなかったです。
 無理矢理振り向いてもらっても、嬉しくないです。
 幸せじゃないです。

[そうプリシラの言葉一つ一つに答えると、
 しゅん、と肩を落としてしまう。]

(67) 2013/01/27(Sun) 02時頃

アイリスは、ゾーイに撫でられれば「今の外装が優れてますから」とエヘン。

2013/01/27(Sun) 02時頃


【人】 小娘 ゾーイ


 えぇ?

[優れてるとの声に本気で首を傾ぐ。
 明らかにその姿だと芸人ぽくしかみえない。
 むしろ、]

 いたいの、ぽい。
 ぽい。

 あっ

[こっちの姿の方が……と思ったところで
 大事な事を思い出した。]

 ぞ、ゾーイ。
 大事な、話が、あります。
 

(68) 2013/01/27(Sun) 02時頃

ゾーイは、はい、と申し訳なさそうに小さく指先を全てたてた。

2013/01/27(Sun) 02時頃


【人】 受付 アイリス

 因みにわたしは昨日、
 フリッチェのふりをして過ごしたけど
 見破られまくってたみたい

[イリスの真似を継続しているフリをしながら、
その小さな手>>65を取った]

自分が赦せないなら、
代わりに許して貰いましょう。
フリッチェに。

 こう、
 クラリッサ大明神なむ

[ゾーイの両手を取って、
自分の両手の間に挟んで祈るような手つきをしてみせた]

(69) 2013/01/27(Sun) 02時頃

ゾーイは、アイリスの反応を伺いつつ。

2013/01/27(Sun) 02時頃


クラリッサは、プリシラのお説教?に畏まっている。

2013/01/27(Sun) 02時頃


アイリスは、ゾーイの言葉に「はい?」と笑顔のまま聞く体勢。

2013/01/27(Sun) 02時頃


【人】 博徒 プリシラ


 なんでそんな事しようとしたのか、知らないし
 私なんかが言うのも、なんか変だけどな

[煙草を咥えようとして、人の部屋だと言う事を思い出した。
舌うちして、ポケットから出そうとした煙草をしまう。]

 クラリッサが、相手を好きだって気持ちは本当なんだろうが
 相手の気持ちだって、きっと大事な事なんだよ
 相手に好きになって貰うように、頑張ればいいじゃないか
 無理やり好きになってもらうのは、よくねぇよ
 男が女を無理やり押し倒すのと同じだ
 そこにあるのはただの欲望で、愛じゃねぇよ

[肩を落としたクラリッサの頭を撫でようと、手を伸ばした]

(70) 2013/01/27(Sun) 02時頃

プリシラは、クラリッサをなでなで

2013/01/27(Sun) 02時頃


【人】 小娘 ゾーイ


 そ、そうだな
 フリッチェに祈るとしよう。
 きっと何とかしてくれるだろう。

[真似をするなら真似をし返すが。
 両手のあいだに挟まれ、祈るような形から
 相手に伝うのは小さな震えだろう。]

 多分これはフリッチェ大明神が
 裸で皆の視線を一手に引き受け、
 前日のショックなど一掃してしまうほどの
 話題をさらってくれないと拭えないんだが…

[沈黙、後に]

(71) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 小娘 ゾーイ


 この姿で
 「フィリップ、付き合おうか」って
 グレッグとプリ子の前でいっちゃった…

[卒倒物の出来事を白状した。
 今夜はお互い、眠れそうにない。]

(72) 2013/01/27(Sun) 02時頃

ゾーイは、アイリスに白状した後に手を合わせたまま「な、なむ…」と視線を逸らした。

2013/01/27(Sun) 02時頃


【人】 手伝い クラリッサ

[私なんか、という言葉には首を振って]

 プリシラ先輩の言葉は、説得力があります。
 なんだか恋愛経験豊富みたいな。

[そして続く言葉には、いつものぼんやりした顔だが、少し眉を寄せていた]

 相手の気持ち――
 わたし。イリス先輩の気持ち、考えたこと
 あったかな……。

[思えば一方的に好きだ好きだと繰り返して
 イリスの気持ちを聞こうとしなかった。]

 わたしは臆病なのかもしれません。
 こんな手を使ってでも、相手の心を手に入れたいって。
 でもイリス先輩の気持ちを聞くのが怖かった。
 ……怖かったん、です。

(73) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 手伝い クラリッサ

[痛い。と、告げたイリスの顔が浮かぶ。
 泣きながら笑っていた、彼女のつよがり。
 私は、きっと彼女を泣かせてしまったんだ。]

 ……。
 プリシラ先輩。ありがとうございます。
 わたし、わたし、ちゃんと好きになって貰えるように
 頑張るから、だから―――

[ひぐ、と泣きそうになるけれど、頭に乗る温もりに、涙を押し堪えて、笑ってみせた]

(74) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 受付 アイリス

ぇ……な、なぜ。

[カミングアウト>>72を聞いて演技を忘れて素が出た。]

え? ちょ、ちょっと待て。
ウィンクラー先輩。え?

[ヤドカリを持ってきたフィリップとは会話を引き継いだが、自分達の入れ替わりの話題だけで、そんな話が出てくる理由が判らない。そして何より]

そこのところ、詳しく話して貰えます、か。

[大学での出来事も知らないし、諸々把握していない。これは一晩中話し合いが必要になるかもしれない。]

(75) 2013/01/27(Sun) 02時頃

アイリスは、かくかくじかじかで済むかも知れないが。

2013/01/27(Sun) 02時頃


【人】 小娘 ゾーイ


 で、ですよね。
 わからない、ですよね。

[あまりに申し訳なくて敬語になった。
 おちついて、おちついて、と宥めつつも]

 さっき、フィリップが居たでしょ?
 その前はクラリッサが居たの。

 先日までの諸々もあって、
 あの子も、ゾーイも傷つけた私って
 最低だなっておもってさ

 みんなに最低だって思われれば
 ……自分をダメにすれば、って

[しどろもどろに説明をし、]

(76) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 小娘 ゾーイ


 フィリップなら私を振ってくれると思ったの
 最低だ、あんたはって
 ……丁度告白しようとした時に入れ替わって

[あれ、なんだろう。
 思い出したらやっぱり色々凹んできた。
 表情が暗くなっていく。]

 入れ替わった直後に、
 付き合おうかって

 一応、寝言って誤魔化したけど

[ごまかせたかどうか。
 一応の納得はしてくれていた、が。]

 多分、色々聞かれるか
 からかわれるかする、かも
 

(77) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

ゾーイは、アイリスの眸を見れず、もじもじと指先を摺りあわせた。

2013/01/27(Sun) 02時半頃


【人】 博徒 プリシラ

 将来思春期の子供達を預かろうって身の上だ
 こういう説法も、覚えようってもんさ

[恋愛経験、ないけどな。
ま、彼女の瞳に映るのが架空の私でも別に良いか。
結果として、それが良い方向に向かうのであれば。]

 そりゃ、怖いさ
 相手の気持ちを考える事も、想像する事も怖い
 断られる事や、拒絶される事ばかり頭に浮かんで
 喉から絞り出そうとする声が、出なくなったり
 相手の言葉を聞く前に、逃げ出したくなったりな

(78) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[泣きそうな顔をして、笑っている。
なんで皆して、こんなに意地っ張りなんだか。]

 好きなだけ泣け、好きなだけ怒れ
 好きなだけ悲しんで、好きなだけ苦しめ
 それが出来なきゃ、好きなだけ笑えない
 それが出来なきゃ、好きなだけ喜べない

 そんな自分を抱きしめてくれる人だけが
 空っぽの胸の内を埋めてくれるんだぞ

(79) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 受付 アイリス

ええと……ナ…ナイスタイミング!!

[親指を立てて昨日の再現>>3:33をした。不自然極まりないが気にしない。]

バードマンはその事は気づいていませんからセーフですよ!
そっちは忘れましょう。悪夢悪夢。ポーイ。

[努めて笑いながら、ゾーイの背中をぽんぽんと叩く。]

とりあえず、良かった事にしましょう。
私の方は…まあ、なんとかなります。

[目先の勇気付けを最優先して声を大にして励ます]

バードマンも事情を知りかけていますし、もし必要なら口裏あわせに巻き込みましょう!

[最悪、自分が告白して振られるまですればいいかなとかそんな考えを描きつつ]

(80) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[相手の気持ちを考えるのが怖いと思うこと。
 プリシラが例を出す度、ああその通りだと、頷く。]

 へへ……
 でもね、わたしが泣いちゃったらまた
 イリス先輩が困っちゃうから、
 わたしは、……

[本当は泣きたい。
 泣きじゃくって、涙が枯れるくらいに泣きたい。
 口接けを拒まれて、触れることすら拒まれて
 話を聞きたいと言っても何も話してくれない。
 最後には出て行けと遠回しに言われて
 悲しくないはずがない。]

(81) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 ……わたしね、嫌われてるんだと思います。
 うざいくらい好きだ好きだって付き纏って
 イリス先輩からしたらいい迷惑です。

 ……私は――もう、
 好きでいる資格もないのかもしれない。

[返ってこないメール。
 あの問いかけが全てだったのに。
 "ずっと好きでいいですか?"
 ―――答えはなかった。

 ぼろぼろと涙が出てくる。
 だけどプシリラに抱きついたりはしなかった。
 本当に縋りたい人は一人しか居ない。
 彼女にすがれないのなら私は一人で生きていってもいい。]

(82) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 受付 アイリス

先輩にとって今、一番大事なのは

クラリッサ・フリッチェ

でいいですか?
なら、それを最初にしましょう。

[笑う。]

後の事は、ケセラセラ、です。

(83) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[困る、のかねぇ。
困っちゃ、いけないのかねぇ。
私には、良くわからない。]

 クラリッサ、お前さ、兄弟は?

[頭は、まだ撫で続けたまま。
そんな事を、聞いてみた。]

(84) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[兄弟と聞かれて、少しきょとんとしたけれど]

 姉が三人、です。
 わたし、お姉ちゃんっ子なんです。

[とは言え、最近はイリスのことばかりで
 ろくに姉とメールすらしていないのだけれど]

(85) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 小娘 ゾーイ


 う

[びしっと立った指先。
 明らかに空元気じゃないか。
 痛い痛い痛い。胸が。
 背を叩かれて身体が揺れる。
 しょんぼりしつつ、]

 もうこのままの身体でいよう
 お互いきっとそのほうが
 いいんだよきっと

 私がダメなばっかりに
 最低だ

[振り出しに戻った。]

(86) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

[それでも、ケセラセラだと言うから。
 暗いままいてはいけないと思い直し、]

 うん、クラリッサが大事だよ。

[ゾーイが(今はイリスだが)聞いてくるならば
 なるべく隠すことはせず、全てを話そうと。
 真摯な眼差しを向けた。]

(87) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 好きでいる事に、資格なんていらねぇし
 嫌われたから、もう恋なんてしないわ、なんて
 昔の歌みたいな事言ってんじゃねぇよ

[極端な奴、と思う。
何があったかは知らないが。
行動が全て、感情に直結してるわけでもない。]

 嫌われたなら、すっぱり言葉にして振られてしまえ
 そうでないなら、別に嫌われたって決まったわけじゃねぇし
 振られたなら、次にも行けるだろ

(88) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 姉ちゃんか
 姉ちゃんの全部が、お前好きか?
 嫌いな所、ないか?

[煙草、吸いたいなー
すったら、おこられるかな]

(89) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

フィリップは、プリシラがげんきになってるはよかったといいつつ**

2013/01/27(Sun) 02時半頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 02時半頃


【人】 手伝い クラリッサ

 昔の歌。
 そうかもしれません、わたし、なんだかこう
 思い込んだら一直線なところがあって。

[続く言葉を聞いて、そっか。と腑に落ちた。
 そうだ。
 イリスがわたしのこと嫌いで嫌いで声も見たくないし姿も見たくないって言うまでは、まだ、あきらめないでもいいのかな。]

 ……うん。へへっ。
 玉砕覚悟で、話してみます。
 もう話もしたくない!って、
 言われるまで、話してみます。

(90) 2013/01/27(Sun) 02時半頃

【人】 受付 アイリス

[ゾーイの様子を見て固まる。おかしい。
確かグレッグにもドン引かれた事を思い出す。どうも自分にはこういうのは向いていない。気がする。]

ま、まあそうですね。
フリッチェが

「ゾーイの身体の先輩の方が好きなんです」

とか言ったら、涙を呑んで身体はお譲りします。
そうなったらその線で行きましょう。

彼女が今の私を選んだら、
身体目当てだったのね、と言いますよ。

[自分では上手い冗談を口にしたつもりになって、上目遣いで期待する眼差しを何度か向けた。]

(91) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 手伝い クラリッサ

[プリシラがポケットを気にしているようなら
 ああ、煙草、と思いあたって]

 寒いですけど、それでも良かったらどうぞ。

[窓を半分くらい開け、灰皿の代わりに浅いカップを差し出した。洗えば大丈夫だと笑んで。]

 お姉ちゃんはー……
 全部は、すきじゃないかも、です。
 お姉ちゃんがわたしのこと大好きなんです。
 自分で言うのもなんだけど、溺愛されてます。
 だけど、なんだかわたしを心配してばっかりなのって、私のことを信じてないみたいで、嫌です。

(92) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ


 一直線だと、相手もつかれるよ
 押す時は押す、引く時は引く
 そう言う駆け引きも、楽しむ秘訣だろ?

[ちょっとだけ、明るくなった気がする。
うん、なんとか元気になったかな?]

 そのいきだ、クラリッサ

(93) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 えへへ。引くっていうの、多分難しいんだろうな。
 だけど、プシリラ先生のご教授とあれば
 やってみます……!

[楽しむ秘訣、まで恋愛を上手く理解していないけれど
 プシリラの明朗な態度と言葉に、すごく励まされる。
 プリシラは、いつもは腹減ったとか金がないとか言ってるイメージだったけど、こんなにいろんなこと、知ってて、アドバイス出来る人なんだな、って、なんだか感動した眼差しを送った]

(94) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 小娘 ゾーイ


 …う、うわ

[自分の身体に上目遣いされた。
 なんだろう言い様のない気持ち悪さは。
 すす、と距離を反射的にとってしまった。]

 戻る努力はしなきゃいけないね

[けれどゾーイが人の為にここまでしている。
 そんな優しい子に何も出来ないのが辛かった。
 拳を握り、力を込める。]

 ごめん。
 それじゃ駄目だ。
 私の問題は、私が解決しなきゃ、駄目だ。

[小さく首を振る。
 してもらってばかりでは何も解決しない。
 伝わらないのだから。]

(95) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ


 お、さんきゅ

[どうぞ、と言われれば煙草を咥えて。
火をつけたら、なんだか身体がしびれるようだった。
ああ、昨日吸わなかったからなぁ。]

 でも、姉ちゃんの事、大事に思えるよな?
 普段はうざったくても、遠くに居ても
 何かあったら、助けるべ?

(96) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 小娘 ゾーイ


 明日。
 グレッグと、プリ子にこの事を説明しよう。
 そして、寝言の事も説明する。

[ね、と強い眼差し。]

 ゾーイが全部、悪い所をかぶるなんて可笑しいよ。
 この、入れ替わりをさ。
 まずは解決、しようよ。

[ね、と首を傾いだ。]

(97) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ


 難しいだろうけどな
 今は出来ない事でも、いつかできるようになるさ
 まだ、20になって間もないんだぞ、私達は
 人生の半分も生きてないんだ
 これから、まだ変わっていくさ

 せんせーからの、特別授業だ

[なんだか、変な眼差しが眩しい。
私をなんだとおもってたんだ、この子は]

(98) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 うん、うん。
 とっても大事です。
 お姉ちゃん、心配性すぎるけど
 そういうところもお姉ちゃんなんだって思います。

[助けるべ?と問われ、こくこく頷いた。
 そうか、好きって感情は簡単なものじゃないんだ。]

 嫌いなところがあっても、
 でも引っ括めて見ちゃえば、お姉ちゃんが好き。
 イリス先輩も、もしかしたらわたしを
 そんな風に思ってくれてるかもしれないって
 期待だけでもしても、いいのかな。

(99) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 受付 アイリス

そうですか。
うん、そうですね。

[口元の笑みを手で隠す。一度目を閉じて、息を小さく吐いた。]

そうしましょう。
後で皆で、昔こんなことがあったなぁと、言えるような話に。

[頷いた。]

してしまいましょう。

(100) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 ありがとうございます、プリシラ大先生。

[どんどん昇級していく。]

 今はまだ下手くそな恋愛かもしれないけど、
 わたし、できること、やってみます。
 当たって砕けろって、怖い言葉だけど
 でもそうでもしないと、
 恋は――愛は手に入らないと思うから。

(101) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ


 あいつがどう思ってるか、はしらねぇけど
 愛情って、そう言うもんだろう
 良いとことか、わるいとことか、そんなの関係無くて
 好きとか嫌いとか、そういうのも通り過ぎて
 空気があって当たり前なのと同じで
 そこにいて当たり前で、居ない時間なんて考えられない
 想像すらできやしない

 それが、愛情ってもんじゃねぇの?

[ぷはー、と言う音と。
紫色の煙が流れていく。
ぽとり、と灰を小皿におとした]

(102) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 受付 アイリス

この情熱の赴くまま、
フリッチェの部屋をノックしたい処ですが、
夜も遅いですし。

[時計をちらりと見て]

落ち着いたら、私達も寝ましょう。
良かったら一緒に寝ませんか。

元に戻るかも知れませんし。

[コップの中のヤドカリを見た。]

(103) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 博徒 プリシラ


 おー、崇めろ崇めろ

[大せんせーだぞ、と胸を張った。]

 そうだな
 傷付かないと手に入らないもんもある
 茨の道を進まないといけない場合もある
 いっぱい傷ついて、強くなれ

(104) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 愛情って、難しいですね。
 多分、それを手に入れるのには
 何年も何年もかかる気がします。

 だけど
 そこに至るまでの過程を踏んでいくことは、
 今だって出来ます。

 その相手がイリス先輩とは限らないかもしれない。
 でも、今、私は愛の過程にいる。

[少しだけ理想を想像して、へら、とにやけた]

 今、大好きな人と、そういう未来を築いていけるのが
 最高です。

(105) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 小娘 ゾーイ


 まぁ
 悪い事の半分の要因は私なんですが

[ふ、と暗い顔を一瞬見せ
 同意が得られると小さく頷いた。]

 うん。
 みんなに話せば
 もしも上手く戻れなくても
 何か他に原因とか対抗策が見つかるかもしれない
 
 一番は解決策、だけど

[と、と、と近づいて]

 うん、寝ようか。

[同じく、ヤドカリに視線を移しては
 同じ布団に潜り込む。]

(106) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 手伝い クラリッサ


 ふふ、プリシラ先生には思わぬ所で
 本当に大事なことを教えてもらった気がします。
 いい先生になります、きっと。

[強くなれ。その言葉に頷いた。
 窓の外では小鳥が木に止まって囀っている。
 良い朝だな、と思った。
 先ほどのホラー映画で絶叫したのは、棚に上げて**]

(107) 2013/01/27(Sun) 03時頃

手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 03時頃


【人】 博徒 プリシラ


 難しいさ、難しい
 今の姉ちゃんとの関係は、20年かかって作ったもんだろ
 出会って一年、二年の相手と、そうなるのは難しい

 だけど、お前の言うとおり
 歩いて行かなきゃ、辿りつかない場所だからな

[くしゃくしゃ、と頭を撫でようとして。]

 そうだな
 この人と出会えてよかったって、心から思えれば
 想いが実る、実らないに関わらず
 きっと、幸せになれる
 それが愛だと、私は思うぞ

(108) 2013/01/27(Sun) 03時頃

【人】 受付 アイリス

悪の黒幕の私にはそんな話は聞こえませんよ。

[暗い声と悪い事の話にはツーンと首を横に向けた。]

その……
諸々の事は、赦されましょう。
彼女と、皆に。

それが 愛。

[部屋の電気を消してから、もぞもぞと自分も潜り込む。]

とかでまとめればいいかなと、ちょっと思っています。

[抱きしめられたまま眠ったから、今は逆に抱きしめる。微かにプリシラの汗の香りが彼女からした。]

(109) 2013/01/27(Sun) 03時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 だろー、もっと褒めていいぞ

[天狗になった・・・ような気がする。
うん、天狗になれてたらいいな。
自分に自信を持つって、大事だ。]

 クラリッサも、良い生徒になるようにな
 なんかあったら、また説教してやるから
 当たって砕けて、女を磨いていらっしゃい

(110) 2013/01/27(Sun) 03時半頃

【人】 小娘 ゾーイ


 そうだね。
 それが、愛。

[暗闇の中でくすくすと笑う。
 抱きしめられると此方も両手を伸ばし、
 おずおずと抱きしめた。
 背中を、そっ、そっ、と撫ぜる。]

 ありがとね。ゾーイのお陰。
 随分と色々、楽になったの。

 好きだよ。

[そんなお礼を零しながら。
 恋愛感情とは違うけれど、大切な"友"だ。
 ゆるやかに背中を撫ぜながらも
 やがて指は動かなくなり、
 すうすうと眠りにつくのだろう。]

(111) 2013/01/27(Sun) 03時半頃

【人】 受付 アイリス

……ああ。
ありがとう。

[背中を撫でる手と共に告げられた言葉に、暫し反応が遅れる。それでもゆっくりとお礼の言葉を返した。]

じゃない…ありがとうございます。

[敬語がすっ飛んでいた事に気づいたのは彼女が寝入ってから14分後。]

(112) 2013/01/27(Sun) 03時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

――翌朝・イリスの部屋――

 ふぁ

[そして翌朝。
 小さなあくびと共に起き、一番にした事は、]

 …

["イリス"の顔を凝視した事だ。
 一晩では戻っていない。
 まぁそれは然程期待していなかったというのが本音。
 ぺち、と"イリス"の頬に触れ]

 夢じゃないね

[確認してしまった。]

(113) 2013/01/27(Sun) 03時半頃

【人】 受付 アイリス

― 翌朝 ―

うう…ん…。

[こちらはプリシアの元で二度寝をした格好になっていた事で、遅くなるまで寝付けなかったようだった。**]

(114) 2013/01/27(Sun) 03時半頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 03時半頃


【人】 小娘 ゾーイ


 ふ

[うぅんと声を漏らす姿を見る。
 同じ布団で身体を寄せ、横になりながら
 ぺち、ぺち、と頬に触れて]

 やっぱり
 一番疲れてるんだよ
 精神的に

[ね、と*微笑した*。]

(115) 2013/01/27(Sun) 03時半頃

アイリスは、ゾーイに触れられば顔を顰めて、ごろん。

2013/01/27(Sun) 03時半頃


小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 03時半頃


アイリスは、クラリッサの時は低血圧とかなかったかなぁとかぼんやり。

2013/01/27(Sun) 03時半頃


【人】 博徒 プリシラ


 さて、私はいくぞ
 頑張れ、女の子

[ひらり、と片手を振って、立ち上がる。
煙草を咥えたまま、部屋を出ていく。
何かあれば、対応したかもしれないけれど。]

 ったくもう
 こっちは眠いっつーのに

(116) 2013/01/27(Sun) 03時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[ぺたぺたと、足音が響く。
咥えた煙草の灰が、ぽたりと落ちて。
肌蹴た服が、妙に汗を吸って重い。]

 寝なおす、かなぁ

(117) 2013/01/27(Sun) 04時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 09時頃


徒弟 グレッグは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 09時頃


【人】 徒弟 グレッグ

おっけ。

[ビールを負けじと飲みながらも、ギターについて振られ。]

俺結構うまいから、期待してな。な?

[へへ、と笑う。そして……]

そうだなぁ。プリ姐さんとかも来ればもっと賑やかになったのに……
で、宴会やってる最中にゾーイがドヤしに来たり。

[勿論冗談だけど。
……でも、ゾーイかぁ……
ついさっきの寝言を思い出すと、ちょっと複雑な気分に。]

(118) 2013/01/27(Sun) 09時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>118

 わかった。期待する。
 俺も、なんかしよっかなぁ。高校時代とか部活とかしてたん?いや、俺はしてないけど。

[そんなこと聞きつつ、くぴり]

 ん、そだな。プリ先輩早く元気になるといいな。
 あの人みたいなムードメーカーがいてくれるとこう、明るくなるし。

 ゾーイも、真面目そうで、
 結構可愛いとこあるよな。

[ゾーイたちのことを少し思い出しつつ。]

(119) 2013/01/27(Sun) 09時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

へぇ、帰宅部だったんだ。
俺専ら軽音部だった。んでその流れで今もギターやってんだけどさ。

[プリ姐さんの話には、こくり、と頷きつつ。]

まあな。プリ姐さんもゾーイも割と良い人だからな。

[そこまでいって、ちょっと考え込む。]

………あのさ、フィル。
ちょっと聞いてもいい?

(120) 2013/01/27(Sun) 09時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 09時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

>>120

 うん、帰宅部。
 正しくは、そのあと、親の店の手伝いしてた。

[お店は、買い出しとか、力作業とか結構あったのでした。]

 軽音かぁ、
 そういう連中見てたよ。気持ちよさそうだなぁ、とは思ってたけど。
 ふぅん、じゃ、やっぱ期待するかな。

[そんなこと、いいつつ、聞いてもいい?には、さほど気にせず、なに?と。]

(121) 2013/01/27(Sun) 10時頃

【人】 徒弟 グレッグ

そっか。親の手伝い……
フィルは、偉いよなあ。

[そして、聞いてもいいの返事がもらえたので。]

……あのさ。前フィルがさ、ゾーイが俺の事だけ名前で呼んでるんじゃないか、っつってたよな。

あの名前で呼んでる対象が、フィル自身ってことは考えられない……?

つまり、フィルだけはゾーイに名前で呼ばれてるんじゃないかとか、そんな事考えたことはない……よな?

[随分遠回しな聞き方になった。>>0:203 一応、以前言われたことをもう一回繰り返す形になったけれど。]

(122) 2013/01/27(Sun) 10時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 ああ、
 俺、ゾーイからそんな風に呼ばれたことないよ。
 考えたこともないなぁ。

 まぁ、本当はあんまりバードマンって名前、かっちょわるいから呼ばれたくないんだけど。

[で?それがなに?という感じ]

(123) 2013/01/27(Sun) 10時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

[酒を口にしつつ >>123。バードマンって、格好いいと思うけどな、というのは本題に関係ないから心の中でとどめておくとして。
……うーん、詳しい事情、話すとややこしいことになりそう。けど、フィルに隠し事するのも気まずいし……

迷った俺は、2
1:プリ姐さんの部屋で合ったことを話した
2:適当に誤魔化した]

(124) 2013/01/27(Sun) 10時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

だよなー。うん、こないだ言われたことが気になったから逆に聞いてみたんだ。

[そういいつつ。妙な感じを察知されなければいいけれど……
……って、これってまさか、ゾーイの方も追求しなきゃいけない感じなのか?]

(125) 2013/01/27(Sun) 10時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 え?
 気になったって?

 っていうか、俺、ゾーイはそれでもグレッグに気があるんじゃないかなぁって思っているんだけど。
 だって、やけに絡んでくるじゃないか。おまえに。

[グレッグに首を傾けて…。]

 っていうかさ、そんなに気になるなら、
 一回ゾーイにそれとなくアピールしてみたら?
 俺、代わりに言ってやるとかヤだからな。

[そして、グレッグはゾーイが気になるからそんなことを聞くのだろうと思っている。]

(126) 2013/01/27(Sun) 10時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

なんでもない。気にしないでくれ。

[逆に聞かれ、慌てて誤魔化す。
そして、「アピール」という言葉に目を見開く。

……成る程。

やっぱ、フィルからは俺とゾーイが好き合ってるって見える訳ね。]

あははっ、アイツにか?面白いこと言うよな。

[適当に言った。……このフィルも相当鈍いよなあ、と思いながら。]

(127) 2013/01/27(Sun) 11時頃

【人】 鳥使い フィリップ

[聞いておきつつ、誤魔化そうとしてるので、横目でちらっと見た。]

 ま、どーでもいいけど。

[ちょっとぷん、とした。そして、くぴりと飲み干すと、ごろん、と寝転がる。]

 なんか、今日もいろいろあったなぁ。

[そして、寝の体制です。素直に眠くなる人。]

(128) 2013/01/27(Sun) 11時頃

【人】 徒弟 グレッグ

そう拗ねんなって。……つか、俺からしてみれば逆にゾーイはお前に好意向いてると思うしな。なんとなく。

[>>128ちょっと拗ねられたみたいなのでフォローしつつ。
ごろんと寝転がったので、フィルを素直に泊めとくか。こないだのお返しに。]

んじゃ毛布掛けとくわ。俺も眠いし。

[そう言いつつ自分も寝っ転がる。
そして、程なく夢の中へ……]

(129) 2013/01/27(Sun) 11時頃

フィリップは、グレッグの言葉にはぁあ??と不機嫌そーな声を出した。

2013/01/27(Sun) 11時頃


【人】 鳥使い フィリップ

 なんで?なんで?ゾーイが俺に好意があるとか思うわけ?

[いきなり絡みになりました。]

 ――……俺、ゾーイのことはなんも思ってないし。
 つか、なんか、イリス先輩とも噂されてたみたいだし。
 そういうの、なんでみんな好きなんだろうな。

[そして、むーっとグレッグを睨むけど、睨んだ先はもういなかった。寝転がってたから。]

(130) 2013/01/27(Sun) 11時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 もういい。

[なんか勝手に怒り出しています。酔っぱらいです。
 そして、むくっと起き上がると、毛布をグレッグにばさっとかけて、自室に戻ろうとふらふら歩き出す。]

 明日、寝坊しそうだから、起こして。
 じゃあな。

[そう声をかけるけど、もうグレッグは寝てしまってるかもしれない。
 そして、そのまま自室に戻っていった。**]

(131) 2013/01/27(Sun) 11時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 11時半頃


【人】 小娘 ゾーイ


 良く寝てる。

[眠る"イリス"の頭を優しく撫ぜている。
 時折、鼻先を人差し指の背で軽く触れて、]

 どんな夢、見てるのかな

[くすりと*笑った*]

(132) 2013/01/27(Sun) 12時頃

小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 12時頃


【人】 徒弟 グレッグ

― 翌朝 ―
[フィルの問いかけに反応できない内に帰ってしまって。
……泊まっていってもよかったのになあ、とちょっと残念。

そうしている内に朝が来た。
むくり、と起き上がる。

起こして、っつってたっけかアイツ。まあ時間に間に合えばいいだろ。
……にしても。]

"本人がゲロった"なんて、言えるわけねーだろ……

[そう呟く。だってこれは噂じゃ無くて、本当のことだから。**]

(133) 2013/01/27(Sun) 13時頃

徒弟 グレッグは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 13時頃


【人】 手伝い クラリッサ

――寮内――

[午前中の頃合い。大学に行く準備をした。
 トートバッグにはピッパの論文が入っている。
 風邪で臥せっているというノックスの部屋に向かう。
 中から返事がないのでそっと開けてみるけれど
 本人はいないようだ。]

 ……。

[机の上の書きかけの論文を、そっと手にする。]

 風邪じゃ、提出は難しいのかな。

[言葉とは裏腹に、その論文をトートバッグに仕舞うと、
 シメオンの部屋へ向かった]

(134) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 シメオン先輩。

[多分、中からは咳混じりに返事があっただろう。
 扉を開けると、ノックスの姿もある。]

 論文は完成しましたか。

[答えは否だろう。
 薄ら笑って、風邪を引いてもそばにいる二人を見る]

 嬉しい時に、一緒にいたいって思うのは恋かもしれない。
 でも、辛い時でも一緒にいたいっていうのは
 本当にしんどくても傍にあって欲しいと思うのは
 それは愛なんじゃないんですか?

[二人を見て、少しだけ寂しそうに、笑った。]

(135) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[シメオンは論文に短く何か書いたかもしれないし
 白紙のままかもしれない。
 それは論文の体をなしていなかっただろうけれど]

 大学には、ノックスくんとシメオン先輩
 風邪でまだ出られないって伝えておきますから。

[告げては、シメオンの論文もトートバッグに入れ
 お大事に。と言葉を残して、部屋を後にした。]

(136) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

――大学への路――

[わたしの気持ちはきっとまだ、恋なんだろうと思う。
 恋は愛になる、なんて良く言うけれど
 その境界線はどこにあるんだろう。]

 ……一人ぼっちになっちゃったな。

[惚気る声は消え、静寂の中。
 元々会話は少なかったけれど
 不思議な連帯感が芽生えていたのは事実。
 一人、脳裏で呟いた声―――]

(137) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[強引に奪った唇は、悲しい味がした。
 あんなのキスのうちに入らない。]

 ――わたし、イリス先輩を傷つけちゃったかな。

[冷静に考えればそうだ、あんなにうんうん唸って、イリスが悩むことなんて、――こう思ってしまうのは驕りかもしれないけど、きっと、わたしのことなんだ。]

 話してくれなかったのには、何か理由があって。

[イリスはまだ悩んでいるかもしれない。
 わたしには話せないかもしれない。
 わたしが行くと余計に彼女を悩ませるかもしれない。
 だから。]

(138) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[ポケットに入れたスマートフォンを取り出し、
 設定を弄った。
 イリスからのメールの時、特別な音が鳴るように。
 ピアノの音が、幸せを運んでくれることを希って]

 ―――待ってます。

(139) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

――大学職員室――

[ピッパと、ノックスと、シメオンの論文を教授に提出する。
 君の分は?と問われ、ゆらりと首を横に振った]

 わたしは、まだ途中です。
 未完成なまま、提出したくないんです。
 本当に、愛っていうものを理解した時に
 その時に、提出します。

 だからもう少し待ってください。

[それとノックスとシメオンの風邪の旨も伝えると
 教授にぺこりと頭を下げ、職員室を後にする。]

(140) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 14時頃


【人】 洗濯婦 ベッキー

―回想―

んー、プリシラ先輩の性格を考えると、たぶん大丈夫とは思うんだけど。

[>>3:250 たぶんそう思う。さっぱりした性格かなとは自分は感じていたから。]

実家ではね、よく良く食べていたの。
甘いお漬物だけじゃなくて、甘納豆とか大学芋とか甘いのも食卓におかずとして並んだり。
だから、大好きで平気なんだけど、前にお友達に言ったら、えーっ、ごはんに甘いおかずってそれどうかなっとか言われたり。

[色々と話してくれるローズマリーさんと会話を紡ぐのが楽しくて、すごく嬉しい。ローズマリーさんが桃ゼリー等を選ぶのなら、アルベールさんからのメールでのリクエストかなと思う、寮と連絡をとってくれる彼女に甘えつつ。]

(141) 2013/01/27(Sun) 14時頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

おっきな甘えん坊の赤ちゃんにまで退化しない内に帰らなくっちゃ、ね。

[>>3:259ローズマリーさんから見せて貰ったメールの内容には、その姿を思わず想像してしまいくすくすと笑む。冗談交じりのメールだけど、寮の仲間で気遣っているのが感じられ、心が温かくなる。

そして、ふんわりと優しげに微笑んだ後の小さな呟き。とくんと鼓動が反応し、頬が赤くなった。繋いでいた手から彼女に伝わってしまうと思えば思うほど。]

(142) 2013/01/27(Sun) 14時頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

ただいまっ。
買出しのお届けものです。

[二人で持てる分だけ買い込んだ買い物が終われば、寮へと戻った。ユーメ先輩とアルベールさんにローズマリーさんと一緒に買ってきた桃ゼリーをお届けして。必要なお薬なども配布。流石に、熱で出た汗を拭くのはできないので、それはたぶんメレディスさんかバードマンさんのどちらかに頼む事にしようと思う。どうせなら、二人一緒の方がいいなかな?なんて。たぶん、ユーメ先輩の部屋になりそうな予感。]

(143) 2013/01/27(Sun) 14時頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

遅くなってごめんなさい。
いろいろ買っていたら。あ、リゾット食べてくれたんですね。よかった。

後で、ローズマリーさんがね。蜂蜜大根を用意してくれるみたいなので、持ってきます。風邪をひいた時には人が作ったものの方がいいって言ってくれて。喉にもいいんですよ。

[プリシラ先輩の部屋にも顔を出した。リゾットを完食してくれた事に安堵する。朝の寝ている様子から考えれば、多少体調が戻ったのかなと思った。
布団の膨らみをみれば、ゾーイさんもそこにいると思って、すこし心配したけど、メレディスさんが看病に訪れているので大丈夫かな。それはたぶん、ゾーイさんの寝言が聞こえる大分前の話。
その日は、ローズマリーさんの作ってくれた蜂蜜大根を味わい、風邪を自分もひかないように気をつけて眠りについた**]

―回想終り―

(144) 2013/01/27(Sun) 14時頃

プリシラは、欠伸をしながら自室で寝なおそうかなとおもっている

2013/01/27(Sun) 14時頃


洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 14時半頃


【人】 博徒 プリシラ

[経験のない言葉には、重みが無い。
実感のない言葉には、厚みがない。
子猫が毛を逆立てて、どれだけ大きく見せようと。
爪は小さいし、牙だってないわけで。]

 愛、ねぇ

[自室に戻ると、ベットの傍までノートパソコンを持ってきて。
煙草をくわえながら、何か書こうとしてみたけれど。
結局、何も思い浮かばなくて。]

 だー、もう

[いらいらしながら、煙草を消した。]

(145) 2013/01/27(Sun) 14時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 15時頃


【人】 鳥使い フィリップ

― 自室・朝 ―
[自室に戻ってそのまま、寝る。
 起こしてって言ったけど、朝は自分で目が覚めた。
 そして、ふらり、風呂に向かう。

 出てくるのはため息。

 日ごと、苦しくなってきてるなんて、本当、すごく駄目だと思う。
 これは恋なんかじゃないって言い聞かせて、
 言い聞かせて、

 でも、
 やっぱり、そんな感じもすれば、それは、押し隠さなくちゃならないものだとすぐに思った。

 そう、友達でいたい。恋になんてしたくない。
 恋になれば、終わりがきて……。

 そして、もう友達には戻れないこと、知ってるから。]

(146) 2013/01/27(Sun) 15時頃

ベッキーは、フィリップさんの体調も後で確認しようかなと思った**

2013/01/27(Sun) 15時頃


【人】 鳥使い フィリップ

 ――……出てく、かなぁ。

[思いつくのはいつもそれ。
 今までもなんどもそう思って、だけど、居心地はいいからやめて……。

 そう、誰かだけを特別に見始めることなんてしなければ、もう、それでいいのに。
 恋なんて、したことない、そんな時に戻りたい。心の底からそう思う。]

 やっぱ、出てくか……。

[理由はなんでもつけられる。
 少し、遠いけど、家に帰ってしまえばいい。
 ワットの家の花を母に買って帰れるし、
 忙しくなれば、余計なことは考えずにすむ。]

 うん……。

[風呂からあがれば、そう心内決めて、
 朝の準備に部屋に戻っていく。*]

(147) 2013/01/27(Sun) 15時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 15時頃


【人】 博徒 プリシラ

[昨日は、いろんな事があり過ぎた。
熱でボケてて、はっきり覚えてるわけじゃないけれど。
唇に触れた感触は、確かに残っている。

恋心や愛情の形として、口付けと言う物があったはずなのに。
医療行為だから、カウントするなって言われてしまった。
彼にとって、唇を合わせると言う事は軽い事で。
別に好きじゃなくたって、出来るって事なんだよね。
お前の事なんて、好きじゃないよって意味だよね。]

 …――――

[少しいらいらして、馬鹿、とタイピングしてみた。
なんだかとても、虚しくなった。]

(148) 2013/01/27(Sun) 15時頃

【人】 博徒 プリシラ


 何か

[私の知らない所で変わっていく。
変化自体は、小さなものかもしれないけれど。
気がついた時には、もう随分遠い所にいる。

昨夜のゾーイの事だってそうだ。
フィリップの事を夢に見るほど、好きだとは知らなかった。
私はどうだろう、夢に見るほど誰かを好きになったろうか。

心の奥に、何かがある気がするけれど。
それが表に出てくる前に、硬い壁にぶつかってしまう。]

(149) 2013/01/27(Sun) 15時頃

【人】 博徒 プリシラ


 なんか、やだな

[手を伸ばしてしまえば、楽になるんだろうか。
何も考えずに真っすぐ進めば、幸せだろうか。
何にしても、ぐじぐじ考えているのは自分らしくない。
そう思っているのに、身体は動いてくれなかった。]

 …―――

[考える事も、面倒くさい。
意識のはっきりしてる時に、話だけでもしてしまおうか。
考えていたって、留まっていたって、何も変わらない。]

 よし、話しようっと

(150) 2013/01/27(Sun) 15時半頃

プリシラは、フィリップにメールを打った

2013/01/27(Sun) 15時半頃


【人】 博徒 プリシラ

[聞きたい事があるから、私の部屋に顔を出しなさい。

そんなメールを送って、携帯を投げた。
返事なんて、どうでもいい。
来たら来た、来なかったら来なかった、で。
それで、済む話なんだから。]

 ったく

[煙草、減らそうかなぁ。]

(151) 2013/01/27(Sun) 15時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 あ?

[部屋に戻った途端にメールの着信が鳴る。
 見れば、風邪の人だ。]

 ――……呼び出しか。

[正直、行きにくい。
 恋なんて、わからない。そんな人だ。だけど、だから奔放なのか。

 理想の愛を求めて、ひとつの恋が愛に変わるのを信じてるなんて、


 本当に、羨ましい。
 だけど、そんなこと、ありえないって思っている自分は、結局は、彼女をどこか異質に見てしまっているのは確かだ。]

  『聞きたいことってなんですか?』

[そう返信返しながら、授業の支度をして、部屋を出る。
 グレッグが起こしに来る時にはもう、その姿はないだろう。]

(152) 2013/01/27(Sun) 15時半頃

フィリップは、プリシラの部屋をノックした。

2013/01/27(Sun) 16時頃


【人】 博徒 プリシラ

[部屋をノックする音が聞こえた。
早いなおい。]

 はいれー

[携帯がちかちか、光っている。
メールの返事があったのかもしれないけれど。
携帯を見ない私は、気がつかなかった。]

(153) 2013/01/27(Sun) 16時頃

【人】 鳥使い フィリップ

― プリシラの部屋 ―
>>153
[ノックをすれば、はいれという声。
 どうやら、風邪はよくなっているようだ。
 小さく息をついてから、扉をあける。

 ベッドの上、放り出してある携帯。
 その脇には、看病がいろいろなされたあと。
 一通り見回してから、部屋主の姿にしばらく黙ったまま立っていたが…。]

 具合、いいみたいですね。

[ぽつり。]

(154) 2013/01/27(Sun) 16時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 おう、なんとかな
 薬効いたよ、ありがと

[そう答えてはみたものの。
彼は、やはり居心地が悪そうで。]

 んー、っと

[なんとなく、こちらも言葉に困った。]

 えっと、さ
 うんと、さ

[はぁ、こういうのは馴れてない。]

 昨日の、事なんだけど

(155) 2013/01/27(Sun) 16時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

[そのまま、プリシラの言葉を待っている。
 腕を組んで、扉は一応閉めて背中をつけた。]

 昨日の……。

[もちろん、それが何のことだか、わかる。]

 ――……昨日の、謝ればいいんですか?



                  キスしたこと。

[じいっと……プリシラを見たまま。]

(156) 2013/01/27(Sun) 16時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 き、きすは、きすだけど
 医療行為だから、カウントすんなっつったじゃん

[どんな顔をしてればいいのか、わかんなくて。
足をばたばた、揺らしながら。
時折、頭をかいている。]

 ちょっと、な
 私には女としての魅力はないって言われてるみたいで
 仕方なくしてやったんだよって言われてるみたいで
 ちょっとだけ、悲しかった

 こう、色々考えたんだけど
 結局、わかんなくって
 直接言って貰えばわかりやすいかって思って

 なんであんな事、したわけ

(157) 2013/01/27(Sun) 16時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>157
[脚を揺らしながら、話す様子には戸惑いが見える。
 対照的にこっちは、ほぼだんまり。
 だけど、態度を変えることはない。]

 カウントしないなら、気にしないでしょう?
 プリ先輩が女としての魅力がないとか言ってないですよ。

[ちょっとだけ悲しかった、には、目を一旦伏せる。]

 ちょっとだけなんだ……。

[その言葉をプリシラはどう感じただろう。
 けれど、構わず、続ける。]

 なぜしたか?ですか?
 先輩が薬飲まないからです……。

(158) 2013/01/27(Sun) 17時頃

【人】 鳥使い フィリップ

[そこで一旦区切って……。]

 あと………。
 愛も恋も知らないって堂々としている貴女を




 傷つけたかったんです。

[それは悪意と受け取るだろうか。ともかく、表現するならば、それが一番近い気がした。]

(159) 2013/01/27(Sun) 17時頃

【人】 博徒 プリシラ


 気にするだろう、普通
 熱が冷めてきてから、そればっかで
 妙にいらいらしたり、そわそわしたりで、落ち着かない

[気にしないでしょう、なんていわれたけれど。
気になるにきまっている。]

 傷つけたかった、か
 いっぱい傷つきは、したけれど
 それが嫌だと、言ってるんじゃなくて
 謝ってほしいわけでも無くて
 こういう経験がないから、きっと
 私に気持ちがないなら、先にそう言っておいてほしい
 お前のたった一度の気まぐれに、引きずられて
 私だけ、変に意識していくのは嫌だ

(160) 2013/01/27(Sun) 17時頃

フィリップは、プリシラの言葉には、やや意外そうに…。

2013/01/27(Sun) 17時頃


【人】 鳥使い フィリップ

>>160

 へえ……。

[プリシラを見つめる目つきはやや熱帯びる。
 それから、背を扉から離すと、プリシラに寄って……。その顔の前、顔を近づけた。]

 先輩、可愛いですよ。
 先輩に恋はしていないけれど。

 先輩は、俺が好きなんですか?
 もっかい、俺とキスしたい?

[そのあとに、顔をぐっと近づける。
 手は伸ばさない。まるで、口づけるような角度で。]

 

(161) 2013/01/27(Sun) 17時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 な、なんだよ

[近寄る顔に、目を逸らしてみるけれど。
なんとなく、動きたくなくて。
更に寄って来る顔から、逃れる事はしていない。]

 私の事、そう言う目線でみてくれない人とは
 キスしても、嬉しくない

 でも、やっぱり初めてだったから
 他の何より、きっと、特別だったんだとおもう
 だから、本当に私がキスしたくなる前に
 ダメだよって、言っておいてくれたら
 楽になるんじゃないかなって、思った

(162) 2013/01/27(Sun) 17時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 先輩……。あのさ、違うと思いません?
 そういう目線でって、先輩は、自分に最初からベタ惚れの男を探してるんですか?
 それって…。
 すごい受身じゃないですか?先輩自身の気持ちは見えない。

[嬉しくないと言われても、表情は変わらない。]

 俺は、駄目だよ、なんて言わないですよ?
 先輩が俺のこと好きなら、駄目なんて言わない。

[逃げたり、もしくは引っぱたくことだってできるだろう。そう、手は出さない。いつだって、逃げることはできる。]

 俺は、俺自身を好いてくれる人を邪険にはしないですよ。誰でもいい、じゃなくて、俺って選んでくれるなら。だから、今、やめてほしいなら、簡単です。

 そういう意味でお前なんか好きじゃないって、
 恋なんかじゃないって言えばいいんです。

 そしたら、きっと楽になります。

[また笑む。]

(163) 2013/01/27(Sun) 17時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 ち、ちがう、そう言うんじゃない
 そう言う意味じゃ、なくって、だな

[受け身だとかじゃ、無くって。
そういうんじゃなくて。]

 うんと、えっと、ほら
 私って、あんまり色恋の話ってして貰えないからよ
 恋人がいたり、他に好きな人が居たりすると、迷惑じゃん
 そんな話を、少し、聞いたしな

[ゾーイの話もあったし。
私は、知らない話が多すぎて。
そう言う気持ちになる前に、と思ったんだけどな。]

 お前に好きな人がいたりしたら、面倒だろう

(164) 2013/01/27(Sun) 18時頃

【人】 博徒 プリシラ


 だから、ほら、な?
 まだ、お前に恋してるってわけじゃないけど
 頭から離れないのは、間違い無くて
 それを、私が変に勘違いして
 これが恋なんだって、思ってしまう前に
 違うんだよって、言って欲しかったの
 わかんなく、なってきちゃった

[つい昨日まで、後輩だったのにな。
目線が変わると、世界が変わっていく気がする。
今は、ただ近くにいるだけで恥ずかしい。]

 今は、多分、好きじゃない
 でもこれから、好きになるかもしんない
 だから、怖くなっただけなんだ

(165) 2013/01/27(Sun) 18時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>164>>165
 そう……先輩は、やっぱり先輩だな。
 じゃ、俺のことなんてどーでもいいですね?

[距離はそれ以上は縮まらず、
 その話を聞いて……ため息をついた。]

 俺は、先輩のこと、好きになるかもしれないよ?
 それは先輩と同じ。
 でも、違うんだよって言ってほしいなら、今はそう言うよ。

 そのほうが楽なんでしょ?
 怖いのはいやなんでしょ?
 先輩がそのほうがいいなら、それで終わりだね。

[そして、身を引いて、背中を向けた。]

 ――……うん、じゃ、違いますよ。

[そのまま、振り返らずに扉に向かう。]

(166) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 受付 アイリス

― 朝・イリスの部屋 ―

大体、皆が揃うのは夕方以降でしょうか。
朝は皆慌しいでしょうから、その時にしますか?

[クラリスの時ほどでなくても、自分で身支度をするには難易度の高いスペック。ゾーイの手でやって貰いながら着替えを終えれば]

そこで何か言うのも、
誤魔化すのも面倒になりそうですし、
どこか外で朝は食べませんか。

[一昨日の出来事を思えば、面倒は少ない方がいいからと軽く説得。]

(167) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 受付 アイリス

― 朝・外食 ―

風邪が流行ってるみたいですね。

[近場のホテルのモーニングビュッフェを採りながら、寮を出る前に知り得た話などを交わす。プリシラの抱き枕ったゾーイの方はやはり大丈夫なのだろう。ここまで健康だと我が事ながら笑うしかない。]

ユーメ先輩もアルベールも揃ってダウンとか…
エルバ先輩がここのところ寮を離れているのって、実家優先だったりするんでしょうか。
エクスナーも、あの課題は終わらせたんでしょうか。

[自身はそれどころじゃない日々を過ごした事もあるが、元はと言えば契機はあの掲示からだった気もする。人間関係の変化は。]

(168) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 受付 アイリス

― 赤紅大学 ―

 なんだか時折視線を感じるのだけれど、
 今頃になって私の美貌が噂にのぼっている展開とかかな。

[無論そんな空気ではない事は察していたが、大学中を駆け巡っているわけでもないだろうと、努めて明るく振舞う。]

(169) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 受付 アイリス

 メール?
 ああ、携帯さんはちょっと御歳を召されまして…
 でも買い換えるにはまだまだ愛着が。

[大学の休み時間。
 人目に付く前に避難しようとして、
 声が背から掛けられる。笑みで振り向いた。

 昨日はどうしたの?

 そんな話から始まった。
 心配しているような顔もあれば、
 何かわだかまりがあるような顔もある。
 どこまでがイリスの友人で、
 それ以外なのかは判らない。ただ笑顔で聞き続ける。]

(170) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 受付 アイリス

 なんですと?
 私とフィリップが。

[そこで初めて、イリス達の噂と尾ひれの行方について耳にした。
 視線の理由も。
 この中に昨日直接尋ねてきた相手>>3:138はいなかったか。
 寮内で病人が多発していて元気な人間同士が協力している点や、
 ヤドカリが逃げたなどの話などを駆使してみるが、
 効果の程は如何様にか。

 でもでも寮の後輩の子がそれを知って悲しんでるとか…

 途中、どこかから食い下がる声がどこからかあがれば、
 冷静を装いつつも落ち着き辛い。]

(171) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 受付 アイリス

 なんでやねん。

(違う。彼女が悲しんでたのはこっちの事情だ。)

 だから言ったとおり、寮内で風邪が大流行で。
 そりゃあもう、

[肩を竦め、深刻そうな顔を作る。]

 クラリッサもそうだけど、
 ローズマリーとレベッカがいなければもうどうしたことかだよ。

[だから今は寮の動ける皆はそれどころではない、と取り合えず押し通す。
 この取り合えずで墓穴を何度も掘っている自覚はあるが、
 今回ばかりは誤魔化しを吹聴して収められる話ではない。結局、自力か他力で、何とかやり過ごせただろうか。**]

(172) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 18時半頃


【人】 博徒 プリシラ


 違う、どうでもよくなんて

[そんな事、ない。
なんでだろう、今はとても悲しい。
離れていく姿が、とても寂しい。]

 そんなんじゃ、なく、て

[美味く言葉が出てこない。
違うって、言って欲しいって言ったのに。
怖いって言ったのは、自分なのに。]

 だって…――――

[ずっと頭から離れなくなって。
心がそれでいっぱいになって。
自分がどうにかなってしまいそうで。
ダメって言われたら、私はきっと。]

(173) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 今でもこんなに

[いっぱい、考えているのに。
これ以上ってなったら、私はどうなってしまうんだろう。]

 特別なのに

[私はどうしたいんだろう。
自分の頼んだ通りだったのに。
なんでこんなに、悲しいんだろう。]

(174) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[出て行こうとする後ろ姿に、手は伸びる。
もし届いたなら、肩を掴むし。
届かなかったなら、そのまま。]

 恋とか愛とか、まだわかんなくて
 人を好きになるって、よくわかんなくて
 心細くって、怖くって、寂しくって

 今のこれが、本当なのかとか
 本当にこれでいいのかとか
 ぜんぜん、わかんないけど

[どちらにしても、声は投げる事になるのだろう。]

 もっと、好きになっていっちゃ、ダメかな

(175) 2013/01/27(Sun) 19時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>173>>174

[背中からぽつりぽつり、
 毀れる言葉は聞こえている。

 一度立ち止まり、目を閉じた。
 でも、また開いて外に出て行こうとしたとき、]

(176) 2013/01/27(Sun) 19時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>175
[伸びてきた手が肩をつかんだから、ゆっくり振り向く。
 ――…紡がれる言葉はその顔を見ながらじっと聴いて…。]

 ――……わからないのは、
 今まで、そうなったことがないからでしょ?
 だったら、わからないのは当たり前だし。
 でも、
 好きになるのに、駄目なんて、ないんじゃない?

[手を振り払うことはない。しかし、手が伸びることもない。

 でも、表情は、小さく、笑んで……。]

 好きになるかどうかは先輩次第だし、
 そんな先輩を俺が好きになるかどうかも、これからだと思う。

 でも、さっきより、今のほうが俺も先輩好きだよ。

[そう告げて……肩においた手に手を重ねて、そうっと離す。]

(177) 2013/01/27(Sun) 19時頃

【人】 鳥使い フィリップ



 じゃ、また。


[置いていた鞄を拾うと、扉を開けた。
 そして、ひらり手を振って出ていく。]

 あ、今度、桃缶持ってきますね。

[最後はそんな声で、扉を閉めた。**]

(178) 2013/01/27(Sun) 19時頃

【人】 博徒 プリシラ


 そっか、うん、えっと、うん
 そだよな、ダメなんてないよな

[彼は、笑っていた気がする。
変な感じだ。
おかしな事を言ったから、笑われたのか。
それとも、違う意味で微笑んだのか。
そんな事すら、私にはわからないんだから。]

 私だって、まだわかんない
 お前も、まだわかんない
 それで、いいんだと思うけど

 でも、少しずつ、進んでみようとは思うから

[手が重なって、そっと離される。
止めちゃった、からな。
やっぱ、よくなかった、かな。]

(179) 2013/01/27(Sun) 19時頃

【人】 博徒 プリシラ


 うん、また…――――

[振られた手に、軽く手を振って返したつもりなのに。
自分の仕草が、どうも自分の物ではない気がして。
妙に浮ついている自分が、少し気に入らなかった。]

 お、おう
 桃缶、楽しみにしてる

[扉が閉まると、そのままベットに倒れこんだ。
なんだろうこれ、すっごいつかれた。]

(180) 2013/01/27(Sun) 19時頃

プリシラは、フィリップのせいだ、と責任転換

2013/01/27(Sun) 19時半頃


徒弟 グレッグは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 20時頃


【人】 徒弟 グレッグ

― 大学内 ―

[言われたとおりにフィルの部屋を覗くも、その姿を見ることは出来なくて。
ほっとしつつも授業へと。
全部の講義が終わったときはすっかり日も落ちていて。

……あらためて、愛の課題の事を思い出して頭を抱えたくなる気分になる。]

もう、みんな提出したんかなー……
出来てないのが俺だけ、とかだったらどしよ。

[そうぼやく。]

(181) 2013/01/27(Sun) 20時頃

グレッグは、プリシラの様子も見に行きたいけど……どうしようかな。

2013/01/27(Sun) 20時頃


徒弟 グレッグは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 20時頃


フィリップは、今日は授業、まるっとサボっている。

2013/01/27(Sun) 20時半頃


【人】 博徒 プリシラ

[私は、これからどうなっていくんだろう。

今まで触れてこなかった、心の奥の深い所。
本能に根ざす、無くならない物。
一番、傷つきたくない所。

一度でも触れてしまえば、触れる前には戻れない。

だからこそ、触れないようにしてきたはずなのに。
だからこそ、知らない顔をしてきたはずなのに。]

 変わっていく

[これから、好きになっていくのか。
好きにならずに、勘違いで終わるのか。
それは、わからないけれど。
私の中の何かが、変わっていく。]

(182) 2013/01/27(Sun) 20時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[ゆっくりと、だけど確実に。
止まっていた時間が、動き出す。
怖いのに、逃げたくはない。
苦しいのに、嫌じゃない。
なんとも、不可思議な感じがする。]

 愛、かぁ

[一人で考えていても、わからない。
話をしてみても、わからなかった。
このまま変わっていって、いいんだろうか。
でも、とりあえずは。]

 ゾーイには、後で話を聞こう

(183) 2013/01/27(Sun) 20時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[ゾーイにメール、しておけばいいのかな?
聞きたい事があるから、後で会おう、っと。
文脈なんて考えても、私にはそう言う才能が無くて。
率直に、短文のメールを送った。

ベットの上に携帯を放って、大の字になる。
わからない、考えたくない。]

 腹、減ったなぁ

[飯、食いに行こうかな。]

(184) 2013/01/27(Sun) 20時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

― 公園 ―

[プリシラとデート?みたいなものをした公園。
 今日は天気がいい。
 大学に行くべきだったけど、気が向かなかった。

 そのまま、一人で、街をふらふらして、適当にCDとか買って、適当に食べて、そして、ここに来て、ただ、芝生で寝てた。


 いわゆるガス抜きだったけど。]

 ――……あ、母さん?

[そのうち、携帯電話で、母と話している。*]

(185) 2013/01/27(Sun) 20時半頃

洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 21時頃


【人】 手伝い クラリッサ

――大学――

[講義が終われば、ノート類を片付けて
 最後の講義はグレッグと同じだったか>>181
 とてて、と講義室の階段を登ってグレッグに近づくと]

 グレッグくん。どうしたの、悩んでる顔して。
 あ、もしかして例の課題のことかな……?

[問いかけつつ、時間も時間だと思い
 良かったら一緒に寮に帰らない?と
 誘いをかけてみた。]

(186) 2013/01/27(Sun) 21時頃

クラリッサは、プリシラに今朝励まされたことなどがちらりと脳裏に浮かぶ。

2013/01/27(Sun) 21時半頃


手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 21時半頃


【人】 洗濯婦 ベッキー

―大学―

[朝は今日も悲鳴など、いろいろあったけど。悲鳴の原因にはプリシラ先輩が起きてクラリッサの部屋を叩く様子から、クラリッサが寝ぼけたのか?等と思いつつ、同時にプリシラ先輩が起きて歩いているのをみれば、もう風邪は治ったのかなと一安心する。
その後は、ユーメ先輩とアルベールさんを見舞ってから大学へと向かった。]

あ、イリス先輩。
その、大丈夫でしたか?

いろいろ噂が流れているから、変な事を言ってくる人が多いんじゃないかって、心配していたんです。
失礼しちゃいますよね。ほんと噂を流す人って無責任で。

[イリス先輩の姿を認めると、小さく手を振って駆け寄った。]

(187) 2013/01/27(Sun) 21時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

ん。

[クラリスから声を掛けられ、そちらを向く。
正直驚いた表情をしただろう。]

……悩んでる顔に見えたか?
……いや、まあ、正解だけどさ。例の課題のこと。

[そう言いつつ、一緒に帰るのを断る理由も無いので承諾する。]

なんか、俺あんま出来てないからさ。うまく提出できるか心配ってところで。

(188) 2013/01/27(Sun) 21時半頃

【人】 水商売 ローズマリー

─ 回想 ─

そかなぁ。
まぁどっちにしろ風邪引きさんは増えへん方がえぇよね。

[ベッキーとの会話>>141には内心首を傾げるも、自分よりも彼女の方がプリシラとは親しそうにみえてたからおもてには出さず。]

あ、うちもうちも。
じゃがいもとかも甘く煮つけるんが多かったから、甘いのおかずにするん抵抗ないんよ。
…と、桃のゼリーどれが食べやすぅ見える?
いつもなら実ぃがでっかいのん買うけど、喉つまったりせぇへんよにツルンとしたやつのがえぇかな。
ついでにシメオン先輩の分も…ちょっと多めに買うてこか。
桃と林檎、と、あと蜜柑のん2個づつくらい。

[今解っているだけでも寮内で3人風邪っぴきがいるんだし、名前が書いてあっても食べられたりすることもある。
多めに買っていったとして、余ることはまずないだろう。]

(189) 2013/01/27(Sun) 21時半頃

【人】 水商売 ローズマリー

─ 回想 ─

[メールを見たベッキーの反応には、せやなぁ、と笑って頷き。]

一番甘えたぁ人もおんなじ風邪ひきさんやから。
ゼリーくらい買うてったげな、な。
赤ちゃんにまでなってもうたらうちらじゃお世話しきれへんし。

[冗談混じりの言葉でウィンクして、寮へと戻る道を歩く。
ベッキーと繋いだままの手のぬくもりは彼女の優しさそのままで。
さっきよりも頬が仄かに赤くなったように思うのは多分寒いせいかなとは思ったけれど、嬉しいと思ってるこちらの気持ちが伝わってるような気がして、微かに笑みがこぼれた。]

(190) 2013/01/27(Sun) 21時半頃

【人】 水商売 ローズマリー

─ 回想 ─

と、ベッキーすまんけど薬やら皆の部屋ぁ届けてくれる?
うち先に大根漬けてくるから。
あ、部屋まわり終わったらうがいと手洗いしてきてな。
ベッキーまで風邪ひいてもうたらあかんし。

[寮に戻り、ベッキーと買いだしてきた品物を選り分けて頼み。
自分はうがい手洗いしてから厨房に向かい、蜂蜜大根を準備した。
その後自分も部屋をまわって様子を見にいったけれど、寝ているようなら声はかけず。
起きていたなら、無理せんようにな、と声をかけて何かしてほしいことがあるならと申し出た。
その後、もう一度厨房に戻ると使った調理器具を片付け。
テーブルに喉痛い人用のシロップあり、と大根の漬物(甘い)あり、とメモをしてから部屋に戻った。]

─ 回想終了 ─

(191) 2013/01/27(Sun) 21時半頃

水商売 ローズマリーは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 21時半頃


【人】 手伝い クラリッサ

[グレッグの問いには弱く頷いて>>188]

 なんだか、やっぱり普段とは違うみたい。
 それは皆に言えるんだけどね。

[グレッグが教材を片付けるのを見、
 それが終われば講義室を出つつ]

 愛の課題は……あれはね、やっぱり……
 経験してみないとわからない――そんな気がするの。
 だから正直、学長先生も無茶振りだって思う。
 まだ二十年しか生きてないわたしたちに
 そんな課題を出すなんて。

[ね。と苦笑いを浮かべたけれど、
 ふと小首を傾げて]

 突っ込んだこと聞いちゃうけれど
 グレッグくんは好きな人とかいるのかな。

(192) 2013/01/27(Sun) 21時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[明日には、ちゃんと大学に行こう。
身体も、いくらか動くようにはなってきたし。
このまま寮にいたら、変な風に考え過ぎてしまいそうだ。]

 …――――

[でも、今日はいいよね。
ちょっとだけ、つかれちゃった。]

(193) 2013/01/27(Sun) 22時頃

【人】 徒弟 グレッグ

[講義室から出て、クラリスと雑談する。
けれども、グレッグはいつもよりも真面目な表情だ。]

………経験か。そうだよな。
プリ姐さんも"恋愛したこと無いから良く分からない"って言ってたし。

[そう言った頃だったか。クラリスがふと疑問を聞いてきて。
ちょっと思案顔になる。]

……好き、か。それって恋愛の話だろ?
好きな人。いるっちゃいるけど、正直恋愛目線で線引きできる気がしねえわ。これは恋なのか。愛なのか。それともどれにも入らないのか。

ただ………そうだな。
"愛"の要素って、何となく、全て晒け出せる事が大事なんじゃないかなーとは思った。
例えば……俺、こう見えて……結構泣き虫なんよ。

……ビックリした?

けど、こういう所を抵抗しないで見せられたなら。
それって愛に一番近いって思うけど……。

(194) 2013/01/27(Sun) 22時頃

【人】 徒弟 グレッグ

ま、何が言いたいかっつーと。
俺が弱くて泣き虫な所、今教えたクラリス以外にも知ってる人がいるってこと。

それって、自分がその人を信頼して、"こいつになら全て任せてもいい"って思っているからこそじゃないかな。ってこと。

[……にしても、どうしたんだろう。
こないだのメールでは"口外したら殺す"っつってたのに、今日はあっさりと口に出せたものだ。
今は恥ずかしさに打ち勝つ何かがあって、そのせいですらっと言えたのかもしれない。何かが何かは分からないが。]

(195) 2013/01/27(Sun) 22時頃

【人】 水商売 ローズマリー

[朝。
今日は喫茶店のシフトはもともと入っていなくて、バーは定休日。
くわえて昨日の無茶振りに応えた御褒美にファミレスのバイトは休みにしてもらえた為、丸一日予定が無かった。

なので、ちょっと惰眠をむさぼるつもりだったけれど、何だか悲鳴みたいなのが聞こえた気がして飛び起き。
続く悲鳴は聞こえなかったから夢だったのかなと思って寝なおそうかともしたけれど、折角起きたのだしと、まだ手つかずの課題に向き合った。
愛とは何か。
一言で説明がつく気もするし、どれだけ語っても足りない気もする。
神代の時代から今に至るまでどれだけの人がこの言葉を口にしてきたのか。
きっと、口にしたことが無い人の方が珍しいだろう、この言葉。
自分だって言ったことがある言葉だけど、信じてもらえてはいなかった。
受け入れてもらえなかった、言葉。]

(196) 2013/01/27(Sun) 22時頃

【人】 水商売 ローズマリー

…愛してる、て。

本気で思ってたのに、なぁ。

[今にして思えば、初めての恋にただ浮かれていただけかもしれないけれど。
それでもあの時は、本気で好きだった。本気でずっと、一緒に居たいと思ってた。
あの気持ちは、愛じゃなかったんだろうか。解らない。]

……むつかし。
皆はもう、書けたんかなぁ。

[結局、一文字も書けないまま。
くぅ、と鳴ったお腹の音に、苦笑が出た。]

どんだけ悩んでも身体は正直やなぁ。

[何か食べようと、自室を出て食堂へと。]

(197) 2013/01/27(Sun) 22時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 うんうん……えっ

[プリシラに経験がないと聞いて驚いた。
 朝語ってくれたのは経験上のものだと思っていたから、そうじゃないならプリシラは人としてできているんだなぁと思いつつ]

 ……ん

[恋愛の話、という言葉には頷いて]

 そうだね。好きにもいろんなかたちがあるもんね。
 LikeだったりLoveだったりAgapeだったり。
 そう、恋愛だけじゃなく、友愛とか家族愛とか、愛ですら色々ある。

[泣き虫と聞けば、えっ。という顔を浮かべた。
 彼の言うとおりすごく意外だった]

 ……そっか。自分をさらけ出せる人、かぁ。
 そうだね、もしグレッグくんにそういう人がいるのなら
 その人をとても大切にするべきだと思うよ。
 そこから論文の冒頭は始まるかもしれない。

(198) 2013/01/27(Sun) 22時頃

【人】 水商売 ローズマリー

─ 食堂 ─

[今は何時位なんだろう、気が付いたら結構良い時間になってる気がする。
今日の講義は1コマだけだし代返頼んであるから心配は要らないけれど、なんだか時間をすごくムダにしたような。
でも今はそれよりも空腹を満たす方が重要だ。
幸い昨日買い出しにいって冷蔵庫の中身は潤沢。]

そういや、ノックス達ってごはんどうしてんやろか。
バナナとか楽に食べれるもんも買うてきとけば良かったなぁ。

[ゼリーはおいてきたけれど、ゼリーばかりじゃ飽きるだろうし。
お粥かおうどんか食べれるもん聞きにいこかな、とか思いながら、何を作ろうか考え始めた。]

(199) 2013/01/27(Sun) 22時頃

【人】 徒弟 グレッグ

[クラリスの驚いた顔>>198に、にしし、と笑う。
やっぱりびっくりした。それが何故か面白くて。]

そうだね。そういう人に出会えて良かった。
俺の場合、兄弟も親にも、自分の弱さ、見せなかったから……

[そう呟く。だからこそ、いつも張り詰めた状態で……
フィルと話して、それが決壊したんだろう。]

だから、そういう方向で論文が書けたらいいな、とか思ってるけど、なかなか進まなくて……

[……と、クラリスの方に向き直り。]

クラリスはどうよ。愛の論文。
どんな感じで書いていくつもり?

(200) 2013/01/27(Sun) 22時頃

水商売 ローズマリーは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 22時頃


【人】 手伝い クラリッサ

 弱虫さんは、きっと受け止めてくれる人が必要だね。

[悪戯っぽく笑うグレッグに、
 もう。と少し気恥ずかしそうな表情を浮かべつつ]

 そっかぁ。
 経験してみてもいざとなると書けないものだよね。

[こく、こくと頷きながら
 自分のことを問われれば、んー。と少し思案し]

 わたしはきっとね、恋愛の過程の、恋にいると思うの。
 だから愛がわかったら書きたいなって思ってるんだけど
 でもその愛までが遠いなぁ。

[時間かかりそうだー。と笑ってみせた]

(201) 2013/01/27(Sun) 22時頃

【人】 徒弟 グレッグ

[弱虫と面と向かって言われるのは、やっぱりちょっと恥ずかしい。
……ま、自分が言い出したことだけどね。クラリスもバカにしてる訳じゃないし、と心の中で言い聞かせ。]

……恋かあ。
相手のことを思うと、胸が痛くなったり。
一緒にいると何故かドキドキしたり、って奴?

[これが、グレッグの中での恋の認識だ。
今までこんな経験したことは一度も無かったけど。]

んー……まあ、相手のことを知って、自分の事を分かって貰わなきゃな。その為には。

[そう話しかける、が、実際自分自身もどうすればいいのかは良く分かっていなかった。]

(202) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

イリス先輩。
ちょっと失礼しますね。

[そう断りを入れてから、駱駝色のトートバッグからスマホを取り出してメールを確認する。短文。それに、メールを返して。再度、時間が掛からずに再びメールが戻ってきた。それに再びメールを返す。]

えっと、先輩。
話しかけておきながら、本当にごめんなさい。
寮で、その、風邪をひいていた先輩から……。

心配なので、私…、先に寮に戻らせてもらいますね。

[目の前のイリス先輩をじっと見詰める。もし、まだイリス先輩の周囲に>>171のように食い下がっている好奇心の塊さんがいれば、>>172のイリス先輩の言葉を裏付けるような言葉にはなっただろうか。確りと周囲にだから無責任な噂を流さないで、と声と視線で駄目押ししつつ、イリス先輩と別れて、寮へと。]

(203) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

―寮―

[すこし、早足。外から風邪を持ち込むのを避ける為寮に戻れば手洗い嗽をして、プリシラ先輩の部屋へと向かった。]

プリシラ先輩。
私です。

[とんとんと軽くノックをした。]

(204) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

【人】 水商売 ローズマリー

─ 食堂 ─

何しよかなぁ。
せっかく昨日買うてきたんやし大根使いたいなぁ思うけど…

[ついでに風邪引きーずの食事にも出来そうなの、と考えると結構幅が狭まる。
大根と鶏モモを和風だしで煮ようか、とか考えながらとりあえず昨日漬けてた大根の蜂蜜漬けをカリポリつまんで。]

(205) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[ノックの音がする。]

 入っていいよ

[そう答えて、ベットに横になったまま。]

(206) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 うんっ、まさにそれ。
 普段はその人のことばっかり考えて、
 でも目の前にしたら考えてたことなんて吹っ飛んで
 心臓ドキドキして頭真っ白になっちゃう。

[恋愛下手なのかもしれないね、とはにかんだ。]

 でも――わたしはきっと相手の表面的な部分ばかり好きになって、本当にその人のすべてを知ってるわけじゃなかったんだって。
 なのに相手のことを知ろうともせずに、好き好き言ってたら、相手だって悩んじゃうでしょ?
 ……今はそういう状態だよ。

[難しいなぁ、と嘆息を零して、誤魔化すようにグレッグには弱く笑んだ]

 それこそ今朝、プリシラ先輩に
 色んな事をご教授頂いたところ、です!
 だから恋愛経験がないって聞いてびっくりしてたの。

(207) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 22時半頃


【人】 水商売 ローズマリー

─ 食堂 ─

こういうん好きなんも、イメージ合わん言われたんやっけ。

[祖父母に育てられた為か、どうも自分の食の好みや言動は年配の人のそれに近いらしい。
見た目と中身が違う、それも相手にとってはマイナスに映っていたようで。]

…ベッキーみたいに、見た目も中身もあったかぁ子ぉやったら。
本気になってもらえたやろか。

[最初から。
遊びのつもりじゃなくて、本気で好きになってもらえたろうか。
わからない。
でも、だからって、ベッキーになりたい訳ではなくて。
あんな風に、温かいと思いあえたのはもしかしたら初めてだったんじゃないかって思うと。]

ベッキーで、良かったなぁ。

[不安を口にできた相手が、彼女で良かった。]

(208) 2013/01/27(Sun) 22時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

いいなぁ、そういうの。"恋してる"って感じがして。
俺、そういうドキドキとか全く経験無いから逆に羨ましいわ。

[今までの相手に対しても、ドキドキと言うよりは"こいつ、うっぜぇなあ"という嫌悪感が先立ってたし。]

………うーん。よくわかんねーけど、それって普通じゃね?

[好き好き言われると悩む、と聞かれて首を傾げる。]

誰だって見られたくない内面の一個や二個はあるだろ。
それを見て、恋を諦めるか。それとも恋を貫くか。それも自由だし。

……あ、相手が自分にそういう所を見せてくれるかっつーのも問題だよな。
それを解消するには……それを臆せず言えるほど仲良くなるか。あるいは先手を打って自分の本当の顔を見せるか……

[そう応える。結局は恋愛って相手がどう出るかも絡んでくるからこそ難しいのかな、と思いつつ]

(209) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

―プリシラの部屋―

[中から聞こえたノックの音に反応する声。失礼しますと声をかけてから、静かに中へと入る。]

先輩、その……、具合の方は大丈夫ですか?

[今朝は起きて部屋の外に出ているのを見たけど、今、ベッドに横になったままのプリシラ先輩の顔を伺う。]

(210) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 博徒 プリシラ


 うん、具合は悪くない

[気分は、あまり良くないけれど。
ぽんぽん、と自分の隣を叩く。
座れよと、いつもの通りに。]

 ありがと、レベッカ
 面倒かけるな

(211) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 水商売 ローズマリー

─ 食堂 ─

[昨日握ったベッキーの手は温かかった。
人の体温が伝わることの心地良さなんて、随分と忘れていた。
ベッキーも心地良かったと思ってくれてたら嬉しいけど、そうじゃなくても良い。
一緒に笑いあって、楽しんでくれただけで充分嬉しかったから。]

…さて、と。
こんなんで腹ぁふくれへんし、ご飯作ろかな。

[よ、と立ちあがり厨房へ向かって。
大根と鶏モモのスープ煮を鍋に仕込むと、一旦厨房を離れてノックスとシメオンの様子を見に行った。]

(212) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 経験ないんだ?
 じゃあグレッグくんはなんていうか
 恋を通り越して、愛に辿り着きそうな感じなのかな。

[さっき言っていた、自分をさらけ出せるその人に、ドキドキといったものはないみたいだ。]

 普通……かなぁ。普通なのかな。

[イリスが自分に話さなかった理由。それがまだわからないから、理解できないからこそ、こちらからは近づけず、スマートフォンにメールが来るのを待っているのだけれど。]

 わ、わたしは諦めないよっ!

[そこだけは確り強調した。大人の世界の恋愛になったら、隠し事の一つ二つあって当然なんだろうけど、自分はまだ幼い。]

 今はね、待ってる。
 こう言ったら受け身に感じられるかもしれないけど、押してばっかりじゃだめだ、時には引くことも大事だってプリシラ先輩が言ってたから。

[どこで得た知識なんだろうね、と小さく笑った]

(213) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 水商売 ローズマリー

─ シメオンの部屋前 ─

シメオン先輩、ノックス、起きてはる?
おなかすいてへん?
食べれそうなら雑炊でも作って持ってくるけど。
あ、他に食べたいもんあるならそれ言うて?

[こんこん、と扉を軽く叩いて。
入っていいと言われたなら中に入って、そうでなければ扉越しに声をかける。
返答があればそれに応じて声を返し、返答が無ければまた後で様子を見にこようとその場を辞した。]

(214) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 水商売 ローズマリー

さてと。
あとはプリシラ先輩も風邪引いてるんやったよな。

…そういやゾーイて大丈夫やったんかな。

[プリシラの部屋に行こうとして、足を止めたのは昨日ゾーイが看病をしていたということを思い出したから。
あんまり体調を崩したりしてるとこは見たことないけれど。]

(215) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

先輩がそういうのなら信じますけど。

[今はそう素直に信じたという態を装う。手で叩く様子に、くすりと笑ってベッドの端に座った。]

大丈夫ですよ。

でも、そこはほらっ。
おかゆを持ってきた時に言う台詞ですから。

そしたら、私が――。
それは言わない約束ですよ、って言うんです。

[にこり、元気づけるように冗談めかして言葉を紡ぐ。]

(216) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 水商売 ローズマリー

[なのでまずは先にゾーイの部屋に行くことにした。]

ゾーイ、居てはる?

[こん、と扉を叩いて声をかける。
が、返事はない。
大学に居るのかな、と思ってそれ以上声はかけず。]

…部屋におれへんってことは、動けてる言うことやんな。

[少なくとも寝込んでる訳じゃないとわかれば、安堵の息がこぼれる。
ゾーイに今起きてることは全く知らないから、呑気なもの。]

(217) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 博徒 プリシラ


 私はじいちゃんかよ

[冗談に微笑んで、隣に座ったレベッカを見る。
体調は、本当に悪くないんだ。]

 ほれみろ、こんなに元気だぞ

[身体を起して、両手をあげてみる。
ぐぅ、とお腹がなった。]

 でも、おかゆは食いたい

(218) 2013/01/27(Sun) 23時頃

【人】 受付 アイリス

― 大学 ―

 ベキ子。ちわー。
 こやつらに言ってやってくれ。
 今の寮内の風邪との激戦を。

[レベッカが近寄ってくれば>>187、声を大きめにしながら答える。]

 あんな論文を求める学長のお陰で、
 大学中桃色視線になっておるよ。

[そう言って手招しつつ、
 会話内容にプリシアの回復や、
 男性陣の見舞いの結果を聞いたりしたかもしれない。

 一息ついたら、
 風邪組から洗濯や掃除などの世話をした分、奢って貰おうとか話す。

 彼女にメールで連絡>>203が来るまでは、そんな会話をしただろうか。]

(219) 2013/01/27(Sun) 23時頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 23時頃


【人】 徒弟 グレッグ

恋通り越して愛か……いや、待てよ……もっと純だった頃はドキドキしたりしてたかも。

[すぐに打ち砕かれたけど。という話はせず。
……にしても、割とあっさり「諦めない」だなんて、よく口に出来るよな……
否定はしないけど、ちょっとだけ注意しとくか。]

まあ無理だけはすんなよ。無理して付き合う恋愛ほど辛い物は無いし。

[そう言った直後だろうか。クラリスが自分の答えを出してきたのは。>>213]

……ああ。俺もそれでいいんじゃね?
焦って近寄りすぎるとウザいって思われたりする事もあるみたいだし。時間掛けて仲良くなんな。

……にしても、はーぁ、ドキドキねぇ。
そういうのは最近じゃスプラッタ小説とかホラーやアクション映画しか感じられないわ。

[恋のドキドキが理解出来ないことをぼやく。]

(220) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

【人】 水商売 ローズマリー

と…ちょっと寄り道が過ぎたな。
いっぺん鍋んとこもどろ。
プリシラ先輩んとこは出来てから聞きにいってもえぇやろ。

[基本的にプリシラは文句を言わないでくれる人だと思うから、甘えて。
どうしても食べられないって言われたら玉子粥でも作ろうと思いながら、厨房に戻った。
大根と鶏モモのスープ煮と玉子焼き、小松菜の胡麻和えを作ると空腹感が強まった。
ので先に一人で食べてから、また風邪引きーずの様子を見にいったり要望聞いたりするつもり。
誰かが来たなら、その限りではないけれど。**]

(221) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

なら、おばあちゃん役でお願いしますね。

[冗談に応じて微笑む様にくすりと笑う。元気な素振りを見せる様子に、風邪の方はもう大丈夫なのかなとは思うけど、病み上がりは無理が禁物。]

はいはい。
でも、お腹が合唱していますよ先輩。

なら、何か持ってきますね。

[栄養をつけておかなくっちゃと思ったので、ベッドから立ち上がって食堂へと向かうだろう**]

(222) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 23時半頃


水商売 ローズマリーは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 23時半頃


【人】 手伝い クラリッサ

 純だったころって。グレッグくんおじさんみたい。

[可笑しそうにくすくすと笑う。
 無理をするな、と注意を受ければ、こくん。と頷き]

 わたしはいつでも〜自然体で〜
 えへへ。辛い恋愛には、したくない、ね。

[それは相手次第の部分もあるかもしれない。
 そう思うと少しだけ胸がもやついた。
 だけれど続く言葉で、肯定の意を貰えば]

 うん。時間、かかるかもしれないけど
 ゆっくり、がんばる。

[ぐ、と握りこぶしを作ってみせた。へこんでいるわけでないけど、やっぱり純粋に恋しているような無邪気な感情とは少し違う、複雑な心境が握りこぶしから力をなくす]

 だいじょぶだよ。
 今は見つからなくても、そもそもわたしたちは、若いっ
 その内、そんな恋にきっと出会えるよ。

(223) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 レベッカさんレベッカさん
 夕飯はまだかいのぅ?

[おばあちゃんをやってみた。
我ながら、出来が悪い。]

 えへへ、ありがとな?
 頼りにしてますよ、レベッカさん

[何か持ってきてくれるらしい。
嬉しそうに、その顔を見ていた。]

(224) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 23時半頃


【人】 小娘 ゾーイ

―― 回想・イリスの部屋 ――

 そうだね。
 話し合いは夕方の方が良いと思う。
 外食?

[>>167 着替えを手伝いながら首を傾いだ。
 自分の身体に服を着せていくのは割と新鮮だ。
 しかし、それより外食という言葉に、]

 何食べようかなぁ

[にやにやしながら、手の動きを早くさせた。
 イリスの準備を終えれば、
 今度は一旦ゾーイの部屋に行き、
 着替えを手伝ってもらった後に外へ。]

(225) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

―― 回想・外食中 ――

 ……うむ。
 悪く無い味だな!

[近場のホテルのモーニングビュッフェを採りながら、
 寮を出る前に知り得た話などを交わす。
 何となくゾーイの口調を真似てみたりもして。
 風邪の話題と同じくらいに味を満喫中。]

 あっちこっちで倒れてるみたいだね。
 課題はどうなんだろう。
 ……兎に角、落ち着かない事には難しいね。

[喋りながら、食べながら、水で飲み下して
 神妙な面持ちで頷いた。]

(226) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

博徒 プリシラは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 23時半頃


フィリップは、夕方には寮に戻ってきている。

2013/01/27(Sun) 23時半頃


【人】 小娘 ゾーイ

―― 回想・赤紅大学 ――

 えぇ?
 本気ですか、先輩……。
 やっぱり中身の問題ですかね。

[>>169 大学にて。
 お互いに軽口を叩き合いながら歩を進める。
 しかし、イリスが友人や後輩に接触し始めると]

 ……。
 

(227) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

[物言いたげな顔で、イリスの後ろを黙って付いた。
 しかし、またしても突きつけられた一言に]

(な、なんですと…)

[>>171 思った以上に面倒な事になっている事を知り、
 心中、後悔しながら呟いた。
 こういうのは否定しても噂は止まらない。
 だから適当に放っておけばいいと思っていたが。
 見立てが甘かったようだ。]

(228) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

【人】 小娘 ゾーイ


 そうなんですよ。
 寮は今、風邪が大流行で。
 そりゃぁもう、これくらいが

[ろくろを回すような仕草で手をくねくねしたかと思えば、]

 これっっっくらいに
 拡大観戦中なのですよ

[ぐわ、と両腕を広げて主張した。
 >>172 補佐に入ったつもりだが上手く凌げたかどうか。]

(229) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

お前なぁ………

[おじさんみたい、の一言に眉をひくつかせる。
色々あったんだよ、こっちも。
すると、"その内素敵な恋に"との声が聞こえ、思わず笑う。]

あははっ、俺もそういう気持ち、分かれば良いけどな。

……あーあ。にしてもいい加減小説だとスリルも足りないよな。
やっぱ映像を見たいんだよな。ホラー映画とかアクション映画とか。見たいわぁ。

[と、話題を切り替える。]

(230) 2013/01/27(Sun) 23時半頃

手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 23時半頃


グレッグは、クラリッサに話の続きを促した。

2013/01/27(Sun) 23時半頃


【人】 小娘 ゾーイ


 こんにちは。

[レベッカが来ると一歩引いた。>>187
 イリスの声を聞きながら、ただにこにこ笑うのみ。]

 ……。

[手持ち無沙汰な状況で空を仰ぎ。
 話が終わり、レベッカが去っていくのなら、
 さようなら、と小さく手を振って見送った。]

―― 回想・了 ――

(231) 2013/01/28(Mon) 00時頃

【人】 手伝い クラリッサ

 ご、ごめんごめん

[眉をひくつかせるグレッグに、謝りつつも小さく笑っている。
 そろそろ寮に着く頃合い。
 分かれば良いけど、と声を上げて笑うグレッグには
 微笑んでうんうんと頷いた。]

 きっとわかるよ。
 ……あ

[ホラー映画、という単語で思い出した。
 部屋には恐ろしい映画四本があるのだ。
 店員さんお勧めだし、一本は実際見て悲鳴を上げたくらいだから怖さは保証出来る。]

 丁度、ホラー映画のDVDがあるんだよ。
 レンタルしてきたんだけど……わたしには、向いてなかった、っていうか。

[吊り橋効果の意味の無さをプリシラに指摘されたことは口にはしないけれど]

 後五日間レンタル期間あるから、それまでにあそこのレンタルショップに返しておいて貰えるなら、渡そうか?

(232) 2013/01/28(Mon) 00時頃

クラリッサは、グレッグからホラー映画の話が出たのは、まさに奇跡的な瞬間だったと改めて思った。

2013/01/28(Mon) 00時頃


【人】 鳥使い フィリップ

― 寮・自室 ―

[寮にもどると、自室にまっすぐ向かう。
 部屋を見回しつつ、少し真面目に勉強しはじめた。

 論文は全く手をつけていない。]

(233) 2013/01/28(Mon) 00時頃

【人】 小娘 ゾーイ

―― 夕刻・図書館 ――

 先輩。
 そろそろ帰りませんか?

[夕刻までの時間潰しにと大学内の図書館に誘った。
 そして陽が傾き始めた頃合で、
 『さるでもわかる経済学』の本を手に
 てこてことイリスの傍に寄り、囁いた。]

 心の準備、出来てますか?

[真面目な顔で、ぼそりと。]

(234) 2013/01/28(Mon) 00時頃

【人】 徒弟 グレッグ

マジで? さんきゅー。見るわ。
俺ホラー超好きだし。

[表情が明るくなる。
ホラーが好きだなんて、変わってる。と思われただろうか。]

ん、了解っと。じゃありがたく頂いとくわ。

[そう言いつつ寮に。]

(235) 2013/01/28(Mon) 00時頃

【人】 受付 アイリス

…はい。
私の方はいつでも。

[こちらは図書館で適当な洋書を開いていた。異なる文字を読み解く作業に没頭していた。]

(236) 2013/01/28(Mon) 00時頃

【人】 小娘 ゾーイ


 そうですか。

[周囲の目を一応気にしてか敬語は崩さない。
 す、と小さな手を差し出して]

 私は正直、ちょっと緊張してます。
 でも、一緒に。

 帰りましょう。

[にっこりと笑った。]

(237) 2013/01/28(Mon) 00時頃

【人】 鳥使い フィリップ

 やらなくちゃな。

[ため息とともに、論文についても、はじめなくちゃと、机で首を傾けた。
 それから、端末を開けると、愛を検索して、いろいろつらつら読み始める。]

(238) 2013/01/28(Mon) 00時頃

【人】 手伝い クラリッサ

――寮――

[グレッグと共に寮へ入ると
 ちょっと待っててね、と自室に入り、
 一本はパソコンに入ったままだったのでそれを取り出して
 合計四本のホラー映画DVDをレンタルショップの袋に入れてグレッグに手渡した]

 わたしの代わりに楽しんでくれると嬉しいよ……

[何の為に借りてきたのか。
 単にトラウマを植えつけただけじゃないか。
 そしてグレッグがホラー映画超好きという言葉が
 全く理解出来なかったのは胸の内に仕舞っておいた]

(239) 2013/01/28(Mon) 00時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 45促)

プリシラ
0回 注目
アイリス
8回 注目
フィリップ
10回 注目
グレッグ
4回 注目
ゾーイ
0回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ノックス
8回 (4d) 注目
ピッパ
0回 (4d) 注目
ベッキー
2回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ワット
0回 (3d) 注目
シメオン
8回 (4d) 注目
ローズマリー
4回 (5d) 注目
クラリッサ
0回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.093 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび