人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 15時頃


【人】 鳥使い フィリップ

― 自室・朝 ―
[自室に戻ってそのまま、寝る。
 起こしてって言ったけど、朝は自分で目が覚めた。
 そして、ふらり、風呂に向かう。

 出てくるのはため息。

 日ごと、苦しくなってきてるなんて、本当、すごく駄目だと思う。
 これは恋なんかじゃないって言い聞かせて、
 言い聞かせて、

 でも、
 やっぱり、そんな感じもすれば、それは、押し隠さなくちゃならないものだとすぐに思った。

 そう、友達でいたい。恋になんてしたくない。
 恋になれば、終わりがきて……。

 そして、もう友達には戻れないこと、知ってるから。]

(146) 2013/01/27(Sun) 15時頃

ベッキーは、フィリップさんの体調も後で確認しようかなと思った**

2013/01/27(Sun) 15時頃


【人】 鳥使い フィリップ

 ――……出てく、かなぁ。

[思いつくのはいつもそれ。
 今までもなんどもそう思って、だけど、居心地はいいからやめて……。

 そう、誰かだけを特別に見始めることなんてしなければ、もう、それでいいのに。
 恋なんて、したことない、そんな時に戻りたい。心の底からそう思う。]

 やっぱ、出てくか……。

[理由はなんでもつけられる。
 少し、遠いけど、家に帰ってしまえばいい。
 ワットの家の花を母に買って帰れるし、
 忙しくなれば、余計なことは考えずにすむ。]

 うん……。

[風呂からあがれば、そう心内決めて、
 朝の準備に部屋に戻っていく。*]

(147) 2013/01/27(Sun) 15時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 15時頃


【人】 博徒 プリシラ

[昨日は、いろんな事があり過ぎた。
熱でボケてて、はっきり覚えてるわけじゃないけれど。
唇に触れた感触は、確かに残っている。

恋心や愛情の形として、口付けと言う物があったはずなのに。
医療行為だから、カウントするなって言われてしまった。
彼にとって、唇を合わせると言う事は軽い事で。
別に好きじゃなくたって、出来るって事なんだよね。
お前の事なんて、好きじゃないよって意味だよね。]

 …――――

[少しいらいらして、馬鹿、とタイピングしてみた。
なんだかとても、虚しくなった。]

(148) 2013/01/27(Sun) 15時頃

【人】 博徒 プリシラ


 何か

[私の知らない所で変わっていく。
変化自体は、小さなものかもしれないけれど。
気がついた時には、もう随分遠い所にいる。

昨夜のゾーイの事だってそうだ。
フィリップの事を夢に見るほど、好きだとは知らなかった。
私はどうだろう、夢に見るほど誰かを好きになったろうか。

心の奥に、何かがある気がするけれど。
それが表に出てくる前に、硬い壁にぶつかってしまう。]

(149) 2013/01/27(Sun) 15時頃

【人】 博徒 プリシラ


 なんか、やだな

[手を伸ばしてしまえば、楽になるんだろうか。
何も考えずに真っすぐ進めば、幸せだろうか。
何にしても、ぐじぐじ考えているのは自分らしくない。
そう思っているのに、身体は動いてくれなかった。]

 …―――

[考える事も、面倒くさい。
意識のはっきりしてる時に、話だけでもしてしまおうか。
考えていたって、留まっていたって、何も変わらない。]

 よし、話しようっと

(150) 2013/01/27(Sun) 15時半頃

プリシラは、フィリップにメールを打った

2013/01/27(Sun) 15時半頃


【人】 博徒 プリシラ

[聞きたい事があるから、私の部屋に顔を出しなさい。

そんなメールを送って、携帯を投げた。
返事なんて、どうでもいい。
来たら来た、来なかったら来なかった、で。
それで、済む話なんだから。]

 ったく

[煙草、減らそうかなぁ。]

(151) 2013/01/27(Sun) 15時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 あ?

[部屋に戻った途端にメールの着信が鳴る。
 見れば、風邪の人だ。]

 ――……呼び出しか。

[正直、行きにくい。
 恋なんて、わからない。そんな人だ。だけど、だから奔放なのか。

 理想の愛を求めて、ひとつの恋が愛に変わるのを信じてるなんて、


 本当に、羨ましい。
 だけど、そんなこと、ありえないって思っている自分は、結局は、彼女をどこか異質に見てしまっているのは確かだ。]

  『聞きたいことってなんですか?』

[そう返信返しながら、授業の支度をして、部屋を出る。
 グレッグが起こしに来る時にはもう、その姿はないだろう。]

(152) 2013/01/27(Sun) 15時半頃

フィリップは、プリシラの部屋をノックした。

2013/01/27(Sun) 16時頃


【人】 博徒 プリシラ

[部屋をノックする音が聞こえた。
早いなおい。]

 はいれー

[携帯がちかちか、光っている。
メールの返事があったのかもしれないけれど。
携帯を見ない私は、気がつかなかった。]

(153) 2013/01/27(Sun) 16時頃

【人】 鳥使い フィリップ

― プリシラの部屋 ―
>>153
[ノックをすれば、はいれという声。
 どうやら、風邪はよくなっているようだ。
 小さく息をついてから、扉をあける。

 ベッドの上、放り出してある携帯。
 その脇には、看病がいろいろなされたあと。
 一通り見回してから、部屋主の姿にしばらく黙ったまま立っていたが…。]

 具合、いいみたいですね。

[ぽつり。]

(154) 2013/01/27(Sun) 16時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 おう、なんとかな
 薬効いたよ、ありがと

[そう答えてはみたものの。
彼は、やはり居心地が悪そうで。]

 んー、っと

[なんとなく、こちらも言葉に困った。]

 えっと、さ
 うんと、さ

[はぁ、こういうのは馴れてない。]

 昨日の、事なんだけど

(155) 2013/01/27(Sun) 16時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

[そのまま、プリシラの言葉を待っている。
 腕を組んで、扉は一応閉めて背中をつけた。]

 昨日の……。

[もちろん、それが何のことだか、わかる。]

 ――……昨日の、謝ればいいんですか?



                  キスしたこと。

[じいっと……プリシラを見たまま。]

(156) 2013/01/27(Sun) 16時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 き、きすは、きすだけど
 医療行為だから、カウントすんなっつったじゃん

[どんな顔をしてればいいのか、わかんなくて。
足をばたばた、揺らしながら。
時折、頭をかいている。]

 ちょっと、な
 私には女としての魅力はないって言われてるみたいで
 仕方なくしてやったんだよって言われてるみたいで
 ちょっとだけ、悲しかった

 こう、色々考えたんだけど
 結局、わかんなくって
 直接言って貰えばわかりやすいかって思って

 なんであんな事、したわけ

(157) 2013/01/27(Sun) 16時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>157
[脚を揺らしながら、話す様子には戸惑いが見える。
 対照的にこっちは、ほぼだんまり。
 だけど、態度を変えることはない。]

 カウントしないなら、気にしないでしょう?
 プリ先輩が女としての魅力がないとか言ってないですよ。

[ちょっとだけ悲しかった、には、目を一旦伏せる。]

 ちょっとだけなんだ……。

[その言葉をプリシラはどう感じただろう。
 けれど、構わず、続ける。]

 なぜしたか?ですか?
 先輩が薬飲まないからです……。

(158) 2013/01/27(Sun) 17時頃

【人】 鳥使い フィリップ

[そこで一旦区切って……。]

 あと………。
 愛も恋も知らないって堂々としている貴女を




 傷つけたかったんです。

[それは悪意と受け取るだろうか。ともかく、表現するならば、それが一番近い気がした。]

(159) 2013/01/27(Sun) 17時頃

【人】 博徒 プリシラ


 気にするだろう、普通
 熱が冷めてきてから、そればっかで
 妙にいらいらしたり、そわそわしたりで、落ち着かない

[気にしないでしょう、なんていわれたけれど。
気になるにきまっている。]

 傷つけたかった、か
 いっぱい傷つきは、したけれど
 それが嫌だと、言ってるんじゃなくて
 謝ってほしいわけでも無くて
 こういう経験がないから、きっと
 私に気持ちがないなら、先にそう言っておいてほしい
 お前のたった一度の気まぐれに、引きずられて
 私だけ、変に意識していくのは嫌だ

(160) 2013/01/27(Sun) 17時頃

フィリップは、プリシラの言葉には、やや意外そうに…。

2013/01/27(Sun) 17時頃


【人】 鳥使い フィリップ

>>160

 へえ……。

[プリシラを見つめる目つきはやや熱帯びる。
 それから、背を扉から離すと、プリシラに寄って……。その顔の前、顔を近づけた。]

 先輩、可愛いですよ。
 先輩に恋はしていないけれど。

 先輩は、俺が好きなんですか?
 もっかい、俺とキスしたい?

[そのあとに、顔をぐっと近づける。
 手は伸ばさない。まるで、口づけるような角度で。]

 

(161) 2013/01/27(Sun) 17時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 な、なんだよ

[近寄る顔に、目を逸らしてみるけれど。
なんとなく、動きたくなくて。
更に寄って来る顔から、逃れる事はしていない。]

 私の事、そう言う目線でみてくれない人とは
 キスしても、嬉しくない

 でも、やっぱり初めてだったから
 他の何より、きっと、特別だったんだとおもう
 だから、本当に私がキスしたくなる前に
 ダメだよって、言っておいてくれたら
 楽になるんじゃないかなって、思った

(162) 2013/01/27(Sun) 17時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 先輩……。あのさ、違うと思いません?
 そういう目線でって、先輩は、自分に最初からベタ惚れの男を探してるんですか?
 それって…。
 すごい受身じゃないですか?先輩自身の気持ちは見えない。

[嬉しくないと言われても、表情は変わらない。]

 俺は、駄目だよ、なんて言わないですよ?
 先輩が俺のこと好きなら、駄目なんて言わない。

[逃げたり、もしくは引っぱたくことだってできるだろう。そう、手は出さない。いつだって、逃げることはできる。]

 俺は、俺自身を好いてくれる人を邪険にはしないですよ。誰でもいい、じゃなくて、俺って選んでくれるなら。だから、今、やめてほしいなら、簡単です。

 そういう意味でお前なんか好きじゃないって、
 恋なんかじゃないって言えばいいんです。

 そしたら、きっと楽になります。

[また笑む。]

(163) 2013/01/27(Sun) 17時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 ち、ちがう、そう言うんじゃない
 そう言う意味じゃ、なくって、だな

[受け身だとかじゃ、無くって。
そういうんじゃなくて。]

 うんと、えっと、ほら
 私って、あんまり色恋の話ってして貰えないからよ
 恋人がいたり、他に好きな人が居たりすると、迷惑じゃん
 そんな話を、少し、聞いたしな

[ゾーイの話もあったし。
私は、知らない話が多すぎて。
そう言う気持ちになる前に、と思ったんだけどな。]

 お前に好きな人がいたりしたら、面倒だろう

(164) 2013/01/27(Sun) 18時頃

【人】 博徒 プリシラ


 だから、ほら、な?
 まだ、お前に恋してるってわけじゃないけど
 頭から離れないのは、間違い無くて
 それを、私が変に勘違いして
 これが恋なんだって、思ってしまう前に
 違うんだよって、言って欲しかったの
 わかんなく、なってきちゃった

[つい昨日まで、後輩だったのにな。
目線が変わると、世界が変わっていく気がする。
今は、ただ近くにいるだけで恥ずかしい。]

 今は、多分、好きじゃない
 でもこれから、好きになるかもしんない
 だから、怖くなっただけなんだ

(165) 2013/01/27(Sun) 18時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>164>>165
 そう……先輩は、やっぱり先輩だな。
 じゃ、俺のことなんてどーでもいいですね?

[距離はそれ以上は縮まらず、
 その話を聞いて……ため息をついた。]

 俺は、先輩のこと、好きになるかもしれないよ?
 それは先輩と同じ。
 でも、違うんだよって言ってほしいなら、今はそう言うよ。

 そのほうが楽なんでしょ?
 怖いのはいやなんでしょ?
 先輩がそのほうがいいなら、それで終わりだね。

[そして、身を引いて、背中を向けた。]

 ――……うん、じゃ、違いますよ。

[そのまま、振り返らずに扉に向かう。]

(166) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 受付 アイリス

― 朝・イリスの部屋 ―

大体、皆が揃うのは夕方以降でしょうか。
朝は皆慌しいでしょうから、その時にしますか?

[クラリスの時ほどでなくても、自分で身支度をするには難易度の高いスペック。ゾーイの手でやって貰いながら着替えを終えれば]

そこで何か言うのも、
誤魔化すのも面倒になりそうですし、
どこか外で朝は食べませんか。

[一昨日の出来事を思えば、面倒は少ない方がいいからと軽く説得。]

(167) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 受付 アイリス

― 朝・外食 ―

風邪が流行ってるみたいですね。

[近場のホテルのモーニングビュッフェを採りながら、寮を出る前に知り得た話などを交わす。プリシラの抱き枕ったゾーイの方はやはり大丈夫なのだろう。ここまで健康だと我が事ながら笑うしかない。]

ユーメ先輩もアルベールも揃ってダウンとか…
エルバ先輩がここのところ寮を離れているのって、実家優先だったりするんでしょうか。
エクスナーも、あの課題は終わらせたんでしょうか。

[自身はそれどころじゃない日々を過ごした事もあるが、元はと言えば契機はあの掲示からだった気もする。人間関係の変化は。]

(168) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 受付 アイリス

― 赤紅大学 ―

 なんだか時折視線を感じるのだけれど、
 今頃になって私の美貌が噂にのぼっている展開とかかな。

[無論そんな空気ではない事は察していたが、大学中を駆け巡っているわけでもないだろうと、努めて明るく振舞う。]

(169) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 受付 アイリス

 メール?
 ああ、携帯さんはちょっと御歳を召されまして…
 でも買い換えるにはまだまだ愛着が。

[大学の休み時間。
 人目に付く前に避難しようとして、
 声が背から掛けられる。笑みで振り向いた。

 昨日はどうしたの?

 そんな話から始まった。
 心配しているような顔もあれば、
 何かわだかまりがあるような顔もある。
 どこまでがイリスの友人で、
 それ以外なのかは判らない。ただ笑顔で聞き続ける。]

(170) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 受付 アイリス

 なんですと?
 私とフィリップが。

[そこで初めて、イリス達の噂と尾ひれの行方について耳にした。
 視線の理由も。
 この中に昨日直接尋ねてきた相手>>3:138はいなかったか。
 寮内で病人が多発していて元気な人間同士が協力している点や、
 ヤドカリが逃げたなどの話などを駆使してみるが、
 効果の程は如何様にか。

 でもでも寮の後輩の子がそれを知って悲しんでるとか…

 途中、どこかから食い下がる声がどこからかあがれば、
 冷静を装いつつも落ち着き辛い。]

(171) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 受付 アイリス

 なんでやねん。

(違う。彼女が悲しんでたのはこっちの事情だ。)

 だから言ったとおり、寮内で風邪が大流行で。
 そりゃあもう、

[肩を竦め、深刻そうな顔を作る。]

 クラリッサもそうだけど、
 ローズマリーとレベッカがいなければもうどうしたことかだよ。

[だから今は寮の動ける皆はそれどころではない、と取り合えず押し通す。
 この取り合えずで墓穴を何度も掘っている自覚はあるが、
 今回ばかりは誤魔化しを吹聴して収められる話ではない。結局、自力か他力で、何とかやり過ごせただろうか。**]

(172) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 18時半頃


【人】 博徒 プリシラ


 違う、どうでもよくなんて

[そんな事、ない。
なんでだろう、今はとても悲しい。
離れていく姿が、とても寂しい。]

 そんなんじゃ、なく、て

[美味く言葉が出てこない。
違うって、言って欲しいって言ったのに。
怖いって言ったのは、自分なのに。]

 だって…――――

[ずっと頭から離れなくなって。
心がそれでいっぱいになって。
自分がどうにかなってしまいそうで。
ダメって言われたら、私はきっと。]

(173) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 今でもこんなに

[いっぱい、考えているのに。
これ以上ってなったら、私はどうなってしまうんだろう。]

 特別なのに

[私はどうしたいんだろう。
自分の頼んだ通りだったのに。
なんでこんなに、悲しいんだろう。]

(174) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[出て行こうとする後ろ姿に、手は伸びる。
もし届いたなら、肩を掴むし。
届かなかったなら、そのまま。]

 恋とか愛とか、まだわかんなくて
 人を好きになるって、よくわかんなくて
 心細くって、怖くって、寂しくって

 今のこれが、本当なのかとか
 本当にこれでいいのかとか
 ぜんぜん、わかんないけど

[どちらにしても、声は投げる事になるのだろう。]

 もっと、好きになっていっちゃ、ダメかな

(175) 2013/01/27(Sun) 19時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 45促)

プリシラ
0回 注目
アイリス
8回 注目
フィリップ
10回 注目
グレッグ
4回 注目
ゾーイ
0回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ノックス
8回 (4d) 注目
ピッパ
0回 (4d) 注目
ベッキー
2回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ワット
0回 (3d) 注目
シメオン
8回 (4d) 注目
ローズマリー
4回 (5d) 注目
クラリッサ
0回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.07 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび