人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時頃


【人】 鳥使い フィリップ

>>4
[中で何かがあったこと、知らないまま、イリスの部屋の扉を開けて、
 中にいるイリスにヤドカリの入ったコップを差し出した。]

 うん、これ、ヤドカリ。
 イリス先輩、どうします?これもってクラリッサ、っていうかゾーイ?のとこ、いこっか?

[そのイリスの中身がゾーイになっているなんて知らずに。]

(13) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 00時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

>>17>>19
[イリスが返事をするけれど、
 その口調に、あの圧倒感がない。

 いや、今、元気がないだけかとも思ったけれど。]

 うん、さっきクラリッサすれ違ったけど、
 ヤドカリのこと、見向きもしなかった。

 俺にヤドカリ探せっていったのに、ガン無視って可笑しいよな。
 だから、そう、思う。

 イリス先輩がいうとおり、
 多分、ゾーイとクラリッサ、入れ替わってたんだな。

[そして、ヤドカリをイリスに渡した。]

(24) 2013/01/27(Sun) 00時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 ああ、でも、今日はもう遅いから。
 明日がいいかな。

 なんか、変な噂も流されてるみたいだから、
 俺もあんま、イリス先輩とこいないほうがいいみたいだし。

[そして、また、と部屋から出ていこうとする。]

(29) 2013/01/27(Sun) 01時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>32

 ああ、うん、言ってない。
 さっき、確信したばかりだし。

 まぁ、俺は、ヤドカリ探し、手伝っただけだから、今後のことは、イリス先輩の言う通りに動くよ。

[そして、ふうっと息をついて。]

 まったく、クラリッサとゾーイが悲しんだら絶対許さない、ってあの脅し。怖かったっすよ。
 本当、大事なんすね。彼女らが。

[そして、おやすみ、と廊下に出て、扉を閉めた。]

(35) 2013/01/27(Sun) 01時頃

フィリップは、ゾーイを見ると、少しだけ瞬いた。

2013/01/27(Sun) 01時頃


【人】 鳥使い フィリップ

>>40

 あ、おやすみ

[ゾーイがやってきて、そのまま、当たり前のようにイリスの部屋に入っていく。
 それを少し呆然とみていたけれど、今、イリスの部屋にもどる理由はないと思ったので、そのまま、自室に向かうつもり。]

 ん?グレッグ?

[その先には、プリシラの部屋から出てくるグレッグを見た。]

(42) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 プリ先輩んところ、行ってくれてたんだ。さんきゅ。
 プリ先輩、よくなってたか?

[そう聞きながら、グレッグに近寄っていく。]

 おまえも、風邪とかひくなよ?
 ま、じょーぶそうだから、大丈夫?

[その顔を覗き込んで笑んだ。]

 大丈夫なら、ちょっと飲まないか?

[そんな誘いもしつつ…。]

(51) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 なんかね。
 いろいろあるよな。

[あっさり同意するグレッグに笑って、じゃ、とキッチンの冷蔵庫に向かう。
 そして、缶ビール二本、ストックしてたのを取り出すと…。]

 えーっと、おまえの部屋でもいい?

[聞いて、返事も待たずに歩き出した。
 嫌がられれば、自分の部屋に向かうだろうけど、そうじゃなければ、上がり込むつもり。]

(58) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

― グレッグの部屋 ―
>>61
[グレッグの部屋。見回すと、メタルなポスターがあって、ギターがすぐに目に付いた。]

 ふぅん、ギターとかすんだ。
 知らなかったな。

[座って、ぷしゅりと缶開けて、眺めながら飲み始める。]

 じゃ、今度弾いてみてよ。
 今はさすがに真夜中だしね。

[そんなことを言いながら、半分くらい、ずびびと飲んでいる。
 決して強くはないくせに。]

 プリ先輩も、風邪じゃなかったら、……

[誘うのになぁ、とか言いかけて、ふと、止まる。
 いや、さすがに、あんなことしちゃったから、寄れないかなぁ、とも思い返しながら。]

(66) 2013/01/27(Sun) 02時頃

フィリップは、プリシラがげんきになってるはよかったといいつつ**

2013/01/27(Sun) 02時半頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 02時半頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 09時頃


【人】 鳥使い フィリップ

>>118

 わかった。期待する。
 俺も、なんかしよっかなぁ。高校時代とか部活とかしてたん?いや、俺はしてないけど。

[そんなこと聞きつつ、くぴり]

 ん、そだな。プリ先輩早く元気になるといいな。
 あの人みたいなムードメーカーがいてくれるとこう、明るくなるし。

 ゾーイも、真面目そうで、
 結構可愛いとこあるよな。

[ゾーイたちのことを少し思い出しつつ。]

(119) 2013/01/27(Sun) 09時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 09時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

>>120

 うん、帰宅部。
 正しくは、そのあと、親の店の手伝いしてた。

[お店は、買い出しとか、力作業とか結構あったのでした。]

 軽音かぁ、
 そういう連中見てたよ。気持ちよさそうだなぁ、とは思ってたけど。
 ふぅん、じゃ、やっぱ期待するかな。

[そんなこと、いいつつ、聞いてもいい?には、さほど気にせず、なに?と。]

(121) 2013/01/27(Sun) 10時頃

【人】 鳥使い フィリップ

 ああ、
 俺、ゾーイからそんな風に呼ばれたことないよ。
 考えたこともないなぁ。

 まぁ、本当はあんまりバードマンって名前、かっちょわるいから呼ばれたくないんだけど。

[で?それがなに?という感じ]

(123) 2013/01/27(Sun) 10時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 え?
 気になったって?

 っていうか、俺、ゾーイはそれでもグレッグに気があるんじゃないかなぁって思っているんだけど。
 だって、やけに絡んでくるじゃないか。おまえに。

[グレッグに首を傾けて…。]

 っていうかさ、そんなに気になるなら、
 一回ゾーイにそれとなくアピールしてみたら?
 俺、代わりに言ってやるとかヤだからな。

[そして、グレッグはゾーイが気になるからそんなことを聞くのだろうと思っている。]

(126) 2013/01/27(Sun) 10時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

[聞いておきつつ、誤魔化そうとしてるので、横目でちらっと見た。]

 ま、どーでもいいけど。

[ちょっとぷん、とした。そして、くぴりと飲み干すと、ごろん、と寝転がる。]

 なんか、今日もいろいろあったなぁ。

[そして、寝の体制です。素直に眠くなる人。]

(128) 2013/01/27(Sun) 11時頃

フィリップは、グレッグの言葉にはぁあ??と不機嫌そーな声を出した。

2013/01/27(Sun) 11時頃


【人】 鳥使い フィリップ

 なんで?なんで?ゾーイが俺に好意があるとか思うわけ?

[いきなり絡みになりました。]

 ――……俺、ゾーイのことはなんも思ってないし。
 つか、なんか、イリス先輩とも噂されてたみたいだし。
 そういうの、なんでみんな好きなんだろうな。

[そして、むーっとグレッグを睨むけど、睨んだ先はもういなかった。寝転がってたから。]

(130) 2013/01/27(Sun) 11時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 もういい。

[なんか勝手に怒り出しています。酔っぱらいです。
 そして、むくっと起き上がると、毛布をグレッグにばさっとかけて、自室に戻ろうとふらふら歩き出す。]

 明日、寝坊しそうだから、起こして。
 じゃあな。

[そう声をかけるけど、もうグレッグは寝てしまってるかもしれない。
 そして、そのまま自室に戻っていった。**]

(131) 2013/01/27(Sun) 11時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 11時半頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 15時頃


【人】 鳥使い フィリップ

― 自室・朝 ―
[自室に戻ってそのまま、寝る。
 起こしてって言ったけど、朝は自分で目が覚めた。
 そして、ふらり、風呂に向かう。

 出てくるのはため息。

 日ごと、苦しくなってきてるなんて、本当、すごく駄目だと思う。
 これは恋なんかじゃないって言い聞かせて、
 言い聞かせて、

 でも、
 やっぱり、そんな感じもすれば、それは、押し隠さなくちゃならないものだとすぐに思った。

 そう、友達でいたい。恋になんてしたくない。
 恋になれば、終わりがきて……。

 そして、もう友達には戻れないこと、知ってるから。]

(146) 2013/01/27(Sun) 15時頃

【人】 鳥使い フィリップ

 ――……出てく、かなぁ。

[思いつくのはいつもそれ。
 今までもなんどもそう思って、だけど、居心地はいいからやめて……。

 そう、誰かだけを特別に見始めることなんてしなければ、もう、それでいいのに。
 恋なんて、したことない、そんな時に戻りたい。心の底からそう思う。]

 やっぱ、出てくか……。

[理由はなんでもつけられる。
 少し、遠いけど、家に帰ってしまえばいい。
 ワットの家の花を母に買って帰れるし、
 忙しくなれば、余計なことは考えずにすむ。]

 うん……。

[風呂からあがれば、そう心内決めて、
 朝の準備に部屋に戻っていく。*]

(147) 2013/01/27(Sun) 15時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 15時頃


【人】 鳥使い フィリップ

 あ?

[部屋に戻った途端にメールの着信が鳴る。
 見れば、風邪の人だ。]

 ――……呼び出しか。

[正直、行きにくい。
 恋なんて、わからない。そんな人だ。だけど、だから奔放なのか。

 理想の愛を求めて、ひとつの恋が愛に変わるのを信じてるなんて、


 本当に、羨ましい。
 だけど、そんなこと、ありえないって思っている自分は、結局は、彼女をどこか異質に見てしまっているのは確かだ。]

  『聞きたいことってなんですか?』

[そう返信返しながら、授業の支度をして、部屋を出る。
 グレッグが起こしに来る時にはもう、その姿はないだろう。]

(152) 2013/01/27(Sun) 15時半頃

フィリップは、プリシラの部屋をノックした。

2013/01/27(Sun) 16時頃


【人】 鳥使い フィリップ

― プリシラの部屋 ―
>>153
[ノックをすれば、はいれという声。
 どうやら、風邪はよくなっているようだ。
 小さく息をついてから、扉をあける。

 ベッドの上、放り出してある携帯。
 その脇には、看病がいろいろなされたあと。
 一通り見回してから、部屋主の姿にしばらく黙ったまま立っていたが…。]

 具合、いいみたいですね。

[ぽつり。]

(154) 2013/01/27(Sun) 16時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

[そのまま、プリシラの言葉を待っている。
 腕を組んで、扉は一応閉めて背中をつけた。]

 昨日の……。

[もちろん、それが何のことだか、わかる。]

 ――……昨日の、謝ればいいんですか?



                  キスしたこと。

[じいっと……プリシラを見たまま。]

(156) 2013/01/27(Sun) 16時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>157
[脚を揺らしながら、話す様子には戸惑いが見える。
 対照的にこっちは、ほぼだんまり。
 だけど、態度を変えることはない。]

 カウントしないなら、気にしないでしょう?
 プリ先輩が女としての魅力がないとか言ってないですよ。

[ちょっとだけ悲しかった、には、目を一旦伏せる。]

 ちょっとだけなんだ……。

[その言葉をプリシラはどう感じただろう。
 けれど、構わず、続ける。]

 なぜしたか?ですか?
 先輩が薬飲まないからです……。

(158) 2013/01/27(Sun) 17時頃

【人】 鳥使い フィリップ

[そこで一旦区切って……。]

 あと………。
 愛も恋も知らないって堂々としている貴女を




 傷つけたかったんです。

[それは悪意と受け取るだろうか。ともかく、表現するならば、それが一番近い気がした。]

(159) 2013/01/27(Sun) 17時頃

フィリップは、プリシラの言葉には、やや意外そうに…。

2013/01/27(Sun) 17時頃


【人】 鳥使い フィリップ

>>160

 へえ……。

[プリシラを見つめる目つきはやや熱帯びる。
 それから、背を扉から離すと、プリシラに寄って……。その顔の前、顔を近づけた。]

 先輩、可愛いですよ。
 先輩に恋はしていないけれど。

 先輩は、俺が好きなんですか?
 もっかい、俺とキスしたい?

[そのあとに、顔をぐっと近づける。
 手は伸ばさない。まるで、口づけるような角度で。]

 

(161) 2013/01/27(Sun) 17時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 先輩……。あのさ、違うと思いません?
 そういう目線でって、先輩は、自分に最初からベタ惚れの男を探してるんですか?
 それって…。
 すごい受身じゃないですか?先輩自身の気持ちは見えない。

[嬉しくないと言われても、表情は変わらない。]

 俺は、駄目だよ、なんて言わないですよ?
 先輩が俺のこと好きなら、駄目なんて言わない。

[逃げたり、もしくは引っぱたくことだってできるだろう。そう、手は出さない。いつだって、逃げることはできる。]

 俺は、俺自身を好いてくれる人を邪険にはしないですよ。誰でもいい、じゃなくて、俺って選んでくれるなら。だから、今、やめてほしいなら、簡単です。

 そういう意味でお前なんか好きじゃないって、
 恋なんかじゃないって言えばいいんです。

 そしたら、きっと楽になります。

[また笑む。]

(163) 2013/01/27(Sun) 17時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>164>>165
 そう……先輩は、やっぱり先輩だな。
 じゃ、俺のことなんてどーでもいいですね?

[距離はそれ以上は縮まらず、
 その話を聞いて……ため息をついた。]

 俺は、先輩のこと、好きになるかもしれないよ?
 それは先輩と同じ。
 でも、違うんだよって言ってほしいなら、今はそう言うよ。

 そのほうが楽なんでしょ?
 怖いのはいやなんでしょ?
 先輩がそのほうがいいなら、それで終わりだね。

[そして、身を引いて、背中を向けた。]

 ――……うん、じゃ、違いますよ。

[そのまま、振り返らずに扉に向かう。]

(166) 2013/01/27(Sun) 18時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>173>>174

[背中からぽつりぽつり、
 毀れる言葉は聞こえている。

 一度立ち止まり、目を閉じた。
 でも、また開いて外に出て行こうとしたとき、]

(176) 2013/01/27(Sun) 19時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>175
[伸びてきた手が肩をつかんだから、ゆっくり振り向く。
 ――…紡がれる言葉はその顔を見ながらじっと聴いて…。]

 ――……わからないのは、
 今まで、そうなったことがないからでしょ?
 だったら、わからないのは当たり前だし。
 でも、
 好きになるのに、駄目なんて、ないんじゃない?

[手を振り払うことはない。しかし、手が伸びることもない。

 でも、表情は、小さく、笑んで……。]

 好きになるかどうかは先輩次第だし、
 そんな先輩を俺が好きになるかどうかも、これからだと思う。

 でも、さっきより、今のほうが俺も先輩好きだよ。

[そう告げて……肩においた手に手を重ねて、そうっと離す。]

(177) 2013/01/27(Sun) 19時頃

【人】 鳥使い フィリップ



 じゃ、また。


[置いていた鞄を拾うと、扉を開けた。
 そして、ひらり手を振って出ていく。]

 あ、今度、桃缶持ってきますね。

[最後はそんな声で、扉を閉めた。**]

(178) 2013/01/27(Sun) 19時頃

フィリップは、今日は授業、まるっとサボっている。

2013/01/27(Sun) 20時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

― 公園 ―

[プリシラとデート?みたいなものをした公園。
 今日は天気がいい。
 大学に行くべきだったけど、気が向かなかった。

 そのまま、一人で、街をふらふらして、適当にCDとか買って、適当に食べて、そして、ここに来て、ただ、芝生で寝てた。


 いわゆるガス抜きだったけど。]

 ――……あ、母さん?

[そのうち、携帯電話で、母と話している。*]

(185) 2013/01/27(Sun) 20時半頃

フィリップは、夕方には寮に戻ってきている。

2013/01/27(Sun) 23時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

― 寮・自室 ―

[寮にもどると、自室にまっすぐ向かう。
 部屋を見回しつつ、少し真面目に勉強しはじめた。

 論文は全く手をつけていない。]

(233) 2013/01/28(Mon) 00時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:フィリップ 解除する

生存者
(5人 45促)

フィリップ
10回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.101 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび