人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 徒弟 グレッグ

なんでもない。気にしないでくれ。

[逆に聞かれ、慌てて誤魔化す。
そして、「アピール」という言葉に目を見開く。

……成る程。

やっぱ、フィルからは俺とゾーイが好き合ってるって見える訳ね。]

あははっ、アイツにか?面白いこと言うよな。

[適当に言った。……このフィルも相当鈍いよなあ、と思いながら。]

(127) 2013/01/27(Sun) 11時頃

【人】 鳥使い フィリップ

[聞いておきつつ、誤魔化そうとしてるので、横目でちらっと見た。]

 ま、どーでもいいけど。

[ちょっとぷん、とした。そして、くぴりと飲み干すと、ごろん、と寝転がる。]

 なんか、今日もいろいろあったなぁ。

[そして、寝の体制です。素直に眠くなる人。]

(128) 2013/01/27(Sun) 11時頃

【人】 徒弟 グレッグ

そう拗ねんなって。……つか、俺からしてみれば逆にゾーイはお前に好意向いてると思うしな。なんとなく。

[>>128ちょっと拗ねられたみたいなのでフォローしつつ。
ごろんと寝転がったので、フィルを素直に泊めとくか。こないだのお返しに。]

んじゃ毛布掛けとくわ。俺も眠いし。

[そう言いつつ自分も寝っ転がる。
そして、程なく夢の中へ……]

(129) 2013/01/27(Sun) 11時頃

フィリップは、グレッグの言葉にはぁあ??と不機嫌そーな声を出した。

2013/01/27(Sun) 11時頃


【人】 鳥使い フィリップ

 なんで?なんで?ゾーイが俺に好意があるとか思うわけ?

[いきなり絡みになりました。]

 ――……俺、ゾーイのことはなんも思ってないし。
 つか、なんか、イリス先輩とも噂されてたみたいだし。
 そういうの、なんでみんな好きなんだろうな。

[そして、むーっとグレッグを睨むけど、睨んだ先はもういなかった。寝転がってたから。]

(130) 2013/01/27(Sun) 11時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 もういい。

[なんか勝手に怒り出しています。酔っぱらいです。
 そして、むくっと起き上がると、毛布をグレッグにばさっとかけて、自室に戻ろうとふらふら歩き出す。]

 明日、寝坊しそうだから、起こして。
 じゃあな。

[そう声をかけるけど、もうグレッグは寝てしまってるかもしれない。
 そして、そのまま自室に戻っていった。**]

(131) 2013/01/27(Sun) 11時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 11時半頃


【人】 小娘 ゾーイ


 良く寝てる。

[眠る"イリス"の頭を優しく撫ぜている。
 時折、鼻先を人差し指の背で軽く触れて、]

 どんな夢、見てるのかな

[くすりと*笑った*]

(132) 2013/01/27(Sun) 12時頃

小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 12時頃


【人】 徒弟 グレッグ

― 翌朝 ―
[フィルの問いかけに反応できない内に帰ってしまって。
……泊まっていってもよかったのになあ、とちょっと残念。

そうしている内に朝が来た。
むくり、と起き上がる。

起こして、っつってたっけかアイツ。まあ時間に間に合えばいいだろ。
……にしても。]

"本人がゲロった"なんて、言えるわけねーだろ……

[そう呟く。だってこれは噂じゃ無くて、本当のことだから。**]

(133) 2013/01/27(Sun) 13時頃

徒弟 グレッグは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 13時頃


【人】 手伝い クラリッサ

――寮内――

[午前中の頃合い。大学に行く準備をした。
 トートバッグにはピッパの論文が入っている。
 風邪で臥せっているというノックスの部屋に向かう。
 中から返事がないのでそっと開けてみるけれど
 本人はいないようだ。]

 ……。

[机の上の書きかけの論文を、そっと手にする。]

 風邪じゃ、提出は難しいのかな。

[言葉とは裏腹に、その論文をトートバッグに仕舞うと、
 シメオンの部屋へ向かった]

(134) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 シメオン先輩。

[多分、中からは咳混じりに返事があっただろう。
 扉を開けると、ノックスの姿もある。]

 論文は完成しましたか。

[答えは否だろう。
 薄ら笑って、風邪を引いてもそばにいる二人を見る]

 嬉しい時に、一緒にいたいって思うのは恋かもしれない。
 でも、辛い時でも一緒にいたいっていうのは
 本当にしんどくても傍にあって欲しいと思うのは
 それは愛なんじゃないんですか?

[二人を見て、少しだけ寂しそうに、笑った。]

(135) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[シメオンは論文に短く何か書いたかもしれないし
 白紙のままかもしれない。
 それは論文の体をなしていなかっただろうけれど]

 大学には、ノックスくんとシメオン先輩
 風邪でまだ出られないって伝えておきますから。

[告げては、シメオンの論文もトートバッグに入れ
 お大事に。と言葉を残して、部屋を後にした。]

(136) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

――大学への路――

[わたしの気持ちはきっとまだ、恋なんだろうと思う。
 恋は愛になる、なんて良く言うけれど
 その境界線はどこにあるんだろう。]

 ……一人ぼっちになっちゃったな。

[惚気る声は消え、静寂の中。
 元々会話は少なかったけれど
 不思議な連帯感が芽生えていたのは事実。
 一人、脳裏で呟いた声―――]

(137) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

 シメオン先輩とノックスくんがうらやましい。
 お互いを想い合って、気遣い合って、
 わたしもそんな風になれたらと思う。

[取り上げた論文に、僅かに双眸を伏せて]

 妬んでいたのかもしれません。
 二人の邪魔をしたくなかったんじゃなくて、
 二人が、にくかった。
 わたしを差し置いてしあわせになりやがってーって
 最低ですよね、わたし。



 ひとりぼっちはさみしいよ。
 イリスせんぱい。

 イリスせんぱいが、傍に居ない時間は
 いろんなことを考えて
 だけどイリスせんぱいを目の前にしたら
 そんなの吹っ飛んじゃって。

 ただ、
 ごめんなさい。

 わたしは―――イリス先輩の気持ちを
 ちゃんと考えてなかったね。
 


【人】 手伝い クラリッサ

[強引に奪った唇は、悲しい味がした。
 あんなのキスのうちに入らない。]

 ――わたし、イリス先輩を傷つけちゃったかな。

[冷静に考えればそうだ、あんなにうんうん唸って、イリスが悩むことなんて、――こう思ってしまうのは驕りかもしれないけど、きっと、わたしのことなんだ。]

 話してくれなかったのには、何か理由があって。

[イリスはまだ悩んでいるかもしれない。
 わたしには話せないかもしれない。
 わたしが行くと余計に彼女を悩ませるかもしれない。
 だから。]

(138) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[ポケットに入れたスマートフォンを取り出し、
 設定を弄った。
 イリスからのメールの時、特別な音が鳴るように。
 ピアノの音が、幸せを運んでくれることを希って]

 ―――待ってます。

(139) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

――大学職員室――

[ピッパと、ノックスと、シメオンの論文を教授に提出する。
 君の分は?と問われ、ゆらりと首を横に振った]

 わたしは、まだ途中です。
 未完成なまま、提出したくないんです。
 本当に、愛っていうものを理解した時に
 その時に、提出します。

 だからもう少し待ってください。

[それとノックスとシメオンの風邪の旨も伝えると
 教授にぺこりと頭を下げ、職員室を後にする。]

(140) 2013/01/27(Sun) 13時半頃

手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 14時頃


【人】 洗濯婦 ベッキー

―回想―

んー、プリシラ先輩の性格を考えると、たぶん大丈夫とは思うんだけど。

[>>3:250 たぶんそう思う。さっぱりした性格かなとは自分は感じていたから。]

実家ではね、よく良く食べていたの。
甘いお漬物だけじゃなくて、甘納豆とか大学芋とか甘いのも食卓におかずとして並んだり。
だから、大好きで平気なんだけど、前にお友達に言ったら、えーっ、ごはんに甘いおかずってそれどうかなっとか言われたり。

[色々と話してくれるローズマリーさんと会話を紡ぐのが楽しくて、すごく嬉しい。ローズマリーさんが桃ゼリー等を選ぶのなら、アルベールさんからのメールでのリクエストかなと思う、寮と連絡をとってくれる彼女に甘えつつ。]

(141) 2013/01/27(Sun) 14時頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

おっきな甘えん坊の赤ちゃんにまで退化しない内に帰らなくっちゃ、ね。

[>>3:259ローズマリーさんから見せて貰ったメールの内容には、その姿を思わず想像してしまいくすくすと笑む。冗談交じりのメールだけど、寮の仲間で気遣っているのが感じられ、心が温かくなる。

そして、ふんわりと優しげに微笑んだ後の小さな呟き。とくんと鼓動が反応し、頬が赤くなった。繋いでいた手から彼女に伝わってしまうと思えば思うほど。]

(142) 2013/01/27(Sun) 14時頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

ただいまっ。
買出しのお届けものです。

[二人で持てる分だけ買い込んだ買い物が終われば、寮へと戻った。ユーメ先輩とアルベールさんにローズマリーさんと一緒に買ってきた桃ゼリーをお届けして。必要なお薬なども配布。流石に、熱で出た汗を拭くのはできないので、それはたぶんメレディスさんかバードマンさんのどちらかに頼む事にしようと思う。どうせなら、二人一緒の方がいいなかな?なんて。たぶん、ユーメ先輩の部屋になりそうな予感。]

(143) 2013/01/27(Sun) 14時頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

遅くなってごめんなさい。
いろいろ買っていたら。あ、リゾット食べてくれたんですね。よかった。

後で、ローズマリーさんがね。蜂蜜大根を用意してくれるみたいなので、持ってきます。風邪をひいた時には人が作ったものの方がいいって言ってくれて。喉にもいいんですよ。

[プリシラ先輩の部屋にも顔を出した。リゾットを完食してくれた事に安堵する。朝の寝ている様子から考えれば、多少体調が戻ったのかなと思った。
布団の膨らみをみれば、ゾーイさんもそこにいると思って、すこし心配したけど、メレディスさんが看病に訪れているので大丈夫かな。それはたぶん、ゾーイさんの寝言が聞こえる大分前の話。
その日は、ローズマリーさんの作ってくれた蜂蜜大根を味わい、風邪を自分もひかないように気をつけて眠りについた**]

―回想終り―

(144) 2013/01/27(Sun) 14時頃

プリシラは、欠伸をしながら自室で寝なおそうかなとおもっている

2013/01/27(Sun) 14時頃


洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 14時半頃


【人】 博徒 プリシラ

[経験のない言葉には、重みが無い。
実感のない言葉には、厚みがない。
子猫が毛を逆立てて、どれだけ大きく見せようと。
爪は小さいし、牙だってないわけで。]

 愛、ねぇ

[自室に戻ると、ベットの傍までノートパソコンを持ってきて。
煙草をくわえながら、何か書こうとしてみたけれど。
結局、何も思い浮かばなくて。]

 だー、もう

[いらいらしながら、煙草を消した。]

(145) 2013/01/27(Sun) 14時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 15時頃


【人】 鳥使い フィリップ

― 自室・朝 ―
[自室に戻ってそのまま、寝る。
 起こしてって言ったけど、朝は自分で目が覚めた。
 そして、ふらり、風呂に向かう。

 出てくるのはため息。

 日ごと、苦しくなってきてるなんて、本当、すごく駄目だと思う。
 これは恋なんかじゃないって言い聞かせて、
 言い聞かせて、

 でも、
 やっぱり、そんな感じもすれば、それは、押し隠さなくちゃならないものだとすぐに思った。

 そう、友達でいたい。恋になんてしたくない。
 恋になれば、終わりがきて……。

 そして、もう友達には戻れないこと、知ってるから。]

(146) 2013/01/27(Sun) 15時頃

ベッキーは、フィリップさんの体調も後で確認しようかなと思った**

2013/01/27(Sun) 15時頃


【人】 鳥使い フィリップ

 ――……出てく、かなぁ。

[思いつくのはいつもそれ。
 今までもなんどもそう思って、だけど、居心地はいいからやめて……。

 そう、誰かだけを特別に見始めることなんてしなければ、もう、それでいいのに。
 恋なんて、したことない、そんな時に戻りたい。心の底からそう思う。]

 やっぱ、出てくか……。

[理由はなんでもつけられる。
 少し、遠いけど、家に帰ってしまえばいい。
 ワットの家の花を母に買って帰れるし、
 忙しくなれば、余計なことは考えずにすむ。]

 うん……。

[風呂からあがれば、そう心内決めて、
 朝の準備に部屋に戻っていく。*]

(147) 2013/01/27(Sun) 15時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/27(Sun) 15時頃


【人】 博徒 プリシラ

[昨日は、いろんな事があり過ぎた。
熱でボケてて、はっきり覚えてるわけじゃないけれど。
唇に触れた感触は、確かに残っている。

恋心や愛情の形として、口付けと言う物があったはずなのに。
医療行為だから、カウントするなって言われてしまった。
彼にとって、唇を合わせると言う事は軽い事で。
別に好きじゃなくたって、出来るって事なんだよね。
お前の事なんて、好きじゃないよって意味だよね。]

 …――――

[少しいらいらして、馬鹿、とタイピングしてみた。
なんだかとても、虚しくなった。]

(148) 2013/01/27(Sun) 15時頃

【人】 博徒 プリシラ


 何か

[私の知らない所で変わっていく。
変化自体は、小さなものかもしれないけれど。
気がついた時には、もう随分遠い所にいる。

昨夜のゾーイの事だってそうだ。
フィリップの事を夢に見るほど、好きだとは知らなかった。
私はどうだろう、夢に見るほど誰かを好きになったろうか。

心の奥に、何かがある気がするけれど。
それが表に出てくる前に、硬い壁にぶつかってしまう。]

(149) 2013/01/27(Sun) 15時頃

【人】 博徒 プリシラ


 なんか、やだな

[手を伸ばしてしまえば、楽になるんだろうか。
何も考えずに真っすぐ進めば、幸せだろうか。
何にしても、ぐじぐじ考えているのは自分らしくない。
そう思っているのに、身体は動いてくれなかった。]

 …―――

[考える事も、面倒くさい。
意識のはっきりしてる時に、話だけでもしてしまおうか。
考えていたって、留まっていたって、何も変わらない。]

 よし、話しようっと

(150) 2013/01/27(Sun) 15時半頃

プリシラは、フィリップにメールを打った

2013/01/27(Sun) 15時半頃


【人】 博徒 プリシラ

[聞きたい事があるから、私の部屋に顔を出しなさい。

そんなメールを送って、携帯を投げた。
返事なんて、どうでもいい。
来たら来た、来なかったら来なかった、で。
それで、済む話なんだから。]

 ったく

[煙草、減らそうかなぁ。]

(151) 2013/01/27(Sun) 15時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 あ?

[部屋に戻った途端にメールの着信が鳴る。
 見れば、風邪の人だ。]

 ――……呼び出しか。

[正直、行きにくい。
 恋なんて、わからない。そんな人だ。だけど、だから奔放なのか。

 理想の愛を求めて、ひとつの恋が愛に変わるのを信じてるなんて、


 本当に、羨ましい。
 だけど、そんなこと、ありえないって思っている自分は、結局は、彼女をどこか異質に見てしまっているのは確かだ。]

  『聞きたいことってなんですか?』

[そう返信返しながら、授業の支度をして、部屋を出る。
 グレッグが起こしに来る時にはもう、その姿はないだろう。]

(152) 2013/01/27(Sun) 15時半頃

フィリップは、プリシラの部屋をノックした。

2013/01/27(Sun) 16時頃


【人】 博徒 プリシラ

[部屋をノックする音が聞こえた。
早いなおい。]

 はいれー

[携帯がちかちか、光っている。
メールの返事があったのかもしれないけれど。
携帯を見ない私は、気がつかなかった。]

(153) 2013/01/27(Sun) 16時頃

【人】 鳥使い フィリップ

― プリシラの部屋 ―
>>153
[ノックをすれば、はいれという声。
 どうやら、風邪はよくなっているようだ。
 小さく息をついてから、扉をあける。

 ベッドの上、放り出してある携帯。
 その脇には、看病がいろいろなされたあと。
 一通り見回してから、部屋主の姿にしばらく黙ったまま立っていたが…。]

 具合、いいみたいですね。

[ぽつり。]

(154) 2013/01/27(Sun) 16時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 45促)

プリシラ
0回 注目
アイリス
8回 注目
フィリップ
10回 注目
グレッグ
4回 注目
ゾーイ
0回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ノックス
8回 (4d) 注目
ピッパ
0回 (4d) 注目
ベッキー
2回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ワット
0回 (3d) 注目
シメオン
8回 (4d) 注目
ローズマリー
4回 (5d) 注目
クラリッサ
0回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.062 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび