人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 鳥使い フィリップ

 プリ先輩んところ、行ってくれてたんだ。さんきゅ。
 プリ先輩、よくなってたか?

[そう聞きながら、グレッグに近寄っていく。]

 おまえも、風邪とかひくなよ?
 ま、じょーぶそうだから、大丈夫?

[その顔を覗き込んで笑んだ。]

 大丈夫なら、ちょっと飲まないか?

[そんな誘いもしつつ…。]

(51) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[扉の向こうから、変な音が流れて来ている。
説明を聞く限り、映画らしい。
というか、パソコン消せないなら電源でもなんでも抜け。
仕方ないな、と言った顔で。]

 わかった、わかった
 消せばいいんだな?
 ほら、入るぞ

[少し落ち着くのを待って、部屋の中に入ろうとする。
入る事が出来たなら、パソコンをシャットダウンするだろう。]

 朝からホラー映画なんて、なんでそんなもん見てるんだ

(52) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 受付 アイリス

先輩じゃなくたって疑います。
だって、常識的じゃないです。

ウィンクラー先輩がわた、フリッチェの体調不良を気にして下さった方が普通、です。

[彼女が気にしたのは自分の言葉であるが、気遣ったのはクラリスの身体だった。自分ではない。ただのメッセンジャー。そしてその場凌ぎに走った軽率な嘘吐き。]

謝らせて欲しい、です。
でも、今はダメ、です。

[嘘吐きは自分の為に嘘をつく。]

だって今の私はゾーイじゃないから。
だから、戻ったら謝らせて下さい。

先輩と、フリッチェの二人に。

(53) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

[よくなってたか、の問いにまあね、と同意の返事を返す。
結構普通にバカやってたし。]

ま、あの分じゃすぐ良くなると思うけど。
……ん、俺?

[あはは、と笑って手を振ってみせる。
自分は丈夫だから平気、と言いたいらしい。]

俺は大丈夫だよ。なんかよくわかんないメンエキが付いてるから。

[そして、飲む事を提案され……]

ん、今から?
へへっ、いいよ。

[割とあっさり同意した。]

(54) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 は、はい、お願いします

[プリシラを室内に招き入れ、
 部屋の隅から様子を窺っていた。
 プシリラがシャットダウンする直前に
 めっちゃ怖い映像が流れると、
 ヒィッ!と声を漏らしたりしつつ]

 い、いえ……

[映像が途切れパソコンがシャットダウン状態に入ると]

 つり橋効果って、御存知ですか?
 怖い場所とかにカップルで行くと、心拍数が上がってそれを恋だと勘違いする心理現象です。

 それを、その、イリス先輩と試したいなと思ってて
 でも四本も借りちゃったから一本くらい見ておこうかと思ったら……

[この惨状です。と真顔で説明した。]

(55) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【独】 徒弟 グレッグ

/*
ベッキーと姐御って共鳴?

(-15) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 小娘 ゾーイ


 ゾーイも優しいんだね

[ゾーイの言葉が痛かった。]

 私はゾーイを傷つけてるんだよ
 クラリッサも、そう

 二人を傷つけてるんだよ?
 なのにさ、
 謝る必要なんて無いのに

[自然とあふれる涙を手の甲で拭った。
 駄目だ、泣き虫すぎて。
 玄関で大きく深呼吸。靴を脱ぎ、中へ。]

 ちゃんと謝らせて下さい。
 ゾーイ、ごめんなさい。

[傍まで歩み寄ると小さな身体でぺこりと頭をさげた。]

(56) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[話を聞いてみると、良くわからない返事が返ってきた。
吊り橋効果を、なんで女同士で?]

 吊り橋効果ぁ?

[心理の授業で、確かそんなのもやったけど。
それって確か、長続きしないんじゃなかったか。]

 クラリッサ、ちょっと座りなさい

[真顔で部屋の隅にいるクラリッサを、手招き。]

(57) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 なんかね。
 いろいろあるよな。

[あっさり同意するグレッグに笑って、じゃ、とキッチンの冷蔵庫に向かう。
 そして、缶ビール二本、ストックしてたのを取り出すと…。]

 えーっと、おまえの部屋でもいい?

[聞いて、返事も待たずに歩き出した。
 嫌がられれば、自分の部屋に向かうだろうけど、そうじゃなければ、上がり込むつもり。]

(58) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

 恋愛心理学の本に載ってて、ついやってみたくって。

[手招きされると]

 は、はい。

[少し緊張した面持ちでプシリラの傍に歩み寄った]

(59) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 受付 アイリス

 えへへ…

[拭って乾いた筈の目尻に涙が滲む。強く目に力を入れて堪えようとする。口元に笑みを浮かべる。頬の筋肉が震える。]

 よいしょっと。

[きっとそれは表層的なモノマネ。それでも明るい声を出して、自分に頭を下げたゾーイを目一杯抱きしめた。]

(60) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 徒弟 グレッグ

俺の部屋?
オッケー。んじゃ来なって。

[そう言ってフィルを自室に招待する。

最近片づけたから悪い印象は持たれないだろう。
ただ、張ってあるとあるメタルバンドのポスターと、隅に立てかけてあるエレキギターは目に付くかもしれないけど。]

(61) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 受付 アイリス

 ごめんなさい合戦をするなら、
 私が優勝しちゃいますよー。

[抱きしめたまま囁く。胸が痛い。痛い。痛い。]

 だから、今はポイしましょう。
 ポイ。

 わたしは、自分がしたいだけだし、
 クラリッサは全く望んでいない事だもん。

[ゾーイの頭を大事そうに撫でる。小柄な頭。自分の、入れ物。]

(62) 2013/01/27(Sun) 01時半頃

【人】 受付 アイリス

先輩。
前回の事を考えると一晩で戻る筈、ですが…
時間が時間ですからもう一晩かかるかも、です。

一晩で戻っても
戻らないままでも、

二人でフリッチェの元に行きませんか。

[明るく、笑いながら]

吃驚したけど、どうせ元に戻るんです。
あまりに奇天烈だったから驚いただけで。

(63) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【赤】 手伝い クラリッサ

[元々静かだったけれど
 彼らの意識が此方から乖離したのか
 ノックスとシメオンの声音が完全に途切れると
 寂しい気持ちにもなった。]

 一人。

[ろくに話もしなかったけど、
 二人とも悪い人じゃない。
 またこの脳裏に響く声で惚気でもしてほしかった。
 風邪でそれどころではないのだろう。]

(*0) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 博徒 プリシラ


 第一、吊り橋効果っていうのは、異性同士でしか効果がない
 危機的状況に陥った時に、死を直感した個体が子孫を残そうとする本能だからだ

[傍に寄ってきたクラリッサに、指を一つ立てて見せた。]

 第二、吊り橋効果でくっついたカップルは長続きしない
 半ば強制的にくっついたカップルだ
 熱が冷めれば、離れて行ってしまう

[二本、指を立てて。
それから、じぃーっとクラリッサの目を見る。]

 最後に、これが一番大事なんだけどな
 吊り橋効果ってのは、相手の感情を捻じ曲げる心理だ
 無理やり、強引に、相手を自分の物にして
 それで、クラリッサは幸せなのか?
 そこに、本当に愛はあるのか?

(64) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 小娘 ゾーイ


 うん…

[自分の身体に抱きしめられる。
 なんだか変な感じだけれど。
 そこには確かに温度があって
 何故だか次から次へと涙が溢れてきた。]

 そう、だね
 明日、クラリッサの所に

[明るい笑みに釣られてなんとか笑みを返す。
 笑えば不思議とくすくすと
 声も続けて漏れてしまう。]

 でも、その姿で
 ポイ、とか言われると何か可笑しい

[ぽい、と仕草を真似た。
 思ったより手が伸びない。]

(65) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 鳥使い フィリップ

― グレッグの部屋 ―
>>61
[グレッグの部屋。見回すと、メタルなポスターがあって、ギターがすぐに目に付いた。]

 ふぅん、ギターとかすんだ。
 知らなかったな。

[座って、ぷしゅりと缶開けて、眺めながら飲み始める。]

 じゃ、今度弾いてみてよ。
 今はさすがに真夜中だしね。

[そんなことを言いながら、半分くらい、ずびびと飲んでいる。
 決して強くはないくせに。]

 プリ先輩も、風邪じゃなかったら、……

[誘うのになぁ、とか言いかけて、ふと、止まる。
 いや、さすがに、あんなことしちゃったから、寄れないかなぁ、とも思い返しながら。]

(66) 2013/01/27(Sun) 02時頃

ゾーイは、アイリスの頭にやっと手が届けば「優しい子。ありがと」と優しく撫ぜた。

2013/01/27(Sun) 02時頃


【人】 手伝い クラリッサ

 なんですって……

[異性同士でしか効果がない、と言われて愕然とした。
 確かに、あの恋愛心理学の本は、
 さすがに同性向けには書いていないだろう。]

 長続きしない……

[それは悲しい。
 はぅ。と小さく息を吐いて俯くと
 プシリラの視線を感じて、上目遣いで視線を合わせ]

 感情を捻じ曲げるなんてそんな……
 ご、ごめんなさい。
 そこまで深く、考えてなかったです。
 無理矢理振り向いてもらっても、嬉しくないです。
 幸せじゃないです。

[そうプリシラの言葉一つ一つに答えると、
 しゅん、と肩を落としてしまう。]

(67) 2013/01/27(Sun) 02時頃

アイリスは、ゾーイに撫でられれば「今の外装が優れてますから」とエヘン。

2013/01/27(Sun) 02時頃


【人】 小娘 ゾーイ


 えぇ?

[優れてるとの声に本気で首を傾ぐ。
 明らかにその姿だと芸人ぽくしかみえない。
 むしろ、]

 いたいの、ぽい。
 ぽい。

 あっ

[こっちの姿の方が……と思ったところで
 大事な事を思い出した。]

 ぞ、ゾーイ。
 大事な、話が、あります。
 

(68) 2013/01/27(Sun) 02時頃

ゾーイは、はい、と申し訳なさそうに小さく指先を全てたてた。

2013/01/27(Sun) 02時頃


【人】 受付 アイリス

 因みにわたしは昨日、
 フリッチェのふりをして過ごしたけど
 見破られまくってたみたい

[イリスの真似を継続しているフリをしながら、
その小さな手>>65を取った]

自分が赦せないなら、
代わりに許して貰いましょう。
フリッチェに。

 こう、
 クラリッサ大明神なむ

[ゾーイの両手を取って、
自分の両手の間に挟んで祈るような手つきをしてみせた]

(69) 2013/01/27(Sun) 02時頃

ゾーイは、アイリスの反応を伺いつつ。

2013/01/27(Sun) 02時頃


クラリッサは、プリシラのお説教?に畏まっている。

2013/01/27(Sun) 02時頃


アイリスは、ゾーイの言葉に「はい?」と笑顔のまま聞く体勢。

2013/01/27(Sun) 02時頃


【独】 受付 アイリス

/*
クラリッサのふりをして過ごしたけど

だ。

(-16) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 博徒 プリシラ


 なんでそんな事しようとしたのか、知らないし
 私なんかが言うのも、なんか変だけどな

[煙草を咥えようとして、人の部屋だと言う事を思い出した。
舌うちして、ポケットから出そうとした煙草をしまう。]

 クラリッサが、相手を好きだって気持ちは本当なんだろうが
 相手の気持ちだって、きっと大事な事なんだよ
 相手に好きになって貰うように、頑張ればいいじゃないか
 無理やり好きになってもらうのは、よくねぇよ
 男が女を無理やり押し倒すのと同じだ
 そこにあるのはただの欲望で、愛じゃねぇよ

[肩を落としたクラリッサの頭を撫でようと、手を伸ばした]

(70) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【独】 受付 アイリス

/*
因みにクラリッサの時ほどトレス準備していなかったのでボロは知らない。

(-17) 2013/01/27(Sun) 02時頃

プリシラは、クラリッサをなでなで

2013/01/27(Sun) 02時頃


【独】 受付 アイリス

/*
フィリップとグレッグに絡んでない。
それ以上にベッキーとローズマリーと絡んでない。
ローズマリーは一度すらリアタイがない。

シメオンは失敗したっきりだったし。

(-18) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 小娘 ゾーイ


 そ、そうだな
 フリッチェに祈るとしよう。
 きっと何とかしてくれるだろう。

[真似をするなら真似をし返すが。
 両手のあいだに挟まれ、祈るような形から
 相手に伝うのは小さな震えだろう。]

 多分これはフリッチェ大明神が
 裸で皆の視線を一手に引き受け、
 前日のショックなど一掃してしまうほどの
 話題をさらってくれないと拭えないんだが…

[沈黙、後に]

(71) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 小娘 ゾーイ


 この姿で
 「フィリップ、付き合おうか」って
 グレッグとプリ子の前でいっちゃった…

[卒倒物の出来事を白状した。
 今夜はお互い、眠れそうにない。]

(72) 2013/01/27(Sun) 02時頃

ゾーイは、アイリスに白状した後に手を合わせたまま「な、なむ…」と視線を逸らした。

2013/01/27(Sun) 02時頃


【人】 手伝い クラリッサ

[私なんか、という言葉には首を振って]

 プリシラ先輩の言葉は、説得力があります。
 なんだか恋愛経験豊富みたいな。

[そして続く言葉には、いつものぼんやりした顔だが、少し眉を寄せていた]

 相手の気持ち――
 わたし。イリス先輩の気持ち、考えたこと
 あったかな……。

[思えば一方的に好きだ好きだと繰り返して
 イリスの気持ちを聞こうとしなかった。]

 わたしは臆病なのかもしれません。
 こんな手を使ってでも、相手の心を手に入れたいって。
 でもイリス先輩の気持ちを聞くのが怖かった。
 ……怖かったん、です。

(73) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 手伝い クラリッサ

[痛い。と、告げたイリスの顔が浮かぶ。
 泣きながら笑っていた、彼女のつよがり。
 私は、きっと彼女を泣かせてしまったんだ。]

 ……。
 プリシラ先輩。ありがとうございます。
 わたし、わたし、ちゃんと好きになって貰えるように
 頑張るから、だから―――

[ひぐ、と泣きそうになるけれど、頭に乗る温もりに、涙を押し堪えて、笑ってみせた]

(74) 2013/01/27(Sun) 02時頃

【人】 受付 アイリス

ぇ……な、なぜ。

[カミングアウト>>72を聞いて演技を忘れて素が出た。]

え? ちょ、ちょっと待て。
ウィンクラー先輩。え?

[ヤドカリを持ってきたフィリップとは会話を引き継いだが、自分達の入れ替わりの話題だけで、そんな話が出てくる理由が判らない。そして何より]

そこのところ、詳しく話して貰えます、か。

[大学での出来事も知らないし、諸々把握していない。これは一晩中話し合いが必要になるかもしれない。]

(75) 2013/01/27(Sun) 02時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 45促)

プリシラ
0回 注目
アイリス
8回 注目
フィリップ
10回 注目
グレッグ
4回 注目
ゾーイ
0回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ノックス
8回 (4d) 注目
ピッパ
0回 (4d) 注目
ベッキー
2回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ワット
0回 (3d) 注目
シメオン
8回 (4d) 注目
ローズマリー
4回 (5d) 注目
クラリッサ
0回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび