人狼議事


173 【突発RP村】夢の通い路

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:



 あの人は、なんて――――。

[少し動くだけで体が痛むというのは、
意外と疲れるものなのだと知った。

ふとした身じろぎもしんどければ、
動かぬよう体を緊張させていてもつらいのだ。

自然と疲労が溜まり、
気が付けばまた、うとうとと。**]


メモを貼った。


【人】 道案内 ノックス

[勇気が欲しいのか。との問いに、少しだけ考える。]

オズの魔法使いに出てくる、臆病なライオンは。
探していた勇気は、最初から持っていた。
……ただ、僕がライオンと同じとは限らない。

[そう言うと、右の手のひらをぎゅっと握りしめた。]

でも。

やっと気づいたんです。
――僕は今まで、人を……人に関わるあらゆるものを怖がりすぎてた。
そして、本当にやりたいことに蓋をしつづけてきたんです。

それは、見方によっては思いやりになるかもしれない。
でも――僕はずっと、ずっと辛かった。

(69) 2014/04/20(Sun) 01時半頃

【人】 道案内 ノックス

さっき図書館で、"自分の事"が書かれた伝記を見ました。
その、幼いときの将来の夢――"歌の仕事がしたい"。

これを見て、気づいたんです。

僕は歌がずっと。ずっと好きだってことを。

そして、その気持ちに、嘘はつきたくない。

――多分、それを我慢するうちに。
忘れてしまったのかな、って。

(72) 2014/04/20(Sun) 01時半頃

【人】 道案内 ノックス

分かった。

[もう、大丈夫。怖い気持ちはあるけれど。人前で歌えない、なんて拒絶感は消えている。
音楽プレイヤーを再び手に取り、プレイリストから――いつものように、自分が勝手に作った一曲を選択する。]

聞いて下さい。『ブレイブ』。

[そう言うと、再生ボタンを押す。
アコースティックギターと、ハーモニカの心地良い音が響き渡る。
とん、とん、と足でゆっくりリズムを取り――]

小さい頃の思い出 好きな歌があった
  溢れる程 沢山の 音に包まれたい

[子どものころの思い出を歌う。優しく、そして何処か懐かしむように。]

大人はいつも言う 「賢く生きなさい」
  怒られる事が怖くて 動けなかった

[表情が変わる。今まで作り上げられた自分。臆病な自分。]

(79) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

【人】 道案内 ノックス

抱え込んだ 悲しみ抑え
 いつしか夢が消えていった
平凡な道が 僕を幸せに
 導いてくれるのかい?

[低い音が力強いメロディーを作り上げる。
伴奏もどこか強い感じになって――]

ごめん 僕はこの言葉は聞けないや
もう誤魔化すのはやめにしよう

幸せになれるかは 分からないけど
少し険しい道を 選んでみるよ

[盛り上げるように、一気に高音に行く。ファルセットを響かせ、自分の気持ちを精一杯歌う。
正直――自分自身でも、ここまで声が出るとは思わなかった。例えここが――夢の世界だったとしても。

――そして、演奏が終わった。]

(80) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

【人】 道案内 ノックス

[歌い終わる。自分の全力だ。 店主さんの言われた言葉>>84に、目をぱちくりさせ、軽く笑う。]

ふふっなんか、本物の魔法使いみたいですね。
原点はあくまで自分です。でもそれでみんなが幸せになってくれたら、僕も嬉しい。

[さて、と軽くのびをする。]

そろそろ、行かなきゃ。

(85) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

【人】 道案内 ノックス

……ふふ、有り難く受け取ります。

[ライオンのぬいぐるみを渡され、>>88それをぎゅっと抱く。]

はい。
店主さんも、どうかお元気で。

[ケヴィンはまだそこにいるだろうか。
もしいるならば挨拶もして。]

じゃ、失礼します。

[そう言って、彼は歩いていく**]

(89) 2014/04/20(Sun) 03時頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 03時頃


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ノックス 解除する

犠牲者 (5人)

ノックス
0回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.07 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび