人狼議事


173 【突発RP村】夢の通い路

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 美術家 ギネス

 まあ、そのまま行ったかもしれない―だが―。

[すれ違ったのなら、それはそれ。
大事な探し物が見つかったでいいではないか。
そう思い、水筒だけ池の淵において池に潜った。]

(71) 2014/04/20(Sun) 01時半頃

【人】 道案内 ノックス

さっき図書館で、"自分の事"が書かれた伝記を見ました。
その、幼いときの将来の夢――"歌の仕事がしたい"。

これを見て、気づいたんです。

僕は歌がずっと。ずっと好きだってことを。

そして、その気持ちに、嘘はつきたくない。

――多分、それを我慢するうちに。
忘れてしまったのかな、って。

(72) 2014/04/20(Sun) 01時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[水の中。全ての動作が緩慢で、重たい。
まるで、手枷足枷をつけられたかのよう。
日の光すら遠く、うっすらとしか届かない。

けれどもそれは私が今までいた場所と、酷く似ている気がした。
宝物を池に沈めたあの時に、まるで自分の心まで沈めてしまったようなーー。

『もどりたい』声にならない叫び、必死で手を伸ばす。
誰かの手に触れることが出来るだろうかーー]

(73) 2014/04/20(Sun) 01時半頃

【人】 開放的市民 ジェニファー

[彼の語る勇気の話。
それを、顔を覗き込みながら聞いていたけれど。]

 …―――

[彼がそうだと言うのなら。
きっとそれが、正しい形なのだから。]

 歌が好きという気持ちを忘れてしまって
 それを実現する勇気が欲しい、わけね

[ふと視線を外すと、彼から距離をとって。
いつの間にか現れたソファーに腰を降ろした。]

 じゃ、歌ってみせて?
 貴方の気持ちが本物ならば
 貴方の願いが本物ならば

 叶えましょう、その願い

(74) 2014/04/20(Sun) 02時頃

【人】 美術家 ギネス

 ― 池の中 ―

[池の中は十分に光が届いている。それほど体の制動に制限が無いのはこの地だからだろうか。それより、池の割に案外深いことに驚いていた。

さらに潜っていくと、水を泳ぐ小さな金属の板を見つける。重いものが漂うことに疑問を持ち、それを手に取った。吟味は後ととりあえず仕舞う。]

(75) 2014/04/20(Sun) 02時頃

【人】 美術家 ギネス

[更に潜っていく。日光から離れたからだろう、光は多少弱まっている。深さの影響か、動作が若干緩くなりながらも、辺りを見回しながら泳ぐ。]

 なんだ、あそこにあるのは手…まさか?

[>>73そんな中で薄らと手のようなものが見えた。
もし彼女なら―と掴んで引き上げようと向かっていく。]

(76) 2014/04/20(Sun) 02時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[水の中、伸ばした手に何かが触れた>>76

人の手だと、なぜだか確信する。
薄暗さから持ち主の顔まではわからなかったが。
それでもなぜだろう]

……ギネスさん?

[見知った人のもののような気がして、そう声に出す。
水の中なのに呼吸が出来ること、声を出せること。
その違和感には気づかないまま、真っ直ぐに差し出した手。
もし掴んでもらえたなら、ともに水面まで浮かび上がることができるだろう]

(77) 2014/04/20(Sun) 02時頃

【人】 美術家 ギネス

 この手、矢張りマーゴくんか?

[>>77不思議と水の中でも声を判別することが出来た。

慌てて強く握らぬよう、加減して手を掴む。そのまま行けそう?とジェスチャーをした後、水面に向かって上がっていく。浮かび上がったら、そのまま池のほとりまで向かう腹積もりだ。]

(78) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

【人】 道案内 ノックス

分かった。

[もう、大丈夫。怖い気持ちはあるけれど。人前で歌えない、なんて拒絶感は消えている。
音楽プレイヤーを再び手に取り、プレイリストから――いつものように、自分が勝手に作った一曲を選択する。]

聞いて下さい。『ブレイブ』。

[そう言うと、再生ボタンを押す。
アコースティックギターと、ハーモニカの心地良い音が響き渡る。
とん、とん、と足でゆっくりリズムを取り――]

小さい頃の思い出 好きな歌があった
  溢れる程 沢山の 音に包まれたい

[子どものころの思い出を歌う。優しく、そして何処か懐かしむように。]

大人はいつも言う 「賢く生きなさい」
  怒られる事が怖くて 動けなかった

[表情が変わる。今まで作り上げられた自分。臆病な自分。]

(79) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

【人】 道案内 ノックス

抱え込んだ 悲しみ抑え
 いつしか夢が消えていった
平凡な道が 僕を幸せに
 導いてくれるのかい?

[低い音が力強いメロディーを作り上げる。
伴奏もどこか強い感じになって――]

ごめん 僕はこの言葉は聞けないや
もう誤魔化すのはやめにしよう

幸せになれるかは 分からないけど
少し険しい道を 選んでみるよ

[盛り上げるように、一気に高音に行く。ファルセットを響かせ、自分の気持ちを精一杯歌う。
正直――自分自身でも、ここまで声が出るとは思わなかった。例えここが――夢の世界だったとしても。

――そして、演奏が終わった。]

(80) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[握られた手>>78それが知った人のもので安心する。

ジェスチャーにゆっくりと頷き返し、水面に向かって浮かび上がって行く。

そして……。幾許か後、池のほとりへと無事にたどり着いた。
ずぶ濡れのまま、初夏の日差しにホッと安堵する]

(81) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

【人】 美術家 ギネス

 ぷはー。
 とりあえず一息、と言いたいが…。
 >>81安い紅茶だろうが、いるかい?

[水辺においてあった水筒を回収する。いつの間にか一つ増えたカップと自分の水筒のカップに、いつもの薄い紅茶を注ぐ。自分が慣れているなので、味が合うかはわからないが。]

(82) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

【人】 美術家 ギネス

[とりあえず自分のカップのは、くいっと飲んで。]

 ―なにか見つかった?

[結果を聞いてみる。]

(83) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

【人】 開放的市民 ジェニファー

[彼の歌を聞いていたのか。
それとも彼の歌が紡ぐ心を見ていたのか。
女主人は、小さく微笑んでいた。

彼の歌が終われば、ぱちぱちと手を叩いて。
彼の方に歩いていった。]

 貴方は、歌を歌いたいの?
 それとも、歌を聴かせたいの?

 一人で幸せになれる歌が欲しいの?
 みんなを幸せにする歌が欲しいの?

[彼の胸へ、手を伸ばして。
触れる事が出来たなら、とんと叩いてみるだろう。]

 もう、勇気はここにある
 もう、自信はここにある

 だから後は、貴方次第よ

(84) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

開放的市民 ジェニファーは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 02時半頃


天井手繰り ヤヘイは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 02時半頃


【人】 道案内 ノックス

[歌い終わる。自分の全力だ。 店主さんの言われた言葉>>84に、目をぱちくりさせ、軽く笑う。]

ふふっなんか、本物の魔法使いみたいですね。
原点はあくまで自分です。でもそれでみんなが幸せになってくれたら、僕も嬉しい。

[さて、と軽くのびをする。]

そろそろ、行かなきゃ。

(85) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

ええ。いただきます。

[水筒を回収する様子>>82に思わず笑みがこぼれる。
お返しに何かないか……。とポケットの中を探す
指先に何かが触れた。木苺だと直感する]

お返しに、木苺……。
エビガライチゴ。というらしいのですが
召し上がりますか?

[ずぶ濡れだったはずの衣服は、不思議なことにもう乾いていて
ポケットに入っていたハンカチも濡れた様子はない。
そのハンカチに木苺を乗せ、そっと差し出す]

助けていただいて、ありがとうございました。
おかげで、なくしたもの。持って来られました。

[繋いでいた方とは反対の掌を開く。
水に濡れた蛍石が光っていた]

(86) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 02時半頃


【人】 美術家 ギネス

 >>86ああ、いただくよ。
 ありがとう。

[エビガライチゴと呼ばれた木苺を受け取る。
自分のハンカチにそれを乗せる。]

 見つけたのか、おめでとう。
 これがそうなんだ。

[少し体を乗り出して、蛍石を見ようとして。
その時に金属の何かが体に当たる。
先程回収した金属の板を水筒の横に置いた。]

(87) 2014/04/20(Sun) 03時頃

ギネスは、マーゴのお礼には、間に合ってよかったと返した。

2014/04/20(Sun) 03時頃


美術家 ギネスは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 03時頃


【人】 開放的市民 ジェニファー


 ええ、行きなさい

[行かなきゃ、という男に微笑みを投げて。
何を渡そうか、と悩んだけれど。]

 これ、あげる

[ライオンのぬいぐるみを差し出した。]

 忘れちゃダメよ
 ここで取り戻したもの
 ここで見つけたもの
 ここで欲したもの

 私の事は、覚えていないかもしれないけれど
 もう、なくさないようにね

(88) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【人】 道案内 ノックス

……ふふ、有り難く受け取ります。

[ライオンのぬいぐるみを渡され、>>88それをぎゅっと抱く。]

はい。
店主さんも、どうかお元気で。

[ケヴィンはまだそこにいるだろうか。
もしいるならば挨拶もして。]

じゃ、失礼します。

[そう言って、彼は歩いていく**]

(89) 2014/04/20(Sun) 03時頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 03時頃


【人】 長老の孫 マーゴ

ええ。蛍石。というのです
これは子供の頃に、大切な友達から貰ったものなのです。
半分に割れてしまったから、片方を私に……って

[手の中の蛍石を彼>>87が見やすいように。と、近づける。
暖かい紅茶を飲みながら、ゆっくりと目を閉じる。
穏やかな気持ちになった。

ーーああ、終わりの時間は近いのだな。
心の何処かで感じとる。
けれどもそれは嫌な感覚ではなく]

(90) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[子供の頃、祖母と夏を過ごした場所。そこで出会った男の子。
勉強とお手伝い漬けの日々を過ごしていた自分に、色々なことを教えてくれた。

木苺の味、水辺に来る夏鳥の名前。
大声で笑うこと、そして泣くこと

半分に割れた蛍石は『親友』のしるし
離れても、ずっと一緒。また遊ぼう。という約束

けれども、男の子と遊ぶ私に、祖母はいい顔をしなかった。

『はしたないー!どこの子かもわからない子から、もらったものなんて』

早くに両親を亡くした自分にとって、祖母が全て。抗うことはできなかった。

だからあの日、言われるがままに蛍石を湖に沈めた。
そして、彼にサヨナラも言えぬまま、引きずられるように家へと帰った]

(91) 2014/04/20(Sun) 03時頃

ギネスは、マーゴに近づけてもらった蛍石をよく見た。

2014/04/20(Sun) 03時頃


【人】 美術家 ギネス

 >>90きれいだな。
 見つかって本当に良かった。

[目を閉じる彼女は、とても落ち着いたように見えた。
その姿を見て、本当に良かったと、心の中でもう一度。]

(92) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[彼の体の横に置かれた金属の板、そこに視線を移し
不思議そうに口を開く]

ギネスさんも何かをみつけたのですね。

[それが、彼にとって必要なものであるように。
口には出さず、心の中で呟く。
きっと、答えは彼自身が知っていると思うから]

(93) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

本当に……よかったです。

[蛍石をそっと頬に当て、心の底から。
涙が滲んでいたのは、懐かしさかそれとも安堵からか]

ギネスさんにあえて、よかったです。
宝物、二つに増えてしまいましたね。

[蛍石と、親切な男性>>93との思い出。
なくしものを探しに来て、探したもの以外もみつけてしまった。なんて、不思議な感じだ。
けれども、今度こそ失うことがないようにーー。
しっかりと覚えておこう。そう、心に刻み付ける]

(94) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

【人】 美術家 ギネス

[板について聞かれれば、それを手に取る。
A4サイズに近い大きさの金属の板をよく仕舞えたなと思う。

板は紙が張られている。水分は感じられず、字も滲んでいない。
文字が上部にあり、下は数値の羅列。そのような表が二つ書いてある。]

 >>93池の中を漂ってるので拾ってみたのだが―当たりかも知れない。どうやらこれはバス停の時刻表らしい。

[2系統のバスが書かれ、片方が数字が多い―1時間単位にいくつも数値がある。もう他方は数字が枠の中に2つしかなかった。]

(95) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

そろそろ、行かないとなりませんねーー。

[ふわり、特有の浮遊感を感じ、傍の男性にひらひらと手を振る。
白く霞んで行く視界に、帰還の時期だと悟る]

ありがとう

[この館の女主人と、新しく出会った大切な友人達に頭を下げ、
明るい方へとゆっくりと歩を進める]

(96) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

【人】 美術家 ギネス

 >>94私も、マーゴさんと会えてよかった。

[あえてよかった、その言葉に、同意して。
忘れずにいよう、そうすればまた何処かで会える。
そう思っていて。]

(97) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

【人】 美術家 ギネス

[>>96笑顔で彼女を見送った。
こちらこそ、の言葉は届いただろうか。]

(98) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

……また、何処かで。

[その言葉が伝わったかどうかはわからない。
けれどもあの池の中で、彼も何かを拾って来られた>>95その事実が何よりも嬉しかった**]

(99) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 03時半頃


【人】 美術家 ギネス

[彼女が居なくなり、その残った空気も薄らいで行った頃のこと。
もう一度金属の板に書いてある時刻表を見てみる。]

 この時刻は見覚えがある…。
 確か―あの地方の、田舎への家族旅行の時に見た、はずだ。
 あの時は、確か―。

[紅茶のお代わりをして、少しだけ、思考の時間に入った。]**

(100) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(1人 6促)

ジェニファー
0回 注目

犠牲者 (5人)

パルック
0回 (2d)
ベネット
4回 (3d) 注目
ノックス
0回 (4d) 注目
ガーディ
3回 (5d) 注目
ギネス
6回 (6d) 注目

処刑者 (4人)

リンダ
1回 (3d) 注目
マーゴ
3回 (4d) 注目
ケヴィン
0回 (5d) 注目
ヤヘイ
3回 (6d) 注目

突然死 (1人)

クリスマス
0回 (4d) 注目

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.078 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび