人狼議事


173 【突発RP村】夢の通い路

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 美術家 ギネス

 >>16それならよかった。

[ひとつ小さく安堵を漏らした。]

 …探し物の調子はどう?

[調子はって聞くのも違うなぁと言葉の少なさに頭をかいて。]

(18) 2014/04/19(Sat) 18時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

探し物の調子……。

[その言葉に、目を細める。少しだけ相手>>18を身近に感じる。
ここにいるのは、おそらく皆『なくし物』を探している人たち。
今更、そんなことを実感する。

一人ではない、そのことに何処と無く安堵する]

少しだけ……思い出しました。
多分、何をなくしたのかも……。
ただ此処で見つけられるのかどうか。

[この屋敷の何処かにあるであろう『なくし物』
けれども、屋敷のどこにあるのか。
というと、見当もつかなかった]

貴方は、なくし物。
見つかりましたか?

[小首を傾げ問いかける]

(19) 2014/04/19(Sat) 18時半頃

【人】 美術家 ギネス

 なるほど…後は見つけるだけか。どんなこと―いや、いい。

[進展があることは良いことと頷く。ただ言いたくないことなら聞くのも良くないとおもいやめた。]

 こちらも忘れてたことを思い出しつつある。しかし、まだ何時の何処のことかが特定出来ていないんだ。

[半分は過ぎた、見つけたはずと息を飲む。]

(20) 2014/04/19(Sat) 19時半頃

【人】 美術家 ギネス

 無くしものを強くイメージすれば、向こうが招いてくれるかもしれない。

 あと店の主人に頼むとか、かな…。

[意思で飲みものが出るなら、もしかすると探し物も出るのではないか。

本人が強く望めば…と考えてみて。]

(21) 2014/04/19(Sat) 19時半頃

少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 19時半頃


【人】 長老の孫 マーゴ

イメージ……
ーー招く。

[男性の言葉>>21を繰り返す。不安な声。
爪先がゆっくり、冷えて行くのを感じる。

招いてもらえなかったらーー。
もし、願っても現れなかったらーー。
それは、言葉に出すことの出来ない不安]

貴方も、思い出しかけているのですね。

[それは、どんなーーと言いかけ、口を噤む。
自らの痛みを思い出せば、言葉に出してはいけない気がして。
代わりに、微笑み一つ浮かべて]

貴方の探し物が、無事に見つかりますようにーー。

[祈るように、はっきりと声に出した**]

(22) 2014/04/19(Sat) 20時頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 20時頃


【人】 少年探偵団 ガーディ

……迷ってもいいのかな。
わからなくても、いいのかな。

[それは、自分で聞きとることがやっとの小声。
ヒーローの声>>2:109を聞くとそう零した。
だが、何故その言葉が出たのか、よくわからない。
自分の言葉のようで、自分の言葉ではないような、不思議な感覚。

『ヒーローは決して子供(キミ)を、見捨てない。』

誰かがいてくれる、肯定してくれる、それはとても心強く感じた]


――ねぇ、僕、どっちに見える?

[その問いは性別に関する事。
この建物に来た時、鏡を見た。鏡は嘘つきで、なのにとても正直だった。
ただ純粋に自分がどう見えるのか、気になって訊ねる。
きっと、どんな答えが返ってきても、声を荒げることは*ないだろう*]

(23) 2014/04/19(Sat) 20時半頃

少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 20時半頃


【人】 天井手繰り ヤヘイ

今の君は、少女に見えるな。

[自分がどっちに、と問う相手>>23。に即答で答えた。
気づかぬ振りをして流す事も、質問を返して相手が望みそうな答えを模索する事もしない。

見た目は少年。骨格は少女。
それは一言で言えばあやふやな存在。

声変わりしきっていない年齢、中性的な容姿。
着ている衣服は少年のもの。ただ、長年の営業経験からの人物観察の結果は一つ。

男の子を女装させたがる親もいれば、男の子に混ざって男のように過ごしたくなる少女もいる。逆もまた然り。だから背景などわかる筈がない。汲み取る事もなかった。

ただ、問われた。だから、答える。

――じっと相手の目を見ながら。]

(24) 2014/04/19(Sat) 21時半頃

天井手繰り ヤヘイは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 21時半頃


【人】 美術家 ギネス

 >>22うむ、大分見つかってるよ。

 子供の頃の…遠足か旅の何処かに関係する、こと、だな。

[確信を得ていることだけを言葉を選んで言う。

少し首を上に向けると、太陽が視界に入りまぶしっと呟いた。]

(25) 2014/04/19(Sat) 22時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

―――そっか。
うん、やっぱりそうなんだ。

[成長すれば曖昧だった外見も、おおよその人間が特有の性へとなる。

―――鏡は嘘つきだ。
そう思わなければいけなかった。

しかし鏡は正直だ。
曖昧のままでいた自分を正しく映した。

伸びた髪。
きっとそれだけではない、自分が認めて来なかった変化はきっと多くあるのだろう。
嘘をつかない子どもの味方、ヒーローは即答した>>24
つまりは、そう言うこと。]

やっぱりヒーローはすごいな

[ひとつ、蟠りがほどける。
真っ直ぐな視線に、はにかむように笑った]

(26) 2014/04/19(Sat) 22時頃

少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 22時頃


【人】 美術家 ギネス

[彼女の表情に翳りが見えた気がする。

多分考えることは呼ばれて来なかったら、ではないだろうか。

そう考えるのは自分も同じだったから。]

 …大丈夫。忘れ物は私達を待っている。逃げないよ。きっと応じてくれる。

[自分に言うかの如く言葉をひとつひとつ繋げて。]

(27) 2014/04/19(Sat) 22時頃

【人】 美術家 ギネス

 それはお互い様だよ。―君に幸あれ。

[信ずる神に祈りを一つ。]

(28) 2014/04/19(Sat) 22時半頃

美術家 ギネスは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 22時半頃


【人】 粉ひき ケヴィン

ー小高い丘の上ー

[やはりこの世界は自分の想像したものが、なんでも表現されるんだな。この丘はカレが好きだと言っていた場所。
カレは何かする時は必ずここに自分を連れて行った。

初めて約束を交わした時も…
お前が俺たちを−−−−−−時も
そして…俺を−−−とした時も、そうだった]

俺は…いま何を思い出した…?あいつはどうしようとした…?

[ドウシテ?
ドウシテオモイダスノ、ツライダケダ。ダメだ、イヤダ

思い出さなければ…でないと、前に進めない。

ズキン、ズキン…ズキン
あぁ…頭が割れそうだ。

そのまま頭を抱えてうずくまる…]

(29) 2014/04/19(Sat) 22時半頃

美術家 ギネスは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 22時半頃


粉ひき ケヴィンは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 22時半頃


【人】 少年探偵団 ガーディ

君は、探し物は見つかりそう?

[ヒーローに、きっかけを貰った。
だからヒーローの、その仮面の奥の目>>24に問いかける。
ここにいるのなら、きっと何かを探しているのだろうから。]

(30) 2014/04/19(Sat) 22時半頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

凄いか。

[仮面の奥で、くすりと口元が綻ぶ。つられて目じりも下がっていたかも知れない。]

ヒーローだからな。

[言い切った。そして自身の仮面の額部分に伸ばした人差し指を当てる。]

(31) 2014/04/19(Sat) 22時半頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

"何かしら無くしたものがある">>1:58君の、
"思い出さなきゃ、いけない">>2:73事。

俺にはそれと戦う力はない。
だが、向き合う君の支えにはなれる。

[ピンと輪ゴムの弾ける音。
突如として逆光となり、男の全身が暗いシルエットと化していく。]

(32) 2014/04/19(Sat) 22時半頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

綺麗事だっていい。
誰かの受け売りだっていい。
君が想い、悩み、馳せた結果ならば、

人から見てどれだけ愚かしいと言われようとも、
無駄な事だと指摘されても、

向き合ったその事だけは誰のものでもない、
君だけの生き様であり、

自分に誇れる、自分の宝物になるだろう。
その心の中に、ヒーローは必ず生きている。

君と、共に。

[登場時に素顔を晒していた癖に、逆光効果で顔が隠されたまま、差し出された手。そこには安物の仮面ドライバーのお面が握られていた。]

(33) 2014/04/19(Sat) 22時半頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

俺の探し物は――

[そして問われた問い>>30に、呟く。]

いつでも、
此処に。

[握った拳に親指を突き立てて、自分の胸を指差した。後ろを向く。そのまま歩き出す。ただ真っ直ぐに。]

(34) 2014/04/19(Sat) 22時半頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 22時半頃


【人】 長老の孫 マーゴ

子供の頃のこと>>25
ふふっ…。私と同じですね。

[探し物は恐らく違うだろうけれど。
小さな共通点が、今は何と無く嬉しい]

ーー私の探し物は多分
子供の頃、初夏に過ごした場所でのことだと思います。

[だからこそ、口に出す。
取り戻しつつある思い出。その欠片を確かめながら、手探りするように]

(35) 2014/04/19(Sat) 23時頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 23時頃


【人】 道案内 ノックス

[ぱたり、と本を閉じ、目を閉じて数十秒考える。

臆病なライオン。彼は勇気が欲しかった。
でも、旅の末。既に勇気が有ると言うことに気づく。

僕は――どうだろう。]

……。

[何も言わず。本を元の場所に返す。
そして、扉を開け図書室を後にする。]

(36) 2014/04/19(Sat) 23時頃

【人】 道案内 ノックス

[外。 晴天の空。
キラキラしていて眩しい。爽やかな空。

……外に、出てみようか。



……探し物は、ほぼ全て、見つかった。

ただ、見つかったからといって、取り返したわけではない。

――"最後の仕上げ"が、待っている。]

(37) 2014/04/19(Sat) 23時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

待っていて…くれるでしょうか。

[ぎゅ。と自らの掌を力込め、握る。
縋るような眼差しを彼>>27に向ける、不安で瞳が揺れる。
それでも、決意するように息を一つ、深く吐いた]

ありがとう。
逃げていたのは…私だったのかも。しれないです。

(38) 2014/04/19(Sat) 23時頃

【人】 美術家 ギネス

 >>35なるほど、お互い暖かい時期の子供の頃か。
 共通点があるな、はは。
 記憶力が無いというのは、語学の成績以外でも大変なことだ。

[冗談を言いながら、同じ子供の頃の理由を言ったリンダを思い出す。彼女は探し物を見つけたのだろうか。]

(39) 2014/04/19(Sat) 23時頃

【人】 道案内 ノックス

―丘―
[ふぅ。と溜息をつく。
まだ、少し怖い。

――でも。 もしも歌を人に聴かせることから逃げなければ。
したいことが出来るようになれば。

僕は、きっと、失った物を取り戻せる。]

(40) 2014/04/19(Sat) 23時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

[ヒーローが仮面に手をかけると強い光がさし、その姿は影となった>>32
あまりの眩しさに、額に腕を当て、影を作り目を細める。

共に戦えなくても、支えることはできると、ヒーローは告げる。
悩むことは無駄ではないと。誰になんと言われようと、それが自分の道。]

僕の……僕だけの宝物。

[悩む今を、出した答えを、誇りに。
その言葉一つ一つが、心に深くしみ込んで行く。

悩んでいい、迷っていい、避けたっていいんだ。
―――今すぐじゃなくていい。

逆光の中、強い視線を感じる>>33
差し出されたその手には、ヒーローの仮面。]

これを、僕に?

[恐る恐るその仮面へ手を伸ばした]

(41) 2014/04/19(Sat) 23時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

[此処に、と指された先は胸の位置。
彼は見つけたのだろうか、
心当たりはあると言うことなのだろうか。

自らのことについて、多くを語らずして、しかしその背中で語るかのように。
振りかえり去っていくヒーロー>>34をその場で敬礼をして見送った]

(42) 2014/04/19(Sat) 23時頃

【人】 道案内 ノックス

……!!

[……丘に上がろうとした、その時。
和室で見た男性が蹲っているのが見える。]

だ、大丈夫ですか!?

[走って駆け寄る。]

どっか痛いんですか!?
困ったな、救急車……はないし。

[オロオロと周りを見渡す。]

(43) 2014/04/19(Sat) 23時頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 23時頃


【人】 少年探偵団 ガーディ

ひとつ、戻ったよ。

[鯉。

僕は何かを欲した斑の鯉。
水面と言う鏡を通して、見てた僕だ。

遠くに消えた赤い鯉。
それも僕。
眼を逸らしたから遠くに消える、僕。



残るは赤を追いかける、黒い鯉]

(44) 2014/04/19(Sat) 23時頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 23時頃


美術家 ギネスは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 23時頃


【人】 長老の孫 マーゴ

[この手から離れて、ゆっくりと
水底に沈んで行った『宝物』

夕焼け空の下、振られた手
守られることのなかった『約束』

そしてーーー]

(45) 2014/04/19(Sat) 23時半頃

[牧場は、少し街から離れた田舎な所。
大きな不自由は感じたことがないけれど、
買い物は若干不便なもので。

バスに揺られて街へ行く。
花の本と、小さなガーデニング道具。
それから軽くお酒なんかも求めて。

ちょっと荷物になるけれど、ヴァイオリンケースは手放さずに。
景色は段々都会に変わる、あの夢のように。]


メモを貼った。


【人】 美術家 ギネス

 >>38こちらこそありがとう。
 …もしそのドアを開けるのにもっと勇気が居るなら、私でよければ見届けるが―。

[何かを決めたような表情に、よかったと感じ。
そして若干感化され勇気を貰った気がして礼を返して。

蛇足かもしれない―言葉を言ってしまったな。と、一人ばつを悪くした。]

(46) 2014/04/19(Sat) 23時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(1人 6促)

ジェニファー
0回 注目

犠牲者 (5人)

パルック
0回 (2d)
ベネット
4回 (3d) 注目
ノックス
0回 (4d) 注目
ガーディ
3回 (5d) 注目
ギネス
6回 (6d) 注目

処刑者 (4人)

リンダ
1回 (3d) 注目
マーゴ
3回 (4d) 注目
ケヴィン
0回 (5d) 注目
ヤヘイ
3回 (6d) 注目

突然死 (1人)

クリスマス
0回 (4d) 注目

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.101 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび