人狼議事


173 【突発RP村】夢の通い路

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【人】 美術家 ギネス

[とりあえず自分のカップのは、くいっと飲んで。]

 ―なにか見つかった?

[結果を聞いてみる。]

(83) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

【人】 開放的市民 ジェニファー

[彼の歌を聞いていたのか。
それとも彼の歌が紡ぐ心を見ていたのか。
女主人は、小さく微笑んでいた。

彼の歌が終われば、ぱちぱちと手を叩いて。
彼の方に歩いていった。]

 貴方は、歌を歌いたいの?
 それとも、歌を聴かせたいの?

 一人で幸せになれる歌が欲しいの?
 みんなを幸せにする歌が欲しいの?

[彼の胸へ、手を伸ばして。
触れる事が出来たなら、とんと叩いてみるだろう。]

 もう、勇気はここにある
 もう、自信はここにある

 だから後は、貴方次第よ

(84) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

開放的市民 ジェニファーは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 02時半頃


天井手繰り ヤヘイは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 02時半頃


【人】 道案内 ノックス

[歌い終わる。自分の全力だ。 店主さんの言われた言葉>>84に、目をぱちくりさせ、軽く笑う。]

ふふっなんか、本物の魔法使いみたいですね。
原点はあくまで自分です。でもそれでみんなが幸せになってくれたら、僕も嬉しい。

[さて、と軽くのびをする。]

そろそろ、行かなきゃ。

(85) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

ええ。いただきます。

[水筒を回収する様子>>82に思わず笑みがこぼれる。
お返しに何かないか……。とポケットの中を探す
指先に何かが触れた。木苺だと直感する]

お返しに、木苺……。
エビガライチゴ。というらしいのですが
召し上がりますか?

[ずぶ濡れだったはずの衣服は、不思議なことにもう乾いていて
ポケットに入っていたハンカチも濡れた様子はない。
そのハンカチに木苺を乗せ、そっと差し出す]

助けていただいて、ありがとうございました。
おかげで、なくしたもの。持って来られました。

[繋いでいた方とは反対の掌を開く。
水に濡れた蛍石が光っていた]

(86) 2014/04/20(Sun) 02時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 02時半頃


【人】 美術家 ギネス

 >>86ああ、いただくよ。
 ありがとう。

[エビガライチゴと呼ばれた木苺を受け取る。
自分のハンカチにそれを乗せる。]

 見つけたのか、おめでとう。
 これがそうなんだ。

[少し体を乗り出して、蛍石を見ようとして。
その時に金属の何かが体に当たる。
先程回収した金属の板を水筒の横に置いた。]

(87) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【独】 道案内 ノックス

/*
※注 悶えるケヴィンの真横でやっています
いやまあツッコミ所だが気にするでない。

(-35) 2014/04/20(Sun) 03時頃

ギネスは、マーゴのお礼には、間に合ってよかったと返した。

2014/04/20(Sun) 03時頃


美術家 ギネスは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 03時頃


【人】 開放的市民 ジェニファー


 ええ、行きなさい

[行かなきゃ、という男に微笑みを投げて。
何を渡そうか、と悩んだけれど。]

 これ、あげる

[ライオンのぬいぐるみを差し出した。]

 忘れちゃダメよ
 ここで取り戻したもの
 ここで見つけたもの
 ここで欲したもの

 私の事は、覚えていないかもしれないけれど
 もう、なくさないようにね

(88) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【独】 天井手繰り ヤヘイ

/*
いつも3時頃にメモ張り替えてもなーw

(-36) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【独】 天井手繰り ヤヘイ

/*
オフにし忘れたというお話。
昨日は更新まで起きてたじゃんとか言わない。

(-37) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【人】 道案内 ノックス

……ふふ、有り難く受け取ります。

[ライオンのぬいぐるみを渡され、>>88それをぎゅっと抱く。]

はい。
店主さんも、どうかお元気で。

[ケヴィンはまだそこにいるだろうか。
もしいるならば挨拶もして。]

じゃ、失礼します。

[そう言って、彼は歩いていく**]

(89) 2014/04/20(Sun) 03時頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 03時頃


【人】 長老の孫 マーゴ

ええ。蛍石。というのです
これは子供の頃に、大切な友達から貰ったものなのです。
半分に割れてしまったから、片方を私に……って

[手の中の蛍石を彼>>87が見やすいように。と、近づける。
暖かい紅茶を飲みながら、ゆっくりと目を閉じる。
穏やかな気持ちになった。

ーーああ、終わりの時間は近いのだな。
心の何処かで感じとる。
けれどもそれは嫌な感覚ではなく]

(90) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[子供の頃、祖母と夏を過ごした場所。そこで出会った男の子。
勉強とお手伝い漬けの日々を過ごしていた自分に、色々なことを教えてくれた。

木苺の味、水辺に来る夏鳥の名前。
大声で笑うこと、そして泣くこと

半分に割れた蛍石は『親友』のしるし
離れても、ずっと一緒。また遊ぼう。という約束

けれども、男の子と遊ぶ私に、祖母はいい顔をしなかった。

『はしたないー!どこの子かもわからない子から、もらったものなんて』

早くに両親を亡くした自分にとって、祖母が全て。抗うことはできなかった。

だからあの日、言われるがままに蛍石を湖に沈めた。
そして、彼にサヨナラも言えぬまま、引きずられるように家へと帰った]

(91) 2014/04/20(Sun) 03時頃

ギネスは、マーゴに近づけてもらった蛍石をよく見た。

2014/04/20(Sun) 03時頃


【人】 美術家 ギネス

 >>90きれいだな。
 見つかって本当に良かった。

[目を閉じる彼女は、とても落ち着いたように見えた。
その姿を見て、本当に良かったと、心の中でもう一度。]

(92) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[彼の体の横に置かれた金属の板、そこに視線を移し
不思議そうに口を開く]

ギネスさんも何かをみつけたのですね。

[それが、彼にとって必要なものであるように。
口には出さず、心の中で呟く。
きっと、答えは彼自身が知っていると思うから]

(93) 2014/04/20(Sun) 03時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

本当に……よかったです。

[蛍石をそっと頬に当て、心の底から。
涙が滲んでいたのは、懐かしさかそれとも安堵からか]

ギネスさんにあえて、よかったです。
宝物、二つに増えてしまいましたね。

[蛍石と、親切な男性>>93との思い出。
なくしものを探しに来て、探したもの以外もみつけてしまった。なんて、不思議な感じだ。
けれども、今度こそ失うことがないようにーー。
しっかりと覚えておこう。そう、心に刻み付ける]

(94) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

【人】 美術家 ギネス

[板について聞かれれば、それを手に取る。
A4サイズに近い大きさの金属の板をよく仕舞えたなと思う。

板は紙が張られている。水分は感じられず、字も滲んでいない。
文字が上部にあり、下は数値の羅列。そのような表が二つ書いてある。]

 >>93池の中を漂ってるので拾ってみたのだが―当たりかも知れない。どうやらこれはバス停の時刻表らしい。

[2系統のバスが書かれ、片方が数字が多い―1時間単位にいくつも数値がある。もう他方は数字が枠の中に2つしかなかった。]

(95) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

そろそろ、行かないとなりませんねーー。

[ふわり、特有の浮遊感を感じ、傍の男性にひらひらと手を振る。
白く霞んで行く視界に、帰還の時期だと悟る]

ありがとう

[この館の女主人と、新しく出会った大切な友人達に頭を下げ、
明るい方へとゆっくりと歩を進める]

(96) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

【独】 長老の孫 マーゴ

/*喉ないと思ってしめたら。
あれ?ふえてる?

(-38) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

【人】 美術家 ギネス

 >>94私も、マーゴさんと会えてよかった。

[あえてよかった、その言葉に、同意して。
忘れずにいよう、そうすればまた何処かで会える。
そう思っていて。]

(97) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

【人】 美術家 ギネス

[>>96笑顔で彼女を見送った。
こちらこそ、の言葉は届いただろうか。]

(98) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

【人】 長老の孫 マーゴ

……また、何処かで。

[その言葉が伝わったかどうかはわからない。
けれどもあの池の中で、彼も何かを拾って来られた>>95その事実が何よりも嬉しかった**]

(99) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 03時半頃


【人】 美術家 ギネス

[彼女が居なくなり、その残った空気も薄らいで行った頃のこと。
もう一度金属の板に書いてある時刻表を見てみる。]

 この時刻は見覚えがある…。
 確か―あの地方の、田舎への家族旅行の時に見た、はずだ。
 あの時は、確か―。

[紅茶のお代わりをして、少しだけ、思考の時間に入った。]**

(100) 2014/04/20(Sun) 03時半頃

美術家 ギネスは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 03時半頃


美術家 ギネスは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 03時半頃


長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 03時半頃


開放的市民 ジェニファーは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 03時半頃


【人】 粉ひき ケヴィン

[このまま全て、思い出さないままでいようか…
そうも考えていた。その時聞こえた若い男の声>>43>>53。何か答えなければ、そう思うのに身体が言うことを聞かない。
そのうちに音楽が聞こえる。彼の持っていた音楽プレーヤーか何かだろうか>>60
少しだけ気持ちに落ち着きが出てくる。

ありがとう。そう告げようとしたがそれよりも早く、女主人と彼との会話が始まった。
あぁ…彼は自分のなくし物を見つけたのか。…]

(101) 2014/04/20(Sun) 04時頃

【独】 美術家 ギネス

/*
ポイント間に合ってよかったー。
吊りも4人くらい居るからだいじょぶかな。

マーゴ、ベネット、リンダ、ノックス
会話した人みんな落ちてる。

(-39) 2014/04/20(Sun) 04時頃

【人】 粉ひき ケヴィン

[歌だ…彼の歌が聞こえる。
題名は…ブレイブ(勇気)>>80
力強いメロディと、素敵な声だ…そう思いながら聞いていた。

ー誤魔化すのはやめにしようー

この歌詞が耳に入った時、あぁ…そうだ、自分は恐れているんだ。
思い出すことを拒絶し、自分を誤魔化している。
そんな事で…なくし物が見つかるはずがない。]

勇気…か。

[小さくつぶやき、顔を上げる。ライオンのぬいぐるみを持ち去って行く彼の声が聞こえた。その背中に、一言だけ告げる。]

ーーありがとう

[きっと彼の歌は、これから人々を勇気付けていく…素晴らしいものになるだろう。
さぁ、勇気を持って自分を思い出そう。
前に進もう。]

(102) 2014/04/20(Sun) 04時頃

粉ひき ケヴィンは、メモを貼った。

2014/04/20(Sun) 04時頃


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(1人 6促)

ジェニファー
0回 注目

犠牲者 (5人)

パルック
0回 (2d)
ベネット
4回 (3d) 注目
ノックス
0回 (4d) 注目
ガーディ
3回 (5d) 注目
ギネス
6回 (6d) 注目

処刑者 (4人)

リンダ
1回 (3d) 注目
マーゴ
3回 (4d) 注目
ケヴィン
0回 (5d) 注目
ヤヘイ
3回 (6d) 注目

突然死 (1人)

クリスマス
0回 (4d) 注目

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.101 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび