人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 12時半頃


【人】 受付 アイリス


 いや、ごめん
 今の話、まるまる忘れて。

[傷つけたのは。
 そ、と俯いた。]

 だからさ
 結果として、なんていうのかな

 あの子たちが悲しんだり
 悲しませたり
 

(85) 2013/01/26(Sat) 12時半頃

【人】 受付 アイリス


 そういう結果にしたくはないから
 もしそうなったら多分、
 たとえ誰でも許さないし、許せない。

 話しておいてなんだけど、
 多分、君を一生許せないと思うから。

[こんな事を言う、*私自身だ*]

(86) 2013/01/26(Sat) 12時半頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 12時半頃


 今日も童話の中から、
 愛のお話を抜粋しましょう。

[厚い本をぱらぱらと捲る。]

 今日はこれにしましょう。
 54ページ、「ラプンツェル」。


 あるところに、赤子の頃から魔女に育てられた
 ラプンツェル、という少女がいました。
 ラプンツェルは幼い頃からずっと、
 階段も扉もない塔で育てられ、そして美しい女性へと成長しました。

 「ラプンツェル、ラプンツェル、お前の髪をたらしておくれ」

 魔女がそう呼びかけると、
 ラプンツェルは黄金を編んだような
 美しい長い髪を塔の下へと垂らします。
 魔女はいつもその髪を伝って、塔へ登るのでした。


 ある日、塔の前を一人の王子が通りかかり、その様子を見ていました。
 魔女がいない時を見計らい、王子は言いました。

 「ラプンツェル、ラプンツェル、お前の髪をたらしておくれ」

 ラプンツェルは登ってきたのが魔女ではなく見知らぬ男性だったので
 驚いて小さく声を上げました。
 王子はラプンツェルの美しさに惹かれ、すぐに恋に落ちました。
 「怖がらないでおくれ。お願いです、僕と結婚して下さい」
 優しい声色で囁く王子が、ラプンツェルもすぐに好きになりました。

 そうして王子は毎晩のように、ラプンツェルの髪を伝い塔へ登って
 二人は逢瀬を繰り返すようになります。

 しかし、それに気づいた魔女は怒ってラプンツェルの長い髪を切ると
 遠い遠い荒れ野の捨て去ってしまいました。


 夜。王子がいつものようにラプンツェルに会いに来ると、
 魔女は切ったラプンツェルの髪を垂らして、
 何も知らずに登ってきた王子に言ったのです。
 「残念だったね。あの娘ならばもういないよ。
  遠い荒れ野に捨ててしまったから、もう死んでいるかもしれないね」
 魔女は高笑いをしながら、ラプンツェルに近づいた王子を
 塔から突き落としました。
 そして、地面にあった荊棘が目に刺さり、王子の目は見えなくなってしまったのです。

 「目も見えず、ラプンツェルもいない。いっそ、死んでしまおうか」
 王子は悲嘆に暮れましたが、やがて考えを変えました。
 「いいや、ラプンツェルは死んだとは限らないんだ。探しに行こう!」


 それから王子はラプンツェルを探して、何年も何年も彷徨い続けました。
 そしてある日、荒れ野にやってくると、とても懐かしい声が聞こえて来ました。
 「あの声はラプンツェルだ。ラプンツェル!」
 とうとう王子はラプンツェルを見つけたのです。
 「ああ、王子さま!」
 ラプンツェルと王子はしっかりと抱きあい、互い、褪せぬ愛に気づきました。
 そしてラプンツェルの涙が王子の目に降り掛かると、
 不思議なことに王子の目は、元通り見えるようになったのです。
 王子はラプンツェルを自分ん国へ連れて帰り、
 大勢の人々に祝福されながら婚礼を行い、その後末永く幸せに暮らしたということです。


 王道の愛のお話でしたね。
 王子様は目が見えなくなっても、
 ラプンツェルが遠く遠くへ行ってしまっても
 その愛を貫いた結果、何年もかけて彼女を探し
 ついに見つけて幸せになった。

 あなたには、ここまでして
 愛する人を求める気持ちがありますか? 
 童話というのは時に残酷であり、
 時にファンタジーでもある故に
 リアルに考えればそれはとても難しいことのように思えます。

 さて、お話はあしたへと、続きます*


【人】 洗濯婦 ベッキー

―翌日―

んー、静かな朝。

[昨日と変わって静かな朝です。んー、と伸びをしてベッドから降りて。朝の準備と身支度を整える。今日の朝はのんびりできそうと朝のお風呂にも行きました。]

朝から珍しい。なんだろ?

えっ、風邪――…。
プリシラ先輩、大丈夫かなっ。

うーん、バードマンさんうつしたと思って気にしたののかな……。

[お風呂から戻ってくると、>>17 バードマンさんからのメール。朝からだなんてこてり。何があったんだろう?メールの内容はプリシラ先輩が風邪のようだった。]

(87) 2013/01/26(Sat) 14時頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

―プリシラの部屋―

バードマンさんがしてくれたのかな。

[軽くノックをしてから、部屋に入る。中から反応が無かったようにプリシラ先輩は眠っていた>>65。寝ている先輩の傍には>>48マスクと飲み物、風邪薬の瓶。どうやら、お薬等はバードマンさんが用意してくれたようだった。
あとは熱対策かなっ。そう思ったので、静かに起さないように部屋を一度出ると、今度は頭に貼る冷えぴた君と保冷剤、冷水で濡らし絞った濡れタオル、をプレートの上に載せて戻った。]

うん、これでいいよね。

[テーブルの上にそれらを置き、メモを置く。保冷剤で冷やしてあるので、使えると思います。もし、熱が下がらないようでしたら、これを使って下さい、と。風邪をひいているのなら、私までうつってしまう危険は避けた方がいい。ずっとこの部屋で看病をし、もし私まで風邪をひいたら、プリシラ先輩にも、バードマンさんにも悪いもの。そう思えば、プリシラ先輩の部屋を出て、食堂へと**]

(88) 2013/01/26(Sat) 14時頃

洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 14時頃


[夢を見ていた。
真っ白な雲の中をたゆたう夢。
とても気持ち良かったはずなのに。
ふと、私は思ってしまう。

何故私は飛んでいるのだろう。

そう思った瞬間に、身体は雲の中から落ちて。
声にならない悲鳴を置き去りに、私は落ちていく。

どこまでも、どこまでも。
どこまでも、どこまでも。]



 やぁっ

[魘されて眼を覚ますと、そこには天井があり。
私は、ベットの上に横たわっていた。
おぼろげな視界に薬の瓶、メモ、あとは色々乗っかったプレート。
そっか、私は風邪をひいたんだ。]

 ママ、喉がかわ…―――

[声を出して、思い出す。
そうだ、私は一人なんだ。]


手伝い クラリッサは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 14時頃


[冷えぴた君、貼ろうかな。
そう思って伸ばした手は、なんとも重たくて。
次第に面倒になり、諦めた。
喉が渇いたと、掴もうとしたスポーツドリンク。
腕に力が入らずに、掴めなかったから諦めた。
読もうと思ったメモを手に取るけれど。
世界が揺れて、気分が悪くなって諦めた。]

 …――――

[私は何もできはしない。
その事が、無性に悲しくて。
一人きりのこの部屋が、無性に寂しかった。]


【人】 手伝い クラリッサ

[洗面所で顔を洗うと、自室に戻って薄化粧。
 つけまつげをつけて、ご満悦。

 ちら、とスマートフォンに視線を遣る。
 あれから一晩経ったけれど、イリスからの返事はない。
 少しだけへんにょりと眉を下げて]

 迷惑だったかな……わけわかんなかったかな。

[小さく呟くも、気を取り直して食堂へと向かった。]

(89) 2013/01/26(Sat) 14時頃

[携帯を開いて、電話をかけようとしてみるけれど。
頭が回らなくて、誰に電話をすればいいのかわからなかった。]

 …――――

[風邪なんて引いたの、何年ぶりだろう。
風邪って、こんなに苦しいものだったっけ。
ああ、そうか、実家を出て風邪をひいたのが初めてだから。
一人きりの風邪を、知らなかったんだ。
毛布を丸めて、抱きしめてみても。
この寂しさは、きっと埋まらない。
ぬいぐるみ、買ってきておけばよかった。]


[自分の膝を抱いて、小さく丸まった。
寂しい、悲しい、苦しい。
こういう気持ちを、風邪は増幅させていく。]

 やだ、な…――――

[もっと強い人間のはずだったのに。
自分はもっと、明るい人間だと思っていたのに。
身体中を駆け巡る、この黒い何かはなんだろう。
胸の奥を擽っている、この黒い何かはなんだろう。]

 かっこわるい

[眠ろう、眠ってしまえばきっと大丈夫。
夢の中でなら、私はきっと強くあれる気がする。]


【人】 手伝い クラリッサ

 レベッカちゃん、おはよう〜。
 
[へらーと笑って挨拶した。
 お湯を沸かしてインスタントコーヒーを淹れる。砂糖とミルクはたっぷり。それを二杯作って]

 勝手に作っちゃった。
 良かったら飲んでね。
 ……あ。砂糖とミルク多かったらごめん。

[レベッカの前にマグカップをコトンと置いた。
 彼女の斜め前に座すと、熱いコーヒーをはふはふと飲みつつ、何となしに視線はレベッカの方へ。]

 ……。

[じぃーっと見つめていたから、目が合ったら、はっとして]

 あ、じろじろ見られたら気になるよね。
 ううん。なんかレベッカちゃんって、良妻賢母なタイプだなぁって思ってたの。

(90) 2013/01/26(Sat) 14時頃

【人】 小娘 ゾーイ

― 寮・食堂 ―

[寝る前の四苦八苦に比べて、朝の身支度は哀しい程に即座に済んだ。自室を出る前に鏡を見る。昨日自分視点で見たゾーイとは違うありきたりの自分がそこにいた。]

(中身が違うと、外側も違って見えるな。)

[ローズマリーの野菜コンソメスープ>>345が残っていれば、焼き立てのトーストと共に食事を取る。]

(91) 2013/01/26(Sat) 14時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[レベッカの持ってきたプレート。
うっすらと目覚めた私は、それを見た。
それに触る元気は、なかったけれど。]

 …―――

[力を入れてみても、入らなかった。
手を伸ばそうとしても、だるくてしかたなかった。]

(92) 2013/01/26(Sat) 14時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

 あ、おはよー…ゲホッゲホホッ。

[ベッキー>>88だけでなく、そこにクラリッサ>>90の姿を見れば昨日使っていた緩めの声をつい出しかかって慌てて咳き込む。]

お、おはよう。

[そこでプリシラの話を聞けば、昨日は他人の動静に気遣う余裕が全く無かった事に気づいた。残されていたケーキの存在も。]

バードマンに続いて、今度はアイゼンハワー先輩か。
フリッチェもその…大丈夫だったかな。

[自分の調子で身体が冷えるまで捜索活動をしていた彼女の身体を気遣いつつ]

授業まで時間もあるし、私も食べ終わったら覗いてみるとしよう。

[ベッキーにはケーキを残して貰った礼も述べていたり。]

(93) 2013/01/26(Sat) 14時半頃

小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 14時半頃


【人】 小娘 ゾーイ

― プリシラの部屋 ―

[コツコツと人差し指で弱くノック。]

アイゼンハワー先輩、起きていますか?

(94) 2013/01/26(Sat) 14時半頃

ゾーイは、>>91 >>2:345

2013/01/26(Sat) 14時半頃


【人】 手伝い クラリッサ

[ゾーイが食堂に入ってくるのを見れば、
 おはよう〜とのんびりした声を投げ、
 ゾーイとレベッカの会話でプリシラの風邪を知る。]

 ありゃあ……プリシラ先輩まで風邪ひいちゃったんだ。
 え?わたし?
 私は大丈夫だよ〜。

[少し疲労感が残っている感じはあるが、
 風邪をひくほどではなかったから
 ゾーイににこりと笑んで元気を主張した。]

(95) 2013/01/26(Sat) 14時半頃

【人】 博徒 プリシラ

[ノックの音が聞こえる。
返事、しなきゃいけない。]

 はぁーい

[世界がまわっている。
ちゃんと返事が出来ているのか、自分ではよくわからない。]

(96) 2013/01/26(Sat) 14時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

― 食堂 ―

寮内感染すると、皆が悲しいからな。

[クラリッサ達がコーヒーを飲んでいれば、自分は紅茶を淹れる。リプ○ンだったのでお手軽作業だったが。]

私は身体は丈夫なので、そう問題ないがディオネも気をつけるといい。
手洗いうがいの……とと、いかん。

[口煩くなりかかるのを自制するように止めた。]

まあ、元気がいい。うん、元気がな。

[紅茶のカップを傾ける。琥珀色の世界に映る自分は、笑っているのかどうか判らなかった。]

(97) 2013/01/26(Sat) 14時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

― プリシラ部屋 ―

失礼します。あ、そのままでいて下さい。

[反応を感じれば、音を立てずにゆっくりとドアを開けると、滑るように室内に潜り込む。]

風邪を引かれたとディオネから聞きました。
まだだるいでしょうが食事は難しいでしょうか。

お薬は、飲まれましたか?

[額に冷えピタ君の貼られたプリシラの元に行くと、温めたスポーツドリンクと薬が用意されているのを見て尋ねる。]

(98) 2013/01/26(Sat) 15時頃

ゾーイは、プリシラの掛け布団をそっと直す。

2013/01/26(Sat) 15時頃


【人】 博徒 プリシラ


 んー

[回る世界の中で、聞こえる声。
たぶんゾーイの声だろうけれど。]

 御飯ー・・・?

[お腹は、すいてない。
食欲はわかないし、身体も動かない。]

 くすりは・・・飲まされた
 口移しされた

[夢現の中で、素直に返事をしている。]

(99) 2013/01/26(Sat) 15時頃

プリシラは、ゾーイにありがとう、と手を伸ばした

2013/01/26(Sat) 15時頃


【人】 小娘 ゾーイ

口移しですか、自分で飲み込むのが厳しいなら効率的ですね。

[ベッキー相手だろうという推測から素直に吐露する彼女の言葉に納得しかけるが]

(ディオネってそういう思い切りありましたっけ…?)

[ベッキーがプリシラに懐いている雰囲気を見かけた事はあったが]

(また知らない内に寮内の人間関係に加速が…?)

せめて起きているうちは水分だけでも採って下さい。
少しづつで構いませんので…。

辛いでしょうが、早期回復には糖分やミネラル類の補給が大事です。

[内心の疑問はさておき、常温のスポーツドリンクを手にとって、飲み口を彼女の口元近くに運ぶ]

……口移し、しますか?

[辛そうならば、と、そう声をかけた。]

(100) 2013/01/26(Sat) 15時頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 15時頃


【人】 博徒 プリシラ


 効率的・・・?
 そうなのかな、そうなのかも

[そういうものなんだろうか。
私の判断力が、今はなくなっていて。
答えに辿りつくまでの、頭は働かなかった。]

 のど、かわいた

[何か、飲みたいのは間違いない。
だから、飲ませてもらうのは嬉しいけれど。
口元に運ばれてきたそれを飲む為に、少し起き上がる。
これだけの動作が、とても億劫なのだった。]

 くちうつしー?
 ん、してもいいよー

(101) 2013/01/26(Sat) 15時頃

【人】 小娘 ゾーイ

では失礼して。

[行為そのものに躊躇いは無い。だからそっとフィリップが用意してあったスポーツドリンクを一口含む。]

(102) 2013/01/26(Sat) 15時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

[突き出された彼女の唇。うっすらと紅潮し、汗の粒が覗く白い肌とは対象的に、そこから剥離したかのような乾いた紅の…割れた綻び。

 ―― 一秒だけ、呼吸が止まる。]

……す、すみません。

[思わず飲み込んでしまった一口目に慌てて、二口目に口をつけてから]

行きます、ね。

[照れるはずは無いと思っていたが、予想以上に緊張しながら身を伸ばし、微かに強張りながらも口に含んだスポーツドリンクをプリシラの半開きの花弁へと舌先で押し出すようにしながら、少しづつ、流し込む。]

もう一回行きますよ。

[努めて事務的に、自身にそう言い聞かせながら、渇水へと二杯目の給水活動を繰り返した。今度は、さきほどよりも短く手早かに。]

(103) 2013/01/26(Sat) 15時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 45促)

プリシラ
0回 注目
アイリス
8回 注目
フィリップ
10回 注目
グレッグ
4回 注目
ゾーイ
0回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ノックス
8回 (4d) 注目
ピッパ
0回 (4d) 注目
ベッキー
2回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ワット
0回 (3d) 注目
シメオン
8回 (4d) 注目
ローズマリー
4回 (5d) 注目
クラリッサ
0回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.093 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび