人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


ピッパ! 今日がお前の命日だ!


【人】 鳥使い フィリップ

― 寮・洗面所 ―

[そんなことを思ったとき、
 ふと、洗面所の床の隅に、多分、誰かが落としただろう歯磨き粉の蓋が転がってたことを思い出す。

 急いでそこに移動して、それを見ると、
 ヤドカリは、そこに、まさにいた。]

 へえ……面白い。

[その周りをよく見ると、やっぱり貝殻が転がっていたので、ヤドカリの近くにそれを置いて観察してみた。
 すると、それがじっくり移動しはじめたのは、それから何十分後だっただろう。
 ともかく、生物の神秘を寮の片隅でみつめながら。
 その移動がすっかり終わった時に、ヤドカリをそっと、自分の歯磨きのコップに確保した。]

(2) 2013/01/26(Sat) 00時頃

【人】 鳥使い フィリップ

 これをクラリッサに…っていうか。もう遅いか。

[気がつけばもう、遅かった。この時間に女の子の部屋を尋ねるのは、あまりよくないだろう。

 なので、そのヤドカリは確保したまま、自室にもどる。そして、虫用の観察箱にいれて、自身の机の上に置いた。]

 メールしとくか。

[もう携帯の電源もフルになっていた。それをとって、クラリッサにメールをしようとして止まる。
 そこで、やっと、グレッグからのメールを読んだ。]

 ――……

[読んでから、目を伏せる。とても素直だな、と思う。
 自分と違って……。]

 あ、ええと、クラリッサ……。

[クラリッサへヤドカリについてメールは打ってみるけれど、
 さて、それが届いたかどうか。]

(5) 2013/01/26(Sat) 00時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 00時半頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 00時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

― 翌朝・食堂へ ―

[そして、ヤドカリのことをメールしたあと、さすがに腹減ってるので、食堂に向かうけれど…。]

 ん?

[歩いてくる人物、がどこかフラついているような。]

(8) 2013/01/26(Sat) 00時半頃

フィリップは、>>6

2013/01/26(Sat) 00時半頃


フィリップは、プリシラが立ちくらんで倒れそうなら、急いで駆け寄って受け止めようと。

2013/01/26(Sat) 00時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

 プリ先輩……なんか、これって……。

[響いていたくしゃみの音。
 そして、受け止めたプリシラの身体は確かに熱かった……。]

 ――……ッ

[風邪ひかない、とか言ってたけど、いくら豪気だとはいえ、プリシラは人間である。
 当然、風邪をひくときはひくわけであって、

 で、あきらかにこれは、原因は自分にある気がする。]

 だから……
 ………………や、すいません。

[眉を垂らして謝ってから、その身体をおぶろうとするけれど、まぁ、背の高さは似たようなものか。引きずる形になるかもしれない。
 ともかくプリシラの部屋へ運ぼうとする。]

(12) 2013/01/26(Sat) 00時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>13
 何が悪くないです?あきらかに俺のせいっしょ。
 なんで移したんだ、バカ野郎って言えばいいんですよ。

[そう言い返してため息をつく。]

 まぁ、好きでもない男に背負われるとかすげー不本意でしょうが、ちょっと我慢してください。

[ちなみに、プリシラの部屋は昨日も入ったけど、とくに汚くなかった気がする。
 そう、基本、どんなに男ぶってみてもこの人は女性なのだ。
 そして、部屋につれていくと、とりあえず、ベッドに寝かせてから…。]

 ああ、ええと、ベッキーに……。

[携帯を取り出してあたふた。]

(14) 2013/01/26(Sat) 01時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>16
 なにいってんですか。
 物理的にどう考えても移したのは俺でしょーが。
 そんなにいうなら、風邪なんかマジにひかないでくださいよ。
 ひいた段階で世界がどう言おうと、俺のせいです。

[それは恨みがましそうに言ってから、問答無用にレベッカにメールする。]

 ベッキーじゃなかったら誰に世話してもらうんですか。
 世話してほしい人がいれば言ってください。

[いかにも、いないんでしょう?的な口ぶりで。]

(17) 2013/01/26(Sat) 01時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>19

 食堂で寝るとかアホじゃないですか?

[その事実を聞けば、容赦なく、もしかするとグレッグよりも辛辣かもしれない。]

 確かに布団で寝てないなら、半分はプリ先輩の自業自得です。

[とかいってるとヘッドロックとかいってるけど。非常に非力なヘッドロックは、へなへなした腕が顎や唇にさわさわ触れる程度のもの。]

 は?
 頼りがいのあるかっこいい先輩?

 それって、ワット先輩のことっしょ。
 プリ先輩はどうみても、可愛いチェシャキャットですよ。
 っていうか、俺、男ですよ?
 まぁ、世話しろって言われたらしますけど、どんだけ警戒感ないんスか。かえって傷つきますよ?

(24) 2013/01/26(Sat) 01時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 へなへなでも、先輩女でしょうが。

 っていうか、

[と、何か説教めいたことを言おうとして、やめる。
 相手は風邪っぴきだ。]

 ――……はいはい、信頼されてうれしーっていえばいいんですよね。

[肩をすくめつつ…。]

 体温計とか、あるわけないっすね。
 なんか飲みたいもんあります?

(35) 2013/01/26(Sat) 02時頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>39
[してもいいぞ、責任とらせる、には瞬いた。]

 ――…どうしたんですか?
 そういうのは、結婚前提でお付き合いする人限定でしょ?
 俺は誠実じゃないっすよ。
 女だけじゃなく、男ともセックスしたことあるし、
 プリ先輩とは正反対の場所にいる人間ですよ。
 先輩が語るよーな、綺麗な愛なんて、所詮夢って知ってる人間です。

[なんで、いきなりそんな言葉をぶつけたのか。
 ともかく、温かい飲み物には頷いて、一旦部屋を後にする。

 しばらく経って戻ってくれば、温めたスポーツドリンクと、薬、マスクを持ってきた。]

 とりあえず、市販の風邪薬ですけど、コレ飲んで寝ててください。

[そして、瓶を開けて錠剤を渡そうとする。]

(48) 2013/01/26(Sat) 02時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>52
 正反対のことは考えてなくても、
 少なくとも、そっち側にはいけないですよ。

[マスクはやだ、とか薬も飲もうとしないとかに、呆れ顔をしつつ。]

 綺麗な夢みてていいんじゃないですか?
 だって、先輩はまだ恋も知らないって言うし、
 むしろ欲しがってもないって、俺から見たら聖人ですよ。

 淋しいから一時でも身体重ねて、刹那的でも幸せを得たい奴もいるってことです。
 それをまだ知らずにいられる先輩は、
 やっぱり俺からは遠いところにいる。

(57) 2013/01/26(Sat) 03時頃

【人】 鳥使い フィリップ

 レンアイって苦しいんですよ。
 それを知らないでいられてるのは、

 もしかすると、羨ましいかも?

[その時だけ、少し笑って…。]

 自分で飲まないなら、
 いわゆる、無理やり飲ませてあげましょうか?

[優しい子とかいう人に、少し嫌な笑いをする。]

(58) 2013/01/26(Sat) 03時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 03時頃


【人】 鳥使い フィリップ

>>60

 いいですよ。
 適当な慰めなんて、しないし、されたくもない。

[そう言ってることが矛盾している。
 自分でわかってるけれど。]

 言わないですよ。泣かないですよ。怒らないですよ。
 空白なんて、埋めなくてもいい。
 空白がないと、

 自分じゃないですから。

[語るプリシラに、そう返して、
 やっぱり薬を飲もうとしないなら、自分で薬と水を含んだのちに、プリシラの頭を抱えて口付ける。
 もちろん、嚥下するまで離さない。
 そののち、口を拭ってから、また寝かせて…。]

(61) 2013/01/26(Sat) 03時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 じゃ、大人しく寝ててください。
 ああ、今のは、医療行為ですから、カウントしないでくださいね。

[プリシラがどんな様子でもあとは素知らぬ感じで。]

 きっとあとでベッキーがきてくれると思います。
 俺はもう、来ないスから。

[そして、部屋を出ていこうとする。
 何か言われても、返事をしたのち、去っていくだろう。**]

(62) 2013/01/26(Sat) 03時半頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 03時半頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 10時半頃


フィリップは、>>54 グレッグと同じ講義だったので、学校へ向かった。

2013/01/26(Sat) 10時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

―― 赤紅大学・中庭 ――
[それは、講義のまえだったか、後だったか。
 グレッグが出席してる姿はまた遠目に見つつ、

 相変わらず、何も食えてない。
 食堂でも行くかなぁと、歩いていると、同じ寮のイリス先輩が見えた。]

(71) 2013/01/26(Sat) 11時頃

【人】 鳥使い フィリップ

[確か、イリス先輩は、クラリッサと仲良しだったような気がする。
 ヤドカリの件、メールはしたけど、返事は返ってきていない。

 そもそもヤドカリとかなんで探してるのか、そこらへんもまるっきり謎だ。
 イリスなら何か知っているだろうかと、ふと思案し。]

(72) 2013/01/26(Sat) 11時頃

フィリップは、イリスが気づいてくれたので、そちらに寄っていった。

2013/01/26(Sat) 11時半頃


【人】 鳥使い フィリップ

[彼氏とか言われてるとか知るわけはない。]

 ですね。学校じゃあんまり。
 でも、男子の中じゃ、イリス先輩とかクラリッサとか結構気にしてる連中多いっすよ。

[それは事実である。そう言われる中、そう用もないのに、わざわざ学校で話そうという気はあまりない。
 だけど、今回は…。]

 イリス先輩……クラリッサは、一緒じゃない、です、よね?

[学年が違うのだから一緒であるわけはないけれど、そう訊ねて……。]

 あの、クラリッサって、こう、可愛い女の子だなぁって思ってたんですけど……。




 こう、甲殻類が実は好き、とかあるんですか?

[唐突だった。]

(75) 2013/01/26(Sat) 11時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

>>76
[イリスの反応は、予想の一つにストライクした。
 というか、どう考えても、甲殻類を買ってにやにやするようなヲタ男子の趣味がクラリッサにあるようには思えない。]

 ですよねー。
 んー………。

[それからは、食堂の前で、唐突にヤドカリ逃がしたたから探してくれと言われた件を話す。]

 なんか、暗い顔しての頼みごとだったから…。
 ちょっとなんかあるのかなぁ、って。

 ちなみに見つかったんでメールはしといたんですけど、まだ返事ないから…。
 イリス先輩仲良しだから、なんか知ってるかなぁって思ったんですけど…。

(77) 2013/01/26(Sat) 11時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

[じっと見られたから、じっと見返す。]

 ――……イリス先輩も知らないですか。
 なんだろうなぁ、一体……。

[イリスが心で思っていることは最もだ。
 クラリッサは可愛いなぁとは思っていたけれど、そう、ただ好みの範疇である程度で、
 寮でも普段は挨拶だけ、なんだかんだいいながら、女子でよく話すのはプリ先輩にローズに、ゾーイくらいなものだ。
 その3人が頼んでくるなら、納得はするのだけど。]

 いや、俺、動物っていうか生物とか好きなんで。
 ゾーイとかはよく知ってるっすよ。
 多分、2年の俺を知ってる面子なら、そういうのの相談はくると思います。

(79) 2013/01/26(Sat) 12時頃

フィリップは、問いかけには大丈夫ですよ、と。

2013/01/26(Sat) 12時頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 12時頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 12時半頃


 今日も童話の中から、
 愛のお話を抜粋しましょう。

[厚い本をぱらぱらと捲る。]

 今日はこれにしましょう。
 54ページ、「ラプンツェル」。


 あるところに、赤子の頃から魔女に育てられた
 ラプンツェル、という少女がいました。
 ラプンツェルは幼い頃からずっと、
 階段も扉もない塔で育てられ、そして美しい女性へと成長しました。

 「ラプンツェル、ラプンツェル、お前の髪をたらしておくれ」

 魔女がそう呼びかけると、
 ラプンツェルは黄金を編んだような
 美しい長い髪を塔の下へと垂らします。
 魔女はいつもその髪を伝って、塔へ登るのでした。


 ある日、塔の前を一人の王子が通りかかり、その様子を見ていました。
 魔女がいない時を見計らい、王子は言いました。

 「ラプンツェル、ラプンツェル、お前の髪をたらしておくれ」

 ラプンツェルは登ってきたのが魔女ではなく見知らぬ男性だったので
 驚いて小さく声を上げました。
 王子はラプンツェルの美しさに惹かれ、すぐに恋に落ちました。
 「怖がらないでおくれ。お願いです、僕と結婚して下さい」
 優しい声色で囁く王子が、ラプンツェルもすぐに好きになりました。

 そうして王子は毎晩のように、ラプンツェルの髪を伝い塔へ登って
 二人は逢瀬を繰り返すようになります。

 しかし、それに気づいた魔女は怒ってラプンツェルの長い髪を切ると
 遠い遠い荒れ野の捨て去ってしまいました。


 夜。王子がいつものようにラプンツェルに会いに来ると、
 魔女は切ったラプンツェルの髪を垂らして、
 何も知らずに登ってきた王子に言ったのです。
 「残念だったね。あの娘ならばもういないよ。
  遠い荒れ野に捨ててしまったから、もう死んでいるかもしれないね」
 魔女は高笑いをしながら、ラプンツェルに近づいた王子を
 塔から突き落としました。
 そして、地面にあった荊棘が目に刺さり、王子の目は見えなくなってしまったのです。

 「目も見えず、ラプンツェルもいない。いっそ、死んでしまおうか」
 王子は悲嘆に暮れましたが、やがて考えを変えました。
 「いいや、ラプンツェルは死んだとは限らないんだ。探しに行こう!」


 それから王子はラプンツェルを探して、何年も何年も彷徨い続けました。
 そしてある日、荒れ野にやってくると、とても懐かしい声が聞こえて来ました。
 「あの声はラプンツェルだ。ラプンツェル!」
 とうとう王子はラプンツェルを見つけたのです。
 「ああ、王子さま!」
 ラプンツェルと王子はしっかりと抱きあい、互い、褪せぬ愛に気づきました。
 そしてラプンツェルの涙が王子の目に降り掛かると、
 不思議なことに王子の目は、元通り見えるようになったのです。
 王子はラプンツェルを自分ん国へ連れて帰り、
 大勢の人々に祝福されながら婚礼を行い、その後末永く幸せに暮らしたということです。


 王道の愛のお話でしたね。
 王子様は目が見えなくなっても、
 ラプンツェルが遠く遠くへ行ってしまっても
 その愛を貫いた結果、何年もかけて彼女を探し
 ついに見つけて幸せになった。

 あなたには、ここまでして
 愛する人を求める気持ちがありますか? 
 童話というのは時に残酷であり、
 時にファンタジーでもある故に
 リアルに考えればそれはとても難しいことのように思えます。

 さて、お話はあしたへと、続きます*


[夢を見ていた。
真っ白な雲の中をたゆたう夢。
とても気持ち良かったはずなのに。
ふと、私は思ってしまう。

何故私は飛んでいるのだろう。

そう思った瞬間に、身体は雲の中から落ちて。
声にならない悲鳴を置き去りに、私は落ちていく。

どこまでも、どこまでも。
どこまでも、どこまでも。]



 やぁっ

[魘されて眼を覚ますと、そこには天井があり。
私は、ベットの上に横たわっていた。
おぼろげな視界に薬の瓶、メモ、あとは色々乗っかったプレート。
そっか、私は風邪をひいたんだ。]

 ママ、喉がかわ…―――

[声を出して、思い出す。
そうだ、私は一人なんだ。]


[冷えぴた君、貼ろうかな。
そう思って伸ばした手は、なんとも重たくて。
次第に面倒になり、諦めた。
喉が渇いたと、掴もうとしたスポーツドリンク。
腕に力が入らずに、掴めなかったから諦めた。
読もうと思ったメモを手に取るけれど。
世界が揺れて、気分が悪くなって諦めた。]

 …――――

[私は何もできはしない。
その事が、無性に悲しくて。
一人きりのこの部屋が、無性に寂しかった。]


[携帯を開いて、電話をかけようとしてみるけれど。
頭が回らなくて、誰に電話をすればいいのかわからなかった。]

 …――――

[風邪なんて引いたの、何年ぶりだろう。
風邪って、こんなに苦しいものだったっけ。
ああ、そうか、実家を出て風邪をひいたのが初めてだから。
一人きりの風邪を、知らなかったんだ。
毛布を丸めて、抱きしめてみても。
この寂しさは、きっと埋まらない。
ぬいぐるみ、買ってきておけばよかった。]


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:フィリップ 解除する

生存者
(5人 45促)

フィリップ
10回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.062 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび