人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


ピッパ! 今日がお前の命日だ!


 今日も童話の中から、
 愛のお話を抜粋しましょう。

[厚い本をぱらぱらと捲る。]

 今日はこれにしましょう。
 54ページ、「ラプンツェル」。


 あるところに、赤子の頃から魔女に育てられた
 ラプンツェル、という少女がいました。
 ラプンツェルは幼い頃からずっと、
 階段も扉もない塔で育てられ、そして美しい女性へと成長しました。

 「ラプンツェル、ラプンツェル、お前の髪をたらしておくれ」

 魔女がそう呼びかけると、
 ラプンツェルは黄金を編んだような
 美しい長い髪を塔の下へと垂らします。
 魔女はいつもその髪を伝って、塔へ登るのでした。


 ある日、塔の前を一人の王子が通りかかり、その様子を見ていました。
 魔女がいない時を見計らい、王子は言いました。

 「ラプンツェル、ラプンツェル、お前の髪をたらしておくれ」

 ラプンツェルは登ってきたのが魔女ではなく見知らぬ男性だったので
 驚いて小さく声を上げました。
 王子はラプンツェルの美しさに惹かれ、すぐに恋に落ちました。
 「怖がらないでおくれ。お願いです、僕と結婚して下さい」
 優しい声色で囁く王子が、ラプンツェルもすぐに好きになりました。

 そうして王子は毎晩のように、ラプンツェルの髪を伝い塔へ登って
 二人は逢瀬を繰り返すようになります。

 しかし、それに気づいた魔女は怒ってラプンツェルの長い髪を切ると
 遠い遠い荒れ野の捨て去ってしまいました。


 夜。王子がいつものようにラプンツェルに会いに来ると、
 魔女は切ったラプンツェルの髪を垂らして、
 何も知らずに登ってきた王子に言ったのです。
 「残念だったね。あの娘ならばもういないよ。
  遠い荒れ野に捨ててしまったから、もう死んでいるかもしれないね」
 魔女は高笑いをしながら、ラプンツェルに近づいた王子を
 塔から突き落としました。
 そして、地面にあった荊棘が目に刺さり、王子の目は見えなくなってしまったのです。

 「目も見えず、ラプンツェルもいない。いっそ、死んでしまおうか」
 王子は悲嘆に暮れましたが、やがて考えを変えました。
 「いいや、ラプンツェルは死んだとは限らないんだ。探しに行こう!」


 それから王子はラプンツェルを探して、何年も何年も彷徨い続けました。
 そしてある日、荒れ野にやってくると、とても懐かしい声が聞こえて来ました。
 「あの声はラプンツェルだ。ラプンツェル!」
 とうとう王子はラプンツェルを見つけたのです。
 「ああ、王子さま!」
 ラプンツェルと王子はしっかりと抱きあい、互い、褪せぬ愛に気づきました。
 そしてラプンツェルの涙が王子の目に降り掛かると、
 不思議なことに王子の目は、元通り見えるようになったのです。
 王子はラプンツェルを自分ん国へ連れて帰り、
 大勢の人々に祝福されながら婚礼を行い、その後末永く幸せに暮らしたということです。


 王道の愛のお話でしたね。
 王子様は目が見えなくなっても、
 ラプンツェルが遠く遠くへ行ってしまっても
 その愛を貫いた結果、何年もかけて彼女を探し
 ついに見つけて幸せになった。

 あなたには、ここまでして
 愛する人を求める気持ちがありますか? 
 童話というのは時に残酷であり、
 時にファンタジーでもある故に
 リアルに考えればそれはとても難しいことのように思えます。

 さて、お話はあしたへと、続きます*


【人】 洗濯婦 ベッキー

―翌日―

んー、静かな朝。

[昨日と変わって静かな朝です。んー、と伸びをしてベッドから降りて。朝の準備と身支度を整える。今日の朝はのんびりできそうと朝のお風呂にも行きました。]

朝から珍しい。なんだろ?

えっ、風邪――…。
プリシラ先輩、大丈夫かなっ。

うーん、バードマンさんうつしたと思って気にしたののかな……。

[お風呂から戻ってくると、>>17 バードマンさんからのメール。朝からだなんてこてり。何があったんだろう?メールの内容はプリシラ先輩が風邪のようだった。]

(87) 2013/01/26(Sat) 14時頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

―プリシラの部屋―

バードマンさんがしてくれたのかな。

[軽くノックをしてから、部屋に入る。中から反応が無かったようにプリシラ先輩は眠っていた>>65。寝ている先輩の傍には>>48マスクと飲み物、風邪薬の瓶。どうやら、お薬等はバードマンさんが用意してくれたようだった。
あとは熱対策かなっ。そう思ったので、静かに起さないように部屋を一度出ると、今度は頭に貼る冷えぴた君と保冷剤、冷水で濡らし絞った濡れタオル、をプレートの上に載せて戻った。]

うん、これでいいよね。

[テーブルの上にそれらを置き、メモを置く。保冷剤で冷やしてあるので、使えると思います。もし、熱が下がらないようでしたら、これを使って下さい、と。風邪をひいているのなら、私までうつってしまう危険は避けた方がいい。ずっとこの部屋で看病をし、もし私まで風邪をひいたら、プリシラ先輩にも、バードマンさんにも悪いもの。そう思えば、プリシラ先輩の部屋を出て、食堂へと**]

(88) 2013/01/26(Sat) 14時頃

洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 14時頃


[夢を見ていた。
真っ白な雲の中をたゆたう夢。
とても気持ち良かったはずなのに。
ふと、私は思ってしまう。

何故私は飛んでいるのだろう。

そう思った瞬間に、身体は雲の中から落ちて。
声にならない悲鳴を置き去りに、私は落ちていく。

どこまでも、どこまでも。
どこまでも、どこまでも。]



 やぁっ

[魘されて眼を覚ますと、そこには天井があり。
私は、ベットの上に横たわっていた。
おぼろげな視界に薬の瓶、メモ、あとは色々乗っかったプレート。
そっか、私は風邪をひいたんだ。]

 ママ、喉がかわ…―――

[声を出して、思い出す。
そうだ、私は一人なんだ。]


[冷えぴた君、貼ろうかな。
そう思って伸ばした手は、なんとも重たくて。
次第に面倒になり、諦めた。
喉が渇いたと、掴もうとしたスポーツドリンク。
腕に力が入らずに、掴めなかったから諦めた。
読もうと思ったメモを手に取るけれど。
世界が揺れて、気分が悪くなって諦めた。]

 …――――

[私は何もできはしない。
その事が、無性に悲しくて。
一人きりのこの部屋が、無性に寂しかった。]


[携帯を開いて、電話をかけようとしてみるけれど。
頭が回らなくて、誰に電話をすればいいのかわからなかった。]

 …――――

[風邪なんて引いたの、何年ぶりだろう。
風邪って、こんなに苦しいものだったっけ。
ああ、そうか、実家を出て風邪をひいたのが初めてだから。
一人きりの風邪を、知らなかったんだ。
毛布を丸めて、抱きしめてみても。
この寂しさは、きっと埋まらない。
ぬいぐるみ、買ってきておけばよかった。]


[自分の膝を抱いて、小さく丸まった。
寂しい、悲しい、苦しい。
こういう気持ちを、風邪は増幅させていく。]

 やだ、な…――――

[もっと強い人間のはずだったのに。
自分はもっと、明るい人間だと思っていたのに。
身体中を駆け巡る、この黒い何かはなんだろう。
胸の奥を擽っている、この黒い何かはなんだろう。]

 かっこわるい

[眠ろう、眠ってしまえばきっと大丈夫。
夢の中でなら、私はきっと強くあれる気がする。]


【人】 洗濯婦 ベッキー

クラリッサさんおはよっ。
ありがと。お砂糖とミルクはむしろ嬉しかったりっ。珈琲1にミルク9でもいいかも。珈琲を飲むとしたら、ミルクにインスタントの粉を少量浮かべてレンジでチンしちゃうくらいだから。

[>>90挨拶に手を振り替えす。目の前に置かれたマグカップを見れば、珈琲に。瞳を瞬くけど、お砂糖とミルクはたっぷり入っているみたい。ごめんね、の言葉に冗談まじりに、くすくす返します。いいのいいの。ブラックは飲めないけど、お砂糖とミルクがあれば勝てます。]

んっ?

[じーっと見詰める視線にこてり、変に表情がころころ変わったから変な子と思われたかな?]

ちょっと、良妻賢母って恥ずかしからっ。
うーん、たぶん幼稚園から一貫校に通っていてね。シスターもいる古風な処だったの。それでかなっ。でもね、けっこういい加減なんだよ。

[恥ずかしさを誤魔化すように、手を振りました。]

(117) 2013/01/26(Sat) 17時半頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

おはようって、ゾーイさんももしかして風邪?

駄目だよ、無理しちゃ。
プリシラ先輩も、風邪をひいているみたいなの。今はお部屋で休んでいるけど。

……?

[ゾーイさんが>>93咳き込みながらの挨拶に、プリシラ先輩が風邪を引いた事を語った。バードマンさんに続いての言葉にこくり。ゾーイさんがクラリッサさんの体調を気遣う様子には、同じく、大丈夫?とは声をかける。
でも、ケーキについては、プリシラ先輩のお土産だから、お礼はプリシラ先輩にね、と、私へのお礼はいいのいいのと微笑んだ。
あれ?でも、ケーキを残してと言ったのは、クラリッサさんじゃなかったかな。クエスチョンマークが5個ほど頭の中を乱舞しました。]

(118) 2013/01/26(Sat) 17時半頃

ベッキーは、ゾーイさんとクラリッサさんを交互に見詰めた。

2013/01/26(Sat) 17時半頃


【人】 洗濯婦 ベッキー

[>>95 プリシラ先輩が風邪をひいた事にはこくり。クラリッサさんが大丈夫と言うのなら、大丈夫なのかな。うん、昨日と違って元気そうな笑顔。]

風邪で寮のみんながダウンしちゃったら、大変だもんね。

ゾーイさん、ありがと。
私も気を付けるね。うんうん、手洗いと嗽は風邪の予防の第一だもんね。

[自制するように止められた言葉にはこてり?んー、ゾーイさんは、ちょっと昨日から何か気になる、違和感がちくちく。普段の彼女らしさがなくなっている感じ?その原因については分らないけど。今、この場でつっこみ尋ねるのはすこし違う気がしたので、深く触れる事はなかった。]

(119) 2013/01/26(Sat) 17時半頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

―厨房―

リゾットなら、栄養補給にちょうどいいよね。

[その後、ゾーイさんが出て行った後。病気の時につい栄養補給が足りなくなる事を思って、消化に良いものをと思う。頭に浮かんだのはリゾット、ほうれん草をメインにして。もし残っていれば、昨日ローズマリーが作った>>2:345のスープをベースにして。]

大学の講義は午後からだから……。
うん、その前に一度様子を確認。その時に持って行けばいいかなっ。

[こくり思うのでした**]

(120) 2013/01/26(Sat) 17時半頃

[場所が離れてしまった今。プリシラ先輩が夢を見て、一人寂しがっているなんて知らないまま。]


洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 17時半頃


[誰かがいると、これほどに落ち着くものなのか。
一人でいると、あれほど恐ろしかった空間が。
誰かがいると、これほどに温かいものなのか。]

 れべっか、来ないな

[小さなゾーイに世話をさせるのは申し訳ない。
レベッカに世話を頼むのも、申し訳ないけれど。
でも、彼女の方が幾分か、頼みやすくはあるのだ。]


【人】 洗濯婦 ベッキー

無い無いから。ほら、私、幼稚園からずっと純粋培養されてきたから。お付き合いした事なんて一度も無いし。
世話好きというか、ほらぁ。寮の中ってある意味助け合いな処もあるでしょ。

うー、もう、褒めても何も出てこないからねっ。

[>>121クラリッサさんが前から思っていたとしても、それは無い無い訳で。大事な事なので二度言いました。
愛嬌や世話好き、それは恋愛相手が求めるものとは違うと思うし、恋愛相手に与えられるものでも無いと思う。恋をした事が無いから断言はできないけど。ただ、褒めてくれているのかなとは感じたので、その事は素直に嬉しかった。]

今は、想像もできないかも。

[切っ掛け、それがどのようなものなのか想像しようとして、69(0..100)x1秒程傾げたり目を瞑ったりして挫折した。この前資料として読んだテンペストのミランダに訪れたような事があればあるのかな、なんて。でも、私は孤島に住み、父親と化け物としか暮らしていない生活なんてしていないもの、だから、魔法のような切っ掛けも無さそうなのは確か。]

(129) 2013/01/26(Sat) 19時半頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

はーい。
いってらっしゃい。

[>>122 リゾットを作る私の背後で、感動するクラリッサさん。男性が好きなのは、>>75の男子学生達の思いは知らなかったけど、見た目に可愛いクラリッサさんやイリス先輩じゃないのかなとは思う。
大学に向かうと告げるクラリッサさんを見送った。もう少ししてからリゾットは持ってゆこう。]

(130) 2013/01/26(Sat) 19時半頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

―お昼前くらい・プリシラの部屋―

プリシラ先輩、起きてます?

………、えっと、風邪だから……。

[お昼には少し早い時間。本当ならお昼に合うように持って行くべきかもだけど、あまり遅くなると午後の講義に遅刻してしまう。部屋の中から返事が有ったとしても、無かったとしても、リゾットと、新しいタオルを持って部屋に訪れた。
ちらと視線に入ったのは>>109>>111>>112と布団の中にいたゾーイさんとプリシラ先輩。えっ、これはどのような状況なのだろう。プリシラ先輩は風邪だけど?
99(0..100)x1個ほどのクエスチョンマークが頭の中を乱舞する。
絞りだした言葉は、風邪。プリシラ先輩に向けてか、ゾーイさんに向けてか、どちらにも向けてか。どれでも意味は通る言葉。]

(132) 2013/01/26(Sat) 19時半頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

あの、風邪の特効薬はお休みだってわかるし、俗信では風邪はうつせばとは言いいます。
あ、変な想像はしていません。

えっと、これ、リゾットです。消化にいいものと思って。もし食欲が無くても栄養補給はしてください。風邪を治すのには、先ず栄養の補給からと言いますし。

あ、これ新しい濡れタオルです。
交換しますね。

[二人が一緒に布団の中にいる可能性を想像しつつも、目的を忘れては駄目。そう、ここで私が慌てたら病人も慌ててしまう。風邪が悪化するかもだし、ゾーイさんのプリシラ先輩への思いは大切にしなくては、いけないなんて思ったりする。
アルベールさんとユーメ先輩の事もあるし、ちょっと意識してしまった。]

(133) 2013/01/26(Sat) 19時半頃

洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 19時半頃


【人】 洗濯婦 ベッキー

―プリシラ先輩の部屋→大学―

えっと、午後から授業があるので。
失礼しますね。

[>>149二人の反応がどうであれ、午後から授業があるのでと弁明し、寒いけど、少し我慢してくださいねと一度換気をしてから、その場を離れた。ゾーイさんの残した人間抱き枕との説明になんとなく分ったような分らなかったような。

その後で訪れた大学内を駆け巡っている噂を聞けば、驚いた表情を浮かべる。イリス先輩とバードマンさんって同じ寮だけど、そんなに親しかったかな?こてり――**]

(151) 2013/01/26(Sat) 20時半頃

えっと。
何か欲しいものがあったら、言ってくださいね。
後で持ってきます。

[ゾーイさんはお休みしているみたいだし。部屋を出る時に振り返って**]


洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 21時頃


ベッキーは、フィリップさんやイリス先輩の顔を思ったり。

2013/01/26(Sat) 21時頃


ベッキーは、クラリッサさんはイリス先輩と仲良かったかな?なんて思ったり**

2013/01/26(Sat) 21時頃


洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/26(Sat) 21時半頃


【人】 洗濯婦 ベッキー

―大学・夕刻―

[講義を受けていても、やっぱり落ち着かない。その内にクラリッサが級友に何かをしたらしいという噂まで飛び込んできた。]

あ、ごめんね。
関係とか、寮での事とか、私も良くわからないから。でも、あんまり無責任な噂は良くないかも?

[実際、詳しくは知らない。ただ、無闇に反応したら余計に噂が広がるのは確かなので、分らないと言い捨てて、大学を後にした。]

(186) 2013/01/26(Sat) 22時半頃

【人】 洗濯婦 ベッキー

えっ――…。

ユーメ先輩と、アルベールさんも風邪って……。

[大学からの帰途に受け取ったメール。
どうしようかなと思案顔をしていると、>>187ローズマリーの姿が道の先に見えた。昨日のことが少し思い出されてすこし恥ずかしかったけど、駆け寄った。]

あっ、ちょうど良かった。ローズマリーさん。
もうメールは見た?アルベールさん達も風邪でダウンって。
プリシラ先輩も風邪みたいだし。

うーん、今外にいて元気で動ける私達で何か買っていった方がいいかな。

(193) 2013/01/26(Sat) 22時半頃


 欲しい物?
 レベッカが傍にいてくれたら、いいや

[ぼやけた頭でそう答えた。]

 寂しいから、早く帰って来てね

[いつもなら、きっと言わない言葉だけど。]


【人】 洗濯婦 ベッキー

そうそう。
あ、なら丁度良かった。

[目を丸くした様子に、バードマンさんから朝メールが来て、プリシラ先輩の容態を報せてもらった旨を告げる。]

プリシラ先輩には、ゾーイさんが先輩の部屋で一緒にいて、看病なのかな?してもらっているの。
昼の分は作っておいて、後は額を冷やすのと、濡れタオルを置いておいたんだけど。

[ゾーイさんの人間枕の事はあえて言わず。]

(203) 2013/01/26(Sat) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ベッキー 解除する

犠牲者 (4人)

ベッキー
2回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.117 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび