人狼議事


173 【突発RP村】夢の通い路

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


本屋 ベネットは、メモを貼った。

2014/04/18(Fri) 19時半頃


【人】 本屋 ベネット

 [微笑むと、]
                  [微笑んだ。]


 [手を差し出すと、]
                  [そっと握ってくれた。]


 [好きだというと、]
                  [私も好きと言った。]



           [君は―――。]

(29) 2014/04/18(Fri) 19時半頃

【人】 本屋 ベネット


 ―――ん、

[はたと我に返った。
ぼんやりと立ち尽くしたまま、まさかとは思うが、
立ったまま寝ていた、なんて、そんな事は。

自分の事ながら、器用だなぁ、なんて苦笑して。]

(30) 2014/04/18(Fri) 19時半頃

【人】 本屋 ベネット


 どうして、何度も失くすんだろう。

[大事にしていなかったのかな。]

 いや、そんなことはない筈なんだけど…。

[ぼんやりとして思い出せないけど、
それが、とても大切なものだったのは、知っている。

何度取り零しそうになっても、
何度でも、この手に戻ってきて呉れた筈だったのだけど。]

(31) 2014/04/18(Fri) 19時半頃

【人】 本屋 ベネット

―図書館―

[ぎぃぎぃ、きし、と連れ歩いていた床の音が途切れ。
継ぐ様に、紙とインクと、埃っぽい匂いがふわっと舞った。

重たい瞼が、少し、はっきり開く。

図書館だ。
僕の仕事場。

細かい所はなんだか違う気がするけど、
本当の仕事場は、もうちょっと薄暗いし、もっと埃っぽいけど、
気にする事はない。此処は、そういう場所。]

 ……ふふっ

[自然と口の端が緩んでしまうのは、
きっと僕は此処が大好きだから。]

(32) 2014/04/18(Fri) 19時半頃

本屋 ベネットは、メモを貼った。

2014/04/18(Fri) 19時半頃


【人】 本屋 ベネット


 ―――♪

[―――つ。と、
指先が並ぶ本の背表紙をなぞる。]


               『―――――。』


 うん。

[君と初めて会ったのは、此処なんだ。]

(61) 2014/04/18(Fri) 23時頃

【人】 本屋 ベネット

[何処からか差し込む光の筋に、舞った埃が揺らめいて、
きらきらと反射する。

静謐の佇んだ空間に、
ただきらきらと、
光が音を立てる。]

 君は――――、

[君が僕を見つけたのが先だろうか。
僕が君を見つけたのが先だろうか。

どっちでも、同じ事か。]

(83) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【人】 本屋 ベネット


 ――――――あれ。

[既視感。
知ってる。
僕はこの場所を知っている。

違う。そうじゃない。
紙とインクと埃の匂いに埋もれた、静謐のある空間の事ではなく。

失くしたものを探すこの不思議な店の、
この場所に。

僕は以前も来たじゃないか。
あの時、やっぱり僕は此処で見つけたじゃないか。

あの時見つけたものは―――、]

(84) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【人】 本屋 ベネット


 ―――あ、れ…?

[あの時見つけたのは、
君と出会った想い出と、君の存在。]

 …覚えてる。

[覚えているのなら、忘れていないのなら、
どうして僕は此処にいるんだろう?]

(85) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【人】 本屋 ベネット

[瞼から眠気が失せて、
見開く様に、半ば呆然と。]

 ―――――うんん?

[それでも声は矢張り、どこかぼんやりして。
息をのむような、気配がして、ドアノブがガチャガチャと鳴った。>>78
ゆっくりと振り返る。

青年の姿を確認する頃には、また瞼は重く降りてくる。]

(86) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

本屋 ベネットは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 00時半頃


【人】 本屋 ベネット


 ――――、

      [栗色の髪に、差し込む光の筋が当たって、暖かい色。
                探している本が見つからないと、

              先に声をかけてきたのは君だった。]



 ……起きてますよー。

[閉じかける瞼を、こじ開けて、
近づいてきた青年>>87に、にへらと笑う。]

(91) 2014/04/19(Sat) 01時頃

【人】 本屋 ベネット


 んーと…。

[瞼を擦りながら、少し間延びした音を口から零して、]

 ……ノックス君、だ。

[広間で名乗った声を思い出す。]

 僕は、ベネットだよ。

(92) 2014/04/19(Sat) 01時頃

【人】 本屋 ベネット

[昔から、図書館という場所が、好きだった。

立ち並ぶ本棚に、ぎっしりと収まる本の壁は、
迷路の壁のような、威圧感と堅牢さを誇示するようで、
かっこいいと思った。

新品の本の匂いとは少し違う、
インクと紙の匂いは、此処だけでしか感じられない、
特別な気がした。

静かなイメージがあるかもしれないが、
耳を澄ませば意外と音がする。
紙をめくる音。ヒソヒソ声。本を求める靴音。

この空気を作り出す全てのものが、好きだった。
だから、図書館を利用する客も、
自然と眼で追い、物音に耳を澄ませる。

顔を覚えたりする事は、習慣みたいなものだった。]

(97) 2014/04/19(Sat) 01時半頃

【人】 本屋 ベネット

[自己紹介に返された笑顔を見て、>>94]

 ふふふ、どうだろうねぇ。

[ゆっくりとした声で答える。]

 僕は、司書をしてたんだぁ。
 前の探し物は、此処で見つけたんだけどねぇ…。

 前と…違う物を失くしたみたいだけど。
 ……ノックス君は、どうかなぁ?

[間延びする声の末尾は、半ば欠伸と同化する。]

(98) 2014/04/19(Sat) 01時半頃

【人】 本屋 ベネット


 失くしたくて、失くしてるんじゃないんだけどね。

[困った様な声>>101に、苦笑を浮かべた。]

 気持ち、かぁ…。
 うーん。

[顎に手を添えて、考え込む様に首を傾げて、
とろんとした瞼はゆっくり降りて、
そのままかくん、となりそうになる。]

(104) 2014/04/19(Sat) 01時半頃

【人】 本屋 ベネット


 ―――ふぁ…、ごめんねぇ。

[ふるふると頭を振って、欠伸ひとつ。]

 よくわからないけど…、
 凄く眠いんだ…。ぼーっとする。
 前は、そうでもなかった気がするんだけど……ねぇ…。

[このどうしようもない眠気は、
失くしたものに何か関係があるんだろうか。]

(106) 2014/04/19(Sat) 02時頃

【人】 本屋 ベネット


 さっきは…何を焦ってたのかな?

[緩い笑顔を浮かべて、ゆっくりと扉を指さす、]

 押すんじゃなくてぇ、内側に開くんだよ。

[ふふふ、と笑って。]

 自分の中にあるものなら、まずは、
 落ち着かなきゃ、ねぇ。

[あふ、と深呼吸よりも深く息を吸う。]

(108) 2014/04/19(Sat) 02時頃

【人】 本屋 ベネット


 失くすと…眠くなるもの…。
 ………………………睡眠時間?

[いやいや。そんなまさか。
第一此処は、普通に眠たいが為に、
眠くなる様な場所なんだろうか。
曖昧に笑う。]

 歌、かぁ…。

[すっと指を立てて、口の前に当ててみて、]

 館内はお静かに?

[そして悪戯っぽく、くすくす笑った。]

 もっと、こう。
 君に、相応しい感じの―――ふぁぁ…、

(116) 2014/04/19(Sat) 02時半頃

【人】 本屋 ベネット

[欠伸を噛み殺して、むぐむぐと口を動かす。]

 綺麗な声だと、思うよ?

(117) 2014/04/19(Sat) 02時半頃

【人】 本屋 ベネット


 ああでも、僕も似たものの様な気がする。
 探してるものは、凄く複雑で、
 とても単純なものなんだ。たぶん。

[喋りながら、重たい瞼はゆるゆる閉じる。]

 根拠とか、ない…けど……ね。

[おおきな、大きな欠伸ひとつ。]

 ―――…大丈夫。君なら、
 きっと見つけられるよ。

[何とか眼をこじ開けて、ゆらゆらと手を振る。
頑張って、と笑って背を向ける。
僕も、探しに行こうか。]

(120) 2014/04/19(Sat) 03時頃

本屋 ベネットは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 03時頃


【人】 本屋 ベネット

―白い部屋―

[何度目かの欠伸をして。頭を振った。
気が付いたら、殺風景な白い四角い空間。

遠近感も曖昧になる白さ。
どこか窓でも開いているのだろうか、
さや、と風が前髪を揺らした気がする。

何を失くしたんだろう。
何で失くしたんだろう。
前に見つけたものは、十分じゃなかったのかな?]

              [君はよく図書館に通って来た。
                   僕が君を覚えた様に、
                  君は僕を覚えてくれた。]

(121) 2014/04/19(Sat) 03時頃

【人】 本屋 ベネット

[前見つけたものは、まだ持ってる。
だから、違うんだ。]

                         えっと。
              デートって事で、いいんだよね?

             [風情の無い事を、問うてしまうのも、
                 図書館の外で君を見るのも、
                           何度目だろう。
     好きな場所に含まれない君が、やっぱり好きだった。]

(123) 2014/04/19(Sat) 03時半頃

【人】 本屋 ベネット


 僕は――――、        [放してしまったのかな。]



         [それは、突然。]



 やっぱり、          [“また”失くしたんだ。]



   [クラクションの音が引き裂いて行ったんだ。]



 ………。           [どうしたらいいんだろう。]
 

(124) 2014/04/19(Sat) 03時半頃

【人】 本屋 ベネット

[ゆっくりと振り返った。>>122
誰が居るのかは、わかってる。
よく見えないのは、眼が開かないからなのか、
涙で滲んでいるからなのか。]

 ………なかった、なぁ。

[零れた声は、眠たい響きとは異なった力の無さ。]

 思い出したくなかったよ。うん。


[最初に此処に来た時は、
“君”を捜さなきゃって、必死だったんだ。
君を置いてっちゃいけないって。必死だったんだよ。]

(125) 2014/04/19(Sat) 03時半頃

【人】 本屋 ベネット

[女主人の言葉を聴く。>>126]

 …見つけちゃったら、
 目が覚めちゃうから。


 目が覚めたら、僕は、戻らないといけない。


 大切な人の居ない所に、
 僕だけ戻らないといけない。
 
[ぽつり、ぽつりと落とす声は、
静寂を押し固めた様な音。]

(127) 2014/04/19(Sat) 03時半頃

【人】 本屋 ベネット

[頬を撫でる優しさが、記憶を呼び起こしていく。>>128]

 わからないんだ…。
 何処に行けばいいのか。

[わかってるんだ。
捜したかったものが、もうどこにも無い事。]

 ――――…、夢の中で、深く眠ったら。
 ……どうなるんだろうね。

[だからきっと、此処を訪れた時から、酷く眠いのだろう。]

(129) 2014/04/19(Sat) 04時頃

【人】 本屋 ベネット


 僕は…。

[わかってる。本当は、わかってる。
認めたくないんだ。

そんなに、強くないから。

未来が見えなくなった事が、ただ怖かったんだ。
続いてたと思っていた道が、ふつと途切れた事が。]

 ……うん。

[歩き出せるかな、どうかな。
それは、わからないけど。


きっと―――――朝は来てしまうのだろう。
望むとも、望まざるとも。
夜が明ければ、眼は醒めてしまうのだろう。]

(132) 2014/04/19(Sat) 04時頃

【人】 本屋 ベネット

[夢の終わりは、突然来るのだから。**]

(133) 2014/04/19(Sat) 04時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ベネット 解除する

犠牲者 (5人)

ベネット
4回 (3d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび