人狼議事


173 【突発RP村】夢の通い路

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/18(Fri) 23時半頃


少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/18(Fri) 23時半頃


【人】 牧人 リンダ

…一つずつ。

[店主の言葉>>63に目を閉じて。]

ここで誰かとこうして、演奏して歌を歌って。

そこで私は、誰かと何かを約束した。

[シロツメクサの花言葉『約束』。]

でもそのときは、ここの花は赤く染まっていた気がして。

[そう言ってまた、演奏を始める。]

(69) 2014/04/18(Fri) 23時半頃

【独】 少年探偵団 ガーディ

/* 「ありが乙ございます」って酷ぇ日本語があったもんだ

それにしてもヤヘイさんやっべぇな。すげぇ…
ヤヘさんptすんごいし、ソロル回した方がいいよね…

(-18) 2014/04/18(Fri) 23時半頃

【人】 天井手繰り ヤヘイ

不意に、
ただ、
理解できないまま無性に、
しがみ付きたくなる相手がいたら思い出すと良い。

[恋というワードに特徴的な反応を見せた相手>>66の頭に、そっと手のひらを乗せる。]

それが恋、だとな。

[仮面の隙間から覗く眼差しは、ただ真っ直ぐに。]

(70) 2014/04/18(Fri) 23時半頃

ヤヘイは、ガーディ>>67に「だろう。どこか、遠い音色だ」とニヤリ。

2014/04/18(Fri) 23時半頃


ヤヘイは、>>70 ×いたら→○現れたら

2014/04/19(Sat) 00時頃


【人】 開放的市民 ジェニファー


 そう

[彼女が始めた演奏を聴きなgら。
彼女の世界を眺めている主人は。
煙管を咥えて、一つ吸い込んだ。]

 貴女の約束はどんなのだったのかしら
 その時の景色は、どんな景色かしら

 思い出せば、見せてあげるわ
 行きたければ、連れて行ってあげるわ
 貴女の心の奥底まで、貴女の見たい景色まで

[紫煙はゆるく世界を包み込む。
彼女が望むなら、見る事ができるだろう。
彼女の望んだ世界を、そのままに。]

 ここはそういうお店だもの

(71) 2014/04/19(Sat) 00時頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 00時頃


【人】 道案内 ノックス

―回想―
[リンダとギネスと別れる。
正直、あそこで切り上げられたのはノックスとしては幸いだった。

取り戻すきっかけや、大事な物だからこそ取り戻さなくちゃいけないという決意。
それを知れた。

――それに、もう一つ。
歌のことにこれ以上追求されなかったから]

……はぁ。

[思わず、溜息が一つ。]

……僕って、歌が好きなのかな――それとも、嫌いなのかな。

[歌うのは好きだ。でも人に聞かせるのはとても嫌いなんだ。]

(72) 2014/04/19(Sat) 00時頃

【独】 道案内 ノックス

/*
……と――はなんか使い分けちゃうな。
多分、……は普通の沈黙で、――は無意識に言葉を飲み込んでいるってことを言いたいんだと思う。

てきとう。

(-19) 2014/04/19(Sat) 00時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

しがみ付きたくなる、相手……


[頭に置かれた手>>70は優しく。
ハリウッドじゃない、原作のままのヒーローの眼差しは真剣で。
こくりと頷き]

考えて、みる……
思い出さなきゃ、いけないんだ、きっと。

[忘れてるなら、それがきっと探しもの。
ただ、苦しい。
――思い出せない事が?
――思い出そうとしている事が?

頭の中によぎったのはやはり、同じ映像。


映像の中、その手には――――]

(73) 2014/04/19(Sat) 00時頃

ガーディは、ヤヘイに小声でありがとう、と伝える

2014/04/19(Sat) 00時頃


【人】 道案内 ノックス

[ちくり、と頭の奥が痛む。
結局は、いつも縮こまって、何もしない選択を選んでしまう。

脊髄反射的に、無意識に。

本当は、もっと歌えるようになりたい筈なのに――]

―――のはてに
  ―――のだろう

その―――
  ―――ない。

[再び、呟くように歌いながら、次の扉を開ける……]

(74) 2014/04/19(Sat) 00時頃

【独】 道案内 ノックス

/*
ベネいるか?

(-20) 2014/04/19(Sat) 00時頃

【人】 牧人 リンダ

…素敵なお店ね。

[店主>>71にそう返すと、演奏しながら思い返す。]

――約束した時。

[今までは何故かその時が思い出せなかった。]

白い花が血で染まって……。
その中でもあの子は笑ってた。

[景色が変わる度に、記憶が湧いてくる。]

ベニバナツメクサなんていうのもあるだなんて、
笑えない冗談で。

[足元の花は紅く染まっていっただろう。]

(75) 2014/04/19(Sat) 00時頃

ヤヘイは、ガーディに言葉は発せず、ただ頷き返した。

2014/04/19(Sat) 00時頃


【独】 天井手繰り ヤヘイ

/*
この調子で連日続けられるの?

あかん。
無理かも。

(-21) 2014/04/19(Sat) 00時頃

【独】 天井手繰り ヤヘイ

/*
そしてのーどーがー。

(-22) 2014/04/19(Sat) 00時頃

【人】 道案内 ノックス

―図書室―
[整備された 道の果てに
 何が待つと 言うのだろう

何がしたいか なんてもう
 ぼくにはもうかんがえられない]

ぼくは きっと まりおねっ――と。

[誰もいない部屋が続いてたからか。
油断してた。

>>61人がいただなんて。
自分の顔がみるみる青くなる。体が強ばる。頭が真っ白になる。]

(76) 2014/04/19(Sat) 00時頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 00時頃


【人】 開放的市民 ジェニファー


 ふふ、そうでしょう

[彼女の言葉にあわせて、景色は移り変わる。
白い花が朱色に染まって。
彼女の記憶の中の言葉すら、幻聴として響く程に。]

 そう、笑っていたのね

[その赤い花の中。
彼女の顔を、女主人は覗き込んだままで。]

 それから、どうなったのかしら

[例えばそれが、どんな記憶であったとしても。
女主人は、顔色一つ変えずにそれを眺める。]

(77) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【人】 道案内 ノックス

[部屋に入った瞬間の出来事だった。
とりあえず、さっきの眠そうな人の姿が見え、体が硬直する。
内心動揺しつつも、逃げるように扉をあけこの部屋から出ようとする……が、

扉は開かなかった。ノブを捻ってもガチャガチャ鳴るだけ。]

――ッ!

[流石にこれには気が動転するも、すぐに無理だ、と諦める事を悟る。

……は、はは。

ついに他人に思いっきり聞かれてしまったなんて――。]

(78) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

[ 恋 ]



[どうしようもなくしがみ付きたくなる人。]



[ 花 ]


………何だろう、

[ この引っ掛かりは。 この痛みは。 ]

                [そして]

………誰だろう

[その、―――と一緒に差し出された手の持ち主]

(79) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【人】 道案内 ノックス

[音に、彼は気づくだろうか。
例え気づかなくても、ノックスは暫くこの部屋にいることを余儀なくされるだろう。]

(80) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【独】 道案内 ノックス

/*
確定避けを忘れてた。

(-23) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 00時半頃


【独】 少年探偵団 ガーディ

/* 池に行こう。
明日落ち希望者によりけりだなぁ。
思い出したら強制送還かな?
あがくこともできる。

(-24) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【人】 牧人 リンダ

あの子のことは忘れていたわけじゃない。
思い出さないように抑えていただけで。

[彼女の促し>>77で続きが見えてきた気がして。]

その血は、あの子のものだった。
血を吐きながら笑ってて。

[何故彼女がそういう状態だったのか、そこまでは思い出せず。
目の前に浮かぶ景色から、目を逸らさずに。]

あの子が倒れる間際に、約束をしたの。

[あと一歩。
あと一歩が出てこない。]

(81) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【人】 開放的市民 ジェニファー


 そう、思い出したくなかったのね

[彼女の言葉に続くように。
おぼろげな姿が、眼前に写ったような気がした。
主人は彼女の耳元で、囁く。]

 華を染めてしまうほどの血を吐いて

[おぼろげな姿が、笑っているように見えて。]

 それでも、貴女に語りたかった言葉

[その影が、ふわりと倒れる。]

 貴女はそれを『忘れて』しまったの?

[彼女の肩に手を伸ばして。
それが触れたなら、そのまま体を寄せよう。]

(82) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【人】 本屋 ベネット

[何処からか差し込む光の筋に、舞った埃が揺らめいて、
きらきらと反射する。

静謐の佇んだ空間に、
ただきらきらと、
光が音を立てる。]

 君は――――、

[君が僕を見つけたのが先だろうか。
僕が君を見つけたのが先だろうか。

どっちでも、同じ事か。]

(83) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【人】 本屋 ベネット


 ――――――あれ。

[既視感。
知ってる。
僕はこの場所を知っている。

違う。そうじゃない。
紙とインクと埃の匂いに埋もれた、静謐のある空間の事ではなく。

失くしたものを探すこの不思議な店の、
この場所に。

僕は以前も来たじゃないか。
あの時、やっぱり僕は此処で見つけたじゃないか。

あの時見つけたものは―――、]

(84) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【人】 本屋 ベネット


 ―――あ、れ…?

[あの時見つけたのは、
君と出会った想い出と、君の存在。]

 …覚えてる。

[覚えているのなら、忘れていないのなら、
どうして僕は此処にいるんだろう?]

(85) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【人】 本屋 ベネット

[瞼から眠気が失せて、
見開く様に、半ば呆然と。]

 ―――――うんん?

[それでも声は矢張り、どこかぼんやりして。
息をのむような、気配がして、ドアノブがガチャガチャと鳴った。>>78
ゆっくりと振り返る。

青年の姿を確認する頃には、また瞼は重く降りてくる。]

(86) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

本屋 ベネットは、メモを貼った。

2014/04/19(Sat) 00時半頃


ヤヘイは、ガーディの沈思黙考>>79を邪魔せずにただそこに居る。

2014/04/19(Sat) 00時半頃


【人】 道案内 ノックス

……。

[時間が経って、大分落ち着いたのか。心も大分静まっていく。
……ははっ、ダメだな僕。
さっきから動揺してばっかりじゃないか。

リンダとギネスとの会話を経て、大分慣れてきたのか。
今度はちゃんと話することが出来そうだ。

と、いうかまた眠りかけている様子>>86に、ノックスは苦笑し。
彼の元にかけよる。]

……もしもーし。
起きてますか?

(87) 2014/04/19(Sat) 00時半頃

【人】 牧人 リンダ

[彼女に寄せられた体>>82
あの時のあの子にもこうして寄り添って。]

…忘れてしまった?
あの大事なことを。

[そんなはずはない。]

大切な友達だったの。
確かあれは――。

[涙を流す私に、あの子の手が触れて。]

『ずっと笑っていてね、約束。』

[そう、声が聞こえた気がした。]

(88) 2014/04/19(Sat) 01時頃

【人】 開放的市民 ジェニファー

[女主人は、彼女に寄り添いながら。
聞こえてくる言葉に、小さく微笑んだ。]

 そうね、大切な友達

[聞こえてくる、誰かの声。]

 大切な友達だったからこそ

[肩に触れた女主人の手は、それをなぞるように。
首筋を、顎を、頬を。
ゆっくりと、進んでいく。]

 忘れてしまったのね

(89) 2014/04/19(Sat) 01時頃

【人】 開放的市民 ジェニファー

 貴女は何故、笑わないの…―――?

[そう囁くと、女主人は手を離し。
寄り添った体も、離れた。]

(90) 2014/04/19(Sat) 01時頃

【人】 本屋 ベネット


 ――――、

      [栗色の髪に、差し込む光の筋が当たって、暖かい色。
                探している本が見つからないと、

              先に声をかけてきたのは君だった。]



 ……起きてますよー。

[閉じかける瞼を、こじ開けて、
近づいてきた青年>>87に、にへらと笑う。]

(91) 2014/04/19(Sat) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(1人 6促)

ジェニファー
0回 注目

犠牲者 (5人)

パルック
0回 (2d)
ベネット
4回 (3d) 注目
ノックス
0回 (4d) 注目
ガーディ
3回 (5d) 注目
ギネス
6回 (6d) 注目

処刑者 (4人)

リンダ
1回 (3d) 注目
マーゴ
3回 (4d) 注目
ケヴィン
0回 (5d) 注目
ヤヘイ
3回 (6d) 注目

突然死 (1人)

クリスマス
0回 (4d) 注目

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.109 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび