人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


【人】 博徒 プリシラ


 ん…―――?

[立ち上がるゾーイに、あれ?と思った。
何故そう思ったのかは、自分でもよくわからない。
そして、あれ?の理由がわからない自分は、何をどうするのが正しいのかもわからないから。]

 まぁ、いいか

[呟いて、ぼーっとするのをつづけた。]

 緑茶でも紅茶でもどっちでもいー

[ぼーっとしながら、ベッキーにも答えている。]

(418) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 受付 アイリス


 うんうん

[クラリッサと別れ食堂の傍までいく
 丁度食堂から出てきたゾーイが見えれば]

 おーい!
 クラリッサとお散歩いくけど、
 みんな一緒にどう〜?

[中から聞こえてくる賑やかな声と
 ゾーイに向けて声をかけてみる]

(419) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

まぁ、こんなもんで大丈夫だと思いますよ。

[ワットの額から無神経が消えたのを確認すると、いい笑顔をワットに送った。
だが、デコは痛いかもしれない。]

(420) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

洗濯婦 ベッキーは、メモを貼った。

2013/01/23(Wed) 00時半頃


【人】 小娘 ゾーイ

ああ、ウィンクラー先輩。
フリッチェと散歩?

[食堂を出たところで姿を見れば、まとめて声をかけられたか]

買出しとか用事ではなく、散歩、ですか?

[微かに首を曲げる]

(421) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 受付 アイリス


 そそ
 特に用事は無いよ

[ゾーイの声に小さく頷いた]

 あー、でも
 缶コーヒーぐらいは買うかも
 別に何か買いたければ買ってもいいよ?
 ふらふらしてくるついでにさ

[どう?と首を傾いで]

(422) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

――自室――

[ガラス製の黒い机の上、
 香水の瓶から少し離れて置かれたオルゴール。
 瓶も綺麗だけれど、オルゴールはひときわ綺麗で
 満足そうに笑みを浮かべた。]

 あ、急ごう。

[悦に浸っている場合ではなかったと、
 そそくさと自室を後にし少しすれば
 まだ声掛けの途中のイリスに追いつくか]

(423) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

いえ、何かあったのかなと。

[買いたければ、と答えるイリスの言葉に軽く否定しつつ]

そうですね。
少し風に当たりたくもありまして、お邪魔でありませんでしたら。

(424) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 受付 アイリス


 何か、かー
 しいて言うならゾーイ

[そそ、と顔を近づけ]

 ぞーい可愛いよぞーい
 だから連れて行きたいんだよぞーい

[にやにやした。]

 お邪魔なんて無いでしょ
 いこいこ
 

(425) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 博徒 プリシラ


 さんぽ・・・?
 わたしはいいや、ぼーっとしてるー

[聞こえた声に、反射的に返事をしていた。
たぶん、後から聞いても返事をした事すら覚えていないだろう。]

(426) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

ウィンクラー先輩…。

[顔を寄せてくる相手に、少し体重が後ろに寄る。何度か経験があれば表情は若干苦笑気味だったかも知れない]

はい。
じゃあ、ちょっと上着てきますから…玄関の方で。

[そう言って一旦、自室の方へと退避しようとする。]

(427) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 受付 アイリス


 行っといで
 待ってるから

[反応を見れば満足そうに頷いた
 気になることはあれど
 散歩がてらゆっくり聞けばいい]

 ……他はいないかな

[食堂から出ては来ない様子に
 もうあとはいないか、と玄関へ向け歩く。]

(428) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 手伝い クラリッサ

[ゾーイが上着を取りに戻るのとすれ違えば
 イリスの元へ歩み寄り]

 あ、ゾーイちゃん捕まえました?

[借りた手袋をはめつつ、微笑んだ]

(429) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

― 洗面所 ―

 そういえばワット先輩、
 このまえは、ありがとうございました。
 ちょっと季節外れなのに、手に入るとは思わなかったです。
 花屋さん、さすがですね。

[ワットに礼をいうのは、年末近くに、花を取り寄せてもらったことにだ。
 母の誕生日に、母の好きな花を送りたいけど、無理っていったとき、ワットがどうにかしてくれたのだ。]

 なんか、感動してました。
 それでなくてもちょっと珍しいのに、って。

(430) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 受付 アイリス


 げっつ!

[捕まえたった!と握り拳。
 あごの下あたりで手をふらふらさせ]

 ゾーイ可愛いよね、何時見ても
 この変に顔があるんだもん

 攫っちゃいたいね

[物騒なことを、さらっと]

(431) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

 でも、チョコレートコスモスって本当にチョコの匂いするんですね。
 俺、びっくりしました。

[年末の帰省時に、その鉢を持ち帰った。
 その匂いは、花とは思えない甘さで、
 へぇ、と。]

(432) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

あのあと、母が一輪、押し花にして送ってきたんですよ。
 なんか本当、喜んじゃって…。



 もし、よかったら、来年も、お願いできますか?

[そんな話をワットにしている。]

(433) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 小娘 ゾーイ

― 自室 ―

エクスナー。
ウィンクラー達と散歩に行くのだが、君も来るか?

[寮内でピッパの姿をどこかで見かければ、そう声をかけ、自室に戻る。]

……少し落ち着こう。
しかしアルベールがあんな態度を見せるとはな。

[室内で着ていた白のブラウスの上に青みがかった灰色のチュニックの重ね着の上から彼女の身体には大き目の狐色のダッフルコートを羽織ると部屋を出る]

お待たせしました。

[白い羽毛付きのフードは首の後ろに垂らしたまま、あまり時間を掛けずに戻ってくる。]

(434) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 小娘 ゾーイ

……なにか、物騒な会話してませんでしたか?

[二人の様子を見れば、ジト目でポツリ。]

(435) 2013/01/23(Wed) 01時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/23(Wed) 01時頃


鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2013/01/23(Wed) 01時頃


小娘 ゾーイは、メモを貼った。

2013/01/23(Wed) 01時頃


【人】 手伝い クラリッサ

 さらっちゃだめです〜

[ふるふる、と首を横に振りつつもくすくすと笑って]

 確かに、小さいは正義ですからね。

[他にはいないのかな、と辺りを見回した後
 三人の散歩も楽しそうだと思いつつ
 食堂を覗きこむ。
 ノックス達が何やら注目の的、だった、空気が残っていた。
 よくわからなくて首を傾げつつ、イリスに視線を戻す]

(436) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 受付 アイリス


 ……

[戻ってきたゾーイを見て]

 ほれえええええ
 なにあのもふもふ!
 可愛いすぎ!

[クラリッサに小さい声で訴えた
 ゾーイに向き直ると]

 ううん、なにも?
 さ、いこいこ

[二人と手をつなごうと、両手を差し出して]

(437) 2013/01/23(Wed) 01時頃

ゾーイは、>>434 ウィンクラー→ウィンクラー先輩

2013/01/23(Wed) 01時頃


【人】 教え子 シメオン

[唸るノックスの頭に軽く手を一瞬だけ置いて、やがて食堂を出るものに軽く手を振った。]

……グレッグ……。

[>>409は聞こえていたのでじと目。]

あー。でもどうすんだ、実際?

(438) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 道案内 ノックス

[ローズマリーには紅茶をちょうだい!と必死にリクエストしつつ、食べかけだったプリンに何とか手を伸ばす。
昨日までの子だったらこんなふうにはならず堂々とノロけてきたのに、どうしてだろう。]

ぐ、ぐれっぐ……てめぇ。

[頭を撫でられてもときめかない、よかった。いやその発言はよくねえわ。あまりの言葉にじろりと横目で睨んでも効果が薄そうだ。]

(439) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 手伝い クラリッサ

[ひそひそとイリスと]

 はぅぅ、可愛い……
 小さい子がぶかぶかのを着るとなんであんな可愛いんでしょう。

[ぱ、と身体を離し]

 なんでもないです〜
 ゾーイちゃん、いこぉ。

[へらーと笑った後、
 イリスの手が片方空いていることに気づけば
 そっと手を握ってご満悦だ。
 手袋越しじゃなかったらもっと良かった、なんて少し思いつつ]

(440) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 小娘 ゾーイ

いえ、それは普通に恥ずかしいんですが。

[手繋ぎを示唆するイリスに少し固まったまま躊躇する。クラリッサの様子も窺いつつ、折れるべきかどうか判断するが躊躇う素振りも見せないどころか、ご機嫌に見えたので]

あ、寒さはどうでしょうか…。

[結局、自分は誤魔化して外の様子を気にするように先に出る]

(441) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 道案内 ノックス

うん、あの俺はあんまり性別気にしない方なので………こういうこともある、ってことで。

[プリシラにはもごもごと返すと、友人たちは慣れきっているけれど普通はこういう反応だよな、と頷いた。]

ううん、ベッキーのプリンおいしかった、ありがと。
ゾーイも、俺頑張る(?)し。

(442) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 受付 アイリス


 ちっ

[恥ずかしさからか手を繋いでもらえなかった。
 残念におもいつつ、クラリッサをつれ外へ。
 冬空は澄んでいて星がいくつかきらめいていた。]

 そこそこ都会だからなー
 満天の星とはいえないけど綺麗だよ

[ぽへー、と空を見上げながら歩き出す。]

(443) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 博徒 プリシラ

[ぼー・・・はっ!
いかんいかん、変な妄想の世界に入っていた。]

 ふぅ、私とした事が

[メイド服を着たノックスがシメオンのネクタイをしめているシーンを想像してしまうなんて、思考が可笑しい。]

 でも落ち着いた、うん

[むしろ笑える、大丈夫。]

(444) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 徒弟 グレッグ

[呟いた直後に元の死生に>>438>>439白い目で見られたのには、にやりと笑って、口を開く。]

う、そ。

[悪いニヤニヤ笑いを浮かべながら。]

ま、恋路は順調そうで何よりじゃん。
やっぱレポート一番ノリはお前らかもな。

[そう言いつつ。自分自身は愚痴ってただけで進展してない気がするよな。と思いながらも。]

(445) 2013/01/23(Wed) 01時頃

グレッグは、×死生○姿勢に

2013/01/23(Wed) 01時頃


【人】 手伝い クラリッサ

 吐く息が 白くなっていく―――
 って歌詞、ありましたよね。

 あのフレーズ好きです。

[ふわぁ、と吐息をこぼすと白く煙って消える。
 空を見あげればちらちらと遠い冬の星。
 光年の経た光。
 あの星はもう滅んでいるかもしれないけれど
 今こうして煌め逝くのがとても綺麗で―――]

(446) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 博徒 プリシラ


 性別気にしないって、すげぇな
 女子的には、男子の低い声に惹かれたりだな
 体格が好きだったり、顔が好みだったり
 ちょっとしたしぐさにドキリとしたりするわけだけども
 どっちも好きな人って、相手の何処に惹かれたりするの?

[興味本位で聞いてみた。]

(447) 2013/01/23(Wed) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 45促)

プリシラ
0回 注目
アイリス
8回 注目
フィリップ
10回 注目
グレッグ
4回 注目
ゾーイ
0回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ノックス
8回 (4d) 注目
ピッパ
0回 (4d) 注目
ベッキー
2回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ワット
0回 (3d) 注目
シメオン
8回 (4d) 注目
ローズマリー
4回 (5d) 注目
クラリッサ
0回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.093 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび