人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 受付 アイリス


 うんうん

[クラリッサと別れ食堂の傍までいく
 丁度食堂から出てきたゾーイが見えれば]

 おーい!
 クラリッサとお散歩いくけど、
 みんな一緒にどう〜?

[中から聞こえてくる賑やかな声と
 ゾーイに向けて声をかけてみる]

(419) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

もう、駄目ですよ。
プリシラ先輩ったら――。

[真面目な交際は応援するけど、プリシラ先輩から漏らされた想像にはどうなるのかな?と想像が羽ばたき、くすと笑う。]

えっ、えっ。

[でも、それとも――?

わ、わ、それは分らない。顔を真っ赤にした**]


【人】 受付 アイリス


 そそ
 特に用事は無いよ

[ゾーイの声に小さく頷いた]

 あー、でも
 缶コーヒーぐらいは買うかも
 別に何か買いたければ買ってもいいよ?
 ふらふらしてくるついでにさ

[どう?と首を傾いで]

(422) 2013/01/23(Wed) 00時半頃


 ダメって言われると、やりたくなるー

[ね、そう言う事ない?
妄想の翼は羽ばたくのです。
経験のない女の子ですから、まがお。]

 お帰りなさいませ、ご主人様ー


【人】 受付 アイリス


 何か、かー
 しいて言うならゾーイ

[そそ、と顔を近づけ]

 ぞーい可愛いよぞーい
 だから連れて行きたいんだよぞーい

[にやにやした。]

 お邪魔なんて無いでしょ
 いこいこ
 

(425) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 受付 アイリス


 行っといで
 待ってるから

[反応を見れば満足そうに頷いた
 気になることはあれど
 散歩がてらゆっくり聞けばいい]

 ……他はいないかな

[食堂から出ては来ない様子に
 もうあとはいないか、と玄関へ向け歩く。]

(428) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 受付 アイリス


 げっつ!

[捕まえたった!と握り拳。
 あごの下あたりで手をふらふらさせ]

 ゾーイ可愛いよね、何時見ても
 この変に顔があるんだもん

 攫っちゃいたいね

[物騒なことを、さらっと]

(431) 2013/01/23(Wed) 00時半頃

【人】 受付 アイリス


 ……

[戻ってきたゾーイを見て]

 ほれえええええ
 なにあのもふもふ!
 可愛いすぎ!

[クラリッサに小さい声で訴えた
 ゾーイに向き直ると]

 ううん、なにも?
 さ、いこいこ

[二人と手をつなごうと、両手を差し出して]

(437) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 受付 アイリス


 ちっ

[恥ずかしさからか手を繋いでもらえなかった。
 残念におもいつつ、クラリッサをつれ外へ。
 冬空は澄んでいて星がいくつかきらめいていた。]

 そこそこ都会だからなー
 満天の星とはいえないけど綺麗だよ

[ぽへー、と空を見上げながら歩き出す。]

(443) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 受付 アイリス


 ねー
 息がさー、昇っていくでしょ
 暗い空の色と混じるわけ
 綺麗さー

[うむー、とクラリッサの声に頷いた。
 ゾーイの歩きを眸で追う。
 小さな歩幅だ。私よりも。
 クラリッサと手を離し]

 ジャージとかね
 スカートの下に履いたりしてたわ、高校時代

[あったかいんだよなーといいながら
 ゾーイを、クラリッサと挟むような形へ移動した]

(450) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 受付 アイリス


 ふふ

[獲物は逃がさないというやつである。
 気を使って移動しているのなら
 気をつかって挟み撃ちすればいいのだ。
 ……空気を読めないイリス先輩の名は伊達じゃない。]

(453) 2013/01/23(Wed) 01時頃

【人】 受付 アイリス


 ジャージ馬鹿にすんなし
 マジあったけえんだぞ
 マジだぞ

[わはー、とわざとらしく不良っく振舞う。
 にやにやとふざけて歩いていたが
 ふ、とトーンを変え]

 そういえばゾーイさ
 なんかちょっと元気ない?

 なんかあったんかい

[なるべく軽い調子で問う。]

(457) 2013/01/23(Wed) 01時半頃

【人】 受付 アイリス


 ゆっくりゆっくり

[ゾーイの動きにちょっと困惑。
 可愛がりも行き過ぎると虐めにしかならない。
 あまりに嫌そうならちょっと距離を開けるつもりだ。]

 んー。そりゃプリ子みたいにさー。
 あれほど元気じゃないけどね
 何時もとちょっと違う顔してたよ
 特に食堂の前で

[んー、と小さくうなり]

 言いたくないなら聞かない
 でも言えば楽になる事もあるよ
 幸い、女しかいないお散歩会です

 その自己嫌悪、ゲロっちゃえよ
 ゆー、げろっちゃえよ

(465) 2013/01/23(Wed) 01時半頃

【人】 受付 アイリス


 ほぉ

[然程驚くこともなく、頷きながら話を聴いている]

(471) 2013/01/23(Wed) 01時半頃

【人】 受付 アイリス


 人って思ったほど
 他人の事を理解できてないからなー

[うんーと頷いた]

 わかるわーその自己嫌悪
 いっつも繰り返すわ、私もさ

[しかし、腕組みをしながら]

 にしてもゾーイはいい子だね
 友達、ってことでそこまで考えてあげてるんだ

 好きだったりしないの?

[じ、と眸を見つめて]

(475) 2013/01/23(Wed) 01時半頃

【人】 受付 アイリス


 似たもの同士ねぇ

[ちらとクラリッサを見遣った
 いうかいうまいか悩み]

 …

[クラリッサが何かを言うなら
 それを待ってからの方がいいか、と
 少しの沈黙を保つ]

(483) 2013/01/23(Wed) 02時頃

【人】 受付 アイリス


 ん?

[クラリッサの言葉に首を傾いだ]

 恋愛感情は、今のところ無いみたいだよ
 多分本当だろうね
 随分あっさりしてるもん

[ねー、とゾーイに言い]

 ゾーイは多分ね
 自分でも言ってるとおり
 ちょっと、思い上がってたんだと思うよ
 

(493) 2013/01/23(Wed) 02時頃

【人】 受付 アイリス


 人が誰かを知って
 見立てたが浅はかだった、って言っちゃうのはね
 それはちょっと驕ってる

[きっぱりと]

 でも、それだけ真っ直ぐ向き合ってるって事だよ
 ゾーイのいいところだ
 私はすきだけどなー、そういうの
 

(494) 2013/01/23(Wed) 02時頃

【人】 受付 アイリス

 うん、可愛いなぁと思うよ?
 みんな不器用さー
 だから胸を張ればよろし

[うん、と大きく頷いた。
 やがて、目前に自販機が見えてくる。
 ポケットから財布を取り出し小銭を入れ
 二人に奢るから、と好きなものを押させる。]

 視野なんていつの間にか広がるもんじゃない?
 広げたいと思って頑張ればいいし

 ……グレッグのはあれでしょ
 ラヴでしょ、ラヴ。

 え、でもさ
 ゾーイはグレッグが好きだとおもってたけど
 違うの?

[きょとり]

(497) 2013/01/23(Wed) 02時半頃

【人】 受付 アイリス


 えー?

[小学生という指摘に、にやにや]

 男は割とみんなそうだよ
 大っきな小学生

[彼の字のファンといえば、余計可笑しそうに笑った。
 これは新鮮な回答だなぁ、なんて思いながら。]

 字はね
 人が現れるもんね
 額縁かぁ……額縁ねぇ

[うふー、と何度も頷いて]

(504) 2013/01/23(Wed) 02時半頃

アイリスは、クラリッサの選択に無難だったと一安心。

2013/01/23(Wed) 02時半頃


【人】 受付 アイリス


 うーん

[馬鹿にされている。
 そんな誤解を解くためにはどうすればいいか。
 エアマイクを手にクラリッサへ向けて]

 リサ子先生!
 何かアドバイスを!

[ぐいぐいと迫った。]

(507) 2013/01/23(Wed) 02時半頃

【人】 受付 アイリス


 でたー。

[ゾーイの発言にわざとらしく驚いてみせる。]

 婚期遅い自信あるわー
 自分絶対遅いわー
 いやまじほんとむりだわー

[髪をふぁさふぁさかきあげながら]

 こういうこというひとって
 いの一番に結婚するんですよ

[しらー、と眸を細めて]

(511) 2013/01/23(Wed) 02時半頃

アイリスは、クラリッサの真顔をみて盛大に吹き出した。

2013/01/23(Wed) 02時半頃


アイリスは、ゾーイの勢いにもっと吹いた。

2013/01/23(Wed) 02時半頃


【人】 受付 アイリス


 すごいな。

[ゾーイの言葉に一瞬真顔。]

 普通ほら
 目の前に私、居るじゃん?
 お世辞でも私の名前混ぜない?
 イリス先輩はすごく可愛すぎて混ぜられないかな

[あれれー、と首を傾いだ。]

 自虐的なうちは辛いよ、何をしても
 今みたいに胸を貼ればいいよ
 悪筆が好きなんだこのやろー!って
 

(515) 2013/01/23(Wed) 03時頃

【人】 受付 アイリス


 ああ

[>>517 呟きを聞いて確信した。
 ちら、とクラリッサへ]

(ちょっと変わってるわ、この子。)

[面白い方向に。
 そう、同意を求めるように視線を投げた。]

(519) 2013/01/23(Wed) 03時頃

【人】 受付 アイリス


 あー、確かにね。
 論文のおかげか、寮内がちょっと
 浮き足だってるっていうか。

[ゾーイの言葉に頷いた。
 二人が飲み終わったのなら、寮へ向けて
 とことこのんびり歩き出す。]

 あ、ちなみに。
 あえて外すとかいいから。
 もっと褒めて、私を褒めて、

[褒められて伸びるタイプだから、と胸を張る。]

 でも、いいね。
 ゾーイのこういう一面、知れて良かった。
 たまにはこうして散歩しようよ、また。

[ね?と二人に首を*傾いで*]

(523) 2013/01/23(Wed) 03時頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/23(Wed) 03時頃


[ 想像の翼は、何処まで羽ばたいて行くのだろう。]

えーっ、執事さんじゃなくて、メイドさんなんですか?
でも、甲斐甲斐しくお世話してくれそうですよねっ。

って、プリシラ先輩っ。

[羽ばたいていった先に追従しつつ、話題に載せられてしまいました。くすり。プリシラ先輩は明るくしてくれる。*上手いんだから*]


【人】 受付 アイリス

―― 自室 ――

 ふむ

[二人と共に量へ戻るとそのまま自室へ篭った。
 パソコンの電源を入れ、
 『愛』についての論文をかくために
 あれこれと調べ物をしている真っ最中だ。]

 ほう?

[しかしいつの間にかたどり着いていたページは
 心理テスト、などとでかでか書かれた所だ。
 じーっと食い入るようにみつめている。]

(551) 2013/01/23(Wed) 18時頃

受付 アイリスは、メモを貼った。

2013/01/23(Wed) 18時頃


【人】 受付 アイリス


 問:

 あなたは薄暗い森の中を歩いています。
 ずっと歩いていくと、大きな洋館があります。
 あなたは不意にインターホンを押してしまいます。
 さて、そこにどんな人が居たでしょうか?

[んん、と思考時間は十数秒]

(552) 2013/01/23(Wed) 18時頃

【人】 受付 アイリス


 そりゃあれじゃね
 薄暗い森の中の洋館だもん

[モニタを指差して]

 執事服をまとった
 白髪のダンディなおじいちゃんが
 『おかえりなさいませ』と
 紅茶をいれながらだな

[ふふ、とご満悦]

(553) 2013/01/23(Wed) 18時頃

【人】 受付 アイリス


 でも、見慣れぬ洋館だからなー
 ……そりゃなー
 執事服はないなー

[首を左右に捻り]

 高そうな椅子に座ったおじいちゃんが
 『こんな場所へ何用かね』と
 威厳たっぷりに座ってこっちを見てるとか

[それもそれでどうなのか
 という回答で、ファイナルアンサーした。]

(554) 2013/01/23(Wed) 18時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:アイリス 解除する

生存者
(5人 45促)

アイリス
8回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.078 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび