人狼議事


111 【恋愛RP村】大学生の非日常

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【独】 百姓 ワット

/* なんだか酷いこと、にwww

(-27) 2013/01/21(Mon) 22時頃

ワットは、眉をよせて、一度唸った。

2013/01/22(Tue) 00時頃


百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/22(Tue) 00時頃


【人】 百姓 ワット

 ―――――ん。

[問題の落書き仏が起床しました。

いや、まあ、オレ自身は知らないわけで。
むくり体を起き上がらせると、ねぼけまなこ。
まだ覚醒までは程遠い。]

(258) 2013/01/22(Tue) 00時頃

百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/22(Tue) 00時半頃


ワットは、グレッグの声に、めをこすって欠伸。

2013/01/22(Tue) 00時半頃


百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/22(Tue) 00時半頃


【人】 百姓 ワット

 ん……、寝てた、か。

[声を掛けられ。
ローズ、グレッグ、フィリップと顔を眺めた。
『無神経男』の声には身に覚えがなく、はてなを頭の上に浮かべて。]

 っと…今、何時だ?

[ぐ、と欠伸を噛み殺した。]

(274) 2013/01/22(Tue) 01時頃

【人】 百姓 ワット

 なんだゾーイ。
 オレの顔に、何かついてるか?

[寝落ち常習犯としては、頬に飯粒がついてたり
寝皺なんかは当たり前で…。
いやまて、なにか様子が違うぞ。]

(276) 2013/01/22(Tue) 01時頃

【人】 百姓 ワット

[フィリップの携帯に映る文字は実家に向かわなければならない時間を示していて。]

 っ、やばいな。
 どやされる。

[『無神経』の文字にシワが寄った。
まあ、眉をしかめただけなのだが。]

 なにかついてる、のか。
 まあ、起きるついでに顔でも洗ってくる。
 ……なんだ、大丈夫か?

[フィリップの顔をまじまじと見返してみたりして。
拷問かもしれない。]

(281) 2013/01/22(Tue) 01時頃

【人】 百姓 ワット

 全く、煮え切らん奴らだな?

[ゾーイの濁した言葉然別、グレッグの態度然別。
肩を竦め、立ち上がる。]

 顔、洗ってくる。

[背伸びをひとつ。
それからのすのすと洗面台へ向かい。
ガチャンと奇音が届くのは、オレが鏡を覗いてからの話**]

(286) 2013/01/22(Tue) 01時半頃

百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/22(Tue) 01時半頃


百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/23(Wed) 09時頃


【人】 百姓 ワット

―洗面所―

[鏡を覗けば、そこにあった文字は『無神経男』。
全く謂れのない称号である。
…とも云えないか。

怒りが芽吹く事は無く、呆れの方が大きかったろう。
ガチャンと落とした髭剃りを拾い上げ、シェービングでも塗りたくろうとした時だった。
フィリップから犯人への道標が示される。]

 ……ああ、まあ、そうか。

[女子に猿はまずかったか、確かに無神経ではあったかもしれない。
云われてみればそう思えなくも、なくも、なくもなくもなくも
いや、ない。]

 赤猿め。

[仕返しをするほどガキでもないが。]

(532) 2013/01/23(Wed) 12時半頃

【人】 百姓 ワット

 ん、ああ、すまん。

[どうやって落としたものかと思っていれば、フィリップが落としてくれるらしい。
オレは植物以外は大した知識もない。
石鹸で取れるものでもないのなら、負かすに越した事はないだろう。

なすがまま、されるがままに額を擦られていく。
幾分と距離が近いらしい。
特に目を瞑る事も無く、目の前の後輩の動きを見ていた。
よく見れば睫毛が長いようにも思う。
普段まじまじと見ることのない顔は、所謂『綺麗』なのではなかろうか。]

 ん?

[マジックが消えればその距離も少し離れたろうか。
オレは続けられた言葉に、ああと頷く。]

(533) 2013/01/23(Wed) 12時半頃

【人】 百姓 ワット

 苦労はしたけどな。
 喜んでもらえるなら、頑張った甲斐もあった。

[8〜10月に旬を迎える花は、年末手に入れる事はきわめて難しかった。
連絡に駆け回ったのは気候の暖かな地域。
見つけたのは個人で栽培しているところだったが
快く鉢を譲ってもらったのも、いい思い出だ。
その間の単位はばっちりと落としてしまったが、さして問題とも思っていない。]

 あの匂いは、オレも好きだ。
 最近はストロベリーチョコレートという品種もある。
 見聞きされてない花が、少しずつ知られていくのは嬉しく思う。
 好きだと云ってくれると、尚更な。

[ふ、と緩む表情は花の話をしているせいか。]

 まるで、オレに云われてるように感じてな?

[そう云って、何の気なしに後輩の頭へと手を伸ばした。]

(534) 2013/01/23(Wed) 12時半頃

【人】 百姓 ワット

 来年からはうちで育てたものを用意できる。
 一鉢、育てたものから種もとれたしな。
 個人的には、時期の花を楽しんで貰いたいとも思うが。
 誕生日なら、話は別だ。

[その頭を撫でることが叶ったか。
穏やかな声のまま告げる。]

 いかんな、本気でどやされる時間だ。
 礼は構わん。
 オレが継いだら、贔屓にしてくれ。

[そして離れようとして、一度身体は振り返る。
歩み寄り、ぺたりとその頬に触れ。]

(535) 2013/01/23(Wed) 13時頃

【人】 百姓 ワット

 ………熱、下がったのか?
 確かこないだまで体調悪かっただろ。
 あまり、無理はするなよ。

[そうして側を離れたのは、いくらか前の話である。]

(536) 2013/01/23(Wed) 13時頃

【人】 百姓 ワット

―寮外・花屋『Ever green』―

[白のタオルを巻きつけた頭。
少しひりひりする額は、冷たい風にさらされ。
緑のエプロンは防寒には優れない。
店の中自体はある程度暖かくはあるが、花達を思うと他の店より暖房をきかせる事は出来ない。
客が待てるようにしてある椅子の近くに、ハロゲンのヒーターが置いてあるだけだ。]

 らっしゃいませ。

[バイト、とも違う労働の時間である。
オレは店の中で花束を作ったり、鉢の世話をしたりと
いつも通り無愛想に仕事をこなしている**]

(537) 2013/01/23(Wed) 13時頃

百姓 ワットは、メモを貼った。

2013/01/23(Wed) 13時頃


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ワット 解除する

処刑者 (4人)

ワット
0回 (3d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.085 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび