人狼議事


173 【突発RP村】夢の通い路

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


この村にも恐るべき“人狼”の噂が流れてきた。ひそかに人間と入れ替わり、夜になると人間を襲うという魔物。不安に駆られた村人たちは、集会所へと集まるのだった……。


【人】 かみさま パルック

ちゃんとご注文通り、さまざまな人たちをお呼びしましたよ。
いたるところから…そう、地平の果てや、宇宙の彼方からも。

中には、主様を消してくださるような方もいらっしゃるかもしれません。

(0) 2014/04/11(Fri) 18時頃

天のお告げ (村建て人)

[ここは夢へと続く道の途中。夢と現実の狭間。夢の通い路。
そんな場所に一つの店が立っていました。

和風の、少し広いお屋敷のような外見です。
入口には『月見草』という古ぼけた看板がかかっています。
呼び鈴はありませんが、扉に鍵はかかっていません。

ここに来るべき者は、何故か開かねばならぬと思うでしょう。
何故なら、それが貴方の運命なのだから。]

(#0) 2014/04/11(Fri) 18時頃


開放的市民 ジェニファーが参加しました。


【人】 開放的市民 ジェニファー

[扉を開けば、そこはただの玄関。
暫くすれば、女主人が貴方を出迎えにやってくる。]

 いらっしゃい

[扉を開いた者へ、女主人は声をかけるだろう。
貴方はここにいる事を不思議に思わない。
何故なら、ここは夢の中なのだから。
ただ違うのは、複数人の夢がつながっている事と、探し物を見つけるまで目覚める事ができないという事。]

 ここはお店よ
 貴方の探し物を見つけるお店

[女主人は貴方を奥に案内しながら、声をかける。
暫く歩けば、少し広い和室へ通されるだろう。]

 貴方のなくした物は何かしら?
 貴方の取り戻したいものは何かしら?

(1) 2014/04/11(Fri) 18時半頃

【人】 開放的市民 ジェニファー

[もうすでに、それを知っているのかもしれないし。
まだ、それがわからないかもしれない。
どちらにしても、女主人はこういうだろう。]

 暫くここで過ごしなさい
 お店の中は自由に歩き回って構わないわ

[そういうと、女主人は部屋から出て行く。新しいお客を出迎える為に。]

(2) 2014/04/11(Fri) 18時半頃

天のお告げ (村建て人)

[夢の中なのだから、望めばなんだって現れるでしょう。
お茶も、茶菓子も、気がつけば目の前にあるかもしれないよ。

無くしたもの、忘れた事を取り戻したら。
きっと貴方は目覚める事ができる。
取り戻せなかったら?
さぁ、どうなるんだろう。]

 貴方の探し物を見つけましょう…―――**

(#1) 2014/04/11(Fri) 18時半頃


天のお告げ (村建て人)

/*
ここは突発村です
飛び入りさんがいらっしゃらないと始まりません

ジェニファーが狼です
参加者の皆様は狼・ランダム希望で入村しないでください

開始時期の希望、開始人数希望、この役職入れて等、メモに記入してくだされば対応致します

お店の中の描写はある程度自由にして頂いて構いません
ここは夢の中です、統合性が取れなくても「夢だから」という事にしましょう

(#2) 2014/04/11(Fri) 19時頃


天のお告げ (村建て人)

/*
墓に落ちた方は、目が覚めて現実に戻った方です
現実のRPを楽しみましょう
夢で出会った方と再会するのもいいですね

見つけたもの、思い出したものだけは持って帰れます
もし何も見つけられず目覚めてしまった方は、いつかまたこの店にやってくるのでしょう

と、この程度のノープラン突発村です
固く考えず、楽しく時間を過ごしましょう

(#3) 2014/04/11(Fri) 19時頃


村の設定が変更されました。


天のお告げ (村建て人)は、メモを貼った。

2014/04/11(Fri) 19時頃


開放的市民 ジェニファーは、メモを貼った。

2014/04/11(Fri) 19時頃


少年探偵団 ガーディが参加しました。


【人】 少年探偵団 ガーディ

[女主人と別れ>>2、部屋をぐるりと見まわした。
見たことのない木製の調度品が並んでおり、畳の、い草の良い香りが部屋に満ちている。
ふと、部屋の端の何かに気付くとその前に移動する。]

――――すぅ

[一息吸い込む。青い空気が小さな肺を満たした。
手を胸の前に。ぐっと握り]


[――――ダンッ]


[拳を作り、そのまま目の前の鏡に叩きこんだ。
鏡にはひびすら入ることはなく、音の割に手に傷や腫れは見当たらない。]

……僕は、嘘つきが嫌いなんだ。

[痛みもないのに涙目になりながら、一言*つぶやいた*]

(3) 2014/04/13(Sun) 00時半頃

少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/13(Sun) 00時半頃


道案内 ノックスが参加しました。


【人】 道案内 ノックス

[此処は何処なのか。
何故此処にいるのか。

そんな疑問など、夢の中では消え失せる。
よくある話だ。
彼もまた、眠りの中でこの店に誘われた一人だった。]

無くした物?
そんなの、あったっけ?

[腕を組み、眉を潜める。
だって、そんなものはある筈無い……
自分は自分の人生に納得している、そう思っていたから。]

(4) 2014/04/13(Sun) 02時頃

【人】 道案内 ノックス

[案内を受ければ、仕方なしについていく。
本当は、長居するつもりもあまりなかったが、主人にああでも言われてしまったからには、何となく探さなければいけないんだろう。

そう考えながら、廊下をゆっくりと歩く。
一歩進む度に、ミシ、ミシと軋む音が響き渡る。
がらりと扉を開ける。案内された和室には、先客がいたようで>>3
少し驚くも、すぐに優しげな表情を作る。]

……そんなに長くない旅、おつかれさんって所か。
そこの君も、なんか無くした……ってあの人に言われたのかい。

[肩を竦めつつ、問いかけた。**]

(5) 2014/04/13(Sun) 02時頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/13(Sun) 02時頃


本屋 ベネットが参加しました。


【人】 本屋 ベネット

[ぼんやりしていた。]

(6) 2014/04/13(Sun) 02時半頃

【人】 本屋 ベネット


 ふぁ…。

[欠伸を噛み殺して、ふらふらと歩く。
ふらふらと吸い寄せられるように、入口へ近寄り、
扉を開ける。]

 …ん。また来たよ。

[迎え入れられる声>>1に頷いて、
ぼんやりした眼差しを店主に向けた。]

(7) 2014/04/13(Sun) 02時半頃

【人】 本屋 ベネット

[また、と言った。
此処に来るのは、初めてではない。]

 うん、ありがと…。

[促されるままに>>2和室へ案内されれば、こくり、と礼を述べ、]

 とりあえず……ね…む……。

[こくり、こくりと舟を漕いでいたが気が付けば、
テーブルに突っ伏してしまっていた。**]

(8) 2014/04/13(Sun) 02時半頃

本屋 ベネットは、メモを貼った。

2014/04/13(Sun) 02時半頃


【人】 開放的市民 ジェニファー

[幾人かを案内し。]

 いらっしゃい

[幾人かを見送った。]

 お久しぶり

[女主人はただ眺めている。
今日のお客達の様子を。]

(9) 2014/04/13(Sun) 10時頃

開放的市民 ジェニファーは、メモを貼った。

2014/04/13(Sun) 10時頃


長老の孫 マーゴが参加しました。


【人】 長老の孫 マーゴ

[此処はどこ。此処はどこ。
そんな疑問が、停滞した意識の中に時折、水泡のように湧き上がっては消えていく。
けれども。深くは考えられない。
考える気にもなれない。
霞がかかったように頭の中がぼんやりとする]

なくした物……ですか。
そんなもの、あったでしょうか。

[忘れ物ならば山程している。
けれども、なくした物と言われれば、とんと心当たりがない。
忘れたもの、見失ったもの。それ等は全て自分の手元に戻ってきているように思う。
けれども……心当たりがない何か。自分でも気づいていない何かを、なくしているのかも知れない。
そんな事をチラリと考え、辺りに視線を彷徨わせ]

ーーー暫くここで……。
ええ。よろしくお願い致しますね。

[女主人の言葉>>2に深々と頭を下げた]

(10) 2014/04/13(Sun) 11時頃

【人】 長老の孫 マーゴ

[案内を受け、一歩一歩、確かめるように歩を進める。

歩く感触も、自らを囲む空気も、全てがふわり、ふわりとしていて、気を付けなければ迷ってしまいそうだから。
はぐれてしまわないように。見失わないように、しっかりとその背を目で追う]

お邪魔させていただきますね。

[通された和室には、すでに先客の姿。彼等に頭を下げた後]

案内してくださって、ありがとうございました。

[女主人に礼を伝え、扉近くの壁に寄りかかるように座った**]

(11) 2014/04/13(Sun) 11時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/13(Sun) 11時半頃


小悪党 ドナルドが参加しました。


【人】 小悪党 ドナルド

― 夢の通い路 ―

[陰鬱な表情を張り付けた男は路を歩いている。
肩を落として、足取りは重い。]

 ……あン?
 ここァ、どこだっけ?

[自分の居る場所それは何処かで見た気もするし、初めて見る気もする。
ある種の既視感、あるいは回顧の念を想起させる。

茫然とした頭のままで「ボリ」と首の後ろを掻いて路を往けば、見えてくる。]

 あァ、知ってるぞ、ここァ……。
 いや、やっぱり知らねェか。

[そんな事を口走りながら、男は店の扉に手をかける]

(12) 2014/04/13(Sun) 12時頃

【人】 小悪党 ドナルド

 おう、邪魔するぜ。

[扉を開け玄関口に入れば中から女が現れる>>2]

 あァ? 探し物だ? ……んなもんは――ねェ。

[女の言葉には少しの苛立ちを覚える、何かが頭の隅に引っかかる様な感覚。
あるような、ないような、得も言えぬ不快感。

女の促されるままに体が動く事の奇妙な感覚もまた、苛立ちを募らせる。]

 ここで過ごせ、ねェ……。

[ふぅ、と息をついて、案内された部屋に腰を降ろす。
煙草は入っていなかったか、とポケットをまさぐれば草臥れた煙草の箱と、その中に入っている安物のライター。]

 さっきまで入っていたっけか……?
 まァ、いいか。

[箱の中からクシャクシャに折れ曲がった煙草を取り出して咥え、火をつけて初めて心休まるかのように息をつく、紫煙を吐き出しながら]**

(13) 2014/04/13(Sun) 12時頃

小悪党 ドナルドは、メモを貼った。

2014/04/13(Sun) 12時頃


【人】 少年探偵団 ガーディ

[痛くもない手をなんとなくさする。
なんだか、そうしなければならない気がして。
どうしてか、だなんてわからない。

増えてきた人から声をかけられ、そちらを振り向く>>3]

あ、ごめん。えっと、こんにちわ、でいいのかな。
無くしものね…うん、僕も言われたよ。
何だろう、心当たりはないのに。
その言い方だと、お兄さんも?

[音に驚かせてしまったのなら謝った――他に人はいないと思っていたから。
無くしものを探すよう言われたが、思いつくものは特にない。
目にうっすらと浮かんだ涙を指で拭い、答えた。]

(14) 2014/04/13(Sun) 14時頃

少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/13(Sun) 14時頃


【人】 道案内 ノックス

[次々と入ってくる人たちを横目で見ながら。>>8 >>11 >>13
きっと、彼らも何かを無くした、とあの女の人に言われたのだろうか。
まぁ、今さら確認することでもない…か。
そんなことを考えていると、先客の子が>>14口を開くのが見えた。]

……そうだね。
あの女の人に言われて此処に来た。

[心当たりがない、と言われれば、深く心の中で頷く。
それは自分もだ。
この子は……いや、もしかしたら、後から来た全員もまた、あの女主人に何かを無くしたと言われたが、それが何か"分かって"ない、のだろう。
その事実は、少しだけ、明るい気分にさせた。
探し物すらわからないのは、自分だけではない。というのが分かったから。
ふと、指で目元をぬぐう様子が目に入り、首をかしげる。]

……もしかして。
いきなり入ってきて悪かったかな。

[思いっきり泣いてたんじゃ、と心の中で付け加えながら、気まずそうに言った。]

(15) 2014/04/13(Sun) 15時半頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/13(Sun) 15時半頃


道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/13(Sun) 15時半頃


【人】 少年探偵団 ガーディ

[よく見ると彼>>15の他に何名かの人>>8>>11>>13も増えていた。
感情任せに鏡を殴るなど、見っともないことをしてしまったと、数分前の己の行動を恥じる。]

いや、そんなことはないよ。僕も変なことしてごめん。
なんとなくね、鏡が苦手なだけだし。

[今背を向けてる鏡は、何を映しているだろう。そう考えると怖く思えた。
―――だって、鏡は嘘つきだから。感じていたのはそんな苛立ち。]

でも……なんか、変な女の人だよね。
何かを知ってるのに絶対言ってくれなさそう。
どうしろって言うんだろ、ここで。

[案内した女性がいないことをちらりと確認し、言葉を続ける。
優しくこの部屋へ案内した女性は、ただ事務的に最低限のことしか説明しなかった。
存在しない無くしものを探すなど、どうすればいいのか。
異国風のこの部屋で、見つかるとは思えない。]

(16) 2014/04/13(Sun) 16時頃

【人】 道案内 ノックス

……鏡?

[妙だな、と思った。>>16
先に来ていた――彼女の顔を一瞬だけ、じっと見つめる。
鏡が苦手、ということはどういうことだろう。見た感じ、彼女はそんなに酷い顔という訳でもなさそうだが。

そんなことを思っていると、続く言葉が聞こえ、ノックスはばつの悪そうに自らの後頭部を掻く。]

まぁ、でも探せって言われたんなら、探さなきゃいけないんじゃないのかなあ…。

[この宝探しゲームに付き合う義理はもともとないが、なんとなく……言われたからには、やらなきゃいけない気がして。]

とはいいつつも、僕自身、さーっぱりわかんないんだけどね。
ははっ。

[乾いた笑い声をあげる。
別に笑えるジョークでもなんでもないのだが、なんとなく笑顔を見せるべきだと思いながら。]

(17) 2014/04/13(Sun) 16時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ケヴィン 解除する

処刑者 (4人)

ケヴィン
0回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.07 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび