人狼議事


173 【突発RP村】夢の通い路

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


【人】 対面販売 クリスマス

 わー…迷路みたい

[初めて来る場所に、同じところをクルクル回っているように感じて、タノシクなってくる。あっちはなんだろ、こっちはなんだろ、と子供染みたことは出来ないけれど。]

 ……あ、

[ふと、目の前に"出てきた"ピアノ。願ったわけでもないし、思い浮かべたわけでもないのだが、一体、何故?

ゆっくりと近づいて、鍵盤を弾くと、
澄んだ音が辺りに響き渡り、風は揺れる。


――…気付けば鍵盤の前に座り、
         指を走らせていた。]

(133) 2014/04/16(Wed) 12時頃

対面販売 クリスマスは、メモを貼った。

2014/04/16(Wed) 16時半頃


【人】 少年探偵団 ガーディ

[鯉を眺めていると視線を感じた>>119
視界の端で捉えたのはお下げの女性。]

あれ、さっきの部屋にはいなかった人、だ

[こちらが顔を向ける前に廊下を歩いて行ったしまっただろうか。
無理に足を止めさせるほどの話題も理由もないため、特に呼びとめることもしない。
華やかな色の服を着た女性を何気なく見ると、その胸元には]


…花

(134) 2014/04/16(Wed) 17時半頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

[『――――、―は――が―――だ』]


――勝手な。


[――の、手の中には―――――]


[――――は、笑って―を――し、―――]


勝手なんだよ。


     [巡る欠片]

            [瞬間、一筋の風]

(135) 2014/04/16(Wed) 17時半頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

…誰?

[過ぎ去った、映像はかき消え、
斑の鯉も、麩を食べずに水中へ*消えていた*]

(136) 2014/04/16(Wed) 17時半頃

少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/16(Wed) 17時半頃


【人】 長老の孫 マーゴ

[木苺の入った皿を片手に、室内を歩き回る。

『立ったまま食べるなんて、はしたない』
厳しい誰かの声が響いた気がして
心臓がキュッと縮こまる

探しても、探しても、椅子はどこにもない。

あるのは、はためく白いカーテン
焦げ茶色の花台 ただ、それだけ
床も壁もどこもかしこも、ただ、ただ白い

真っ白な部屋に、花台と木苺だけが色を添えている]

(137) 2014/04/16(Wed) 19時頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/16(Wed) 19時頃


【人】 粉ひき ケヴィン

……疲れた。
やはり弓は嫌いだ…。神経を使う。

[ポツリとそう呟き弓を置く。前方の的は…無数の矢が刺さっている。]

『お前って嫌いな物のくせに、一度やり始めたらなかなか終わらねぇよな……。』

……。

[まただ。またこの【声】だ…
心が落ち着かない。なにか…何かもっと別の、自分にあったものが欲しい。そう思い部屋を見渡す。
目に止まったのは…部屋の隅に立てかけてある剣。]

あれだ…。

[探していたものを見つけたそれに手を取る。
腕にかかる重さが心地よい。
一つ息を吐き出し鞘を抜き、光る刃を見つめる]

(138) 2014/04/16(Wed) 20時頃

粉ひき ケヴィンは、メモを貼った。

2014/04/16(Wed) 20時頃


【人】 粉ひき ケヴィン

…っはぁ。

[ずっと頭に響く 声 、ここに来た時から続くソレを振りはらうようにひたすらに剣を振り続ける…。

ふと手を止めて思う。
そうだ、きっとこの場所がいけないんだ何処か…もっと別のところに行こう。そう思いその場を離れる。

…無意識なのだろう。
手慣れたようにその剣を腰に携えながら…。

ふらふらと…庭へと足を進める。]

(139) 2014/04/16(Wed) 20時半頃

【人】 牧人 リンダ

[思いの外広かった館の中に少し驚く。
おおよそ一周したであろうと思い、近くの戸に手を掛けた。]

ここは……?

[そこにあったものは、イーゼルに置かれた真っ白なキャンバス。
椅子が傍にぽつんと置かれただけの、簡素な部屋。

絵の心得はなかったけれど、懐かしさを覚えてそこに近づく。
椅子に座ると、手元には筆とパレットが宙に浮かんで現れて。
白いキャンパスに筆を走らせると、そこに歪な花が咲く。]

…やっぱり私は、絵が下手。

[そう零した表情は、何処か嬉しそうに見えた。]

(140) 2014/04/16(Wed) 20時半頃

牧人 リンダは、メモを貼った。

2014/04/16(Wed) 20時半頃


粉ひき ケヴィンは、メモを貼った。

2014/04/16(Wed) 20時半頃


【人】 粉ひき ケヴィン

[『ケヴィン。俺達−−−−−だよな。
いつかーーのーーにーーー。
俺とーーーーなら−−−−−−さ。』

あぁ…頭が痛い。早く離れないと…。

『やっぱり−−−−−−なわないーー。』]
っ……!うるさい!!!

[力任せに剣を振るう。
庭にある大木に大きな刀傷がついてしまっている]
…やってしまった。
[力加減を忘れるとすぐにコレだ。いつもはこんな失敗はしないはずなのに…]

少し休もう…。
[そう思い手近にある扉を開けて、中に倒れこむように入る。身体を迎えてくれたのは、硬い畳ではなく柔らかい布団だ…

このまま…寝てしまっても…いいだろうか
そう思い意識を手放す。剣を強く抱きしめたままーー]

(141) 2014/04/16(Wed) 21時半頃

粉ひき ケヴィンは、メモを貼った。

2014/04/16(Wed) 22時頃


【人】 少年探偵団 ガーディ

この不味いお麩、どうしよう。

[鯉の消えた池と手の中の麩を交互に眺める。
何往復かの後、意を決したように適当な大きさにちぎると全て池に投げ入れた。

池を汚したらまずいかな、とよぎったのは麩が水面に落ちた後。
後の祭り。
きっと、鯉が。
赤と黒の鯉が食べてくれる。]

できれば、斑のも食べてくれればいいんだけど。

[ふよふよと漂う麩の欠片は7個まで数えて止めた。
来た時のように飛び石の上を跳ね、建物の中に戻る]

(142) 2014/04/16(Wed) 22時頃

少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/16(Wed) 22時頃


天のお告げ (村建て人)は、メモを貼った。

2014/04/16(Wed) 23時頃


【人】 長老の孫 マーゴ

[椅子は見当たらない。そのことになぜだか安堵する。

椅子を求めたのは自分ではない。求めたのはーー。
だから、ここには存在しない。
するりとそんな考えが、心の中に滑り落ちた。

そう、私が欲しいのはもっと別のーー。


はためくカーテンの向こう。
初夏の緑に惹かれるように、裸足のまま外へと歩き出す**]

(143) 2014/04/16(Wed) 23時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/16(Wed) 23時半頃


美術家 ギネスは、メモを貼った。

2014/04/16(Wed) 23時半頃


対面販売 クリスマスは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 00時頃


【人】 美術家 ギネス

[廊下の奥、誰かの人影が居たような気がする。
直ぐに消えてしまって見えなかった。

先の見えない廊下を、当ても無く歩く。
木の床が時折軋むような音を響かせている。]

(144) 2014/04/17(Thu) 00時頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 00時頃


【人】 道案内 ノックス

……考えてても、仕方ない。か。

[どうせ、このまま考えてても、浮かぶはず無い。
ならば……この場所で、思い出せるまで。
ここの暮らしを、それなりに楽しめば良い。

……半ば強引に、そう思うことにして、部屋の扉を開ける。

……失敗したな。

もっと、他の人と仲良くなれば良かった。
どうせ他人だからと早々に部屋をでるんじゃなかった……。
そんな、ちょっとした後悔を胸に、店の中を散策する旅に出る]

(145) 2014/04/17(Thu) 00時頃

【人】 美術家 ギネス

[ふと何が入っているのだろうと思い、水筒の水を出して飲んでみた。]

 …これは、懐かしいな。

[妙に味が薄く、糖類は入っていない、安っぽいダージリンの味がする。しかし、体が自然と反応し待ってましたと言わんばかりに一気に飲みきった。

水筒を持つ自分のイメージを浮かべてみようと視線を前に向けると、突如建物の高さが高くなっていく。幅も音も変わらぬまま。

しかし大きく息を吸うと、それはいつの間にか戻っていた。]

(146) 2014/04/17(Thu) 00時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

えーっと、どこへ行こうかな。
広いなぁ、この建物。

[話し相手はいない。
だが、何か話してないと落ちつかない。
今いるのは縁側から続く6畳の和室。
真ん中に書生机と座椅子が一組。
扉から廊下を覗くとかなり長く続いているように見えた。
右へ行くか、左へ行くか、それとも庭の散策をするか。
行き先を悩み、机に頬杖をつき、座椅子に胡坐をかく。]

(147) 2014/04/17(Thu) 00時頃

【人】 牧人 リンダ

[しばし花を描き続けると、ふと頭に言葉が浮かぶ。

――シロツメクサ。

確かこの花の名前。
誰かに教えてもらった気がする。

そこまで思い出して、思考は止まった。]

この部屋じゃここまで、かしら。

[描いた絵をそのままに、ふらふらと廊下へ出る。]

(148) 2014/04/17(Thu) 00時頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 00時頃


牧人 リンダは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 00時頃


少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 00時頃


【人】 道案内 ノックス

―廊下、数分後―

[この店にも、大分慣れてきた……気がする。
適当に歩き回って、扉を開けて中を覗く。

部屋の窓は部屋によって様々だった。
青い空、紅い夕暮れ。草原の一面の緑。 綺麗な景色に見とれていたくなる。夢のような景色を何度も。

……でも、人には中々会えず。
和室に戻ろうか。そう、思い直したその時……。]

………ん、人?

[遠くで、初めて見る人影>>148を見つける。
廊下に出たところ……だろうか?]

(149) 2014/04/17(Thu) 00時頃

道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 00時頃


道案内 ノックスは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 00時頃


【人】 少年探偵団 ガーディ

[風が吹く。
湿り気の無い風は心地よく髪を揺らし、伸びた髪が目にかかった。]


[――『――ディ、髪を伸ばしたら?』――]


[声がする。]


…誰?


[髪は伸ばしたことはない。ずっと短かった。
今は少し伸びているが、そのうち切るつもりで。
それは小さい頃から変わらず。]

(150) 2014/04/17(Thu) 00時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

………なんで、伸ばさなかったんだろ。


[その方が楽、ではなかったはず。
しかし、それ以上の理由が思い出せない。

ただ、風は優しく*吹いていた*]

(151) 2014/04/17(Thu) 00時半頃

【人】 美術家 ギネス

[適当な扉を開けてみると、其処には窓以外何も無い部屋がある。
その窓の外には雲ひとつ無い青空と、そして金属製の柵がある。
真ん中と思しき場所は門になっている。
柵と柵の間から見える門の先には、道があるようだった。

門の形に何も思い出せるところが無い。
しかし、その風景見るやいなや、心がざわついていることに気付いた。

しかしうんともすんとも窓は開かなかった。]

(152) 2014/04/17(Thu) 00時半頃

少年探偵団 ガーディは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 00時半頃


【人】 牧人 リンダ

―廊下―

[廊下に出ると、溜息を一つ。
余程集中して絵を描いていたようで。]

さて、次は――。

[何処へ行こうかと周りを見ると、一つの人影>>149
こちらを見ていたように見えたので、軽く頭を下げて近づく。]

どうも、貴方も探し物かしら?

[挨拶もそこそこに、そう不躾に聞いていた。]

(153) 2014/04/17(Thu) 00時半頃

牧人 リンダは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 00時半頃


【人】 長老の孫 マーゴ

ー中庭ー

[さわさわ さわさわ、草を風が揺らす
草叢を裸足で踏みつけ、歩いていく。

足裏を草の葉や、木の枝が突っつく
くすぐったさと、ちくりとした刺激。
その感触すら心地よい。


バサバサッーー


鳥の飛び立つ音が聞こえる
自然、音の聞こえた方へと歩み出す
片手に小皿、持ったまま**]

(154) 2014/04/17(Thu) 00時半頃

長老の孫 マーゴは、メモを貼った。

2014/04/17(Thu) 00時半頃


【人】 道案内 ノックス

え。あ。えっと……。うん。そう、だね。

[>>153 その言い方にちょっとだけ怯むも。]

……部屋、色々見て回ってるけど。
やっぱ思うようにはいかないなあって。あはは……。

[笑い声が堅い。何をしているんだろう。自分は。
ついさっき、他の人と仲良くなれば、と思ったばかりじゃないか。
なにか、何か喋らなきゃ。ええっと……。]

……でも、人がいて、よかった。
なんか、ずっと誰とも喋ってない気がした、し。

[そう、喋る。]

(155) 2014/04/17(Thu) 00時半頃

【人】 美術家 ギネス

 …音がするな。

[仕方なく部屋から出て、また少し歩いていると、音が聞こえてきた。
クラシック楽器のような音に聞こえたが、一つ廊下を跨ぐとか細く聞こえなくなった。木の軋む音がかき消したというのも一因かもしれない。]

 今のは、どこだろう。

[同じように探し物をした誰かのものか、それとも自分の探し物の何かなのか。確かめようと幾つか歩を進める。]

(156) 2014/04/17(Thu) 00時半頃

【人】 牧人 リンダ

[相手が少し困ったように見えた>>155
またやってしまったかな、と眉をひそめる。]

館の中、広いものね。

[出来るだけ穏やかに言うように努めて。]

…そう、ここに来て店主さん以外とは話していないのよ。
ここにいる人は、皆探し物をしているのかな。

[表情はあまり変わらないけれど、
雰囲気は柔らかくなっただろうか。]

私も難航中でね。
なんでもしていいと言われると、逆に戸惑ってしまうわ。

(157) 2014/04/17(Thu) 01時頃

【人】 美術家 ギネス

[そうこうしているうちに人影をふたつ見つけた。
>>155>>153どうやら話をしているようだ。

話の切れ目を狙って、話しかけようと近づくていく。自分の足音はそれなりに大きいだろう、不意にはならないと思っている。

とはいえ、何聞こうかも決まっていなかった。
傍目には何故か戸惑い気味に見えるかもしれない。]

(158) 2014/04/17(Thu) 01時頃

【人】 道案内 ノックス

[一つ、息を吸う。 大丈夫だと言い聞かせながら。
口調が穏やかに>>157なったのもあって、少しだけ落ち着いた。]

…へぇ、じゃあ探し物をしてる仲間は、僕が初めてってことか。
うん、みんな。少なくとも僕の他に6、7人はいたかな。

[左手は、ズボンの裾をぎゅっと握りしめる。
不思議と、さっきよりは変な声にはなってない、と自分では感じる。]

……君も、見つからないのか。
僕も、何でもしていいと言われたら困る、かな。

[やっぱり、みんな苦労しているのかな。と思いながら]

悩むよね……とりあえず、多分大事なモノを無くしたんじゃないかって思って、自分の大事なモノは何だろうって考えてみたんだけど。
そこは普通に思い出せるんだよ。

しかもヒントも無いって感じだし。

(159) 2014/04/17(Thu) 01時頃

【人】 道案内 ノックス

[足音に気づいて、そちらを見る。>>158]

……あ。さっきの人だ。

[名前、なんだっけ。とりあえずピザの人だってのは覚えてる>>72
何してるんだろう。とまどい気味な視線に、少しだけ困惑するも。]

……えーっと、どう、されました。

[控えめに尋ねてみる。]

(160) 2014/04/17(Thu) 01時頃

【人】 牧人 リンダ

あら、意外と多いのね。

[6,7人という人数を聞いて>>159驚いた。
目の前の彼を含めても、まだ2人しか見ていない。]

そうね。
私はとても大切なものだったはずなのに、
なぜか思い出せないの。

ヒントは全くないわけでもないのだけれど。

[そう言って胸ポケットの花を取り出す。

そこに歩み寄ってきた人が一人>>158
軽く会釈をすると、目の前の彼と知り合いのようなので少し様子を見た。]

(161) 2014/04/17(Thu) 01時半頃

【人】 美術家 ギネス

 >>160あ、ああ、すまない。

[自分の態度が狼狽させてしまったようで、謝罪をする。]

 探し物がなかなか思い出せなくて、何か聞いてみればきっかけになるかと思ったんだ。

[先程のベネットとの会話を思い出しながら。]

 だが、何話せば思いつかなかったんでなぁ…。

(162) 2014/04/17(Thu) 01時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:リンダ 解除する

処刑者 (4人)

リンダ
1回 (3d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.062 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび