人狼議事


312 【突発R18】グロリアさん家の無礼講

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2022/06/28(Tue) 21時半頃


【人】 洗濯婦 セレスト

―館内―
VIPルームでの支度を終えて、しばらく。
パーティ会場の方から、僅かに歓声が聞こえた。
「無礼講」が始まったのだろう。

さて、自分も相手を探しに行くべきか。
何より、アイリスとの約束がある。

共に戯れるとしたら、誰とが良いだろう。
やはり、下剋上の背徳感という意味では、コリーンが一番であろうか。
それとも、たおやかな仕草で、なんとも言えぬ色香を持つ千早だろうか。
ミステリアスなロイエが感情を曝け出す瞬間にも、興味がそそられる。

この後の展望を思い描きながら、相手を探して歩き始めた。*

(5) 2022/06/28(Tue) 22時頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2022/06/28(Tue) 22時頃


洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2022/06/28(Tue) 22時頃


【独】 洗濯婦 セレスト

>>3 守らなきゃ…
先生を守らなきゃ…

(-1) 2022/06/28(Tue) 22時半頃

【独】 洗濯婦 セレスト

んー、どうしよう
意外と人がいない

(-2) 2022/06/28(Tue) 22時半頃

【独】 洗濯婦 セレスト

んー、振っちゃっていいのかな

(-3) 2022/06/28(Tue) 22時半頃

【独】 洗濯婦 セレスト

あ、よかった
居た

(-4) 2022/06/28(Tue) 22時半頃

【人】 洗濯婦 セレスト

―会場―

「おや、めずらしい組み合わせだ。」

千早とザーゴが語り合う姿を、手近なソファに腰かけながら見守る。

日頃、ぴしゃりと身に着けた燕尾服は、粗雑に丸められて脇に放られている。
皺ひとつなく伸ばされて、きっちりとスラックスに収まっていたシャツは、乱暴に肘まで捲り上げられて、だらしなくスラックスの外へとはみ出していた。

(12) 2022/06/28(Tue) 23時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

「先日…、あぁ、あの。
千早先生に無茶な話を掛けた奴か。」

先生とザーゴ氏は知らないだろうが、酔っぱらったウチの使用人が、千早先生に声を掛ける口実に、とでたらめを吹っ掛けたのだ。
当然、あとでこっぴどく叱られるハメになったが、顛末を知った時には目がしらを抑えたものだ。

――酔っ払いの言葉を信じてしまう先生に、館から目付け役を付けるよう、旦那様に直談判すべきか、という意味で。

(13) 2022/06/28(Tue) 23時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

「…あのままでは、流石に放っておけないか。」

覚束ない様子の二人へ手を振り、ソファの存在をアピールする。
――もし気付かなければ、それはそれ。

気付いたならば、特に手伝いでも必要ない限り、席を立ってその場を後にしよう。*

(14) 2022/06/28(Tue) 23時頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2022/06/29(Wed) 00時頃


【人】 洗濯婦 セレスト

―会場―

彼女の言葉>>15に一礼を返して、彼の目線>>17に首をすくめて、会場を出ていく二人を見送ると、そのまま自分もその場を後にする。

どうやら、この会場には目当ての相手はいないようだ。
ならば、執着することも無かろう。

(27) 2022/06/29(Wed) 00時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

―館内 コリーン>>18>>19

「僕の選んだドレス、気に入ってもらったかな?」

階段の中腹あたりで、彼女へ声を掛ける。
遠慮なく距離を詰めて、彼女の手に指を絡める。
逃がす気はないと、言葉にせずに表した。

(28) 2022/06/29(Wed) 00時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

「このまま、VIPルームまで来てもらえるかい?
アイリスと約束があってね。」

慇懃無礼な態度、「無礼講」を共に過ごしたことのない彼女にしてみれば、初めて見る顔だろう。
それでも、無理やりに連れ去ることはしなかった。
――いくら無礼講でも、程度は大事だ。
雰囲気をぶち壊しては、宴も興ざめになってしまう。

しっかりと、彼女の目を見据えて、返答を待った。**

(29) 2022/06/29(Wed) 00時頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2022/06/29(Wed) 00時頃


【人】 洗濯婦 セレスト

ー館内ー

「ありがとう。
僕も、最初の相手は君だろうと思ってね。

ーーただ、その前に一つ。
軽く、下準備を済ませておきたい。」

絡めた互いの手を、階段の手すりへと導く。
彼女の手に、己の手を重ねる形ーー彼女を逃さない様、その場に固定する。

(42) 2022/06/29(Wed) 07時半頃

【人】 洗濯婦 セレスト

「ある使用人が言っていてね。
無礼が過ぎるぐらいで丁度良い、皆の前でやってみるといい。
とね。
ーー僕の好みとは少し異なるから、あくまで下準備だけどね。」

互いに向き合ったまま、空いた片手が、スリットに沿って彼女の太ももをなぞり上げる。
そのまま腰へと辿り着くと、するりとスカートの中へ入り込んで、下腹を撫で上げる。
当然、周りには他の使用人達もいるが、むしろ見せつける様に撫でる動きは大きくなっていく。

(43) 2022/06/29(Wed) 07時半頃

【人】 洗濯婦 セレスト

「拒否を示すなら、早めにする事だ。
じゃないと、僕の好きにさせて貰うからね。」

スカートの中に潜り込んだ手が、躊躇なく下着に指をかけて、そのまま下へと引き下ろしていく。
彼女に拒絶を示す時間を与えるよう、わざと時間をかけて。
けれど、拒絶を示さないなら、そのままストンと足元へ放ってしまうだろう。
周りを取り巻く使用人たちは、こちらの様子に気付いて、徐々に人数を増し、彼女のスカートの中で蠢く手の動きを注視している。**

(44) 2022/06/29(Wed) 07時半頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2022/06/29(Wed) 07時半頃


洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2022/06/29(Wed) 08時半頃


【人】 洗濯婦 セレスト

ー館内ー
下着を引き下ろす手に、彼女が拒否を示すことは無い。
どころか、晒される事に興奮を覚えてすらいる。
ならば、此方も遠慮はいらない。

下着は、太腿を過ぎるとストンと自重に引かれて脚から抜けてーー最後に小石を転がす様に、靴先でそこらに放った。

「見られる、ではなく。
見てほしい、の間違いでは?」

薄いドレスの下、手の動きが段々と激しくなる。
彼女を責め立てる様に。

(50) 2022/06/29(Wed) 16時頃

【赤】 洗濯婦 セレスト

スカートの中で、無遠慮に割れ目を撫で上げる。
『過ぎるぐらいで丁度いい』、なるほど、彼は正しかった。
強気に責められる方が、彼女には良いのだろう。

指が割れ目を往復して、準備が整い出した事を確認するとーー中指と薬指、2本を同時に、根元まで打ち込んだ。
彼女が受け入れる準備をさせぬよう、少し強引に責める。
そのまま、奥深くで互い違いに掻き回して、左右に開いて弄ぶ。

(*0) 2022/06/29(Wed) 16時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

「ーーまだ、続けてほしいですか?
多少なら、お付き合いできますが。」

潜り込んだ手を止めぬまま、問いかけた。
このまま自分が満足するまで続ける、というのも一つの形かもしれない。
けれど、今はアイリスとの約束と、個人的な好みーー彼女を独り占めしているようで、気にかかる。

とはいえ、彼女が行為の続行を希望するなら、断る理由もない。
何より、衆目の前で彼女自身に口にさせる、というシチュエーションに心の奥がくすぐられるのも確かなのだ。**

(51) 2022/06/29(Wed) 16時頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2022/06/29(Wed) 16時頃


【独】 洗濯婦 セレスト

ザーゴさんよき…

(-8) 2022/06/29(Wed) 20時頃

【独】 洗濯婦 セレスト

>>59
着てもらえると思いませんでした
すき…

(-10) 2022/06/29(Wed) 21時半頃

【赤】 洗濯婦 セレスト

―館内―

「貴方が望むなら、ぜひともお連れしよう。」

絡めた指を解いて、そっと彼女の腰にあてる。
体重を支えて、彼女を自分の前へと立たせる。
今宵のとっておきの来賓を、VIPルームへお連れするために。

「けれど、その前にやらなければいけない事が一つ出来てしまいました。
――この観客たちを、満足させてあげなければ。」

周囲に集まった使用人や、宴の為に集まった来客たち。
彼等、彼女等の目は、きっとコリーンに注がれている事だろう。
衆目の前で責められて、喘ぎ声を漏らす彼女の姿を愉しんでいたのだろう。
なら、これは「絶好の機会」ではないだろうか。

(*9) 2022/06/29(Wed) 22時頃

【赤】 洗濯婦 セレスト

腰にあてた手が、再びスカートの中へと潜る。
そのまま臀部を伝って、秘裂の中へと指が滑り込む。
中指と薬指、そして人差し指。
三本の指が、躊躇う事なく潜り込んでいった。

空いた片手が、胸部のスリットに滑り込んで、躊躇なく豊かに過ぎる乳房を鷲掴みにする。
わざと指先に力を込めて、少し乱暴に揉み込む。

「イッてしまうといい。
人に見られながら、はしたなく。」

秘裂に潜った指を、前後に突き込む。
乳房を掴む手が、思うままに揉みしだく。
性急な責め方、けれど、彼女にはこれが正解だろうから。

彼女が物足りたいようなら、徐々に動きの激しさは増していく。*

(*10) 2022/06/29(Wed) 22時頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2022/06/29(Wed) 22時頃


【独】 洗濯婦 セレスト

どういうシチュに持って行こうかな
あくまで対等に、でもVIPルームに行くまではこっちが主体で、とか

(-15) 2022/06/29(Wed) 23時半頃

【独】 洗濯婦 セレスト

VIPルームの中では、甘えるカンジっぽく、かな

(-16) 2022/06/29(Wed) 23時半頃

【独】 洗濯婦 セレスト

でも、これ以上はネタが膨らまないかな

(-18) 2022/06/29(Wed) 23時半頃

【赤】 洗濯婦 セレスト

―階段―

この状況にも関わらず、彼女の身体は責めを受け入れて、絶頂に至る。
慣れていなければ、痛みしか感じないであろう責め方にも関わらず、だ。

「…随分と、よく調教されている。」

彼女が達しても、責める動きを止める事はない。
いっそ、彼女の余裕をここで奪いきる事も考えている。
その方が、VIPルームでの「本番」には丁度いいかもしれない。

(*25) 2022/06/30(Thu) 00時頃

【赤】 洗濯婦 セレスト

「そろそろ行こうか。
さぁ、歩いて。」

彼女を引き連れて歩き出す。
もっとも、その下腹からは未だに粘着質の音が響いて、胸の先端は気ままに右に左にとこねくり回されている。
それでも、ゆっくり、ゆっくりとVIPルームへと歩みを進める。

――もっとも、途中で何度か、「うっかり」道を間違えて、その度に観客の前で彼女を絶頂へ責め立てて、VIPルームについた頃には、何度となく彼女が達した後であったけれど。**

(*26) 2022/06/30(Thu) 00時頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2022/06/30(Thu) 00時頃


【独】 洗濯婦 セレスト

ちょっと一辺倒になってる気がするなー
どうしよっかなー

(-21) 2022/06/30(Thu) 09時半頃

【独】 洗濯婦 セレスト

べたべたに甘やかす、とか

(-22) 2022/06/30(Thu) 11時半頃

【人】 洗濯婦 セレスト

ーVIpルーム前ー

「楽しんでもらえたかな?」

扉の前で、ようやくドレスの中から両手を引き抜く。
彼女の蜜で濡れた指を、口に含んで清めた。
わざと、彼女の目の前で。

「入って。」

ドアを開いて、彼女を中へと促す。
アイリスより早く着いてしまった様だが、それはそれ。焦る必要はない。
きっと、彼女は彼女で魅力的な相手に夢中なのだろう。
なら、こちらはこちらで楽しむとしよう。

(79) 2022/06/30(Thu) 15時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

「随分と、無礼講を楽しんでる様だね。
でも、僕に楽しませてくれないのは、ズルいんじゃないかな?」

彼女の背を軽く押して、ベッドへと押し倒す。
彼女の腰が、こちらに突き出させる形。

普段、彼女の側で仕えている自分を差し置いて、他の使用人と遊んでいる。
嫉妬や横恋慕とは違う、仲間外れにされた疎外感。

「ーー僕にも、胸の奥に隠した本音を見せてよ。
してほしい事、全部僕に言ってごらん。」

場所は整えた、招かれざる客は訪れない。
酒や「玩具」をはじめとした道具も揃えた。
ここに来るまでに、下準備も整えた。

あとは、彼女が望むだけ。

(80) 2022/06/30(Thu) 15時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:セレスト 解除する

生存者
(5人 105促)

セレスト
0回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.062 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび